陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ミョウガの子
2008_06290006.jpg

フェンスのそばのミョウガ林の地中からミョウガの子がやっと顔を出してきました。
我が家は大のミョウガ好き。味噌汁の香り付けや、冷奴、カツオのタタキ、そうめんなどの薬味には欠かせません。これまではパックに入ったミョウガを買ってきていつも冷蔵庫に入っていましたが、これからはたっぷり使えるのがうれしいですね。
まもなくこの先からうっすらと黄色い花が咲きます。とても清々しくきれいです。
ミョウガの花」の画像は過去の記事にありますのでこちらをご覧下さい。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカ成長その後 (2008)
2008_06230014.jpg

菜園のベッド栽培のスイカです。黒皮、大玉の「キャノンボール」という品種です。
5月17日受粉ですから37日経っています。コンテナに両脇2センチくらい隙間があるかどうかというところまで迫ってきています。着いていたラベルには開花後33~37日が収穫時期と書いてありますが、私はいつも47~50日を目安にしています。今年のように余り気温が上がらずにきているような時は少し遅めに収穫するということも考えられます。とにかく慌てない、慌てない。一休さんの心境になることですね。来月初旬まで待つことにしましょう。

2008_06240003.jpg

こちらは棚栽培吊るし栽培)のスイカです。4株で9個なっています。
垣根の近くの日当たりがやや悪い株の1個はやはり成長が悪く、これは余り期待できません。その代わりにいちばん生育のいい株はフェンスの外にも思いがけず実を着けて、はじめに着果したものに劣らないぐらいに大きくなってきています。その株は結局3個の着果になりました。
黒皮スイカらしく、色も黒さを増してきています。蜜が外皮にも滲み出して甘さも進んできているようです。
こちらは7月の中旬以降の収穫予定です。
先日長女が帰ってきて気に入ったスイカに札を付けていきました。「こりゃどうじゃ」と、おいしいスイカを届けてやりたいものです。
キャノンボール


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカにコンテナ
2008_06070005.jpg

スイカもだいぶ大きくなってきたところで、アライグマや猿などの害獣から守るために、収穫用コンテナを被せました。今のところ5個設置です。
コンテナの底を電動のこぎりで切除してから100均で調達したバーベキュー用の大きな金網を針金で取り着け、開閉できるようにしてあります。これによって陽射しが中まで差し込みます。ここ数年使用していますが、丈夫なものです。
コンテナの下には竹筒を置いてツルが押しつぶされないようにしてから、U字型の太い針金で固定しています。これで収穫まで一先ず安心といったところです。
アライグマ



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

2008 初 トウモロコシの収穫
2008_06070015.jpg

2月28日に種まきをしたトウモロコシがやっと収穫できるようになりました。今日は2本初収穫です。
トウモロコシは「お湯を沸かしてから採りに行け。」と言われるくらい、鮮度が大事です。時間とともに急速に甘みがなくなっていきます。実際は水から茹でる方が美味しいですが、昔の人は極端な言い方で鮮度のことをこう強調したのでしょう。
お店に売られているものは畑で採ってからどれくらい時間が経っているのかを考えると、なかなか本来のおいしさにはちょっと届かないでしょう。時間との勝負、これだけは家庭菜園のいいところでしょうね。
dog-dance.gif

トウモロコシの茹で方
①水からトウモロコシを入れて沸騰したら2分(畑から採ってきてすぐの場合)
②火を止め多いぐらいの塩を入れてよく絡める。
③引き上げてすぐに食べる。冷凍する場合ラップしてからさます。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スイカの成長(2008.6)
2008_06040009.jpg

4月12日に定植した4株の黒皮スイカキャノンボール」が成長してきました。
だいたい今20~30センチぐらいにまでなってきています。横にテニスボールを置いてみました。
6個ぐらいは着果しています。あと2個は着けたかったのですが・・・・。
1株のうち1個が大きくなってくると、その後の1個がなかなか着果しにくいようです。大きい果実に栄養をどんどん取られるからなのでしょう。2個着果させる場合、同じような時期に着果させるようにしなければならないのでしょう。
その代わり、1株に1個の着果では1玉で2個分の大きさになります。しかしそれだけ大きくなると中に空洞が出来やすいように思います。現在のところ大きいもので8~9キロの重さがありそうです。
早い物で5月18日着果、50日おいて7月初旬収穫予定です。

2008_06040015.jpg

これは中庭の棚栽培吊るし栽培)の方です(4株)。こちらは大体1週間ほどの遅れがあります。
8個ぐらいの着果が見込めます。今一番大きいもので砲丸玉ぐらい、約1キロ程度の重さになっています。
重そうなのでハンギングバスケットを着けてやりました。これは着脱と高さの調節がしやすいのでとても便利です。100均にて調達しましたが大変長持ちします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi