陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

百間山渓谷「若葉まつり」
DSC_4881.jpg

              * 若葉萌ゆる合川ダム湖畔


4月29日(土)、田辺市熊野(いや)地区の「若葉まつり」に参加しました。

DSC_4823.jpg

午前10時に出発して、鮎川新橋を渡り、三川に向けて県道221号線を走りました。

DSC_4840.jpg

DSC_4845.jpg

燃え立つ若葉が、道々出迎えてくれました。

DSC_4872.jpg

DSC_4874.jpg

午前11時過ぎ、合川ダム湖畔の三川地区に着きました。
思えば、昭和41年、和歌山県の教員に採用されたクマノミさんの初任校は、三川中学校でした。
わずか1年の勤務でしたが、青春のひとときを過ごした思い出の地です。
下宿していたお家もまだ残っていました。

DSC_4879.jpg

当時、私は田辺からバスでやって来て、舟遊びをした記憶が懐かしく蘇って来ました。

DSC_4890.jpg

百間山渓谷への表示です。本日は通行可となっていました。

DSC_4897.jpg

合川ダムに注ぐ面川は、素敵な渓谷美を見せてくれました。
若葉まつり」の会場の熊野地区に行くまでに、細道を何台もの車と対向しました。
今日は熊野地区にとって特別な日でした。

DSC_4918.jpg

若葉まつり」の会場に到着したのは、正午近くでした。
大勢の人で賑わっていました。
アマゴのつかみ取りは、すでに終わっていました。

DSC_4914.jpg

受付をすると、お餅をくれました。
ちらし寿司やめはりすしはすでに売り切れでした。
昼食にうどんを食べ、干し椎茸を買って、賑わいに参加しました。

 田辺市熊野地区は、平成23年の台風12号災害で、2人が死亡、1人が行方不明になっています。
幅約450m、長さ約650mの大規模斜面崩壊が発生し、410万㎥にのぼる崩壊土砂が河道を閉鎖し、土砂ダムが出来ました。そして、現在も暮らしを守る砂防事業が実施されています。(紀伊民報・パンフレットより)

DSC_4928.jpg

私は関係者ではないのですが、大水害の跡を視察に行きました。

DSC_4933.jpg

DSC_4936.jpg

もの凄い土石流が、流れ下ったのでしょう。

DSC_4944.jpg

土石流で破壊された家屋が、道路沿いに残されていました。

DSC_4947.jpg

時刻は午後12時半だったので、百間山渓谷を散策することにしました。

DSC_4951.jpg

かつて賑わった「かもしか牧場」は、現在は閉鎖されていました。

DSC_4955.jpg

百間山渓谷には、これまでに二度来たことがあります。

DSC_4964.jpg

ふたおいの滝を過ぎ、

DSC_5065.jpg

滝水のすだれの爽やかさを感じながら、

DSC_4996.jpg

DSC_4993.jpg

雨乞いの滝まで来ました。
かつて日照りが続くと、ここで神楽をあげ雨乞いをしました。

DSC_5015.jpg

夫婦滝です。

DSC_5037_201704302209342b7.jpg

DSC_5060.jpg


直下30m、最も優美な姿をした滝です。
滝の背後は絶壁で、昔、猪追いに来た犬も猪もろとも転がり落ちたと言われています。
ここで、約2時間の一般コースは終わりです。

私はさらに最終の千体仏をめざして歩きましたが、25分ほど歩いて引き返えすことにしました。
時刻は2時半になっていました。
このまま進むと、出口に戻るのは4時半ごろになってしまいます。
引き返すのも勇気だと思って、引き返しました。
そのため、3時半に戻ることが出来ました。

DSC_5086.jpg

駐車場に戻ると、私を追い越して戻った人の奈良県ナンバーの車が駐車していました。
その車も去って行くと、私の車だけになりました。
家の門に出ていた地元の方に黙礼して、「若葉まつり」で賑わった熊野地区をあとにしました。

     2017.4.29               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

高山寺散策
DSC_4744.jpg


4月25日(火)、昼食後、高山寺へ行きました。

DSC_4690.jpg

桜はすでに終わっていましたが、つつじが境内に彩りを添えていました。

DSC_4735.jpg

池のある庭を拝見しました。

DSC_4710.jpg

池の周りには、著莪の花が咲いていました。

DSC_4780.jpg

           * 紫の斑の仏めく著莪の花  高浜虚子


DSC_4739.jpg

高山寺は海抜30mに位置しており、古い時代の貝塚が発掘されています。

DSC_4675.jpg

高山寺のすぐ下には、会津川の河口がひらけています。
古代人にとっては、高山寺の高台は海岸に近く、住みやすい土地であったようです。

DSC_4676.jpg

南方熊楠のお墓にお参りして、高山寺をあとにしました。
今度、幾度となく訪れたいところです。

     2017.4.25             くまお

追記

DSC_4790_201704272157362af.jpg

27日(木)の夕刻、夕日が雲の切れ目からひょっこり顔を出しました。
そして、四国の山並みの稜線をくっきりと見せてくれました。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

文里のテニスコート
DSCF6972_20170427151915062.jpg


4月26日(水)は、文里のコートでテニスがありました。
コートのある道沿いには、躑躅が植栽されています。
今年は、伸び放題だったつつじが剪定されていて、見事に花を咲かせていました。

DSCF6967_201704271519152a5.jpg

朝9時から雨の予報でしたが、幸いなことに小雨がぱらつく程度でした。
正午まで何とか天気がもってくれて、テニスを楽しむことが出来ました。

私の生活のリズムを作ってくれているのが、週3回(水・金・日)のテニスです。
一回でも欠けると、調子が狂ってきます。
「今日は何曜日だったかな?」なんてことになります。

80歳以上の方も元気にプレーしています。
「私もあと3年はがんばらない」と、思っている今日この頃です。

      2026.4.26              くまお

追記

DSCF6956_201704271519162df.jpg

先日、上富田のJAアピアで、かつおの肝と心臓を買いました。
私はお店で見つけた時は、必ず買います。
前回はかつおの粗と一緒に煮たので、少し水臭くなってしまいました。
今回は煮詰め過ぎて、固くなってしまいました。
甘辛く、程よく煮詰めるのは、なかなか難しいです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

東光寺の藤の花・オカフジ
DSC_4594.jpg

          *田辺市新庄町跡の浦 東光寺庫裡前の藤の花


4月25日(火)、藤の花が咲いているころだと思って、東光寺に行きました。

DSC_4598.jpg

ご覧のとおり、藤の花は真っ盛りでした。

DSC_4628.jpg

DSC_4620.jpg

東光寺の藤は花房が短いが、とても綺麗な色をしています。

お寺の境内はいつ来ても、人気がなく静かです。

DSC_4610.jpg

緋躑躅も咲きそろっていました。

DSC_4646.jpg

なんという花でしょうか。

DSC_4635.jpg

しばらく境内を観て歩きました。

DSC_4593.jpg

大きな花びらの白木蓮は、すっかり若葉となっていました。

その後、上富田町岡のオカフジを観に行きました。

DSC_4754.jpg

田中神社の参拝者が、少なくなったのでしょうか。
オカフジは年々樹勢が弱り、花も少なくなってきました。

DSC_4756.jpg

* 藤の花拝まる神の木にからみ  伊藤廸代

         (伊藤さんは地元の俳人です。)

南方熊楠が命名したという、「オカフジ」の回復を願うばかりでした。

    2017.4.25                  くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新緑の新庄公園
DSC_4496.jpg


4月23日(日)の午前11時前、新緑の新庄公園に出かけました。
午後の上富田テニスは休みでした。

DSC_4421.jpg

公園の広場では、大勢の家族連れがピクニックに来ていました。
このように、公園が憩いの場として活用されるのは、とてもいいことです。

DSC_4414.jpg

至る所の山裾で、三つ葉つつじが、色鮮やかに咲いていました。

DSC_4410.jpg

花粉まみれの蜜蜂が、花から花へ飛び回っていました。

DSC_4446.jpg

     函館の青柳町こそかなしけれ

     友の恋歌

      矢ぐるまの花            石川啄木
  

DSC_4428.jpg

私の好きな矢車草です。
ここにも蜜蜂がいました。

DSC_4462.jpg

美術館前のメイン花壇では、色とりどりの草花が、咲き競っていました。

DSC_4483.jpg

DSC_4475.jpg

チューリップの花が、まだ少し咲き残っていました。

DSC_4508.jpg

DSC_4509.jpg

けしの花は、爽やかな風に揺れていました。

DSC_4489.jpg

新緑の公園を散策していると、時の経つのも忘れて、とても快い気分になりました。
マンションに戻ったのは、午後1時前でした。

      2017.4.23            くまお

追記

今回は、すべてマイクロレンズで撮りました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ヴィラの躑躅(つつじ)
DSC_4571.jpg


4月24日(月)は、昨日同様に晴天でした。

DSC_4557.jpg

DSC_4533.jpg

東急リゾートヴィラは、桜から新緑・躑躅の花へと、すっかり初夏の装いになりました。

DSC_4536.jpg

DSC_4585.jpg

今年の躑躅は、5月の連休まで花持ちしそうです。

DSC_4366.jpg

DSC_4283.jpg

        吾子の瞳に緋躑躅宿るむらさきに  中村草田男

マイクロレンズを試してみました。
一つの花を切り撮るには、いいようです。

     2017.4.24            くまお

追記

田辺市議選で、前田かよさんが当選しました。
投票してくださった方、ありがとうございました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新緑の熊野路を行く
DSC_4097.jpg

                 * 熊野川沿いの岩峰


4月19日(水)、三重県立尾鷲高校第11期同級会に出席のため、郷里に帰省しました。
午前9時過ぎにマンションを出発して、本宮から熊野川を下り、宮井大橋を渡って、北山川を上りました。
熊野路は桜の花から若葉へと、すっかり初夏の衣替えをしていました。

DSC_4101.jpg

瀞峡の手前のビューポイントで、休憩しました。
北山川は大きく蛇行していて、とても景色のいいところです。

DSC_4110_20170422152405b43.jpg

折しも、ジェット船が川上からやって来ました。

DSC_4115.jpg

岩壁にぶつかりそうな曲がりを、巧みに操船して行きました。

DSC_4125.jpg

後日、新聞で知ったことですが、21日(金)から開始された瀞峡観光船の試運転だったようです。

DSC_4131.jpg

北山川を渡り、三重県の紀和町へ向かいました。
丸山千枚田がある紀和町です。

DSC_4142.jpg

御浜町では、早くも田植えが行われていました。

熊野市で昼食休憩をして、尾鷲には午後1時前に到着しました。
兄姉の見舞いなどを終えて、午後3時ごろ、同級会の会場である紀伊長島のホテル「季の座」に向かいました。

DSC_4175.jpg

ホテル「季の座」には、4時ごろ到着しました。

DSC_4203.jpg

DSC_4151.jpg

DSC_4161.jpg

ホテル「季の座」は、熊野灘臨海公園孫太郎にあります。

DSC_4174.jpg

入江には数々の島が点在して、波静かな海水浴場となっています。

DSC_4197.jpg

周りの山々は、新緑に燃え立っていました。

同級会は三回目です。
卒業後58年経った今回は、約300名の卒業生のうち、51名が参加しました。
私は初めての参加でした。
すっかり老けてしまった私に、ほとんどの同級生は気付きませんでした。
私も今浦島太郎でした。
尾鷲弁でしゃべっているうち、同級生のかつての姿が、少しずつ脳裡に呼び戻されてきました。
八十路の峠まで、お互い頑張ろうと誓いました。

DSC_4212.jpg

20日(木)の帰り道、尾鷲神社に立ち寄りました。

DSC_4222.jpg

天然記念物、楠の大木は健在でした。

DSC_4238.jpg

昼時に鬼ヶ城で「さんまずし」を買って、食べました。
熊野地方のさんま寿司は、田辺地方と違って背開きです。
酢飯の味も濃い目でした。

DSC_4245.jpg

DSC_4248.jpg

DSC_4250.jpg

その後、獅子岩、花の窟に立ち寄りました。

DSC_4268.jpg

午後3時過ぎ、道の駅「牛馬童子」で休憩し、4時前にマンションに戻りました。

      2017.4.20               くまお

追記1

DSCF6950_20170422152405735.jpg

尾鷲の同級生にもらった筍で、筍ご飯を炊きました。
とても柔らかくて、美味しかったです。

追記2

DSCF6955.jpg

先日、友人がとても立派な蕨を持って来てくれました。
同級生にもらった筍などと一緒に、煮物にしました。
天然の食物を満喫しています。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

名残りの花見(七越峯・野長瀬邸の枝垂れ桜など)
DSC_3964.jpg


4月13日(木)、熊野本宮大社を辞して、七越峯にやって来ました。
大斎原の大鳥居が、花の合間に眺められました。

DSC_3960.jpg

道沿いの桜は、散り始めていました。

DSC_3950.jpg

第一駐車場の渓の桜は、満開でした。

DSC_3987.jpg

頂上の広場の枝垂れ桜は、きれいな色合いに咲き揃っていました。
午後3時半過ぎ、七越峯から帰途に就きました。

DSC_4003_2017041718035264b.jpg

途中、私の要望で、野長瀬邸の枝垂れ桜を観に寄ってもらいました。
夕陽の中に、堂々としかも華麗に咲いていました。

DSC_4045.jpg

午後5時前に、出発時に集合した富田川の広場に戻りました。
そこで、お友達とさよならをしました。

DSC_4053.jpg

私はさらに、県林業センターへ行ってみました。

DSC_4075.jpg

桜並木は満開でした。
日が落ちかかってきたので、名残りの花見を終えて、マンションに帰りました。

   2017.4.13              くまお

追記

しばらくブログを留守にします。  
        

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

熊野古道を歩く(発心門王子~本宮大社)
DSC_3906.jpg

            * 見晴らし台から本宮大社大斎原を望む


4月13日(木)、山歩きの友達お二人に誘われて、熊野古道を歩きました。
本宮大社前に駐車して、午前10時10分 発心門行のバスで出発しました。
バスには外国の人を交え、十数人が乗り込みました。

DSC_3771.jpg

10時半、発心門王子に到着しました。

DSC_3802.jpg

しばらく歩むと、先ほど通り過ぎた発心門バス停にやって来ました。

DSC_3813.jpg

DSC_3811.jpg

11時過ぎ、水呑王子に着きました。
ここには元小学校があったそうで、今は休憩所になっていました。

DSC_3819_201704170942051c9.jg

東京から来られた二人のご婦人とガイドさんです。

DSC_3821.jpg

天候に恵まれ、清々しい杉並木の道をゆっくりと歩みました。

DSC_3825.jpg

DSC_3842.jpg

古道は、ときどき小さな集落を通り過ぎます。

DSC_3829.jpg

DSC_3826.jpg

人家の近くに、無人販売所がありました。
原木椎茸や梅干が置かれていました。
私は原木椎茸を買いました。

DSC_3859.jpg

正午を過ぎて、伏拝王子に着きました。

DSC_3850.jpg

ここで、昼食休憩しました。

DSC_3851_20170417094420c45.jpg

 和泉式部が熊野詣の途次、伏拝付近まで来ると、にわかに月の障りとなり、本宮大社参拝もできないと、ここに泊まったところ、その夜の夢に本宮の神が顕れて、「別にさしつかえないから参拝せよ」とお告げがあったので、式部は喜んで本宮に参詣した。それ以来この土地を伏拝と呼んだとの伝説がある。・・・・・
                              (『くまの文庫2』より)

DSC_3854.jpg

はるか彼方に、本宮大社(現在の大斎原)が見えました。
しばらく休憩した後、伏拝王子を出立しました。

DSC_3870.jpg

午後1時過ぎ、三軒茶屋跡に着きました。
ここで、友だちが用意してくれたコーヒーのタイムとなりました。

DSC_3876.jpg

DSC_3878.jpg

産直の品を並べている茶屋のおばさんと、親しく話しました。
二日がかりで、高野山からやってくる方もおられるとのことでした。

DSC_3891.jpg

DSC_3892.jpg

古道の雰囲気が残っている木の根道をしばらく進みました。

DSC_3907.jpg

迂回して少し登り、見晴らし台へ行きました。
本宮大社大斎原と七越峯が、遠く望まれました。

DSC_3920.jpg

2時45分、祓戸王子に着きました。
本宮大社はすぐそこです。

DSC_3923_201704170949168db.jpg

本宮大社の裏鳥居をくぐって、

DSC_3932 - コピー

本宮大社にお参りしました。

DSC_3937.jpg

DSC_3943.jpg

午後3時過ぎ、本宮大社をあとにして、七越峯の桜を観に行きました。
発心門王子から本宮大社までの6.9㎞を、4時間半でゆっくり歩いた散策でした。

      2017.4.13                 くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

白浜平草原公園の桜
DSC_3606.jpg


4月12日(水)、遅ればせながら、白浜平草原公園の桜を観に行きました。

DSC_3609.jpg

大島桜もソメイヨシノも満開でした。

DSC_3612.jpg

DSC_3618.jpg

スイレン池に落花した様は、趣深いものでした。

DSC_3696.jpg

これまで何度か花見にきましたが、今年は天候もよくて、一番きれいでした。

DSC_3659.jpg

木々の若葉も美しく、春と夏が一緒に来たようでした。

DSC_3623.jpg

DSC_3685.jpg

午後4時半をすぎると、徐々に日陰になってきます。

DSC_3735.jpg

5時半を過ぎたころ、見晴らし台を最後にして、マンションに帰りました。

     2017.4.12              くまお

追記

   世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし  在原業平

桜に悩まされる日々が続きました。

DSC_3522.jpg

DSC_3552.jpg

田辺市跡の浦、東光寺門前の桜です。

DSC_3761.jpg

DSC_3758.jpg

上富田町の彦五郎堤の桜並木です。

DSC_3746.jpg

東急リゾートヴィラの桜です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi