陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

叙里ちゃんがごあいさつ
これから叙里ちゃんが毎回このページのプロフィール欄でごあいさつをすることになりました。今ご主人様の言いつけを耳をピンと立ててしっかり聞いているところです。
左の「プロフィール」欄の写真の所へマウスのポインターを持っていってください。
「こんにちは~.....。」が上手に言えたらごほうびになでなでをしてやってくださいね。   ペット柴犬。
「よろしくね。」



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

中皿「月が出ました」


スライスして丸く切った白土を型に乗せてから、その後、縁を締めて上にそらしただけの簡単な皿です。織部と緋色釉、薄い透明釉を掛けています。素朴な手作りの感じが出ます。食器を作るときはたいてい6客づくりにしています。      陶芸。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

八角皿「月夜」


スライスした粘土に化粧土を塗っては何層も重ねたものを、今度は直角にスライスします。縞模様の土板ができます。それを自作の石膏型に型押ししました。お刺身か何かに付いていたプラスチックの飾りを型押しして木立ちにしました。
赤土2号に盃を乗せて弁柄を薄く掛けたあと、薄い透明釉を掛けました。盃を置いたところが元の土色で丸く残ります。オードブル皿になります。
陶芸。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅満開です


今日は風が少し吹きましたがいいお天気でテニスを楽しみました。いつも2コートを借りているのですが、今日の参加者は11人。順番がよく回ってきました。前日に陶芸をすると、手が疲れていてテニスの調子がよくないですね。週3回、二つのサークルでテニスをしています。私の地方では天気がよい日が多いので、冬でもプレーすることができます。去年、雨でプレーできなかった日は10回程度でした。仲間の言葉によると、「何のとりえもない所だけど天気のよいのがいちばんのとりえ」だそうです。帰り道、満開の梅に車を止めて写真におさめました。
テニネコ



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

象嵌偏壷「雲海」


先ず3色の土を練り込みによって成形したあと、近景を象嵌しました。高原から見た朝の雲海の風景です。高41センチ。   陶芸。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

陶板「いらっやいませ」


窯屋に掛けた陶板の看板です。看板倒れにならないように、ビスでしっかり留めました。我家のこの土地はもと葡萄畑だったそうです。ここに住んで今年でちょうど30年になります。 陶芸。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

焼酎サーバーあれこれ


いろいろな焼酎サーバーです。焼酎好きな人ならたいてい釘づけになってくれます。そんな人には、「持ってけ○○!」ではありませんが、どうぞお使いくださいと言いたくなります。いちばん奥左と、中はこれまでに紹介したものです。陶芸




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

お澄まし叙里ちゃん


よく陽のあたるこの場所は叙里ちゃんのお気に入り。今日は首輪をしてもらったら、カメラには目をあわさず、お澄まし顔になっちゃった。ちょっとシャイなんです。この座り具合が何ともなまめかしいじゃないですか。やっぱり、雌柴犬ですね。     ペット 愛犬柴犬。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

練り込み象嵌花活け「冬木立」


4色の色土を背景に練り込み、冬木立を象嵌しました。高32センチ。象嵌の楽しみは、盛り上がった余分な土を平らになるように削っていくうちに、埋め込んだ色が徐々にくっきりと姿を現す時でしょうか。そのためには元の器胎の表面をまず平らにしておくことと、象嵌をする時の硬さのタイミングが大事ですね。少し硬めの方がきれいな線が出るし、削りやすいと思います。    陶芸


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

大皿「雪国」


信楽赤土2号に藁白釉に織部と松灰を掛けました。径42センチ。これは料理屋さんに頼まれたもので、お刺身の活け作り盛り合わせや鍋物用に使われています。こうして活用してくれるのがうれしいものです。
陶芸。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi