FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

神島フレンズテニスクラブ花見会
DSCF3374_20190413223432eeb.jpg

                  * 新庄公園のさlくら


4月12日(金)、新庄公園で花見会が催されました。
私が3月いっぱいマレーシアに行って留守をしていました。
その間、皆さんで計画してくれました。

DSCF3371.jpg

雨で延期したにもかかわらず、13名の方が参加してくれました。
午後から晴れて風もなく、絶好の花見会となりました。
豪華なうなぎ弁当は、大変美味しかったです。

DSCF3375.jpg

美術館前はチューリップをはじめ、色とりどりの花で埋め尽くされていました。
我が世の春を感じた一日でした。

    2019.4.12                 くまお

追記

2月29日から3月30日まで、マレーシアのペナンに滞在していました。
「ペナンよさこい祭り」に、白浜からはるばる参加したご一行の、写真係として同行しました。
真夏のペナンで、なんとか役目を果たして帰ってきました。
本日、写真や動画の編集を終えて、長らく留守をしていたブログに戻ってきました。
今後ともよろしくお願いします。

      2019.4.13               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

河津さくら
DSC_6248.jpg

      * 満開の河津さくら三栖王子社跡


2月26日(月)の午後、車を車検に出しにゆく途中、田辺市の三栖王子社跡に立ち寄りました。
河津桜は盛りを少し過ぎたところでした。

DSC_6251.jpg

先客がいて、めだかの学校の生徒さんでした。
時間がなくて、慌てて撮り、お先に失礼しました。
一昨年は、めだかの学校の校長先生に出会いました。
偶然とはいえ、よく会うものです。

DSC_6255.jpg

このところ春の陽気です。

DSC_6262 (2)

旅行のため、しばらくブログを留守にします。

     2019,2,28             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

南紀の春は あたたかい
DSC_5664_201901292235296c3.jpg

            * 植栽されている、新庄公園のパンジー

1月29日(火)、隣接するホテルが休館のため、白浜古賀浦の長生の湯に行きました。
入浴後、昼食にラーメンを食べました。

春の陽気につられて、新庄公園に立ち寄りました。

DSC_5649_201901292303361ad.jpg

今日の陽気に、蜜蜂が活発に飛び回っている。

DSC_5652_201901292307346eb.jpg

私もベンチに座って、まどろみたいほどの陽気でした。

DSC_5659_20190129223530e12.jpg

菜の花は、まだまだ健在だ。

DSC_5634_20190129231228344.jpg

DSC_5636_201901292247372bc.jpg

ストックの花も、春の陽を浴びて眩しい。

とにもかくにも、南紀の春は暖かい。

    2019.1.29             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅 花 落 日
DSC_5600 - コピー

*  梅 花 落 日


1月20(日)、上富田のコートでテニスをしました。
いつもよりやや早めにテニスを終え、コート近くの梅畑に立ち寄りました。

DSC_5572_20190122235041855.jpg

梅の古木のもとに、水仙が咲いていました。

DSC_5558.jpg

梅畑の何本かの木は、早くも花を着けていました。

DSC_5550 - コピー

DSC_5555 - コピー

咲き始めの梅花は、初々しく、しかも凛として、とても気品があります。

DSC_5603 (3)

梅畑に日が落ちて、家路につきました。


前日の19日(土)、和カフェ「南の麦」うたごえ喫茶に参加しました。
新年初めての集いには、新たな二人のメンバーが加わり、盛会となりました。

DSC_5483.jpg

終会後、まだ夕日が見られそうなので、富田の浜に寄りました。

DSC_5481.jpg

夕日は水平線に沈もうとしていました。
沖をゆく船影が、水平線上に現れます。

DSC_5507.jpg

落日が始まると、「だるま夕日」になります。

DSC_5518_20190124110304b0d.jpg
DSC_5531.jpg
DSC_5537.jpg

そして、あっという間に、水平線の彼方に沈んでしまいました。
今日は水平線上に雲がなく、きれいな「だるま夕日」を見ることが出来ました。

    2019.1.20                  くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

枯尾花と菜の花
DSC_5418 (2)

          * 芒原枯れて光れり人に逢わず  篠田悌二郎


上富田テニスの帰り、渡すものがあって、白浜町の元同僚を訪ねました。

DSC_5427_20190122215508d64.jpg

生馬橋をわたり、富田川の保呂の土手を走っていると、枯芒(かれすすき)の原が光っていました。

DSC_5442 (4)

川原への下り路に駐車して、芒原に入りました。
しばらくすると、山の端に夕日が隠れて、茫々たる枯野原と化してしまいました。

翌日、新庄公園に行きました。

DSC_5329.jpg

早咲きの菜の花が、咲き乱れていました。

DSC_5322.jpg

ミツバチが、花のあたりを飛んでいました。
もうすぐ、梅の花だよりが届くことでしょう。

      2019.1.18     くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

山茶花の花
DSC_5125.jpg

         * 山茶花の散り敷く花を出入りかな  久保三翠


12月26日(水)、神島フレンズテニスクラブの打ち納めが、文里のコートで行われました。
コートの入口には、山茶花の花が咲き乱れていました。

DSC_5120.jpg

溝に散り敷いた落花が、早朝に降った雨に濡れていました。
打ち納めなので、何とかプレーができるように期待しました。
小雨は降ったりやんだりしましたが、午前中やり通すことが出来て、ほっとしました。
このところ、かつての会員も戻ってきてくれて、盛況を取り戻してきています。

DSC_5124_20181230215118b3c.jpg

山茶花のかげりし花はつめたけれ」(皆吉爽雨)とうたわれるように、山茶花は淋しい花ですが、
よくよく見ると、花も落花もなかなかいいものです。

  2018.12.26               くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

冬枯れの野山に見つけたもの
DSC_5074.jpg

          * 日おもてにあればはなやか冬紅葉   日野草城

12月23日(日)は、上富田町テニスクラブの打ち納めでした。
テニスの合間に、私は、

土手を外れ枯野の犬となりゆけり」(山口誓子)のように、近くの野山に分け入ってみました。

DSC_5116 (2)

道端に、タカサゴユリが、季節外れに咲いていました。

DSC_5105.jpg

崖上に、樫の木が色濃くモミジしていました。

DSC_5067.jpg

漆の葉が、一番華やかに冬枯れの野を彩っています。

DSC_5042 (2)

奥へと進んでゆくと、

DSC_5059.jpg

DSC_5052_201812252039344f9.jpg

密やかに咲いているあざみの花やもち葉つつじの花。

さらに進んで行くと、大きな池に出くわした。

DSC_5091_2018122520393211d.jpg

野山の冬紅葉の名残をとどめんと、池は静かな息遣いをしていました。
紀南地方では、今しばらく冬紅葉が楽しめそうです。

コートに戻ると、「捜索願を出そうと思っていた」と、テニス仲間に言われました。

      2018.12.23             くまお

追記

しばらくブログを留守にします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

福定の大銀杏
DSC_4877.jpg

           * 国道311号より遠望される福定の大銀杏


11月29日(木)、遅ればせながら、福定の大銀杏を観に行きました。

DSC_4848.jpg

国道311号を走っていると、福定のバス停あたりで、大銀杏が目に飛び込んできます。

DSC_4859 (2)

法泉寺境内の大銀杏は、市の天然記念物に指定されています。

DSC_4888.jpg

DSC_4887.jpg

法泉寺の駐車場からの大銀杏です。
大銀杏は画面をはみだしてしまいます。
裏側にまわると、

DSC_4896.jpg

DSC_4899_20181130160423a14.jpg

DSC_4913.jpg

かなり落ち葉していて、お寺や隣家の屋根は、銀杏の葉で覆われていました。

DSC_4901.jpg

横に回ると、大銀杏の全景をとらえることが出来ました。

DSC_4909.jpg

DSC_4911.jpg

境内は黄金色の落ち葉で、敷き詰められています。

11月29日(木)の朝日新聞の記事、「樹木希林さん 友と交わしてことば」に、
うらを見せおもてを見せてちるもみぢ」という良寛の句について語っておりました。
「裏から始まるところがすごい。年や経験を重ねても、人間は表裏を持ち続けるという本質を見抜いた人の句ね。こうありたい。」と。

DSC_4907.jpg

DSC_4951_201811302130262fe.jpg

モミジもちょうど色づいて、彩を添えていました。
カメラマンが何人かいて、夕日の沈むころのシャッターチャンスを狙っていました。

DSC_4916.jpg

            *金色のちひさき鳥のかたちして
                銀杏散るなり夕日の岡に  与謝野晶子


「銀杏散る」といえば、与謝野晶子の上掲の短歌を思い出す方が多いでしょう。

この日は、雲一つない晴天でした。

     2018.11.29              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

彼岸花 咲き満ちる
DSC_2889_2018091822322472e.jpg

             * 上富田町彦五郎堤の白彼岸花


9月18日(火)、歯医者への帰り道、彦五郎堤に寄ってみました。

DSC_2878_20180918223227cd2.jpg

DSC_2871.jpg

DSC_2884_201809182243385cf.jpg

きれいに植栽された白の彼岸花は満開でした。

DSC_2860_201809182231222ec.jpg

一昨日訪ねた稲葉根にも回ってみました。

DSC_2839.jpg

DSC_2863.jpg

富田川の堤には、真っ赤な絨毯が敷かれたようでした。
秋彼岸が近づくと咲きだす彼岸花を見ると、律儀な花だとつくづく思います。

DSC_2825_201809182231269dd.jpg

やっと秋らしい気候となり、蝶も蜜を求めてやってきました。

       2018.9.18            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ハイビスカスと彼岸花
DSC_2764_20180917212721bc2.jpg

             * ヴィラの中庭に咲くハイビスカス


台風21号の強風で、屋外の花はほとんど吹きちぎられました。
ヴィラの中庭のハイビスカスの花だけは、中庭に置かれていたために、台風の去った後も咲いています。

DSC_2759_20180919083320531.jpg

マクロレンズで撮ってみました。

DSC_2756_20180917212158976.jpg

小さな蝶がやってきました。
花には止まってくれませんでした。

DSC_2795_20180917212537796.jpg

9月16日(日)、上富田のテニスに出かける途中で、稲葉根の土手の彼岸花の咲き具合を見に行きました。

DSC_2783.jpg

DSC_2774.jpg

花芽はすでに上がっていましたが、開いた花はわずかでした。
富田川の堤を真っ赤に染めるのは、あと数日かかるようです。

     2018.9.16               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi