FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

釣遍歴7(串本紀伊有田の磯)
003_convert_20110310171218.jpg
           *画像は枯木灘
二つ目の職場になって、串本の紀伊有田の磯に通い始めました。
職場の同僚たちがよく通っていたからです。

釣りに行く前の晩は興奮してなかなか眠れません。
朝暗い中、起床するとすぐに家を出発します。
田並の町並を過ぎてトンネルを抜けると紀伊有田です。
トンネルの向こうから朝日が射してきます。
いつもそんな風景だったような記憶があります。

002_convert_20110310171059.jpg

紀伊有田には二軒の渡船がありました。
私は長谷川渡船さんにお世話になりました。
もう一軒の渡船は二隻の渡船があり、速度も少し早かったようです。
磯割があったかどうかわかりません。
ほぼ同時に出港していました。

005_convert_20110310171334.jpg


紀伊有田の磯では沖の大島をはじめ、一人だけがやっと乗れる小さな島にも渡礁しました。
大潮の時しか渡礁できないイガミの島もあります。
でも一番よく釣れたのは双子島です。
湾の出口にあり、北西風をあまり受けません。
グレなどの上物、底物のイガミも釣れます。

014_convert_20110310165851.jpg

ある時、私はこのグレを頭にいろいろ十数匹の釣果がありました。
渡船宿では大変喜んでくれました。
長谷川渡船では宿泊釣りをしたこともありました。
船頭さんは温和で、奥さんは上品で優しい方でした。
感じの良い渡船宿のご夫婦でした。

004_convert_20110310170227.jpg

アイ(アイゴ)です。この大きさになると、引きは強烈です。
でも、身はゴムのように固く、臭いもきつくてまずいです。
20cmから25cmくらいのアイの子(バリコ)は、美味しいです。
立て塩に漬けてから一夜干しにします。
魚は獲れる地域や大きさにより味の違いがあります。
田辺湾のアイゴは一番美味しいと思います。

私は船釣りで100匹ほどのバリコを釣ったことがありました。
料理するのに大変な労力が要ります。
アイの背びれと胸びれの針には毒があります。
私は何度か刺されました。三日間は痛みます。
アイを釣った方は特に胸びれの針にご用心ください。

紀伊有田の磯に通わなくなって三十年あまりが経ちました。
長谷川渡船さんも懐かしい渡船の一つです。

2011.3.11                 くまお

追記

子供の頃、私は東南海地震そして南海地震を経験しました。地震と津波の怖さがよく解ります。
想像を絶する恐ろしいテレビの画面に胸が締め付けられます。
東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された大勢の方々にお見舞い申し上げます。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi