FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

枇杷の実が枝も撓(たわわ)に
030_convert_20110603221838.jpg

6月3日(金)文里のテニスコートに行く途中、山手に枇杷の実が生っているのが目につきました。
テニスの帰り道、私は立ち寄ってみました。

023_convert_20110603221251.jpg

枇杷の実が枝も撓に生っていました。
まさに実の重さで枝が撓むようでした。
山際に生えており、どの家の所有する木か解りません。
誰も採った様子がなく、熟れて落ちた実もありました。
樹高は10m近くありました。

024_convert_20110603221703.jpg

忍冬(スイカズラ)のような蔓草が枇杷に木に絡み付いていました。
つる草は綺麗な花をいっぱい咲かせていました。
帰宅して画像をみてみると、忍冬の花ではありませんでした。
何という花か私は知りません。

枇杷の木の所有者が収穫に来ているようには見えません。
こんな立派な実が落ちるがままにされるのは、もったいない話です。


032_convert_20110603221528.jpg

            * 枇杷の実の天を仰ぎて太りけり  上村占魚


枇杷の木と言えば、かつて住んだ住宅のことが思い出されます。

長女が誕生した時、上富田町峠の住宅に移り住みました。
クマノミさんは長女の誕生記念に福井から枇杷の木を貰ってきました。
「枇杷の木は庭に植えるな」という地方があります。
木が勝り、家の日当たりが悪くなることから言うようです。
私は庭の隅に植えました。
実は美味しくて、毎年収穫するのが楽しみでした。

その後私たちは白浜町に転居しました。
私は峠の住宅の前の国道を通るたび、枇杷の木の方へ目を遣っていました。
その枇杷の木も今回の高速道路建設のため、すでに住宅と共になくなっていました。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」(『方丈記』)ですね。

     2011.6.4            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi