FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

『鯖街道』(上田善朗歌集)を読んで
DSCF4274_20200117145721be6.jpg

*  お水送り終はりし若狭の里の春

         各駅停車のようにやって来る   



上田善朗さんの歌集『鯖街道』が、昨年12月に上梓された。
三方五湖』、『紅映』に続く第三歌集である。

著者の上田善朗さんは、クマノミさんのお兄さんである。
したがって、私の義兄でもある。

歌集『鯖街道』466首のうち、ほんの少しだけ紹介する。

 如 月

 * 湖の辺の里を訪ひ来て如月は梅林拓きし父偲ぶ月

 * 梅林を拓き逝きたる父の忌は湖畔の梅の咲き初むるころ

 里の母

  * 母の日に娘と共に母訪ひぬ嬉しきときも母は泣きゐし

  * 大正と昭和平成生き抜きて箸置くやうに母は逝きたり

 初 夏

  * 妹も姉も逝きたるふる里に兄と見てゐる同じ蛍を

  * 遠き日を紐解くごとく粽解く里の姉より送られて来て

 妹

  * 幼き日に釣竿担ぎわが後を追ひかけて来し妹の逝く

  * 写し絵は笑み浮かべをり慈照妙恵信女とは妹のこと

  * 哀しみを堪えてゐたるその夫の肩の震へはまだとまらない

  * 末期の水与へてゐるももう二度とわが名を呼ばぬ妹眠る

  * 妹のこの上になき幸せは良き連れ合ひに恵まれしこと

 鯖の道

  * 残雪のまだ残りゐる鯖の道に菫は淡くかたまりて咲く

  * ゆく秋の鯖街道の小さな灯の洩るる軒端の宿場町ゆく

  * 鯖街道の宿場の町に時雨来て呼び合ふやうに灯のともりゆく

 秋

  * 朝夕の涼しくなるも庭の草引かずにおきぬ虫すだく間は

  * ふる里の姉のくれたる蕎麦殻の枕に遠き母の声聞く

著者略歴には、

 1940年4月23日 福井県三方郡西田村海山(現若狭町)に生まれる。
  1992年より作歌を始める。とある。

海山は三方五湖の水月湖畔にあり、梅丈岳を背にした梅の里である。
歌集『鯖街道』を読んで、懐旧の念に駆られた。

私は、昨年の10月、義父23回忌・義母13回忌の法要に参列し、
「年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず」を実感したものだ。

194_convert_20111021182423.jpg

     * 若狭なる三方の海の浜清みい往き還らひ見れど飽かぬかも

                                       (『万葉集』巻7)

今後、何時訪ねるかわからないが、元気なうちは、景勝の地三方五湖を訪れてみたいと思っている。

    2020.1.18              くまお

20060723094749.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

日向ぼこり
DSCF9523_202001112131392d6.jpg

         * 目つむれば倖せに似ぬ日向ぼこ  中村汀女


日向ぼこり」(日向ぼこともいう)は、冬の季語である。
子供のころ、「日向ぼっこ」と言っていた。

跡の浦湾の小山島は、バルコニーからよく見える。
小山島の南面には、日向ぼっこをする鳥たちをよく見かける。
小学校の校舎の陽だまりで、日向ぼっこをしたことが思い出される。
「ぼこり」の語源は、調べたがよくわからない。

DSCF9533_20200111213139bc0.jpg

アオサギや鴨や鵜たちが、この時ばかりは仲良く同居している。
遠くてよくわからないが、じっとして、目をつむっているようだ。
鳥たちには至福のひと時に違いない。
怠け者の吾輩も、マンションの部屋でよく日向ぼっこをしている。

    * うとうとと生死の外や日向ぼこ  村上鬼城

DSCF9540.jpg

鴨たちは、日暮れ時まで遊泳している。

DSCF9534_202001112131383dd.jpg

私はそろそろ夕食の支度をしなければならない時間だ。

    2020.1.10          くまお

追記

画像が鮮明でない。
望遠レンズを買うか、望遠の効くカメラにするか、迷っているところです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

元旦散歩(2020年)
DSC_4908 (2)

             * マンション19階より初日の出を拝む


2020年元旦、マンション最上階に昇り、初日の出を拝んだ。

DSC_4917 (2)

初日が昇り始めると、槇山・高尾山・三ツ星山がくっきりと姿を見せた。

IMG_20200101_074036.jpg

スマホを片手に散歩する。

IMG_20200101_075443.jpg

跡の浦湾に初日が差す。

IMG_20200101_075508.jpg

オリーブの丘? 実は生るにはなるが、大きくならない。

IMG_20200101_075854.jpg

テニスコートの向こうにマンション。

IMG_20200101_081425.jpg

海岸プロムナードからのマンション。

IMG_20200101_081613.jpg

跡の浦湾のシンボル 小山島。

IMG_20200101_083052.jpg

田辺市街を見下ろす三ツ星山と高尾山

IMG_20200101_084224.jpg

赤灯台まで行って引き返すと、初日はマンションの肩まで昇っていた。

     2020.1.1             くまお

追記

DSC_4901_2020010222245322f.jpg

              * とても美味しい寒鯉の甘露煮

ドライブインよしだのイカ丼」で有名なお店から送ってくれました。
お酒を飲みながら、ちびりちびりと食すのが、正月の習わしです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

明けまして おめでとうございます(2020年)
年賀状乗鞍岳


2020年 明けまして おめでとうございます。

昨年中はお世話になりました。
心臓の不調で、ご心配もおかけしました。
今年は不調を克服し、笑顔を取り戻したいと思っています。
2月には、屋久島のトレッキング(往復20㎞)に挑戦し、縄文杉のパワーをもらいます。

年賀状コマクサ

傘寿(80歳)の年、「傘」の字のごとく、たくさんの「人」の支えの必要な年齢になりました。
できるだけ、「自力更生」を目指して頑張る所存ですが、
本年もよろしくお願いします。

     2020.1.1          くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

出船・入船と迎春の装い
DSC_4864.jpg

          * 跡の浦湾を出て、田辺湾沖へ向かう船


出船・入船

今年も本日で終わりとなった。
このところ、天気の良い日は、何も考えずに海を見ている。

DSC_4859.jpg

日曜日ともなれば、プレジャーボートも沢山出港して、田辺湾内はにぎわっている。

DSC_4674 (2)

そして、三々五々、帰港してくる。

DSC_4675 (2)

船の航跡を眺めては、しばらく過ごす。

DSC_4676 (2)

冬至も過ぎて、日脚が伸びてきた。
このマンションでの暮らしも、10年が過ぎてしまった。


迎春の装い

DSC_4868 (2)

C棟前の植え込みに、一本のタカサゴユリが咲いている。
あたかも迎春の装いをしているようだ。

DSC_4873 (2)

午前中のほんのひと時、早春の光の中で輝いて見えた。

       2019.12.31           くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

山神社の餅まき(田辺市冨里下川上)
DSC_4341_20191202120632c63.jpg

                * 田辺市冨里の安川渓谷


12月1日(日)、安川渓谷の散策と山神社餅まきに行った。
安川渓谷散策前に、渓谷から4㎞ほど奥にある、「修験の滝」を案内してもらった。

DSC_4313.jpg

滝の手前で駐車して、落ち葉の道をしばらく散策した。

DSC_4315.jpg

修験の滝」に着いた。

DSC_4318_2019120211442005d.jpg

修験の滝」を観るのは、私は初めてである。
いつもはもっと水量が多くて、激しく流れ落ちているそうだ。

DSC_4317.jpg

滝の真中に窪みがある。
そこに立って、修験者は滝水に打たれたのだろうか。

DSC_4373 (2)

安川渓谷の駐車場に戻り、軽い昼食をとった。

DSC_4338.jpg

本日は安川渓谷散策の時間がなさそうだ。
昼食の準備をしてくれている間に、私はトンネルをくぐり、安川渓谷に下りてみた。

DSC_4350_20191202114628c86.jpg

川上を眺めると、

DSC_4365.jpg

木々の影を映した川面に陽が差し込む。

DSC_4351.jpg

川下に目を遣ると、

DSC_4367.jpg

紅葉の安川渓谷が続いている。

DSC_4389.jpg

昼食後、来た道を少し戻ると、山神社祭礼の幟が立っていた。

DSC_4402_201912021146073b8.jpg

山神社に参拝する。

DSC_4394.jpg

山神社は、田辺市冨里下川上の地区の氏神様。

DSC_4405.jpg

餅まきは午後1時、隣の広場で行われた。

DSC_4409_20191202155035446.jpg

たくさん拾ったおじさんは、にっこり微笑む。

DSC_4418.jpg

私は15個拾った。
天気に恵まれ、新鮮な空気を胸いっぱい吸ったうえ、ありがたいお餅をいただいた。

     2019.12.1               くまお

追記

DSC_4421 (2)

拾ったお餅で、雑煮を作った。
里人が搗いた餅なので、もっちりして美味しかった。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

大夕焼け
DSC_3456_20191125190830e20.jpg

                    * 田辺湾の大夕焼け


11月24日は曇りがちの日であった。
夕刻、バルコニーから鮮烈な明かりが部屋の中に差し込んできた。
慌ててカメラを持ってバルコニーにでた。

DSC_3441.jpg

厚い雲の切れ目から夕陽が射していた。

DSC_3450.jpg

DSC_3464.jpg

DSC_3465_20191125190829636.jpg

太陽と雲の鮮やかな共演をしばし眺めていた。

    2019.11.24            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

鹿嶋神社の餅まき(白浜町中)
IMG_20191123_151956.jpg
         
              * 穏やかな白浜町中の富田浜


11月23日(土)、白浜町中鹿嶋神社餅まきがあった。
実家がある先輩のYさんに、連れて行ってもらった。

IMG_20191123_152012.jpg

実家にお邪魔したのち、富田の浜に寄ってみた。
波風もなく暖かで、子供連れの家族が釣り竿を出していた。
笛や太鼓の音に誘われて、鹿嶋神社に向かった。

IMG_20191123_153646 (2)

鹿嶋神社では、獅子舞が奉納されていた。
大勢の見物人である。
実家の祭りに、子供たちを連れて里帰りしている人達もいるようだ。

IMG_20191123_154354.jpg

天狗とお多福が、盛んに獅子をけしかける。

IMG_20191123_161332.jpg

最後に、剣舞が激しく舞われて、お仕舞となった。

IMG_20191123_163041.jpg

獅子舞が終わると、いよいよ餅まきだ。
神殿正面からや椋木の大木のもとに組まれた櫓から、餅がまかれた。
大勢の拾い手なので、5個を目標にした。

DSC_3439_20191124215125c97.jpg

目標をオーバーして、12個拾った。

IMG_20191123_164930 (2)

帰りに、もう一度富田の浜に寄った。

IMG_20191123_164932_2019112414165978f.jpg

夕日が沈もうとしていた。

次の餅まきは、12月1日の安川渓谷のお祭りだ。

      2019.11.23           くまお

追記

本日の画像はスマホ写真。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

吊るし柿(2019)
DSC_2479 (2)

                 * ジャンボな吊るし柿


二週間ほど前に吊るし柿をした。
一個百円の渋柿(紀ノ川産)を、21個「よってって」で買った。

DSC_3400 (4)

バルコニーに干してあるので、夕焼け時は、我が家の秋の風物詩となる。

DSC_2548 (3)

そろそろ、出来上がる頃である。

     2019.11.20            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

渡り鳥 来たる!
DSCF9498_20191106173459aa1.jpg

          * 跡の浦湾の磯辺で日向ぼっこするたち


数週間前から、跡の浦湾たちの姿が見られるようになった。

DSCF9506_20191106173521e6c.jpg

最初は十羽程度だったが、日に日に数を増して来て、今では百羽近くになっている。
野鳥の会の方だったら、もっと正確な数字を示せるのだろうが。

DSCF9518_2019110617352127e.jpg

ごく近くを県道が通っていて、犬や猫が近づきにくい地形なので、毎年渡って来ては羽を休める。
夜どこで過ごしているのかはよくわかりませんが。

DSCF9489_2019110617345921f.jpg

干潮時には、磯辺で餌を啄んだり、日向ぼっこをしている。

DSCF9491.jpg

群れの中に、若鳥の姿も見られる。

DSCF9520.jpg

時々群れては飛び回り、水面を波立たせている。

DSCF9501_20191106173459a20.jpg

のんびり遊泳している渡り鳥たちを観るのが、朝の散歩の楽しみの一つでもある。

       2019.11.6.             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi