陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

うすいエンドウ
2010_03300002.jpg

ご近所さんからうすいエンドウをいただきました。我が家のエンドウはやっと花が咲き始めたばかりというのに、このエンドウはふっくらとした立派な実を着けています。
さっそく鞘を剥き始めるとなんとも言えないエンドウの新鮮な香りが立ち上ってきます。
我が家では卵とじでいただくのが大好きです。早速夕食にいただきました。
採れたての新鮮なエンドウは実も柔らかく、鰹節の出汁にみりん・酒・醤油・砂糖で味付けして卵で包んでかき混ぜるとほくほくして甘く、ボリュームがあります。
季節を先駆けていただくのはとても贅沢で美味しさも格別です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

今日のお昼ご飯
2010_03060005.jpg

イクラ・ネギトロ丼」です。
自家栽培のツクネイモとネギをふんだんに使います。
我が家のお気に入りメニューの一つです。

材料は イクラ
     マグロ中トロ
     ツクネイモ
     カイワレ     
      刻みネギ
     青じそ(おおば)
     刻み海苔
といったところでしょうか。

こだわりはご飯の上に直接ツクネイモのとろろを載せないことです。
上にネギやカイワレなどの青物を載せると見た目にはきれいですが、ご飯がとろろイモに直接接して、とろろの水気を吸い込んでしまってねばりがなくなってパサパサしてしまうためです。
やはりご飯の上に載せる順番は
カイワレ・おおば、ネギ、それからツクネイモのとろろ、まぐろとイクラなのです。そして最後に刻み海苔ときます。
何でも載せればいいというものではないという料理の典型でしょう。

2010_03060003.jpg

これがツクネイモです。見栄えはもうちょいですが、長イモより粘りとコクがあってお味は抜群です。
すりおろしてから、だし汁で薄めながらすり鉢ですって用います。
それにしてもこのところ食べ物の記事が多いのに気づかされます。
人間、食への興味・関心を失っては最後ではないかと勝手に思っておりますが・・・・(^。^)。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ふきのとう味噌
2010_03050001.jpg

かすかな春の足音を見つけた(1月23日の記事)と思って、まだ幼い1株のふきのとうの花芽を土手に残して本格的な春の訪れを待っていましたが、それもいつの間にか消えてなくなっていました。ちょっとばかり早すぎて可愛そうにうまく成長できなかったのでしょう。ふきのとうって顔を出すのがけっこう遅いのですね。

いよいよ春本番の到来です。最近の雨でふきのとうが一気に顔を出し始めました。
去年作ったふきのとう味噌の香りが忘れられなくてひたすら密かに待っていたのです。

2010_03060006.jpg

家中に蕗の香りが漂います。まさしく早春の香りです。
よく洗ってゴミを取り除いたあと、少量の重曹を入れたお湯でさっと茹でてすぐに冷水に1時間ほど浸してアクを抜きます。
きれいな緑色になります。

2010_03060004.jpg

みじん切りにしてからお好みで鷹の爪を少し入れて少量のサラダ油でいためます。
味付けは
   ふきのとう10個に
   味噌   150cc
   みりん  100cc
   酒    100cc
   砂糖    30g(大さじ2)
 大体こんなものです。

我が家には味噌に青梅を仕込んだ「梅味噌」のいただき物があるのでこれを用います。
口に含んだときにほのかに梅の香りもします。手前味噌ながら、まさに絶品といえます。

2010_03060009.jpg

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi