FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スイカの成長・・・・その後
2009_06280014.jpg

大玉の黒皮スイカキャノンボール」です。
4株植えて7個と孫ヅルにも実が2つなって、合計9個できています。

2009_06280006.jpg

害獣避けにコンテナの上に被せた金網の蓋をあけてみました。
コンテナの内側側面に5ミリくらいのところまで迫る感じで果実が大きく成長してきています。
5月中旬に人工授粉して、7月の初旬で50日の満願の日を迎えます。あと1週間の辛抱です。13キロを超えそうです。

2009_06280002.jpg

これは中庭の棚作り吊るし栽培立体栽培)の方です。同じ種類の「キャノンボール」です。
ここも4株ですが6個なっています。
大きいものでは胴周り83センチ、直径が24センチぐらいです。
ハンギングがこの重さをよく支えていますね。こちらのは7月中旬の収穫になりそうです。
あと少しスイカさんがんばってね。
アニメ素材 059


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカにコンテナ
2009_06080004.jpg

菜園のスイカも大きくなってきました。大玉の黒皮スイカキャノンボール」です。
直径30センチ近くなったものもあります。もう8~9キロはありそうです。
近所の畑の枇杷の実が猿にやられたと聞きました。気が気ではありません。
そこで今日はアライグマや猿などの害獣避けに、スイカの上にコンテナ(収穫用の運搬カゴ)を被せました。
コンテナは底をくりぬいてバーベキュー用の金網を針金で留め、その部分が天井に来るように被せています。これだとスイカに日が当たります。
金網は100均で求めました。これで一先ず安心です。枕を高くして眠れそうです。

2009 06080020

中庭の棚栽培吊るし栽培立体栽培)の方はハンギングをつけてスイカを受け止めています。これも100均で調達しています。安上がりです。
こちらはまだ20センチ程度です。菜園の方とは生育に差があります。日照量の関係でしょう。

アニメ素材 048アニメ素材 025



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカの成長 その後
2009_06020003.jpg

菜園の4株の大玉スイカキャノンボール」です。だいぶ大きくなって、バレーボールぐらいの大きさになっています。

2009_06020005.jpg

この中で幾つスイカが見つけられますか?ここに見えるのが5個です。
現在のところ7個できています。あと一個のところが微妙です。

2009_06020001.jpg

中庭の棚作り吊るし栽培立体栽培)のほうでも重そうになってきたので、ペチュニア用のハンギングをつけてやりました。100均で調達したものです。
スイカが成長期に入っていますので日増しに大きくなっていきます。
夜はライトアップしてスイカのシルエットが楽しめます。立体栽培の大きな楽しみです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカ栽培 着果
2009_05290008.jpg

4月8日に定植した大玉スイカキャノンボール」です。
菜園の地這いベッド栽培の方です。
人工授粉して10日ほど経ちます。バレーボールほどの大きさになっています。
4株で今のところ9個着果させています。

2009_05290011.jpg

こちらは中庭に棚を作って棚作り吊るし栽培立体栽培)している、これも大玉スイカキャノンボール」です。日照の関係で現在のところ畑より成長が1週間ほど遅れていますが、鶏卵を少し大きくしたぐらいでしょうか。
少し多めに着果させて4株で8個ぐらいになるよう摘果する予定です、
これからスイカの玉が見る見るうちに大きくなっていきますので成長がとても楽しみです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

2009 スイカの成長
2009受粉後1週間

スイカの人工授粉をしてちょうど1週間が経ちました。杭のキャップとして被せていたわさびの空缶を横に置いてみました。ソフトボールよりも大きいくらいになってきています。
ここ2~3日ぐらいに集中して受粉日がきています。幸いお天気が良かったので着果が期待されます。

2009_05200020.jpg
 
中庭の吊るし棚栽培(立体栽培)の方では1個だけ受粉しました。1日経過の様子です。
上に向いていた雌花が1日経つとこのように玉を支えるツルが長く伸びて重たげに下を向きます。受粉に成功したようです。
中庭の方は成長がやや遅いようです。日照量に違いがあるからなのでしょう。
スイカの成長には目を見張るものがあって、日々どんどん大きくなっていきます。畑で最も楽しい栽培物だと思います。止められませんね。
アニメ素材 032


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカの人工受粉
菜園のベッド栽培の方で、大玉の黒皮スイカキャノンボール」の人工受粉が始まりました。
朝8~9時ごろの作業です。
ならせたい位置に今雌花が着いて開きかかっています。大体16~20節前後の雌花に受粉します。今頃がちょうどその時期にきています。
今日は4個ぐらいに受粉しました。1株4本ツルの2個採りです。それ以上ならせると甘味も分散して味が落ちるので摘果に努めます。大玉で美味しいものを作りたいなら適度に摘果管理をすることでしょう。判断力・決断力が求められます。

2009雌花

これが雌花です。花びらの下に小指の先くらいの大きさのスイカ模様の子房と呼ばれるものが着いています。この雌花に雄花の花粉をそっとこすりつけてやります。受粉がうまくいけば明日にはこの雌花の花びらは萎み、子房の部分がコトンと下を向きます。重力に従うような感じです。
産毛が柔らかいスイカの赤ちゃんです。初々しいと言う言葉がぴったりでかわいいですね。
今は緑色ですが成長に伴い日光をよく浴びて黒くなっていきます。カラスにはこの色が見つけにくいそうです。

2009<br />雄花

子房の着いていないものがすべて雄花です。これは人工受粉しやすいように花びらを取り除きました。スイカはお天道様次第とよく聞きます。温室でない場合は、まさにその通りでしょう。
今日の天気予報は曇り後雨となっていましたので、どの時点で雨が降り出すのか気がかりで、一応花の上あたりにビニールトンネルを昨日の夕方に掛けておきました。今日はまだ雨が来ていませんのでラッキーでした。
この受粉のチャンスを雨で逃してしまうと、あと5~6節ぐらい先になってしまい、そのときも雨で流れたとなったらもうアウトだからです。明日あたりもまた雨が気がかりなのでビニールはそのままにしておきます。

20094日目

これは5月14日に人工受粉したものです。4日経っています。ちょうど大きな卵ぐらいの大きさになっています。12節目の着果ですが、形もよいので残しておこうと思っています。今年最も早い受粉のものです。50日置いて7月の3日が満願の日となりそうです。
従って、今日の受粉の物は7月6日が収穫日となります。
収穫日が分かるように受粉日を書いた札を紐で付けてやります。私はその他にどのツルの何節目かなどの情報も合わせて記録しています。
今年も菜園で4株、中庭の棚作り吊るし栽培立体栽培)で4株、合計8株で16個の大玉を目指します。

2009棚栽培

中庭の棚作り吊るし栽培立体栽培)の方は日当たりの関係で少し生育が遅れています。
今週末ごろが人工受粉の本番になるでしょうか。これまたお天道様の采配が気がかりです。
アニメ素材 059


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカの誘引
2009_05100001.jpg

暖かい日が続くようになってスイカのツルも伸びだしてきました。
黒皮大玉スイカの「キャノンボール」です。
吊るし棚栽培立体栽培・支柱栽培)のスイカも支柱に捉まりやすいように紐で少し補助をしてやります。現在のところ良く伸びたツルは10節程度、遅いのは4~5節くらいのところまでになっています。
1株4本の子ヅルのうち立派なツルには赤いテープを5節ごとに指輪のように目印を付けています。同様に、2番目に良いツルには黄色のテープ、3番目には青色テープ、4番目には白というように目印を付けます。これには絶縁テープがカラフルなものがあって便利です。
着果させるときにできるだけ赤・黄テープに、そして何節目の雌花なのかがすぐ分かるようにするためです。
でもこれは遊びです。別にしなくてもかまいません。

2009_05100007.jpg

こちらは菜園に植えた4株の大玉スイカです。これも品種は「キャノンボール」です。
昨日はビニールトンネルをはずし、敷き藁、敷き草をしてやりました。
銀マルチをしているので、これからの暑い日の熱を和らげてやることと、ツルが捉まりやすいようにするためです。敷き草を押さえ、ツルを整列させるためにビニールテープを張っています。
この畑のほうは日当たりもよく、10~15節くらいにまで伸びてきています。受粉も間近でしょう。
着果させる節位までは脇芽は取り除いて、子ヅルの充実に努めます。着果が決定すればあとの脇芽は放任して樹勢を強くします。
これからは脇芽の管理と人工受粉の作業が主なものです。マルチをしているので植えるとき以外は一切水遣りなしで甘いスイカを目指します。
アニメ素材 071

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカの棚作り
2009スイカ棚

大玉スイカを趣味で作ってもう13年になります。
4株を菜園でベッド栽培、同じく4株を自宅の中庭に棚を作って吊り下げて栽培しています。
菜園のほうはアライグマやサルなどの被害に遭うため、金網付きコンテナを被せて栽培します。
アニメ素材イノシッシ

このところ季節柄、スイカについて検索して私のブログに訪問される方が多くなってきています。とりわけ今年は棚作り吊るし栽培についての検索が多くなってきているように思います。
ちょっと面白そうだなと関心を持たれる方が増えてきているのでしょうか。
アニメ素材 040

立体的に吊るして栽培する方法の呼び方が、これまたいろいろで、「棚栽培」「立体栽培」「吊るし栽培」「支柱栽培」など。まだ定番の用語がないようです。

どの用語を用いようかといつも迷うのですが、名前はいろいろ。でもいつも同じ作り方です。
棚作り吊るし栽培は、まず場所をとらないこと。風通しがよく日当たりも良いこと。何よりも眺めて楽しいことが魅力です。
スイカは成長が早く、見る見るうちに実が大きくなるのがたまらない面白さです。
でも、風の強いところや害獣の被害に遭いやすいところには不向きです。
中庭のようにいつも眺められるようなところには是非お勧めですね。

ツルがビニールトンネルをはみだしてきたので、今日はビニールをはずし、スイカ棚を作りました。

博士

さて棚を作ります。100均で調達してもうずいぶん使ってきた支柱ですが、今年もそれを打ち込んでビニール紐で結び付けます。大玉スイカでは7キロを超えますから、頑丈に作っておくほうが倒れたりして悲しい目に遭うことがないと思います。支える部分は3本支柱にします。
大体12節以降に着果させるので、130センチぐらいからあとのところに実がなることになります。その部分が天井に来るように最初の支柱の高さを1メートル程度にして、L形の斜め天井にするとよいでしょう。

4株植えた場合、4本ツル仕立てにしますから天井部分に16本の支柱を渡すことになります。
1株4本の子ツルのうち元気の良い子ヅル2本に各1個実を着けさせます。1株2個採りです。

台風の襲来やお天道さまのご機嫌に左右されることが多いので「とらぬ狸の皮算用」になってしまわないことを祈るばかりですが、そこが一つのリスク。それをくぐり抜けたら喜びも大きいものがあります。ただ、この面白さに嵌って病みつきになってしまいますので、日ごろからその傾向にある人にはお勧めできません。

ポンポコタヌキ

さあ、今年も「スイカで遊ぼう」です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカ栽培 定植
2009_04130008.jpg

このところ一気に気温が上がり、日中21~2度をキープしています。そこで4月8日に大玉の黒皮スイカを定植しました。品種は「キャノンボール」です。糖度が高くシャキシャキして食味も良いのでずっとこの品種にしています。カラスの鳥害を受けにくいとあります。

菜園でのベッド栽培に4株、家の中庭での棚作り吊るし栽培に4株と、合計8株を植えました。
しばらくビニールトンネルをして保温してやります。日中は中の温度が相当高くなるので裾上げして温度を少し下げてやるなど、温度管理に気をつけます。

1株4本の子ヅルを出させたら、親ヅルを摘芯し、そのうちの2本に各1個ならせます。残りの2本は遊びヅルとして株を養う役割を担ってもらいます。
もしかしてスイカ栽培は今年でおしまいということになるかもしれないので、心を込めて栽培したいなと思っています。
キャノンボール



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

四角いスイカ
2008_07030001.jpg

今日は気温も上がってお天気もよいのでスイカの収穫をすることにしました。
これまで猿やアライグマなどの被害から守るために果実収穫用の黄色いコンテナをかぶせていたところ四角いスイカになってしまいました・・・・。

2008_07030017.jpg

今日の収穫は3個です。5月17日、18日受粉で今日で46日、45日経っています。
左から11,5キロ、13キロ、9キロです。左端がその四角いスイカです。
黒皮スイカキャノンボールです。光りが当たると濃い緑色ですが、通常は黒く見えます。
今年は8株から全部で18個ぐらいの収穫になりそうです。
収穫して2~3日おいてからが食べごろです。その日まで眺めてガマンガマンです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi