陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ラ・フランスとリンゴのコンフィチュール
2008ラ・フランスとリンゴのコンフィチュール

いただいたラ・フランスがだいぶ熟してきたので、この1個とリンゴ1個とでコンフィチュールを作ることにしました。
なんのことはないジャムってことです。
でも、洋ナシとリンゴの組み合わせ、赤ワインでまだ形を残して軽めに煮る。
だから、コンフィチュールって呼びたいですね。

ラ・フランスは4つに切ってから芯の部分を取り除き、皮をむいて縦に5切れくらいに薄く切ります。
リンゴも同様に切ります。
赤ワインをカップ1杯、
グラニュー糖を果実重量の30%ぐらい(お好みで加減)、
レモン果汁(我が家にはレモンがなかったのでスダチ果汁)少々
これらを加えて中火で煮ます。途中でアクを取り除きながら20分ぐらいで出来上がりました。
明日の朝食が楽しみな美味しいコンフィチュールの出来上がりです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

トレンチコートの女?
2008叙里ちゃん

トレンチコートの女!
「どこに?」

今からお散歩です。
ちょっと人騒がせな・・・・。
これでもれっきとしたLadyです。
だんだん寒くなってきて体にもこたえるし、お正月も近いので、ママに新しいお洋服を買ってもらいました。
襟を立てたところがなかなかのもんでしょう。柴犬叙里ちゃんにはよく似合うでしょう?
まだ慣れていないので、すぐ固まってしまうのですが、それでもお散歩となると動き出します。やれやれ・・・・です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

2008年釣り納め
2008双島

今回もいつもの串本田並の闘龍丸さんの船にお世話になります。今年最後の磯釣りということでよい締めくくりが出来ますように・・・・。
田並の港でまだ薄暗い中で船頭さんたちとドラム缶の焚き火を囲みながら、いろいろ情報を収集します。
奇しくも今日は大学時代の後輩とばったり。朝から釣り談議に花が咲きます。
結局、今日はアカシマにのせてもらうことになりました。
港を出て船が進むうちに、いつも見ている側と反対に右手には田子の「双島」の風情ある姿が見えてきます。絶景です。

2008_12170008.jpg

今日の狙いはいつものイガミとグレ。でなくても木っ端グレ・・・・ぐらいはと思っていたのですが、残念ながらこのような結末でした
38センチの「三の字ハゲ」を頭に4匹。ツノハゲ1匹。
あとはイガミ中小各1匹。イズスミです。
実を言うと冷凍庫には食べきれないくらいの魚が貯まってきているのです。
今回はハゲイズスミの小ぶりなのは気前よく、魚にもいいお正月をと海に放ってやりました。
今夜のメニューはやはりお刺身と握り鮨。ツノハゲの握りは絶品でした。これはひらめにも勝るとも劣らぬ超美味魚ですね。
それから、イズスミのジブ。船頭さんお勧めの料理に初挑戦です。
ネギ・豆腐・しめじやエノキといった野菜類と共にスキヤキ風にお酒・醤油、砂糖で味付けします。この時期でないと味わえないイズスミの美味しさです。
そこで最後に一句。

     これがまあ釣りの納めかハゲ五匹       くまお
釣りネコ

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

柊(ヒイラギ)の花
2008_12140006.jpg

庭の一角で柊(ヒイラギ)の花が咲いています。
庭を造ったときに植えられたのですが、これまでずっと柊の花に目を留めることなく30余年を過ごしてきました。
古くから日本では葉っぱの鋭いトゲによって、邪気を払う木として庭木によく使われてきました。
節分に鰯の頭を柊の枝に刺すというのはこの理由からです。でもそんな伝統行事も我が家ではしたことがありませんが・・・・。私たちの親の代で終わってしまったのではないでしょうか。
落ちた葉に棘があって、とかく片付けにくいと長く不評をかっていたのですが、今になって柊の花に気づきました。
冬の庭木の花が少ない中で、ごく小さな白い花を寄せ合って咲いています。
モクセイ科だけあって、キンモクセイに似た芳香をかすかに漂わせています。同じモクセイ科の仲間にはライラックやオリーブなどがあり、いずれもよい香りのものが多いようです。
      柊の葉の間より花こぼれ          高浜虚子
もう一句見つけました。     
      柊の花一本の香かな           高野素十


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イタリアン野菜炒め
2008_12060001.jpg

菜園で採れた野菜を出来るだけいろいろな料理に使いたいと思っています。
ちょうど私のブログへ訪問された『おかず日記』さんのブログを逆訪問してみますと、毎日のように菜園で採れた野菜を材料にいろいろなお料理が紹介されています。
その中のお料理レシピ「大根とキャベツの炒め物」から、これなら材料は家にある、と作ってみることにしました。私流にアレンジして・・・・です。
名づけて「イタリアン野菜炒め」。

材料は大根とキャベツ、豚肉、ニンニク1片。それにパプリカとブロッコリーを加えました。
味付けはオリーブオイル大さじ1、白ワイン大さじ2、醤油大さじ1、マスタード大さじ1、粗びき胡椒少々。

ニンニクは初夏に採れたものを皮をむいて冷凍保存しているので使いたいときにはいつでも使えます。
1片を薄くスライスしてオリーブオイルでこんがり焼きます。そのあと大根を4~5ミリ程度に短冊切りしたものを炒めます。
焼き色が着いてきたら豚肉、パプリカ、キャベツ、ブロッコリーなどを入れ、白ワインを振りかけて蓋をして蒸し焼きにします。
ときどきかき混ぜて火をとめる寸前に醤油に溶いたマスタードと胡椒をふりかけて出来上がりです。

マスタードの香りがおいしい味付けになりました。
どうしても同じような味付けになってしまうので、今回のように他の方のレシピにあるちょっと一味違う味付けが料理を変化させてくれます。
今夜はこのお料理をメインに白ワインでいただきました。

おかず日記』の「さよ」さん、ありがとうございました。
腹鼓ポンポコ狸


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

年とってきた叙里ちゃん
2008叙里ちゃん

最近と言っても夏ごろからですが、愛犬柴犬叙里ちゃんは元気がありません。食も細くなって余り食べません。
心配になってお医者さんに診てもらうことが多くなりました。これといって決定的な病名がないのですが・・・・。痩せてきています。
先日も2度目の点滴を受けました。この冬を乗り切れるかどうか心配のことが多いです。
今日は温かい日和で叙里ちゃん座布団を陽に干してあるところにころんと転がって日向ぼっこというよりも体を休めるといった格好になっています。
この11月で13歳を迎えました。人間でいうと80歳くらいでしょうか。
ぼーっとしているようなことも多くなりました。認知症かなと思うくらいうろうろ徘徊に近い行動に見えることもあります。私たちの先を行って見せてくれているように思えます。
叙里ちゃん頑張ってね。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

師走の釣り
2008師走の釣り

天気予報を見ていて、今日は風なし、波1,5メートルと、釣りにはとても穏やかな良い日和のようです。
急遽昨日の段階で釣りに行くことになりました。こういうときは、とても決断の速いくまおさんです。
早速ホンダワラを買ってきて、夜のうちからイガミの餌作りです。ホンダワラの枝を爪先で3~4センチにプチプチと切って、適当な大きさに黒い糸で束ねるのがkumanomiの仕事です。

朝は5時起床、5時45分出発。6時45分、日の出と共に田並港を出港です。
自宅を出発の時はまだ星を仰ぐ暗さですが、船に乗るころにはいっぺんに明るくなってきます。
沖の方の正面には潮岬が海岸段丘の形で海に突き出ています。その辺りから今、日が昇ろうとしているところです。
今日はグレ狙いといきたいところですが、それにはちと難しいので木っ端グレイガミ狙いでいきます。

2008師走釣り

今日の釣果は、結局はこのとおりでした。
36,5センチを先頭にイガミ3匹。木っ端グレ21匹。餌取りに来たイワシも美味しそうなので持ち帰ってお刺身にします。小さいけれどゴマンリョウ、これは必ず持ち帰ります。
帰り道、車の中で今日の献立を考えます。
そう、今夜のメインは握りの鮨とお刺身ですね。
ゴマンリョウ木っ端グレは3枚におろした後,毛抜きで中骨を取り除きます。
あらとグレ少々は煮付けにします。
イガミと残りのグレは干物にすることにしました。イガミの干物は白身でホクホクして干物にするのが最高です。

今夜の握り鮨を食べてからの評価ですが、最も美味しかったのはやはりゴマンリョウ。2位は木っ端グレ。3位はイガミとイワシでした。
やはりゴマンリョウは魚の旨味と、もっちり感、そして上品な味で五万両の価値ありでした。1匹から4切れしか取れません。超美味魚です。
釣りネコ



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi