FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

湾内のシラス漁2
006_convert_20101008204558.jpg


湾内ではこのところシラス漁が盛んに行われています。
この日も船団がヴィラの真下で網を手繰り揚げているところを目にしました。
ヴィラの上から眺めていると、まことにのどかな湾内の風景です。
尾鷲節を思い出しました。

 〽尾鷲よいとこ 朝日を受けて よいそれ  浦では五丈の 網を引く のんのこさいさい ヤサホーラエー エエー ヤサホーラエ

016_convert_20101008204707.jpg

ところがどうも様子がおかしいのです。しばらくすると、また網を入れ始めました。
そして、シラスの群れを取り囲むように輪になって進んでゆきます。
輪になったまま船がどんどん沖へ進んでゆきます。
かなり沖で船団となって再び網を揚げ始めました。

031_convert_20101008205033.jpg

一回目の網入れは失敗だったのでしょうか。こうなると、指令船の役割が重要になってきます。
二回目は大漁を祈るばかりです。

聞くところによりますと、シラス漁船団は四つあって、たとえば10万円の漁獲があっても、網元に何割か払うと、一人の日当はそう多くはないとのことです。見るところ殆ど年配の人のようでした。跡を継ぐ人がいなくなりはしないか心配です。

ともあれ私は、湾内のシラス漁ののどかな風景がいつまでも続いてくれることを願い、食卓に上ったシラスは心して賞味したいと思いました。      

       2010.10.8            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi