FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジャガイモの初掘り


ジャガイモの株元に土寄せをしていると土の中に手触りでけっこう大きな手応えを感じることがあります。少しだけ採りました。今夜は早速バタージャガでいただきましょう。
素材自身のうまみを味わうには Simple is the best ですね。
品種はキタアカリです。芽の部分が赤いでしょう。これが外見上の特徴です。ホクホクしておいしいというので最近はキタアカリを作っています。2月7日に植えたもので、3ヶ月経ったことになります。
野菜には白菜、ダイコン、トウモロコシなど、収穫まで90日というのが多いということに最近になって気づきました。野菜の成長のサイクルの一つなのでしょう。
フムフムヘー



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

自作 トマトの屋根
トマトの屋根

家庭菜園を始めたころ真っ先に植えてみたいと思ったのはトマトです。
たいていの人は家庭菜園でトマトを作ってみたいというそうです。
トマトの栽培はけっこう難しいものです。作ってみてトマトの難しさが分かりました。
よく萎れることがあって水をほしがっているのかとたっぷり水遣りした次の日、お亡くなりになっているとか、葉が縮れて巻き込んでいるので逆向きにカールをしてやったら折れてしまったとか・・・・。よくある失敗。これらは病気なんだそうです。
逆向きにカールしたからって治るわけない。パーマじゃないんだから。分かっていてもやりたくなるんです。
毎年今年こそはと意気込んで作るのですが思い通りにいくことはなかなかありません。


トマトに雨避け。
トマトは南米アンデス高原が原産地。乾燥したところで育てられたので雨を嫌います。雨に当たると病気にかかりやすく、ひび割れしやすいので、屋根をかけて雨や泥はねの害を防ぐのがいいそうです。
作物の場合この原産地がどこかも大切な情報なんですね。
ホームセンターなどで「トマトの屋根」なるものが売られています。
最近我が家で大型商品を買ったときのビニール袋があったので、トマトの屋根を作ってみることにしました。
はてさて、今年のトマトはどうでしょうか。
テニス仲間にもあげられるようにいつもの倍、6本を植えました。乞うご期待。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イチゴ狩り(その2)
イチゴ狩り

今年になっての2回目のイチゴ狩りです。5人の方をお招きしました。
最初は5月4日でしたが、写真の撮り忘れで、今日は記事にすることができました。
暑いぐらいの陽気で、イチゴはだいぶ熟しました。
畑で食べ放題。とはいっても畑で食べるイチゴは5~6個で腹いっぱいです。お土産にお持ち帰りです。喜んでもらえるのがうれしくてイチゴを作ります。イチゴ狩りは我が家の年中行事の一つになっています。

お土産のイチゴ

叙里ちゃんもイチゴを畑で噛んで砕いて食べさせてもらうのが大好きです。畑までついてきました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ガンセキランが咲いています
ガンセキラン

昨日スイカの写真を撮ったとき、すでにデジカメにガンセキランの写真が入っていました。
ブログの記事にしたらという、くまおさんの提案のようです。
薄く透けたような黄色で初夏の佇まいのガンセキラン(去年の記事にリンクします)です。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカ定植1ヶ月
2007スイカ

定植してちょうど1ヶ月になります。黒皮スイカキャノンボール」です。
菜園でのベッド栽培です。4株植えましたがどうしたことか1株だけ生育が悪く大きくならないので、別の品種になりましたが補植しました。
残りの3株は順調に各4本の子づるを出してきています。
1株4本の子づる仕立て、2個採りの予定です。こちらでは4株植えましたから8個????できるかな????
今10節ぐらいのところまで伸びてきています。等間隔にテープを張ってそれにつかまらせます。スイカのつるも躾をすればお行儀よく整列するんですよ。放任しておくよりも日当たりもよく、葉傷みも少なく、まず、どの株のどのつるになっているのかが一目瞭然です。

2007スイカ吊るし栽培

こちらは中庭の棚づくり吊るし栽培(棚栽培)の方です。もう恒例になりました。こちらも3株の「キャノンボール」と1株の「ブラックボール」です。どちらも黒皮スイカです。
ブラックボール」は初めてですが、これも生育の悪かった1株の「キャノンボール」と差し替えて補植しました。時期がずれての収穫となるので、まっ、いいか。
これから成長していくにつれて棚からスイカがブラーリブラリ。ライトアップして楽しみます。
棚づくり吊るし栽培は日当り、風通しもよく、鑑賞用にもなるのですが、強風にはとても弱い。葉をもぎ取られてしまいます。これから7月まで台風さまどうぞお越しになりませんように。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

山椒の実の収穫
山椒の実

裏庭の家の角にスダチとユズに並んで山椒サンショウ)の木を植えています。去年は虫に葉を喰われて殆ど実をつけませんでした。もう枯れるのではないかと気をもんだくらいです。やむなく消毒。その結果、なんとか元気を取り戻して、今年はこんなにたくさん収穫できました。

山椒の実

さっそく塩ゆでして、冷水にさらし、水気をよく切って冷凍保存しておきます。
煮魚をするとき生臭さを消すのにこの山椒があると重宝です。1年は十分もちます。

スダチの花

スダチの花です。この山椒の横に植えてあります。
今、ミツバチや大きな黒い蜂などが盛んに花に群がって蜜を吸っています。画面中央にいるハチが見つけられますか?


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi