陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スイカの初収穫
2007初収穫

8日間の南イタリア旅行から帰って来ました。スイカのことがいささか気がかりでした。日本では集中豪雨を含む梅雨空で殆ど毎日のように雨が降っていたとのこと。
その間、スイカちゃんたちは水分ひかえの生活からたっぷり水をもらって大きく成長していました。おまけに、その間にしっかり受粉していくつか実を結んでいるのです。親はなくても子は育つ・・・・
今日は受粉後49日目に当たるものを一つ収穫しました。品種は黒皮スイカの「キャノンボール」です。ギャホー13キロのジャンボスイカになっていました。普通の2個分です。普通はまん丸なんですが、これは少々縦長です。今晩はこれを枕にして寝ます。(・・・・ちょっと無理かな
収穫してから2~3日おいたほうがおいしいというので、食べるのはお預けです。

2007吊るし栽培スイカ

棚栽培の方のいちばん大きいものです。黄色いものはテニスボールです。
旅行から帰ってきて、菜園や洗濯、写真の整理、テニスなどなど、旅行のことをUPできるようになったのはやっと今日になりました。

青の洞窟

イタリアへは3度目ですが、今回の南イタリアへの旅行のメインはなんといってもカプリ島青の洞窟でしょう。
ナポリからジェット船に乗ってカプリ島へ向かいます。さらに中型船、手漕ぎ小舟へと乗り換えて洞窟に入ることになります。
縦1メートル、横2メートルぐらいの海水によって浸食された小さな岩穴の入り口から、4~5人乗りの小舟に横たわるような格好で、船頭さんの櫂さばきで一瞬の間に洞窟に滑り込んで行きます。入り口の天井には頭が着きそうです。
洞窟内は真っ暗。その小さな入り口から青い光が差し込んでいます。まさにMarin Blueの光です。なんというこの青さ
船頭さんのナポリ民謡「サンタルチア」の歌声が洞窟内に響き渡ります。
その日は運良く洞窟に入ることが出来ましたが、天候の具合によっては入ることも難しい日が多いとのこと。そんな小さな穴ではなるほど・・・・と納得。
さてここでくまおさん提供のクイズです。
このカプリ島でくまおさんが忘れ物をしてきました。それは一体何でしょう。
答は次回に。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

こんなに青梅・・・・
2007青梅

荻原井泉水の句に「こんなにもってきてくださってころがるみかん」というのがあったように思います。そのまま「ころがる青梅」としたいところです。
今日はテニスのお友だちが自宅で採れた南高梅を持ってきてくれました。今年は日照りの日も多く、青梅ながら赤くよく光っています。
早速洗って冷凍しました。
梅酒などにつける場合いったん冷凍するとうまく漬かります。
7キロほどありましたが、今年は全部を「梅米酢」にしようと思っています。梅酒に漬ける要領で米酢と氷砂糖に漬けます。寿司酢や酢の物などにそのまま年中いつでも使えます。ほのかな梅の香りがして健康にもよく美味しい酢になります。
青梅1kgに氷砂糖1kg、米酢1リットルの分量です。青梅が手に入ったら是非おためし下さい。

明日から南イタリア、シチリア島への旅に出かけます。8日間です。
24日に帰ってくる予定です。
スイカの受粉も一段落、梅雨からの脱出もいいのではと、この時期にしました。帰ってきたらスイカも出来上がっているというウフフの皮算用をしています。どうなりますやら・・・・。
無事帰還できましたら今後ともどうぞよろしく。
kumanomi



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

今朝の収穫
2007_0609今朝の収穫jpg

2~3日前からトウモロコシがやっと採れだしました。早速茹でて今朝の朝食です。
トウモロコシは湯を沸かしてから採りに行け。」と言うそうです。採ってから5時間もすれば甘みは半減するそうです。ですから残念ながら皆様の所へはお届けできません(笑)
キュウリは最近やっとたくさん採れるようになって来ました。最初のうちは曲がりキュウリは少なくきれいですが、そのうち木が疲れてくると変形果が多くなってきます。
糠漬けが美味しいですね。
illu_sum01.jpg

我が家の菜園ではEMボカシを使った生ゴミ堆肥で育てています。
これは琉球大学の比嘉教授の考案された有機肥料です。手間が掛かりますが生ゴミの減量と有効活用、環境にやさしいエコロジー(Ecology)型のこだわりの有機肥料です。化学肥料で作ったものよりも甘みがあるとよく言われます。
EMボカシは近所のスーパーなどで売っていて、専用のバケツで生ゴミと混ぜて醗酵させます。
我が家には生ゴミに魚の骨などがたくさん出ますので、EMボカシを混ぜるといい肥料になります。畑に入れるのに最近はくまおさんが手伝ってくれるので大助かりです。
ani-hukurou.gif



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカにハンギング
スイカにハンギング

中庭の棚を作って吊るす棚栽培スイカも重そうになってきたので、ハンギングをつけてやりました。現在のところ3株に6個ぶら下がっています。
これでスイカもほっとしているみたい。100均で買ってきたものでここ何年も使っています。安いものです。
本来はしゅろや水ゴケを敷いてサフィニヤなどを吊るすものですが。100均には本来とは違った使い方をすると面白いものがいろいろあります。思いがけない使い方をするのが楽しみの一つです。それで時折100均探検に一人で出かけます。

害獣避けコンテナ

こちらは菜園の方のベッド栽培スイカにかぶせたコンテナです。日当たりが悪くならないように底を切り取ったところへ金網を取り付けてスイカにかぶせます。
アライグマや猿がコンテナをひっくり返すので持ち上がらないように下部を留めています。「見えるんだけどとれない!」といってアライグマも、地団駄踏むでしょう。アライグマ

2007黒皮スイカ

金網の蓋を開けてみました。もう10キロ近くにはなっているようです。色もだいぶ黒くなってきました。窮屈でしょうが今月末までスイカさんに我慢していただきましょう。

金網つきコンテナ

これは細工を施したそのコンテナです。底を切り取っています。100均で調達したバーベキュー用の金網を針金で留めて蓋にしています。





今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi