FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

12号台風の多禍
116_convert_20110908172914.jpg

     * 台風12号が去り、空と海は穏やかさを取り戻しましたが、

135_convert_20110908173224.jpg


台風12号は明治22年の大水害と同じほどの雨量だったようです。

022_convert_20110908203205.jpg

紀伊半島の山間部や川沿いの市町村に甚大な被害をもたらしました。
田辺市の上空は、毎日ヘリコプターが何機も飛びかっています。
被害地への救援や取材がなされているのです。

今回は海岸地帯での被害はあまり聞かれません。
でも、多くの田畑は冠水したようです。

「命の水」と言われるように、私達にとって水は最も大切なものです。
半面、台風や津波の大水は恐ろしいものです。
人間は自然に対してもっと謙虚であれと教えられているようです。

きれいに澄んだ水と空気を届けてくれる山や川が、悲しみに震えました。
傷ついた山河が早く自然を取り戻して、そこに住む人々をあたたかく包んで欲しいものです。


013_convert_20110908172255.jpg

台風のあと、田辺市新庄公園へ行ってみました。
草花は強風に吹き飛ばされたのか、ほとんど見かけられませんでした。
一、二輪の木槿の花が残っていました。

022_convert_20110908181831.jpg

美術館の建物の陰で、萩の花が咲いていました。


031_convert_20110908172611.jpg

跡の浦の磯のオブジェのような大きな流木は、無くなっていました。
台風の力で、どこかへ運ばれて行ったのでしょう。


101_convert_20110908173121.jpg

突然に肉親を亡くされた方々の悲しみは、想像するに余りあります。
那智勝浦町長さんのあの喪失感は、すべての悲しみを象徴しています。

「禍を転じて福となす」という諺があります。
東日本大震災と台風12号の災害からの復旧・復興が、一日も早いことを願っています。

    2011.9.8         くまお




051_convert_20110908213129.jpg

           * 台風が去り、遠くに四国の山並みが見える田辺湾




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi