FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

与那国島の家並み(八重山紀行ー与那国島編6)
545_convert_20110413210524.jpg

与那国ではあじさいの花がもう咲いていました。
季節は和歌山より一ヶ月ほど早くめぐって来ているようでした。

619_convert_20110413211015.jpg

名も知らぬ綺麗な花が垣根や庭の辺を彩っていました。

617_convert_20110413210855.jpg


私がお世話になった「こみね旅館」の部屋から見た、与那国町祖納の家並みです。

507_convert_20110414103717.jpg

台風の襲来に備えて、コンクリート造りのお家が多いようです。

499_convert_20110414103327.jpg

ダイビングなどの観光客相手の旅館や民宿も多くありました。

500_convert_20110414103441.jpg

「こみね旅館」には、珍しい鳥を観察する「鳥やさん」や蝶や蛾を採集する「蝶やさん」が宿泊されていました。
島内ではオオゴマダラ蝶や世界最大級のアヤミハビルという蛾がみられるそうです。
アヤミハビルは翅を広げた長さが24cmあるそうです。
私は「こみね旅館」でその標本を見ました。
実に大きな蛾でした。

608_convert_20110414114013.jpg

私は俄か「鳥やさん」になってみました。
私は早速見かけたことのない鳥を旅館近くの駐車場で見つけました。
残念ながら、私のカメラの望遠ではこの画像どまりです。
画像の真ん中下、羽に白い線が5、6本入った鳥が見えますか。

頭には細長い冠羽が付いていました。
飛び立った鳥の、羽の白い線模様が綺麗でした。
あとで、本当の「鳥やさん」に訪ねたところ、「ヤツガシラ」という名の鳥でした。



393_convert_20110413213553.jpg

沖縄地方でよく見かけるお家です。
与那国島にもまだ沢山残っていました。
ゆるやかに流れる丸い屋根瓦の線が、見る者の心に落ち着きを与えてくれます。

394_convert_20110413210400.jpg

サンゴの石垣は珊瑚礁の島の風情を湛えています。

406_convert_20110413205837.jpg

これは何でしょうか?「石岩當」と記しています。

544_convert_20110413221028.jpg

このように垣の木に挟まれたものもありました。
「石敢當」と記しているのもありました。
娘に聞くと、「魔除け」なのだそうです。

622_convert_20110413211130.jpg

「魔除け」と言えば、「シーサー」がよく知られています。

609_convert_20110414101755.jpg

さまざまな姿をした「シーサー」が、さまざまなところに置かれていました。

孫の笑顔を見て過ごした一週間は、あっという間に過ぎました。
日本最西端の島、与那国を離れるときが近づいてきました。

501_convert_20110414103559.jpg

日本で一番遅く沈む夕日が、午後便の着陸する空港を照らしていました。
  
    2011.3.24                くまお


追記

あじさいと記しました花は、「ランタナ」という花でした。あじさいの花を小さくしたようで、あじさいと同じく七変化するそうです。花言葉は「協力」だそうです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi