陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

買い替え電動ろくろ「その後」


昨年6月に気分一新、新しい電動ろくろを買い替えました。
機種は日本電産シンポの「RK-3D型」です。
図書館より静かという謳い文句のとおり、全く静音そのもの。気に入って使っていたところ、ある日突然大きな音と振動と揺れでびっくり。その後止まってしまいました。タマゲタナー。買い換えて半年足らずのことです。
すぐさま販売店に連絡して本社の方も見えて新品と交換。
ところがその後、また同様の事態に遭遇。この製品はどうなっているの?
またもや販売店に連絡。そのとき、電話でのいろいろな話の中で、どうも、同じ状況の中で起きるのではないかということに気付きました。
ろくろの盤上に土玉を据え、叩いて密着させる作業のとき、その振動がろくろに残っていて回転に影響を与えているようなのです。試しに少し時間を置いて、その土玉を叩いた振動の収まるのを待って(約30秒)からペダルを踏むと、オヤオヤ、何事もなかったかのように静かに滑り出します。
販売店の方もこういうことは初めてとのことでしたが、一応解決。ヤレヤレ。
取説書にこういう注意書きがあれば混乱も無く新品と取り替えることも無かったのに。新製品だからこういうことになったのかな。もしこういうことに遭遇された方があれば参考にと思います。


ついでにですが、フリー回転のとき、少し重くてすぐ止まってしまうので、手ろくろ並みとはいきません。もっと軽くならないものか。
正・逆回転はフリーで、レバーの切り替え後すぐ使えます。これは便利。
こんなこともありましたが、確かに静音という点においては今のところ十分満足しています。       陶芸。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

テニスは意地の悪いスポーツ?


テニスの日となると毎日の天気予報が気になります。
これだけハイテクの時代でも、天気予報の精度、確度がそれほどでもないことに驚かされます。前日でも余り当てにならない。
ところで、この前の日曜日、すっかり晴れて暖かいテニス日和でした。防寒対策をして行きましたが、うれしい予想外れ。


テニスについて、よく「意地悪なスポーツだ」と聞きます。
ちょっと早めに退職して、老後の健康保持と趣味にと少々夢を持ってスクールに通って習い始めたというのに、いささかショックな仲間のお言葉。人のいないところ、苦手なところを突いて打つというのです。


考えてみると、およそ球技というもので、意地悪と言ってみればそれきりだけど、相手のいるスポーツなら、たいていは意地悪なものじゃないかな。野球にしてもバレーにしてもサッカーにしても....。
いかに人のいない隙間を狙って打つか、その技術を磨く。球種を豊富に持つことも有効。相手の弱点とか守備位置かげんとか、それを見逃す手はない。それに対応して打てたら、走れたら......。角度をつけて絶対に取れない球を打つ、相手の足元を狙う、回転をかける、予測する。相手の予測に反してその逆を突く....などなど。1つでもそれができるようになりたい。
イチロー選手をご覧なさい。あの手この手の技を駆使して、打つ、走る。打たせまいとピッチャーは難しい球を用意する。その駆け引きを超えてそれでも打つ。素直な工夫のない球ばかりでポカポカ打ち合っているのでは試合にならない。


私なんぞは、遅れての参入とあってまともに若い人と打ち合っては負け
るのは必定。そこを少し長く生きてきた知恵を活かさなくてはテニスを楽しめない。これが楽しみで嫌~な球を日夜研究しているのです。今年もバックハンドでドライブが打てるように、これを今年の課題にしようと思っている次第です。
シャラポワはちと無理なので、ダメンポートでいこうっと。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

オオタニワタリ


松の木の下の半日陰になったところに自生しているオオタニワタリです。シダの仲間で大型種です。鉢植えにしていたものから胞子が飛んで、こうしてたくさん増えていきます。ここは松に毎日水遣りしているので、オオタニワタリには湿気が多く快適環境のようです。
新芽は食用になるそうで、沖縄では束にして売られているという。
なるほどワラビやゼンマイと同じ仲間ですからね。
新芽の頃、忘れなかったら一度試してみよう。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

アオサギの新年飛翔


アオサギ。コウノトリ目サギ科。我が家の前の川にアオサギが棲みついて4羽ぐらいになっています。羽を広げるとけっこう大きく1メートルはゆうにありそうです。夜でも家の中にまで聞こえるくらいの大きな声で鳴きます。飛びながら白い液状の糞を垂れ流すこともあり、近くで見る優雅な姿とは程遠い感じがします。あれをかぶったら大変。よほどの悪運となってしまいます。新年早々変な話題に入り込んでしまったので軌道を修正。


ここは鳥獣保護区になっていますのでいろいろな鳥がやってきます。セキレイ、ケリ、カワセミ、タカ、シラサギなども棲みついています。もちろんメジロ、ウグイス、イソヒヨドリ、ヒヨなどなど。生き物に優しい自然を守りたいですね。
画面下の川の中に1羽だけアオサギをとらえることができました。
もっと中央に入れたかったな。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

明けましておめでとうございます


 十年を共に暮らしし犬なれば「お留守番よ」と声掛けづらし

明けましておめでとうございます。昨年を振り返ってみましても、自然災害や事故の多い一年でありました。自然への畏敬の念を忘れてはいませんかという警告のように思われてなりません。
今年こそは皆様にもどうぞよいお年でありますように。
本年もどうぞよろしく。
dog-dance.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi