FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

今度こそはのイガミ釣り納め


師走のイガミ釣り、これはちょっと時期が遅い感じ。それでもイガミに執着してしまって、今度こその挑戦です。
朝6時40分の出港、船が全速力で飛ばします。すでに地磯では竿を構えている人たちがいます。やがて朝日が厳かな感じで昇ってきます。
太古の昔、人間が畏敬の念を抱きながら太陽を拝したであろう原始の雰囲気を今も感じることのできる瞬間です。


今日の最大の釣果は、おなじみとなってしまった感のあるのプチススキベラでした。34センチ。身は薄造り、残りはあら炊き。これは狙ってもなかなか釣れない美味な魚です。我が家にとっては超高級魚といったところです。えっ、こんな青い魚を食べるの?ゲッ....と言われそうですが。知る人ぞ知る超美味魚なのです。
この色のおかげで命永らえたというブチススキベラは結構いるのではないかと思うくらいです。
料理しているとよくわかるのですが、クリクリ、モチモチと魚肉が盛り上がって締まっていきます。内臓部分が少なく、魚肉が多いのもつくづく驚きです。


さて、今日の本命のイガミは3匹。29,25,21センチ。やはり目標は5匹と押さえ気味にしたのですが、それには残念ながら達しませんでした。
一番右手の小さいのは「ゴマンリョウ」。名前に負けず美味しい魚なので小さくても持ち帰りです。
今日は惚れ惚れするような小春日和。この日に海に出て釣りをしていることだけでも気持ちのいい一日でした。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi