陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スイカの受粉(2006)
スイカベッド栽培

このところの晴天で、今スイカの受粉真っ最中です。一時は、雨が多く低温続きでどうなることやらとヤキモキしたのですが、やっと気温も上がってきました。スイカにはこういう日が続かないと。
これは苗を定植してから50日経過した黒皮スイカ、「キャノンボール」です。皮が薄く、果肉にシャリシャリ感があって糖度が普通のスイカより高いときているので、すっかり気に入っています。

スイカの雌花

スイカの花には雌花と雄花があって、よく見ると容易に区別がつきます。これ(上の画像)は雌花です。すでに小指の先ぐらいのスイカの赤ちゃん(子房)がしっかり縞模様をつけて雄花の受粉を待っています。

スイカの雄花

これは雄花です。ただのガクの上に花びらが付いただけで、子房が付いていません。この雄花の花弁をそっとむしりとって、葯に付いている花粉を雌花にこすり付けます。確実に受粉をするには、朝9時ごろまでに、こうやって人工授粉をするのがいちばんです。
大体12節~20節ぐらいの間の雌花に受粉して着果をねらいます。
余り早い節や末の節ではいいものができません。(早生り、末成り)。
1株に4本のツルを出させ、そのうちの2本のツルに各1個ならせるようにしています。どちらにしようか、なかなか決め難いこともよくあり、悩ましいことでもあります。形の整ったやや縦長気味のものが大きく育つようです。冷静にクールにお眼鏡にかなったものだけを残し、後は思い切って摘果することです。決断力が試されます

受粉後1週間

これは受粉後1週間たっています。ちょうどテニスボールくらいの大きさになりました。収穫時期は苗の説明書には37日程度とありますから、7月の上旬に収穫できそうです。受粉日を書いた札を付けておきます。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

貝採り
対の浦

今日は今年初めての貝採りに行ってきました。昨夜何気なく天気予報を見た後、潮位表を見てみると、潮位2センチと出ています。干潮は13時08分。大潮のようです。朝になってみるとよく晴れた穏やかな天気です。
これは....チャンスかもしれません。
こんなわけで急に思い立って今年初めての貝採りに出かけました。いつもの対の浦(ついのうら)というところです。この風景が対の浦という名の所以です。海へ出てみると少し波もあり、予想以上に風もありました。採り始めると全身波をかぶりずぶ濡れ。こうなるといっそ泳いでしまえというわけで、浮き輪片手に水中眼鏡をかけて波に揺られました。



お目当ては「アナゴ貝」ですが、去年に比べてずいぶん少なくなっています。他にタバコガイといって少しほろ苦いのや、ヨコガイガンガラなどです。アナゴ貝の大き目のものはお刺身にしました。アワビを小型にしたようなそっくりさんです。
今日はほっこり疲れました。
ちなみに、去年の今頃、5月25日に「磯物採り」の記事があります。
クマノミ



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

盆栽サツキ
日光

何とか、今年も咲いてくれました。品種名「日光」です。ほんわかとした柔らかいピンクがかった色合いが気に入っています。もう40年ぐらいになります。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

シギの仲間?


愛犬叙里のお散歩の途中、今日もかわいい鳥を1羽発見しました。シギの仲間でしょうか。驚いて逃げる様子もなく、しばらく目を楽しませてくれました。



ひところに比べて、農薬を使うことがぐんと減って、田んぼにも川辺にもいろいろな生き物が甦ってきたようです。
下の画像で足が少し黄味がかっていることとくちばしの形から、「キアシシギ」ではないかという気がしますが、よくわかりません。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

2006 イサギ初釣り


いよいよ麦わらイサギのシーズン到来。今日はここ最近にしては貴重な五月晴れの好天気でした。風もなく穏やかな海です。イサギ釣りには少し曇り加減の天気の方がいいのですが、このところ晴れ間の少ない日々ですので単純に喜んでしまいます。船釣り屋(?)さんのホームページが気になって釣果情報をちょくちょく調べていましたが、イサギのシーズンになっても今年は釣果はどうもかんばしくありません。そんな中でここ数日、釣れる日が少し目立ってきました。このときとばかり友人を誘って4人でイサギ釣りに出かけることにしました。昨日は一人で100匹を超えて釣っている人がいます。



釣果はごらんの通り。二人でイサギ37匹。サバ3匹。アジ1匹。淡い期待もあっけなく消えてしまいました。またもう一度リベンジしなくてはなりません。
結果はともあれ、夕食にはイサギ、サバ、アジを活け造りにして新鮮な魚の味を堪能しました。明日はイサギとサバのお寿司となります。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

サギの雨宿り
シラサギの雨宿り

餌採りに疲れたサギたちが夕暮れ時、安心できる高い木立の上でほっとしながら雨宿りしていました。しょぼ降る雨に閉口のようです。
そのうちの約半数が飛び立ち旋回し、また木の上で羽を休めます。
木に止まるとぶるるっと濡れた羽の水を振り払います。止まっているもの、旋回しているもの、合わせると30数羽の群れでした。





今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

お散歩シラサギ
シラサギ

早苗の植えられた田んぼのあぜ道をシラサギの赤ちゃんがお散歩しています。何かおいしいものはないかな?と探しているのでしょうか。
頭部は少し赤みを帯びているのでまだ赤ちゃんサギのようです。最近はやりの「アカ詐欺」ではございませんですよ。



次の日もシラサギたちが集まって田んぼの中の餌を探していました。17~8羽はいたようです。
シラサギについて調べてみると、「シラサギ」という名のサギはいないらしいのです。コサギ、チュウサギ、ダイサギをひっくるめて「シラサギ」とよんでいたようなのです。どうも長い間サギに引っかかっていたようです。トホホ。
今見ているのはチュウサギかもしれません。



帰り道、用水路のカニ穴近くに大きなゴトビキ(ヒキガエル?)がじっとこちらを見ていました。20数センチはありそうです。夜になるとブーブー大きな声を響かせて鳴くのはこの蛙なのでしょうか。生き物たちは皆、夏の到来を喜んでいるようです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカの出走
「キャノンボール」

4月12日に植えたスイカの芽がやっと出揃いました。今年は気温も低く、成長は約1週間ほど遅れています。品種はここ数年栽培している黒皮スイカの「キャノンボール」です。
この菜園ではベッド状にして4株の苗を植えました。1株の苗から4本の子ツルを出させます。そのうちの2本にそれぞれ1個ならせる予定ですので、ここでは8個ならせる計画です。受粉は月末くらいになるでしょうか。
棚づくり吊るし栽培

中庭では今年も棚栽培をします。棚を作って吊るして栽培するのです。こちらも苗4株を植え、16本の子ヅルを出させています。また追々成長の様子をお届けします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

蛍が飛ぶ!!


さきほど夕食を終えて外へ出てみたところ、家の前を流れる高瀬川の上に蛍が飛んでいるのを見つけました。それも一匹だけ。体にまとわりつくように留まりました。まだなんとなく肌寒いような日が多い今年です。ちょっと早すぎたかなと戸惑ったことでしょう。
このあたりは「蛍の里」として条例で保護地域に指定されているところです。これから蛍の乱舞が楽しめる日もそう遠くはないことでしょう。
実はこの蛍の保護のために奔走された方が、奇しくも今朝亡くなられたという知らせを受けたばかりでした。ちょっと早い蛍の訪問がこの方への弔問だったような気がしてなりません。写真に撮った後、この方へのご冥福を祈りながらそっと放してやりました。

      灯りして蛍の里の主送る      くまお

ついでながら、「くまお」....これまで登場しながら名前がなかったのですが。「kumanomi」の夫です。





今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ガンセキランの花
ガンセキラン

庭の奥深く......なーんて言うと相当広い庭を想像されるかもしれませんが、狭い庭の松の木と石組みに挟まれた薄暗い一角に、アジサイやなんぞといっしょに押し込められて、実はこのガンセキランが咲いています。
それでも不思議にこの一角だけはほんのりと明かりがさしたように浮かび上がっています。
ガンセキラン

ランには根っこの部分にバルブと呼ばれる塊(芋)があって、これは岩石のように大きく硬いところからこの名前が付けられたようです。

気分転換にブログのテンプレート(背景枠組み)を変えてみました。FC2のブログにはテンプレートが種類も多くあって、設計.仕様書にあたるHTMLやスタイルシートも公開されています。いろいろ手を加えて自分流のものに作り変えるることが出来るので、分からないながらもあれこれさわってみて変えていく楽しみがあります。
テニスペンギン



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi