FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

長皿付きコーヒーカップ


ちょっとしたクッキーやケーキに長皿ソーサーを。いくつもお皿を並べ
たくないという向きには便利。陶芸。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

レンゲ畑で


今までたんぼ一面紫のじゅうたんだったのが、最近ではだんだんレンゲ
も少なくなってきました。叙里ちゃんがレンゲ畑でお遊びです。ブンブ
ン飛び回るミツバチを追いかけています。ペット、柴犬。


ペット、犬に興味のある方は左枠にある「メニュー」のところの「柴犬愛犬ジョリー」をクリックしてご覧ください。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

花入れ「ハナミズキ」


ひところハナミズキに凝って、いろいろなものにこの花を彫りました。
花の名前もなんとなく好きです。高18センチ。陶芸。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

飛びカンナ掛け花活け


赤土4号にトルコ青の顔料を白化粧土で溶いたものを刷毛で生掛けした
ものに、飛びカンナを掛けました。飛びカンナもバネの強弱、形状など
いろいろと試して作っています。轆轤の回転速度も影響してきますし、
まだ納得するところまではいきません。飛びカンナを掛けるには先ず芯
にぶれがないようにしておかなくてはいけません。これが第一でしょう
か。陶芸。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

織部花入れ


古信楽白に青織部釉を掛けました。溝になっているところに織部釉がた
まると深い濃い緑になって、織部の楽しみが増します。高18、径13センチ。陶芸。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

トルコ青花活け


下地に飛びカンナをかけています。その上にトルコ青マット釉を掛けま
した。飛びカンナのかかったところに釉薬が深くたまって濃くなってい
ます。マット釉なので、つやを抑えたしっとりした感じが出ています。
陶芸。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

シャガの花


半日陰の裏庭にシャガの花が群生して咲いています。シャガの花はアヤ
メ科の常緑多年草で、私の郷里福井から株分けしてもらってきたもので
す。やや薄暗い裏庭にこの花が咲くと辺りがふわっと明るく浮かび上が
ったような不思議な感じがします。控え目で清楚な雰囲気の花です。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

鎬削り花活け「波紋」


古信楽白土は焼き上がると、ほんわかとしたやわらかみのある色になり
ます。少し緋色釉と松灰をかけただけの焼き締めです。高20センチ。
陶芸。先ほどまで降っていた小糠のような雨があがって薄日が差してき
ました。春物野菜の手入れで畑が待っています。トウモロコシの苗が3
0センチぐらいに伸びてきました。支柱をしなくっちや。行ってきまあ
す!


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

水盤「和らぎ」


壷が多いので目先を変えてというところで、水盤を作ってみましたが、
オーソドックスなものになってしまいました。でも色はしぶいので、活
けられる花が主役になってくれそうです。外は黄イラボ、内側はナマコ
釉を掛けました。径23センチ。陶芸。
pengin.gif

今日は予約していた黒皮スイカの苗を取りに行って植え付けをしました。
8本植えました。家庭菜園の中でもこのスイカがいちばんの楽しみで
す。この時期はスイカのために旅行もできませんですーうっ。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

焼き締め三耳壷「森」


下部は鎬削りに、真ん中には爪楊枝を束ねたもので印花代わりに押して
います。それによって少し華やかさが出ました。たっぷり樫灰が掛かっ
ています。
陶芸を始めてまだ1年も経たない頃のごく初期の作で埋もれていたので
すが、こうやって引き出してみると、思い出が蘇ってきて懐かしくなり
ます。高25センチ。陶芸。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi