FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

2007 春の窯出し
2007窯出し

春の菜園の忙しい中での窯入れ、窯出しになりました。
大きな壷、いつもの焼酎サーバーと焼酎カップ、小皿、コーヒーセットなどなどです。
小皿は自家用のお刺身皿です。さっそく夕食にはこの小皿に生姜醤油でモチガツオをいただきました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

トウモロコシとジャガイモ
2007トウモロコシ

2月の初旬に種を植えたトウモロコシがやっとここまでこぎつけました。このところの気温18℃前後と暖かい日が続くようになったのでビニールトンネルをはずしました。袋には90日で収穫と書いてありましたから、5月初旬には採れそうです。えっ?あと1月で?ホントかしら?

2007ジャガイモ

ジャガイモは今年もキタアカリです。霜に少しやられましたが、たくさんの芽が出てくるので大丈夫。今は芽を2本だけ残して2本立ちにしています。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

黒皮スイカ キャノンボール定植
スイカの定植

今年もスイカ黒皮スイカキャノンボール。このところ暖かい日が続くようなので、今日定植しました。
菜園の方に4株。ベッド栽培です。一方、家の中庭にも4株。こちらは棚栽培です。合計8株です。こうやってスイカを作るのももう10年になりました。このところ最近数年は黒皮スイカにきまりーということになっています。空洞が出来にくいことや、糖度が高い、筋が入りにくい、シャリシャリ感があって食味がよい.....など等。気に入っています。
まだ本格的な暖かさにはなっていないので、しばらくはビニールトンネルをかぶせてやります。
スイカ スイカ、今年もがんばるぞー!!
dancing dog


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

シャガの花が咲いています
シャガの花

今きれいにシャガの花が咲いています。少し青みをおびた白いこのシャガの花が、半日陰の少し薄暗いところぽおっと浮かび出ています。
とても清楚な感じでこうありたいものだとつくづく思うのですが、残念ながらその対極にありそうです。





今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

お花見会


今日はテニスクラブのお花見会です。いつもの平草原というところです。このところの気温の谷間で、寒い一日でしたが、桜の方は9分咲きぐらいのところになっていました。
お天気もまずまず。
平日でもけっこう人がいるものですね。それでもやはり年配の人が多かったですね。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

レンギョウの花
レンギョウ

サクラ、ツツジなど春の花が咲く前の3月からすでに咲いているのですが、今頃?とレンギョウに言われそうです。
葉は殆どなく、鮮やかな黄色のしっかりした小さい花が枝にびっしりと着いています。やがて訪れる華やかな春の前奏曲のようです。咲き始めて久しく、約1ヶ月遅れの記事となってしまいました。kumanomiの怠慢です。
アレアレと思いながら春は移ろい行きます。
4月2日は彫刻家・詩人の高村光太郎(1883年 - 1956年)の命日で、これを連翹忌とも呼ぶそうです。光太郎が生前好んだ花がレンギョウだったことに由来しているそうです。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ゴンパチの季節
ゴンパチ

ゴンパチ?聞きなれない言葉かもしれません。イタドリの仲間の山菜の一種です。
ちょうどいつも4月の初旬ごろから、地中から破竹のようにニョキニョキと芽を吹き出します。
太くて葉っぱのついていないものほどおいしいのですが、太いものはやはり人の余り行かない山に入って行かないと見つけられません。
細いものなら土手の斜面や荒地の土がむき出しになったところにたくさんあります。
今日もくまおさんは車で山に入って行きます。今日はゴンパチの初物です。さすがに店頭にはまだ出ていません。
この時期、ビニール袋と鎌を持ってゴンパチやワラビ採りの人たちがうろうろしています。
シャキシャキした食感がおいしい人気の山菜です。
処理の仕方......
 1)60℃くらいの余り熱くないお湯の中にゴンパチを入れて少し色
   が変わりだしたらフキのように皮をむきます。
   余り熱いお湯ですと皮が切れてむきにくくなったり、どろどろし
   てきます。お湯の中に手が入るぐらいの湯温です。
 2)1~2日水にさらして酸味を抜いて厚揚げなどと一緒に煮しめて
   食べます。油で炒めても美味しいそうです。

  


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi