FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

身延山・七面山登拝の旅(その4)完
DSCF3822_20190716113030224.jpg

        * 晴れていれば見える御来光(「七面山登詣のしおり」より)


7月4日(木)、午前4時起床。
4時半より朝勤に参列。
大雨のため、御来光はなし。
朝食後、七面山の山頂(1,989m)を目指す予定も断念。
敬慎院の方から、早めの下山を勧められる。
大雨で倒木が道をふさいだり、電線が切れる恐れがあるからだ。

朝食を早めてくれて、午前6時前に敬慎院の宿坊を辞する。
玄関には、僧坊の全員が出揃って、見送ってくれた。

DSCF3756_201907161129343c9.jpg

この石段を上ると、ご来光が見える随身門である。
雨のため、むなしく通過する。

DSCF3767.jpg

雨はますます大降りになってきた。
晴雲坊で雨宿りする.。

DSCF3782_20190716150014934.jpg

止みそうもないので、また歩き出す。

DSCF3775_2019071611293308f.jpg

小川のように流れる道を避け、崖下に滑り落ちないように気を付けて下る。

DSCF3785.jpg

二人の登山者に出会う。

DSCF3790_20190716113135750.jpg

歩みを止めると、雨と共にヒルが落ちてくる。
足元からも、ヒルが這い上がってくる。
とにかく、一歩一歩と歩を進める。

DSCF3798_20190716113136eae.jpg

やっとのことで、神力坊にたどり着く。

DSCF3797_20190716113136f2a.jpg

登山口まであと2丁。

DSCF3795.jpg

相棒のHさんにも笑みが浮かぶ。

DSCF3807.jpg

12時20分、登山口に到着。
膝が笑いながら、よく頑張ったものだ。

DSCF3793_20190716113135bda.jpg

DSCF3810_201907161130298aa.jpg

昨夜来の大雨で、谷川は濁流となっていた。

DSCF3819.jpg

増田屋旅館に着くと、女将さんが出迎えてくれた。
敬慎院から心配する電話が、増田屋旅館にあったとのこと。

衣服に付いたヒルをはたいているうちに、私は手首に吸い付かれてしまった。
払いのけると、血が噴き出すように出てくる。
何度も何度も血が出てくる。
口で吸ったり、手で絞り出したりしているうちに、出血が止まった。
お風呂に入れてもらい、旅装を整えて、懐かしい静岡の街へ車を走らせた。

とにもかくにも、身延山・七面山登拝の目的を果たし、思いがけなくも、日蓮宗の勤行を目の当たりにできた。そして、「身体健全」の祈祷もしてもらった。
いつの日か、七面山の晴れた空を仰ぎ、御来光を拝することを期して、旅を終えた。

       2019.7.4            くまお

追記

田辺に戻った翌日(6日)は、上天気で洗濯も捗った。
洗濯前に、衣服に付いていたヒル2匹を退治する。

DSC_8634.jpg

久しぶりの夕景は、旅の疲れを癒してくれた。    

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

身延山・七面山登拝の旅(その3)
DSCF3818.jpg

              * 白糸の滝とお萬の方の像


7月2日(火)の夕刻、お二人の先輩をそれぞれお見送りして、七面山登山口の増田屋旅館に向かった。
渓谷に沿った道路は通行止めで、迂回路が表示されていた。
旅館に電話をしたが応答なしで、不安に駆られる。

DSC_8592_20190715160704354.jpg

しばらくして旅館から電話があり、渓谷にかかる橋を渡って旅館に着いた。
増田屋旅館の女将さんは、和歌山ナンバーの車を見て感慨深げだった。

DSC_8582.jpg

 七面山はもともと女人禁制でしたが、徳川家康の側室であるお萬の方が、この白糸の滝にうたれて祈念をこらし、衆僧の阻止をふりきって登詣をはたし、女人にもその道を開きました。それ以来、女人禁制がとかれた。・・・・・(「七面山登詣のしおり」より)

お萬の方は、徳川家紀州藩と水戸藩の初代藩主の生母である。
明るい中に、白糸の滝とお萬の方の像、そして登山口を見てくることを勧められた。

DSC_8597_20190715160704161.jpg

DSC_8598.jpg

七面山への登山口も確かめて、宿に戻った。

月3日(水)、朝食と昼食をおむすび弁当にしてもらい、

DSCF3695_20190715215719f4d.jpg

午前6時前に、七面山登拝の表参道を登り始めた。

登山口ー神力坊ー肝心坊ー中適坊ー晴雲坊ー和光門ー敬慎院
         (50分) (50分) (70分) (50分) (15分)

コースタイムは一気に歩いて約4時間、標高差は約1、220mである。(登山口は標高約500m)

DSCF3696_20190715215512067.jpg

敬慎院(1,720m)までは50丁(1丁は109,09m)、登っては休みの、ゆっくりしたペースで歩く。

DSCF3697_20190715215341151.jpg

修験の道にふさわしい、古色蒼然たる道が続く。

DSCF3702.jpg

DSCF3705_20190715215341410.jpg

DSCF3707_20190715215511919.jpg

各坊で休憩したり、朝食を食べては歩いた。

DSCF3714_2019071521551193b.jpg

先週、倒木で電線が切れ、通行止めになっていた場所である。

28丁に至ったとき、蝉時雨が梢より降ってきた。
晴れ間になったのかな?

DSCF3719.jpg

DSCF3720.jpg

晴雲坊でもゆっくり休憩。

DSCF3726.jpg

霧が深くなり、

DSCF3728.jpg

DSCF3732.jpg

蝉時雨もいつしか止んでいた。
45丁あたりで、私は少し息切れがしてきた。

DSCF3735_20190715231506db3.jpg

正午を過ぎて、やっと和光門に到着。

DSCF3741_20190716105359d72.jpg

                 * 来訪を霧に伝える鐘ひとつ

鐘楼で、鐘一つ突く。

DSCF3746.jpg

敬慎院はもうすぐだ。

DSCF3757.jpg

12時半過ぎ、敬慎院に到着。
宿坊に案内され、昼弁当のおにぎりを食べる。
ストーブを点けて、暖を取る。
午後3時に風呂に入る。
5時に夕食が運ばれてきた。

DSCF3752_20190715231627c8f.jpg

精進料理である。
嬉しくも、お神酒がついていた。
ご飯と手桶に入ったみそ汁は、お代わりできた。

午後7時から御開扉と夕勤があり、参列する。
七面大明神のお姿を拝し、身体健全のご祈祷をしてもらう。
午後9時消灯。

     2019.7,3            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

身延山・七面山登拝の旅(その2)
DSC_8524_20190712214255072.jpg

* 久遠の世へ消ゆる水輪や蓮の花  増葺雄


7月1日(月)、渥美半島の休暇村伊良湖から山梨県の下部温泉へ向かう。
途中、Hさんの大先輩お二人をお迎えに、静岡市と富士宮市に立ち寄る。

DSC_8378.jpg

下部温泉への道中、Hさんの生家である円光山正行寺を訪ねた。

DSC_8391.jpg

立派な鐘楼が本殿の真ん前にある、これまで見たことのない造りである。

DSC_8386.jpg

DSC_8426.jpg

正行寺は日蓮宗の由緒あるお寺である。

DSC_8425.jpg

本殿前で、記念撮影。

DSC_8384.jpg

Hさんにとっては、生まれ育った懐かしいお寺。

DSC_8402.jpg

久しぶりのお墓参り。

DSC_8436_20190712212528571.jpg

お墓参りを済ませ、和尚様にお話を伺う。

DSC_8442.jpg

立派な本殿内。

DSC_8444.jpg

静謐な心字池の佇まい。

DSCF3671_20190713134845879.jpg

名残尽きないお寺に別れを告げて、下部温泉のホテルに向かった。

DSC_8456.jpg

下部ホテルの庭木に、アオサギが何組も巣を掛けていた。
まもなく巣立ちのようだ。

DSCF3677.jpg

ホテルの夕食は、いかにも夏らしい料理。
私はいつものように、生ビールと熱燗。

DSCF3683_2019071221331741e.jpg

食後は武田信玄の出陣太鼓の披露。
「疾きこと風の如く・・・・・」の風林火山である。

明けて7月2日(火)、

DSC_8488_20190712212639e9c.jpg

DSC_8486_2019071221264073a.jpg

下部ホテルを出立、身延山久遠寺の参拝に赴いた。

DSC_8491.jpg

身延山久遠寺には、駐車場横からケーブルカーに乗る。

DSC_8570.jpg

DSC_8516.jpg

昔日の研修旅行で訪ねたときは、上掲の山門をくぐり、何百段かの石段を上った記憶がある。

DSC_8494_20190712212738e73.jpg

身延山には、今日も霧がかかっていた。

DSC_8519_201907122142569d3.jpg

比較的新しい五重塔だが、なかなか良い。
枝垂れ桜の咲くころは格別のようで、パンフレットの表紙になっている。

DSC_8508_20190712212738724.jpg

本殿を拝観したのち、

DSC_8535_20190712212835cc5.jpg

ロープウェイで身延山奥之院に上る。

        * 霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き  芭蕉

DSC_8566_20190712213317815.jpg

晴れていれば、こんな情景のようだ。
今回の旅で富士山は一度も姿を見せてくれなかった。
五年間静岡で過ごした私、富士山の麓で生まれ育ったHさんだから、見られなくてもいいよなあ。

身延山奥之院「思親閣」へ

DSC_8537_20190713144338124.jpg

DSC_8539.jpg

DSC_8546.jpg

日蓮上人が房州小湊を拝し、ご両親様お師匠様をお慕いなされた故事に因んで建てられたお堂。(身延山パンフレットより)

DSC_8552.jpg

大雨にもならず、身延山の参拝を無事終えた。

   2019.7.2            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

身延山・七面山登拝の旅(その1)
DSC_8312.jpg

               * 瀞峡へ霧開きゆくジェット船


6月30日(日)、身延山七面山登拝の旅に出かけた。
午前8時田辺を出発し、渥美半島の「休暇村伊良湖」を目指した。
本宮町・三重県の紀和町を通るコースをとる。
鳥羽港に6時間後の到着予定。

DSC_8288.jpg

途中、福定のあじさいが目に留まる。

DSC_8290.jpg

梅雨入りした富田川は、水かさを増し、濁り始めていた。
雨に濡れたあじさいは、色鮮やかだった。

いつもの北山川のビューポイントで休憩。

DSC_8300.jpg

折りしも、ウオータージェット船がやってきた。

DSC_8304_20190709152513048.jpg

ウオ-タージェット船は、北山川を滑るように進んでゆく。

DSC_8314.jpg

ジェット船は川面に立つ霧を開くように、瀞峡へ上って行った。

DSC_8318_20190708233734c12.jpg

三重県御浜町の、さぎりの里で休憩。

DSC_8319.jpg

今日は狭霧の里らしい。

DSC_8321.jpg

同行したHさんは山梨県出身なので、世界遺産「花の窟」に案内する。

DSC_8326.jpg

DSC_8329_20190709161118bba.jpg

ご神体の「花の窟」(はなのいわや)は、大きくて画面に収まりきらない。

DSC_8332.jpg

獅子巌にも立ち寄る。

DSC_8339.jpg

鳥羽港には午後2時に到着。
予約時間を繰り上げて、伊勢湾フェリーに乗る。

DSC_8353.jpg

三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台となった神島。

DSC_8365.jpg

伊良湖港まで55分の乗船。
午後3時20分、伊良湖港に到着。

DSC_8366.jpg

休暇村伊良湖は、港近くの広々とした浜辺の一角にあった。
この休暇村には、初めて宿泊する。
時間があったので、伊良湖崎灯台や芭蕉の句碑(鷹一つ見付てうれしいらご崎)を観に行きたかったけれど、雨のため止める。

DSC_8375.jpg

DSC_8372.jpg

部屋から外を眺めながらの休息。
晴れ間も出て、雲の様相が面白かった。

DSCF3666_20190708233850044.jpg

夕食はアワビの踊り焼きや地魚の刺身で、大変美味しかった。

       2019.6.30           くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

天竜舟下りと千畳敷カールのバス旅行
DSCF3486 - コピー

             * 水しぶきと櫓音の旅 天竜舟下り


5月20日(月)・21日(火)、西牟婁退職互助会主催のバス旅行に出かけた。

DSCF3456.jpg

救命胴着装着後、乗り場へ。

DSCF3459_2019052311503797a.jpg

二艘に分かれて乗船。
先ず、バス2号車から、

DSCF3461_20190523115037419.jpg

続いて、1号車も。

DSCF3464_Moment(2).jpg

油揚げ?に惹かれた鳶が、乱れ舞う。

DSCF3475_Moment - コピー

風上に向かって、漕ぎ手の兄さんが、渾身の力で櫂を漕ぐ。
風を切って、櫓音が軋む。

DSCF3492_20190523115036647.jpg

亀に似た岩、すなわち亀岩。

DSCF3498_2019052311503612c.jpg

一番舳先に座った私は、水しぶきを浴びながら、流れにカメラを向ける。

DSCF3509.jpg

DSCF3512_20190523115124e7b.jpg

30分ほどで、流れの緩やかな岸に着いた。
天気予報では、午後は雨だったのに、晴れて良かった。

 「 五月雨を集めて早し最上川 」(芭蕉)ほどの流れではなかったが、
水しぶきと櫓音の旅」に満足。

その夜は、

DSCF3523.jpg

駒ヶ根高原の温泉宿「やまぶき」に宿泊。

DSCF3524_20190523151722a2a.jpg

宿は落ち着いた雰囲気で、料理も応接も大変良かった。

翌21日(火)、「千畳敷カール」へのロープウェィが、強風と雨のため運行中止となった。
ここでは予報通り。

DSCF3527.jpg

出発時間を1時間遅らせて、近くのいちご園へ行った。

DSCF3553_20190523154401225.jpg

いちご園「ヨッシャア駒ヶ根」。

DSCF3529.jpg

border=

食べ放題 1200円也。

DSCF3545_20190523151834812.jpg

大きなハウスがいくつも並んでいて、赤い実がたくさんなっていた。
いちご狩りは、初めてだった。

DSCF3532.jpg

DSCF3547_20190523151834b2e.jpg

一行の人たちが美味しそうに食べているのを観るのが面白かったが、
自分はあまり食べられなかった。

DSCF3562 - コピー

いちご園から飯田市内の菓子処「飯田城」へ行った。
赤飯まんじゅうで有名。

DSCF3561_20190523151833fee.jpg

蒸したての試食品を4つ食べた。
美味しそうなアップルパイを買った。

DSCF3573_20190523151909630.jpg

早めの昼食は、ドライブイン「酒蔵」で。

DSCF3566_20190523151832215.jpg

天ぷらにタラの芽が出た。
温かかったら、いいのになあ。

DSCF3570.jpg

せっかくの酒蔵だから、お酒を買わないと。

DSCF3575.jpg

昼食を終えると、外は晴れ。
ここまで来ているのだから、「千畳敷カール」へ行きたい!という声々あり。
もう一泊しないとダメ。(バスガイドさん)

DSCF3590_201905231519080b7.jpg

バスは和歌山へ向かって出発。
恵那峡SAで休憩。

DSCF3593_201905231607232dc.jpg

SAから中央アルプス(木曽山脈)を眺めて、今回の旅の締めくくりをした。
田辺のマンションには、午後7時半に到着した。

     2019.5.21              くまお

追記

「千畳敷カール」は、2万年前、氷河によってできたカールです。
2612mのロープウェイ駅に立つのが、初めての方も多かったようです。
雪を頂いた千畳敷カールに行けず、残念でした。

季節は違いますが、私が昨年の9月に登った画像を紹介します。

DSC_3159_2019052317075325e.jpg

真ん中のピークが宝剣岳(2931m)。

DSC_3171_20190523170753f40.jpg

DSC_3168_20190523170753c26.jpg

カールを登り始めると、霧が。

DSC_3184_201905231707527ac.jpg

カールの右下に、ロープウェイ駅。

DSC_3264_20190523170821707.jpg

カールを登りきると、乗越浄土。

DSC_3213_20190523170752060.jpg

中岳(2925m)から宝剣岳を望む。

DSC_3225_201905231708214bf.jpg

中岳から木曽駒ヶ岳(2956m)を望む。

DSC_3268 (2)

乗越浄土から望む富士山。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マレーシアあれこれ11(朝の散策・帰国)完
DSC_7511_20190519175347e16.jpg

                * アカシアの大木の並木


3月26日、アイランドプラザ付近の地理もわかってきたので、朝の散策を試みた。

DSCF3305_20190519150101ded.jpg

マンションからジョージタウン方面へ歩いてみた。

DSCF3309_20190519150101727.jpg

マリナベイの横手に、浜辺に通じる細道があった。
きれいな赤い花が咲いていたので、マンションの裏手に回った。
野犬が二匹いて、帰り際に、後ろから吠え付いてきた。
私は振り向いて、ウーと脅すと野犬は止まったので、そのまま帰った。
野犬と目を合わすなと注意されていた。

DSCF3297_20190519150452192.jpg

日本の秋のような雲が、棚引いていた。

DSC_7562.jpg

ペナンの街並みで、特に印象深かったのは、アカシアの並木である。
イギリス統治時代からの並木であろう大木だ。

DSC_7545_201905191451319e3.jpg

アカシアの花の落花が、地面を黄色く染めている。

DSC_7551_2019051915271161d.jpg

見上げると、まだ花を着けた木もあった。

DSC_7587.jpg

二階建て観光バスが、アカシアの花の下を通り過ぎてゆく。

DSC_7599_201905191536362dc.jpg

よさこい炎三千ご一行の皆さんと訪ねた寝釈迦仏寺院に、またやってきた。

DSC_7593_20190519153636e16.jpg

ゆったりした気持ちで、観て回った。

DSC_7610_20190519153635cce.jpg

道路を隔てた中国仏教寺院へも。再度立ち寄った。

DSC_7627_2019051915363572a.jpg

鐘を担いでいるのは、何か意味がありそうだ。
平和の鐘かな?


翌朝は、昨日とは反対方向の海辺を散策した。

DSCF3335_201905191501021b4.jpg

きれいに整備された並木道を、ジョギングしている。
朝はやはり涼しい。

DSC_7643_20190519153634806.jpg

見晴らしの良い海岸には、高級住宅やマンションが立ち並んでいる。

DSC_7650.jpg

年に2%ずつ人口が増えているペナンは、海岸の埋め立てと高層ビルの建築ラッシュだ。

DSC_7656.jpg

ストレートキィーのヨットハーバー。

DSC_7659.jpg

住んでいるのは、中国系のお金持ちか、日本企業の駐在員と聞いたが、定かでない。

DSC_7670.jpg

この日の空も、日本の秋の雲だった。


帰国の迫ったある日の夕刻、バツーフェリンギのドイツ料理店で、

DSCF3324_20190519163929e58.jpg

Hさんの友人Nさん・Bさん・Sさんが、お別れの会を催してくれた。

DSCF3325_20190519163929a90.jpg

Nさんには特に、マンションの世話をはじめ、あちらこちらと車で案内してもらった。

DSCF3326.jpg

ご馳走をいただいた後、近くの店でタイマッサージをしてもらった。
1時間60RM(約1800円)だった。
キャメロンハイランドでもしてもらったが、50RMだったかな?

DSCF3343.jpg


3月29日、一ヶ月間滞在したマレーシアから帰国の途に就いた。
ペナン国際空港は、珍しく雨だった。

DSCF3347.jpg

香港空港で、5時間ほど過ごした。

DSCF3357.jpg

関西空港には、午後9時過ぎに到着した。
前泊したホテルに一泊し、30日に田辺に帰った。

Nさんはじめ、Hさん友人のBさん・Sさん、そして、会食を共にしてくれたロングスティヤーの皆さん!
大変お世話になりました。
また、Hさんの大切な歴史にも触れさせていただきました。
いろいろとありがとうございました。
末筆ながら、厚くお礼申し上げます。

      2019.3,30              くまお

追記

5月のある日の朝日新聞に、

マハティール首相 苦境
多数派マレー系優遇 変更しようとし支持率激減


マレー系優遇政策(ブミプトラ 土地の子の意味)とは、

 ・マレー系企業を公共事業の入札などで優遇。
 ・教育機関でマレー系の入学枠を設定。奨学金も優遇。

ブミプトラ政策は、経済的に優位な中華系やインド系などに対抗し、先住民であるマレー系の優遇策で、1971年に始まった。
人種差別撤廃条約を批准する方針を表明したことなどから、国民の69%のマレー系住民の反発を受けている。

というような記事が掲載された。

私がペナンで過ごした日々で、中華系の人々の実に豊かな経済力を実感した。
また商売熱心で、日々努力しているのも、中華系の人たちのように見えた。
経済的には優位でも、多数を占めるのがイスラム教徒のマレー人。
将来への不安があるのかもしれない。

マレーシアという国が、今後どのような発展をしてゆくのか、見守ってゆきたい。

        2019.5.19             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マレーシアあれこれ10(ペナンの食べ物)
DSCF2866_201905172035523a7.jpg
 
          * バツーフェリンギで食べたパキスタン料理


ペナンで食べた食べ物や果物を紹介しよう。

DSCF3293_20190517191539e27.jpg

このお店はHさん馴染みの店である。

DSCF2840_201905171915394bf.jpg

フィッシュビーフン。
新鮮な魚で出汁をとり、黄色い梅の酸味がマッチ。

DSCF2839_20190517191540b9a.jpg

ガーリックスピニッシュ(ほうれん草のニンニク炒め)

DSCF2841.jpg

真ん中は、厚揚げの上になすの炒めたのを乗せたもの。
左の鍋物はバックティ。

DSCF2837.jpg

いつも満員のお店で、実に美味しかった。


DSCF3014_20190517193909b4d.jpg

タクシーの運転手Yさんお勧めのインドカレー。

DSCF3020_20190517193909e63.jpg

バナナリーフがお皿。
マンゴジュースはとても美味。

DSCF3021_20190517193909ace.jpg

せんべいがカレーによく合う。

DSCF3022_20190517193908dbf.jpg

チキンカレー・フィッシュカレー・グリンカレー。

ホッカーセンター。

DSCF3043.jpg

DSCF3047.jpg

DSCF3046.jpg

いろんな屋台の店が集まっている。
とにかく、安くて美味しい。

DSCF3279.jpg

評判の福建ミーは、日本人によく合った味。

DSCF3278_2019051720092686b.jpg

エビやもやしを混ぜた焼き飯。

DSCF2899.jpg

果物の王様ドリアン

DSCF2901_2019051720033949e.jpg


DSC_6267.jpg

果物の女王様マンゴスチン。

DSCF3320.jpg

DSCF3321_20190517200341736.jpg

色鮮やかなドラゴンフルーツ。

DSCF2887.jpg

小さいのはモンキーバナナ。
バナナはどれも甘くて美味しかった。

DSCF3339.jpg

マンゴーは、買って来てはよく食べた。
大きいので5RM(約150円)で、大変美味しかった。

DSCF3275_20190517204535048.jpg

ペナンはトロピカルフルーツの美味しいところだった。

      2019.3.25           くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マレーシアあれこれ9(ペナン日本人補習校卒業式)
祝辞ペナン日本人補習校Hさんの

       * ペナン日本人補習校の卒業式で祝辞を述べるHさん


3月23日、ペナン日本人補習校の卒業証書授与式があった。

DSC_7413 (2)

開式にあたり、マレーシアと日本の国歌が流れた。

DSC_7428_20190516160334182.jpg

来賓あいさつで、在ペナン日本国総領事より祝辞があった。

補習校の卒業式の祝辞1

続いて、元学校教師のHさんが、来賓の祝辞を述べた。

2ペナン日本人補習校Hさんの祝辞

3ペナン日本人補習校祝辞

4ペナン日本人補習校祝辞

9年前にこの学校を発足させた経緯と、「やさしいこころ」の大切さを話した。
Hさんは、子供たちに「やさしい子供、優しい大人になってくださいね。」と言いながら、日本から持ってきたプレゼント(鉛筆5本)を卒業生一人一人に手渡した。

ペナン日本人補習校祝辞6

愛するペナン補習校の益々の発展を願って、祝辞を終えた。

DSC_7479.jpg

出席者全員の記念撮影。

部外者の私は、撮影係として参加させてもらった。
マレーシアに日本企業がたくさん進出している中で、
日本人補習校の地道な取り組みが、とても大事なことだと痛感した。

この補習校はインターナショナルスクールに通う生徒を対象にした、土曜日だけの日本語学校である。
国語(日本語)と日本の文化、伝統を学ぶ学校である。
長年の努力が実り、最近、文部科学省の認可を受けることが出来たそうだ。

日本とマレーシアの友好の絆を、補習校の卒業式を通じて、垣間見ることが出来た。

    2019.3.23             くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マレーシアあれこれ8(ペナン極楽寺)
DSC_7252.jpg

         * 東南アジア最大級の中国仏教寺院 極楽寺


3月18日、ペナンヒルの近くにある極楽寺に案内してもらった。
行きはHさん馴染みのタクシーを頼み、お寺の駐車場へ。

DSC_7217.jpg

極楽寺の門をくぐると、

DSC_7218.jpg

正面に大きな仏殿。

DSC_7220.jpg

右手には七層のパゴダ(仏塔)。
パゴダの建築様式は、下層が中国、中層がタイ、上層がビルマだそうだ。

DSC_7223_20190514161237d45.jpg

正面仏殿内部は、豪華な飾りと金ぴかの仏様たち。

DSC_7228.jpg

仏様は、やや面長の、いいお顔立ちをなされている。

DSC_7233.jpg

中庭の風景は絵になる。

DSC_7238 - コピー

七層のパゴダも見える。

DSC_7246 - コピー

中庭を通り抜けて、石段を上る。

DSC_7256_20190514163638fe6.jpg

通路にもたくさんの仏様。

DSC_7257.jpg

「極楽寺にはいったい何体の仏さまがいらしゃるのかな?」と、ふと思う。

DSC_7259_20190514163638ec4.jpg

DSC_7273.jpg

整備された庭。

DSC_7261_20190514163638791.jpg

ペナンの街も一望される。

DSC_7272.jpg

可愛い象の置きもの。

DSC_7318.jpg

観音堂の立つ一番の高見には、ケーブルカーで上った。

DSC_7285.jpg

観音堂はあまりに大きすぎて、画面に収まりきらない。

DSC_7293.jpg

IMG_20190318_121506.jpg

仁王が二体、目を剥いて、傍に控えている。

DSC_7300.jpg

DSC_7299.jpg

庭に干支の十二支の彫刻を配した仏殿。

DSC_7298.jpg

現中国では、龍(辰)は皇帝を象徴していたので、十二支からはずされている?
辰年の私は、「たつせがない」とは、このことか。

DSC_7313_20190514175056d76.jpg

池に配されたあずまやで、一休憩。

DSC_7320.jpg

ケーブルカーで下って、パゴダのある仏殿へ行く。

DSC_7330_20190514181131529.jpg

この仏殿の仏さまは、シックな仏様だ。

DSC_7347.jpg

きれいな庭を巡った後、

DSC_7337.jpg

パゴダに入塔する。

DSC_7332.jpg

パゴダの階段を登るにしたがって、どんどんと眺望が開けてゆく。

DSC_7367.jpg

高見には観音堂が。

DSC_7376.jpg

東南アジア最大級の寺院の眺望である。

帰りは極楽寺への通路とは言えないほどの、細く暗い道を歩いて、門前町まで下った。

DSC_7401.jpg

門前町には食べ物やお土産の店が、軒を並べていた。

DSC_7396.jpg

旅行ガイドブックで有名な、ペナンラクサを注文した。

DSC_7399.jpg

香草をふんだんに入れた麺である。

DSC_7400.jpg

ここだけでしか食べられないということで、観光客に人気があるそうだ。

DSC_7398.jpg

懐かしいサトウキビのしぼり汁も注文した。

DSC_7397.jpg

美味しさが半分、珍しさが半分だった。

近くのバス停で、長いことバスを待つ間、インドネシアからきた親子と会話した。
そして、ジョージタウンまで一緒に行った。
ジョージタウンでバスを乗り継ぎ、アイランドプラザに帰った。
かなり疲れた一日だった。

      2019.3.18            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

マレーシアあれこれ7(モンキービーチ・パラセーリング)
DSCF3193_2019051322194840b.jpg

                 * モンキービーチの猿

3月17日、モンキービーチに案内してもらった。
Hさんは、何回か言ったことがあるそうだ。

DSCF3132.jpg

モンキービーチはペナン国立公園内にある。

DSCF3139.jpg

きれいな砂浜の縁を通ってゆく。

DSCF3145_20190513221812509.jpg

大方の観光客は、小舟に乗ってモンキービーチや途中のきれいな砂浜まで行くようだ。

DSCF3149_20190513221811a53.jpg

道しるべがないので、他人が通った跡をたどって、砂浜を歩く。

DSCF3151_201905132218115f1.jpg

長い桟橋が海に突き出ていて、ここへも船でやってくるのだ。

DSCF3157.jpg

砂浜からジャングルへ戻る。

DSCF3155.jpg

誰しもターザンごっこ遊びをしたくなる山路である。

DSCF3166_20190513221917970.jpg

やっとモンキービーチに到着。

DSCF3170_20190513221916f16.jpg

バンガローのようなものがある。
冷たいタイガービールを飲んで、休息する。
泳ぎたいが、猛毒のクラゲがいるため諦めた。

DSCF3175_20190513221916a00.jpg

乗馬を勧められて乗る。

DSCF3178_20190513221915cba.jpg

モンキービーチの端まで行って、戻ってきた。

DSCF3187.jpg

砂浜をギャラップしたかったらしく、物足りない顔をしていた。

DSCF3196.jpg

人の姿が少なくなると、モンキーたちの出番だ。

DSCF3202.jpg

ブランコ遊びをしたり、

DSCF3204_20190513221947312.jpg

屋台に乗って、夕涼み。

DSCF3211.jpg

渚には、ヤシの実。
藤村の詩「名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実一つ・・・・・」を思い出す。

DSCF3222_20190513225809710.jpg

ペナン国立公園内には、大トカゲが生息している。
大きいのは、2.5mもあるそうだ。

DSCF3228.jpg

突然、前方に大トカゲが現れ、びっくり。
茂みの中に消えていった。
慌てて撮った画像には、尻尾だけが写っている。

公園には、午前11時45分に入った。
入口に戻ったのは、午後7時半だった。
そのあと、路線バスに乗って、アイランドプラザに帰った。
バス代はとても安くて、2.5RM(約70円)だった。

後日、バツーフェリンギの浜辺で、パラセーリングをした。

DSCF3257_201905132317361c0.jpg

頼りがいのある面構えの船長さん。

DSCF3260.jpg

助手にパラセーリングの用意を命じる。

DSCF3262.jpg

私の用意ができると、、ロープを伸ばしていく。

DSCF3268.jpg

約50mまで、一気に上って行った。
そのまま、モーターボートは浜辺を一周。
天にも昇る気分になり、片手を離して、Vサインを送った。
代金は、180RM(約5000円)であった。

        2019.3.20            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi