FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

鯉の放生会(ほうじょうえ)


家の前を流れる狭い用水路に鯉が迷い込んでいます。水路の幅は80センチもありません。水深も浅く田んぼへ流れる用水路なので、稲の収穫期ともなればやがて水も止められます。そこにときどきバシャッバシャッと水面を打ちながら、黒い鯉がじっと留まって日陰に身を寄せているのです。


もしかしたら、「コイの季節です」に書いたあのコイかもしれません。このままでは心配です。そこで鯉が自由に泳ぎまわっている高瀬川に移動して放ってやることにしました。二人がかりで前後に網を構えて入ってもらう作戦です。
するととてもおとなしい鯉です。静かにスウーッと網に入ってくれました。救出を待っていたかのようです。60センチ近くはあるでしょうか。


よく肥って重たそうです。


我が家の前を流れる高瀬川。季節には蛍が飛び交い、鮎やハヤ、ウナギやカメ.......etc。生き物たちの宝庫。おそらくこの川から水路を伝って迷い込んだに違いありません。来年も緋鯉を連れて産卵にやっておいでと戻してやりました。

時まさに盂蘭盆会(うらぼんえ)の儀式、放生会になりました。日ごろ海釣りで魚の殺生をしている私たちには少しは供養ができたというものでしょうか。
あらためて「放生会」を「広辞苑」で引いてみました。
    仏教の不殺生の思想に基づいて、捕らえられた生類を山野や池
    沼に放ちやる儀式。神社・仏寺で陰暦8月15日に行われる。
とあります。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi