FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

思いがけない釣果(白浜地磯)
IMG_20191211_152531.jpg

      * 思いも掛けぬ釣果(45㎝の石鯛)で、思わずにっこり


12月11日(水)、午前中はテニスだった。
芝グレ(20㎝~25㎝)を釣って、一夜干しにしようと思い、久しぶりに白浜の地磯に出かけた。
白浜の地磯は、テニスの友達Hさんのお家の真下で、Hさんのホームグランドである。

午後3時過ぎ、釣り始める。

2B玉ウキに、の錘(おもり)を付けて、やってみた。
浮くはずの玉ウキは、だんだん沈んで見えなくなった。
おかしいなあと思って、引き上げると、15㎝ほどのガシラが上がってきた。
リリースして、再度投げ入れると、ウキはまた沈んで行った。
今度は、小さなベラがかかっていた。ベラもリリースした。

錘を変えようと思ったけれど、もう一度そのまま投げ入れてみた。
また、ウキは沈んで見えなくなった。
引き上げようとすると、竿が引き込まれた。
とっさに、ペールを外して、道糸を伸ばして、竿を立てた。
さらにもう一度引き込まれたので、ペールを外してやり取りしたうえ、釣りあげた。
三の字ハゲかと思ったら、なんと石鯛だったのだ。

その後、Hさんがタカノハ鯛を釣った。
潮が冷たいと考えて、私はそのままの仕掛けで釣りを続けた。
次々と魚はかかった。

IMG_20191211_160204.jpg

型の良いガシラも。

IMG_20191211_171913.jpg

結局、午後4時半までの釣果は、石鯛2尾、ガシラ2尾、タカノハ鯛2尾であった。
いつも釣れる芝グレは、全く姿を見せなかった。
タカノハ鯛が釣れるときは、潮が冷たいと言われる。
その日はよほど潮が冷たかったに違いない。

後で気が付いたのだが、玉ウキの重さは2Bと思っていたのが、2Gだった。
より10倍ほど軽い。
の錘を付けた2G玉ウキは、沈むのは当然である。
ふかせ釣りで芝グレを釣ろうとしたのに、底物釣りをしていたことになる。
これまで何百回となく磯釣りをしたが、45㎝ほどの石鯛を釣ったのは、初めてのことである。

 「怪我の功名」あるいは「瓢箪から駒が出る」ようなものだった。

     2019.12.24          くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

2019釣り大会
DSCF4098_20191114141936d20.jpg

          * 田並赤島から 朝日が昇る潮岬を望む


11月10日(日)、県教育互助会主催の釣り大会に参加した。

DSCF3999_2019111416244107f.jpg

午前6時過ぎ、田並漁港を出港。
渡船は、馴染みのあらほり渡船「闘龍丸」。
釣り人は9人。

DSCF4006.jpg

東の空が、

DSCF4013.jpg

少しずつ明るんでくる。

DSCF4020_20191114141747e37.jpg

まず、大赤島に3人が渡礁。

DSCF4023.jpg

そのシルエットが、また良い。

DSCF4029.jpg

あらほり渡船「闘龍丸」は、田の崎を回り、赤島に向かう。
潮岬の先端の一ノ島が見える。

DSCF4036.jpg

私たち二人は、赤島に渡礁。

DSCF4037.jpg

闘龍丸は、次に根島、三石へと向かう。

DSCF4082.jpg

しばらくすると、朝日が昇ってきた。
潮岬の左手の低いところが、串本の街。
大津波の時は心配だ。

DSCF4095.jpg

スマホを持つ同行者Hさん。

DSCF4103_20191114141936426.jpg

朝日がすっかり昇る。

DSCF4099_201911141419362a5.jpg

赤島の釣りポイントは、シモノハとの水道。
本日は水道での釣果があまりなくて、沖寄りの足元で釣れた。

DSCF4105_20191114142022f00.jpg

午後1時半納竿して、迎えの渡船に乗る。

DSCF4119.jpg

赤島の3人を迎えて、

DSCF4129.jpg

港に急ぐ

DSCF4134_20191114142021552.jpg

本日の二人の釣果。

午後4時過ぎ、湯処「むろべ」(互助会宿泊所)に到着。
三の字ハゲ(42.5㎝・41.5㎝)、グレ(30.2㎝)、シマアジ(30㎝)を検寸してもらった。
心配していた台風のうねりは大したしたことがなく、久しぶりの楽しい磯釣りだった。

      2019.11.10           くまお

追記

昨年は全くダメだったが、今年はハゲとグレの部で入賞が期待される。
      

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

麦わらイサギ釣り
DSCF3620_20190621153549e5b.jpg

* 田辺湾の朝明け


6月20日(木)、今季初めてのイサギ釣りに出かけた。

DSCF3605_20190621152512a64.jpg

お世話になったのは、いつもの「みふじ丸」さん。
田辺市元町の目良港から、午前4時50分に出港。

DSCF3607.jpg

風も波もない、とても穏やかな海だった。

DSCF3627.jpg

5時過ぎには、高尾山の左手より朝日が昇ってきた。
空は薄桃色だ。

DSCF3642.jpg

釣り場は、南部沖
遠くには南部の鹿島が。

DSCF3637_20190621152511eec.jpg

最初のポイントは、一度錨を打ち直しただけで、コンスタントに釣れた。

DSCF3640_201906211525118d6.jpg

魚探を駆使して。ポイントに船を据えてくれる。
その後、ポイントを2か所移して、釣果を増やしていった。

DSCF3647_20190621152557438.jpg

同行のHさんも大型をゲット。

午前11時に納竿した。

DSCF3654_20190621152556d4d.jpg

本日の釣果は、二人でイサギ82尾、平ソマ2尾、ソマ1尾、ゴマサバ1尾だった。
イサギの型はよくて、とても満足のゆく釣りだった。
今が旬の麦わらイサギ

船頭さんは釣った魚をとても丁寧に扱ってくれるので、どの魚も刺身が美味しい。
スーパーでは買えない鮮魚である。
もう一度釣りに行きたいが、結構体力がいるので、どうなることか?

      2019.6.20              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

久しぶりのイサギ釣り
DSCF2438_20181122204956034.jpg

                  * 田辺湾の朝明け


先日、久しぶりのイサギの船釣りに出かけました。
いつもの「みふじ丸」さんに、お世話になりました。
かれこれ50年来のお付き合いです。
午前6時に、田辺市目良漁港を出港しました。

DSCF2468_20181122204954dd8.jpg

漁場に近づくうちに、ご来光です。

DSCF2435.jpg

南部沖のポイントに着くと、船頭さんはさっそく錨を打ちます。

DSCF2478.jpg

本日の同船者は、同じマンションのN氏です。
いろいろな船釣りのベテランです。

最初のポイントは食わず、沖のポイントに移動しました。
沖のポイントは深いので、手釣りは大変です。
イサギの食いはぼつぼつで、ゴマサバやソマガツオがよく釣れました。
最後に近場のポイントで勝負しましたが、潮が悪かったのか、まあまあの釣果でした。

DSCF2483.jpg

正午に納竿して、目良漁港に戻りました。

DSCF2499.jpg

漁港に着くと、船頭さんが魚をしめて、血抜きをしてくれます。
この処理が釣った魚の値打ちを高めてくれます。

DSCF2501.jpg

本日のN氏との二人の釣果です。
船頭さんが釣ったのも、加えてくれているようです。

その夜、ゴマサバ、ソマガツオ、イサギを刺身でいただきました。
サバのさしみが、断然美味しかったです。
帰りがけに釣ったサバは活かしてくれていたので、身はもちもちでした。
「関サバ」は食べたことはありませんが、とにかく新鮮なサバは美味しかったです。
船頭さんの心遣いが身に染みた逸品でした。

    2018.11.15              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

県互助会釣り大会
DSCF2404.jpg

              * 朝日が昇り始めた串本潮岬


11月11日(日)、県互助会主催の釣り大会に参加しました。

磯釣りの部にエントリーして、串本田並あらほり渡船で磯に渡りました。

DSCF2407_20181113144419166.jpg

あらほり渡船さんは、先日の台風24号の被害を受けて、渡船が大破して、現在は小舟で磯渡しをしています。
予約二番手で、「三石」に渡礁しました。
残念ながら、目に見える釣果はありませんでした。
朝に大きなグレを掛けたのですが、足元に潜られて棚切れしてしまいました。
40cmオーバーは間違いなかったと思われます。
年に一度の大会のビッグ・チャンスを逃してしまったのは、返す返すも残念でした。

その後、芝グレはかかるものの、大きな当たりはありませんでした。
午後1時過ぎてから、30cm以上はあるグレを掛けて引き寄せているときに、針外れとなってしまいました。

マンションに帰ってからも、逃がしたグレの大きな白い尻尾が、目の前にちらつきました。
この冬には、リベンジを果たそうと思った次第です。

      2018.11.11          くまお  


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イサギ釣り(今季4回目)
DSCF1093.jpg


6月20日(火)、麦わらイサギ釣りに出かけました。
午前4時50分、遊漁船みふじ丸は、目良漁港を出港しました。
釣人はベテランの方と私の二人でした。

DSCF1107.jpg

曇り空で、少々波気がありました。
下り潮が大変早くて、仕掛けは遠くまで流されます。
アタリが取りにくく、ベテランさんが十数尾釣る間に、私は1尾しか釣れませんでした。
大きなアタリがあっても、釣り上げたら三の字ハゲでした。
ベテランさんは53cmの真鯛を釣り上げました。
しかも、ハリスは2号でした。(私のハリスは3号)
船頭さんは、「今日は調子悪いのう!」と、案じてくれました。

DSCF1111_2017062209553925a.jpg

錨の打ち直しのとき、魚探をみると、ポイントの山手にイサギが群れています。

DSCF1109.jpg

船の下を写す魚探も使って錨を打ち、船をポイントに固定するのです。
今日は南の風で、船の横から吹いてきました。
少し船酔い気味でした。

DSCF1121_201706220955567fb.jpg

本日の私の釣果です。

新鮮な鯖が4尾釣れて、なんとか格好がつきました。
ベテランさんは途中から体調が悪くなり、船内で休んでいましたが、それでも51尾釣っていました。
流石はベテランさんですね。

麦わらイサギの時期は、今月末で終わりです。
北海道行が迫っているので、これで今季のイサギ釣りは終わりになりそうです。

     2017.6.20            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イサギ釣り(今季3回目)
DSCF7409_201705301504228c6.jpg

               * 日の出前の紀伊の山々


5月29日(月)、今季3回目のイサギ釣りに出かけました。
いつもの遊漁船「みふじ丸」さんにお世話になりました。

午前4時30分、目覚まし時計で目を覚ましました。
外は明るいので、セットする時間を間違えたことに気が付きました。
ほんとうは3時30分に起床するはずでした。
一時間間違えていたのです。

朝食用のバナナやゆで卵、パンをリュックに放り込んで、急いでマンションを出発しました。
合羽や長靴、クーラーなどは、前夜、車に積み込んでいたので助かりました。
あと5分くらいで港に到着するとき、船頭さんより電話がありました。
これまでは船頭さんより遅く、港に行くことはありませんでした。
今日は来ていないので、心配して電話をくれたのでした。
目良漁港には5時前に到着して、ぎりぎりで出船に間に合いました。
釣り客はベテランと初めて同船した大阪の方と、私の3人でした。

DSCF7427.jpg

高尾山の上には雲が掛かり、きれいな日の出にはなりませんでした。

最初のポイントでは、良型のイサギが上がりました。
しばらくすると、食いが渋くなったので、前日良かったかなり沖のポイントへ移りました。
型は小さいが、まあまあ釣れました。

DSCF7437.jpg

食いがわるくなると、その都度、錨を打ち直してくれました。
最後は最初のポイント近くへ戻りました。
中型のイサギが釣れました。

DSCF7467.jpg

時間を30分延長してくれて、11時半に納竿しました。
天気は良くて、釣りやすい日でした。

DSCF7482_20170530150423ac7.jpg

正午に目良漁港に戻りました。

DSCF7491.jpg

本日の私の釣果です。
最近の釣り状況からすると、良い釣果となりました。
その夜は山友達とイサギの刺身、煮付け、カルパッチョで一献傾けました。
次回は尾瀬の旅から帰って、6月中旬に挑戦する予定です。

    2017.5.29             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イサギ釣り(今季2回目)
DSCF7314.jpg


5月16日(火)、名古屋の弟とイサギ釣りに出かけました。
いつもの遊漁船「みふじ丸」さんにお世話になりました。

DSCF7321_20170519154601ac1.jpg

目良漁港を午前5時前に出港しました。

DSCF7351_201705191546021eb.jpg

本日は曇りがちでしたが、明け行く空の雲に趣がありました。

DSCF7355_20170519154600397.jpg

日の出とともに、白浜の岬も眠りから覚めて行きます。

DSCF7392.jpg

釣人は私と弟の二人だけでした。
遊漁船は貸し切り状態でした。

本日は食いが渋く、陸のポイントも沖もつれませんでした。
何度もポイントを替え、船の錨を打ち直してくれました。

DSCF7397.jpg

二人の釣果です。
船頭さんが釣ったのも大分混じっています。

その夜は釣った魚を料理して、弟夫婦といただきました。
ソマガツオと鯛はさしみに、イサギはさしみ・煮付け・カルパッチョにしました。
帰り際に船頭さんが釣ってくれたソマの刺身はモチモチで、とても美味しかったです。

潮が安定し、食いが良くなったら、もう一度挑戦したいを思っています。

    2017.5.16                    くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

今季初のイサギ釣り
DSCF7083_20170509174330405.jpg

                * まもなく夜の明ける田辺湾


5月8日(月)、今季初のイサギ釣りに出かけました。
いつもの遊漁船「みふじ丸」の田中船長さんにお世話になりました。
午前5時、田辺市目良漁港を出港しました。
釣人は大阪のご夫婦とベテランの方、私の四人でした。

DSCF7098_20170509174330f0f.jpg

ポイントの南部沖に着くまで、約半時間かかります。

DSCF7116.jpg

今日は高尾山からの日の出が見られそうです。

DSCF7124_201705091742420e6.jpg

高尾山の頂きに朝日が顔を出しました。

DSCF7142.jpg

5時21分、日の出となりました。

DSCF7102.jpg

みふじ丸」は南部沖につくと、魚探を駆使してポイントを探し、錨を打ちます。
潮の流れと風向きを考えて、ポイントに船を置くのは大変難しいことです。
ポイントに船が置かれても、イサギの食いが渋いこともしばしばです。
風向きが変われば、ポイントがずれてしまいます。
今回も何度か船を打ち直し、さらに沖のポイントへ移ってみたりしました。

本日はイサギの食いが渋くて、なかなか釣果が上がりませんでした。
親切な船頭さんは、時間を30分延長してくれました。

DSCF7155_20170509174148725.jpg

午前11時半、納竿となりました。

DSCF7169.jpg

みふじ丸」は錨を上げると、急いで目良漁港に戻ります。

DSCF7212_20170509174147a8c.jpg

私は行き帰り、いつもカメラを構えます。
船上から眺める風景は楽しくて、疲れが吹っ飛びます。

DSCF7240_201705091743294d3.jpg

正午前、波静かな元島の湾内に戻りました。

DSCF7243.jpg

目良漁港に到着し、船頭さんがイサギを活き締めして、血抜きをしてくれます。

DSCF7252.jpg

本日の釣果です。
何とか30尾を越えることが出来ました。

次回は16日(火)です。
名古屋の弟と一緒に再挑戦します。

     2017.5.8             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

およげ!鯛くん 大海へ 
DSC_1355.jpg


最近、土日になると、神島周辺に釣船がたくさん出漁しています。
聞くところによると、堅田漁協の養殖の鯛が、10万尾ほど網の破れから逃げ出したとのことです。
養殖の網から逃げた鯛を釣り上げるために、釣船が集まっています。
一日で125尾も釣り上げた、「見知らぬおじさん」もいたそうです。
3本の枝針に同時に食いついたり、一尾が二つの針をくわえたりで、まさに入れ食い状態のようです。
内之浦湾近くなので、小型プレジャーボートの出番です。

DSC_1340.jpg

3月5日(日)も、かなりの数の釣り船が出ていました。
湾内はしばらく、鯛釣り船で賑わいそうです。

子門真人の「およげ!たいやきくん」という歌を思い出しました。
網から出て自由になった鯛が、広い大海へ出てゆけばいいものを。
どうして湾内に留まり釣られているのか?
養殖魚の悲しさを思わざるを得ません。

網から逃げ出し、天然の海で過ごした鯛の味はいかがなものか?
少し赤みが増してきた鯛もあると聞きました。

「およげ!鯛くん 大海へ」と、叫んでみたくなりました。

    2107.3.5             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi