陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

大賀ハス田
s-DSC_2036.jpg


7月14日(土)の早朝。上富田町岡の大賀ハス田に行きました。
昨年は田んぼだったところにも、ハス田が広がっていました。

s-DSC_2002_201807142240028fc.jpg

木道をコンクリート路に変えた部分は、花の付きがよくなかった。

s-DSC_2091.jpg

トンボは花にはなかなか止まってくれません。

s-DSC_2010.jpg

薄紫のきれいな花もあり、

s-DSC_2000.jpg

瓢箪の花も咲いていました。
これからしばらくは見頃でしょう。

    2018.7.14             くまお

追記

しばらくブログを留守にします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ヴィラのつつじ
s-DSC_9013_20180421185714cc8.jpg



ヴィラのつつじも今を盛りと咲いています。

s-DSC_9001.jpg

s-DSC_9034.jpg

s-DSC_9023.jpg

でも、花の色もあと少しでうつろいゆくのか・・・・・

s-DSC_9015.jpg

しばらくブログを留守にします。

     2018.4.21            くまお

追記

s-DSC_8992.jpg
s-DSC_8995.jpg

田辺湾の穏やかな風景とも、しばしの別れです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

文里テニスコートのつつじ
s-DSC_9050.jpg


4月20日(金)のテニスは、文里のコートでした。

s-DSC_9063_2018042118020994a.jpg

s-DSC_9053.jpg

土手のつつじは今満開ですが、コートからは防風ネットに遮られてよく見えません。
土手に上ってみました。

s-DSC_9043.jpg

s-DSC_9062.jpg

テニスはそっちのけです。
道に転げ落ちないように注意しながら撮りました。

s-DSC_9058.jpg

白の中の赤紫の花はいいですね。

      2018.4.22             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新緑の野山をたずねて
s-DSC_8878_201804211624021e3.jpg

* 七重八重花は咲けども山吹のみの

     ひとつだになきぞあやしき 兼明親王

            (『後拾遺集』雑五 1154)


先日、護摩壇山の新緑をたずねて、高野スカイラインを走りました。
竜神の里の野山は、雨上がりの霧が立ち昇り、とてもきれいでした。

s-DSC_8855_20180421161535e93.jpg

護摩壇山に着くと、濃い霧が立ち込めて、視界は遮られました。
山頂への山登りは諦めて、奈良県側の野迫川村に行ってみました。

s-DSC_8875_2018042116240266f.jpg

細い山道の傍らに、鮮やかな山吹の花が咲いていました。
太田道灌の逸話(七重八重・・・・・なきぞ悲しき)で知られている山吹の花です。

s-DSC_8863_20180421162403e18.jpg

近くに、南朝方の長慶天皇の陵が、つつましやかに在りました。

s-DSC_8891.jpg

野迫川は水清く、ほとりには残り花が見られました。

s-DSC_8914.jpg

平家の里は深い谷間にありました。

s-DSC_8912.jpg

平維盛のお墓が、平家の里を見下ろす小山の上に建てられていました。

もう少し早く、桜の季節に訪れてみたいと思いました。
キャンプ場もいくつかあって、公衆温泉浴場もありました。
夏にも訪れてみたい野迫川村でした。  

      2018.4.21               くまお                   

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新緑の季節
s-DSCF8879.jpg

          * あらたうと青葉若葉の日の光   松尾芭蕉


4月8日(日)、約1ヶ月ぶりにテニスに復帰しました。

s-DSCF8885.jpg

左足首と足裏の炎症もほぼ治りました。
今後はあまり無理をせず、完全回復を目指します。
桜の花の前線は北上を続けているようですが、ここ紀南地方では新緑の季節となりました。
上富田のテニスコートは、萌える若葉の木々に囲まれています。

s-DSCF8891.jpg

テニスの合間、晴れ渡った空と、新緑に燃え立つ木々を眺めていると、生命の躍動感を覚えます。
ヴィラのつつじも咲き始めました。
これから5月にかけて、私にとっても素敵な季節になりそうです。

    2018.4.8                くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

七越峯のさくら
s-DSC_8427.jpg

                  * 七越峯の枝垂れ桜


3月31日(土)、中辺路町野中から本宮町の七越峯へ向かいました。

s-DSC_8414.jpg

駐車場のある展望台付近の桜は、花吹雪となって散っていました。

s-DSC_8421.jpg

大斎原の大鳥居の桜も散ってしまったようです。

s-DSC_8440.jpg

かなりの人が、山頂の枝垂れ桜を楽しんでいました。

s-DSC_8443.jpg

枝垂れ桜は、ちょうど見頃でした。

s-DSC_8468.jpg

大斎原の裏口の枝垂桜は終わりかけでした。

s-DSC_8457.jpg

大斎原の本命の枝垂れは、すっかり散っていました。

          * 散る桜残る桜も散る桜   良寛和尚



今年の花見はこれで納めです。

     2018.3.31                 くまお             



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

福定・近露のさくら
s-DSC_8357.jpg

                * 近露野長瀬の枝垂桜


3月31日(土)、古道ヶ丘から近露に向かいました。

s-DSC_8321.jpg

その途中、福定の桜に立ち寄りました。

s-DSC_8343.jpg

s-DSC_8327.jpg

s-DSC_8337.jpg

散り始めてはいたが、まだまだ見ごろでした。

s-DSC_8351.jpg

福定の大銀杏は芽吹きのころのようです。

s-DSC_8363.jpg

近露野長瀬の枝垂桜は、かなり散っていました。
でも、いつ見ても風格のある桜木です。

次に、野中の枝垂桜を観に行きました。

s-DSC_8374.jpg

野中の里から、「乙女の寝顔」が望まれます。

s-DSC_8383.jpg

野中の楠木さんの枝垂桜です。

s-DSC_8390_2018040209511038c.jpg

s-DSC_8392.jpg

花の色合いが、とても綺麗でした。

    2018.3.31              くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

古道ヶ丘の花見
s-DSC_8283.jpg

            * 古道ヶ丘ぼたんの枝垂桜


3月31日(土)、足のリハビリが早く終わったので、本宮の桜を観に行きました。

s-DSC_8253.jpg

その途中、古道ヶ丘の枝垂桜のことを思い出して、立ち寄りました。

s-DSC_8238.jpg

s-DSC_8241.jpg

バンガローの広場の一重の枝垂桜は、すでに散っていましたが、ぼたんの枝垂桜は満開でした。

s-DSC_8277.jpg

私の後に二人連れが来ただけで、しずかに観賞できました。

s-DSC_8287.jpg

散り始めたソメイヨシノの桜吹雪が、とてもきれいでした。

s-DSC_8267.jpg

s-DSC_8263.jpg

s-DSC_8268.jpg

バンガローの周りをしばらく散策しました。
なかなかいい風情でした。

s-DSC_8318.jpg

管理棟近くの一重の枝垂れは、散り残っていました。
古道ヶ丘の花見は、静かな佇まいでいいものです。

      2018.3.31             くまお
  

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

竜松山城跡の桜
s-DSC_8074.jpg

                 * 竜松山辰巻城跡の桜


3月29日(木)、リハビリの帰り道にあちらこちらと道草を食いました。

s-DSC_8010.jpg

中田食品工場の桜並木です。

s-DSC_8029.jpg

工場内の枝垂桜です。


s-DSC_8069.jpg

八上神社の桜です。

   待ち来つる八上の桜咲きにけり荒くおろすな三栖の山風  西行法師


s-DSC_8100.jpg

続いて、上富田町市ノ瀬にある竜松山辰巻城跡の桜を観に行きました。

s-DSC_8127.jpg

普通車で上れる標高120mほどの山頂にある城跡です。

s-DSC_8164.jpg

s-DSC_8128.jpg

駐車場は広く、きれいな桜の木がありました。

s-DSC_8133.jpg

こんもりした土塁の上に、本丸があったようです。

s-DSC_8083.jpg

天正13年(1585年)、羽柴秀吉に攻め滅ぼされた山本主膳守康忠の供養塔?もありました。

s-DSC_8107.jpg

           * 雨つゝとつゝと走るや花の幹  秀太郎

郷土の俳人射場秀太郎氏の句碑もありました。

s-DSC_8084.jpg

老木の桜は、何とか命をつないでいる様子でした。
クマノザクラに植え替えられる日が、いつか来るかもしれません。

      2018.3.29              くまお

追記

s-DSC_8193.jpg

s-DSC_8178.jpg

30日(金)から白浜平草原公園の桜のライトアップが始まりました。
風が強かったので、明日行くことにして、ヴィラの夜桜見物をしました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

岩口池の桜とひき岩群
s-DSC_7766.jpg

             * ひき岩群国民休養地 岩口池


3月28日(水)、足のリハビリを終えてから、ひき岩群国民休養地岩口池に行きました。

s-DSC_7902.jpg

ブログ「四季の花」さんの後追いです。
ブログに綴ろうとしたところ、すでに花②さんのブログにも登場していました。
ここで、戦意喪失。
やめようかと思いましたが、二番煎じで綴ります。

s-DSC_7785.jpg

s-DSC_7834.jpg

岩口池を訪れるのは初めてです。

s-DSC_7775.jpg

予想以上にきれいでした。
池の遊歩道を一周してみました。

s-DSC_7818.jpg

s-DSC_7803.jpg

落下繚乱、亀の甲羅干しです。

動鳴気峡まで足を延ばしました。

s-DSC_7852.jpg

s-DSC_7862.jpg

日蔭つつじが咲いていました。

s-DSC_7868.jpg

山桜も咲き残っていました。

ふるさと自然公園センターへ戻り、車で北口へ行きました。

s-DSC_7980.jpg

s-DSC_7984.jpg

家族連れの良き遊び場になっていました。

ここから、ひき岩群の展望地まで登ってみました。

s-DSC_7949.jpg

s-DSC_7940.jpg

1kmはあったでしょうか。

s-DSC_7945.jpg

足を労わって、ゆっくりゆっくりと上り下りしました。

s-DSC_7958.jpg

西口まで下り切るのはやめて、引き返しました。

s-DSC_7953.jpg

途中、三つ葉つつじの花が、元気づけてくれました。

s-DSC_7968.jpg

久しぶりの山歩きでした。
足の痛みはなかったが、筋肉痛になりました。

    2018.3.28               くまお

追記

3月30日(金)、リハビリの帰りに、昨日下り切らなかったひき岩を見届けに行きました。

s-DSC_7999.jpg

西口の入口がよくわからず、結局昨日の北口までゆくと、

s-DSC_7991.jpg

満開のさくらが、花を誘う風に舞っていました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi