FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

イガミが大事か


今日の目標は5匹(二人で10匹)です。朝から食いも悪く目標達成はこりゃ大変。お昼を過ぎてやっとの3匹目をゲット。そのとき針をはずし損ねてもう1本の針が自分の指に深く刺さってしまった。針には逆刺(カエシ)があるので、いったん食い込めば容易には外れない仕掛けになっている。引っ張っても痛くて外れないし、いつまでもこのまま針をぶら下げているわけにもいかない。
夫の手を借りるより仕方がない。自分では抜けない歯を麻酔なしで歯医者さんに抜いてもらうようなもの。目をつぶって覚悟・・・・。思いっきり引き抜いてもらいました。
岩場の上では、針に引っかかったままのイガミが勢いよく跳びはねている。今度はイガミを外しにかかると、あたりは血の海。ちょっと大げさだけど、血が面になって岩場に飛び散っている。
「ああ、そんなに血を出したらイガミが死んでしまう!」夫の声が飛ぶ。
よく見るとイガミからは血が出ていない。
それじゃあ、えっと思って指を見ると針の跡から血がドクドクと噴き出している。
辺りに飛び散った血は私の指から落ちた血だったのです!!
「そこらのきれいな潮水でよく洗っといたら・・・・。」何とも親切な(?)お言葉!
私はこれぐらいの血では死なないのです・・・・か。トホホ。
今日の釣果は2人で合計イガミ10匹とタカノハ1匹でした。37~24センチ。やっとのことで釣りためたイガミを知らない間に生簀の口から2匹も逃げられてしまうというオマケまでついて、家に持ち帰ったイガミは結局8匹でした。



写真を撮り忘れてしまったので、今日の画像はイガミ料理ということに
相成りました。イガミはゴボウといっしょに煮付けるのが定番。イガミ
は40センチを超えると、ゴムを噛んでいるようなもので硬くて味もなく食べられたものではありません。今日の大きさは手頃といったところでした。右側はいちばん小さい24センチのもので作ったイガミのうす造りです。
ちなみに器も含めて、薬味のミョウガ、ダイコン、ネギ、スダチもすべて自家製です。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi