FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

鯖のへしこ(若狭名産)
016_convert_20110201172949.jpg

クマノミさんの故郷若狭の名産「鯖のへしこ」です。
私の大好物です。娘二人も好きで、頂き物をおすそ分けしております。
クマノミさんは子供時分、日常的に食べていたようです。

054_convert_20110201173548.jpg

若狭から京都へ「鯖街道」がありました。若狭湾では鯖がよく獲れたのでしょう。
基本は米糠と塩で漬けています。それ以外に加えるものがあるかもしれません。
若狭地方独特の保存食なのでしょうか。
紀州ではこのような食べ方は見当たりません。

解りやすいように表裏を撮ってみました。

057_convert_20110201173741.jpg

056_convert_20110201173643.jpg

見た目には大して美味しそうではありません。
私は糠を取り除いて焼きます。糠が付いたまま焼く方がいいかもしれません。
焼けるにつれて香ばしい香が漂います。
食欲がぐっと出てきます。
朝食には最適の肴です。

064_convert_20110201173341.jpg

金沢の方では「いわしのへしこ」があるようです。
現在では、「鯖のへしこ」は若狭の名産品として販売されています。

敦賀のスーパーで、「焼鯖」が沢山並べられていました。
尾鷲では、「鰹の生節」が好まれます。生姜醤油で食べます。
ところにより食文化が異なりますね。

それにしても、「へしこ」とはどういう意味なのでしょう。

「圧す」(へす)[押さえつけるの意)に、「こ」という接尾語(親しみを込めて付ける)がついて、「圧しこ」となったのではないかと、私は考えます。

「プリンは食べてみないとわからない」という諺があります。
「鯖のへしこ」もそうです。試してみてください。
きっと美味しいと思いますよ。 
                                クマノミの夫 くまお
                





今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi