FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

2007 麦わらイサギの釣り納め


1週間前から天気予報を見ながら予約を入れました。今季のイサギの釣り納めです。ちょうど天気もまずまずと思っていたところ、その日が近づくにつれ、だんだんと雲行きが怪しくなってきています。これだけ科学の発展目覚しい時代に、どうして気象科学の方は相変わらずの当たり外れの多いことかとボヤキます。
当日は朝から小雨。昨日のことなのですが。
今年のイサギ釣りはこれで最後と決めて港へ向かいます。
やや波があります。釣り始めのころからいつもと違って胸の辺りが重苦しく感じます。釣り始めて食いが鈍ると釣り場を移動して船が進みます。そのうちに胃のしゃっくりみたいな現象が起きて胃内のものが飛び出してきました。船酔いです。
それでも釣っているときはウソのように収まっています。
雨もそのうちにおさまり、そんなこんなをしながら、この日は二人でイサギ96匹、アジ26匹の釣果でした。
イサギは37センチを最高に30センチ台が12匹ぐらい。潮の流れは速く、船酔いの割にはまずまずかな?
上の画像は目良港の海の中に立つ弁財天の大鳥居です。海の安全を守る信仰の対象です。この時は干潮です。

2007 イサギ釣り納め

港に着くと船頭さんのお母さんが待っていてくれてすぐさま船倉の生簀の魚を活け締めにしてくれます。先代のお父さんの代から毎日のようにこの仕事をこなしてこられたベテランの素早い手さばきには脱帽です。
これで今季のイサギ釣りは幕引きとすることにしましょう。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi