陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

サンザシ(山査子)の赤い実
018_convert_20120131165646.jpg

上富田のテニスに行く途中、サンザシの赤い実が生っていました。

019_convert_20120131165926.jpg

見事に熟れた赤い実の鈴生りです。

035_convert_20120131170214.jpg

山肌に吹き付けたコンクリートの僅かな隙間に根を下ろしていました。
植物の生命力は凄いですね。

023_convert_20120131170114.jpg

そして、通りがかる人の目を楽しませてくれます。


サンザシ(山査子)と言えば、歌「この道」(北原白秋作詞・山田耕筰作曲)を思い出します。


       あの雲はいつか見た雲、

       ああ、さうだよ。

       山査子の枝も垂れてる。


サンザシの実が生っているのは、南紀の台の山肌です。
道路はやや曲がった坂道です。
いつもはあっという間に通り過ぎてしまいます。

今日はテニスと違った用事で通りました。
ハザードランプを点灯し、強引に駐車して撮りました。


   2012.1.31          くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

鍋焼きうどんとバラの花
037_convert_20120130211111.jpg

1月29日(日)は上富田のテニスでした。
年甲斐もなく張り切り過ぎて疲れてしまいました。

その夜は全豪オープンテニスの男子決勝をテレビ観戦しました。
5時間以上の熱戦を観ながら、赤ワインと焼酎を飲み過ぎてしまいました。

今日は朝から体調がよくありませんでした。
朝昼兼用でパスタを食べました。
先日のミートソースの残りを使いました。
そして、赤ワインを飲んでしまいました。

飲み過ぎ防止のため、夕食は鍋焼きうどんにしました。
具は鶏肉、椎茸、しめじ、白ネギ、小松菜、人参、卵です。
うどんは二玉使いました。
出来具合はまあまあでした。

クマノミさんはエビやホタテなどを入れて美味しく作っていました。


019_convert_20120130210916.jpg


正月に活けた菊の花や千両などが随分長持ちしていました。
先日ようやく、バラの花に活け替えました。
バラの花の甘い芳香がクマノミさんの部屋に漂っています。

    2012.1.30           くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イガミの煮付け
001_convert_20120128213607.jpg

1月28日(土)は、いつもより遅く起床しました。
昨夜は午前2時過ぎまで、全豪オープンテニスを観たり、パソコンに向かっていました。
そのため、朝昼兼用の食事(高菜の漬物と味付け海苔)をしました。
その後、部屋の片づけをしました。

昼過ぎに買い物に行き、鉄火巻のすしを買いました。
結局、夕食までに食べてしまいました。

夕食は「イガミの煮付け」にしました。
昨年の十月に釣ったイガミを冷凍保存していたものです。

ごぼうの細い部分を水にさらして一緒に煮付けました。
山椒の実と梅干も入れました。

落し蓋をして煮付けているときは、イガミ独特の磯くさい臭いがしました。
食べるときは臭いはせず、久しぶりに美味しい「イガミの煮付け」を味わいました。

明日は「イガミの煮凝り」を味わいます。

   2012.1.28       くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

冬のホテルの休館日 
008_convert_20120127232631.jpg

1月26日(木)は朝から雪催いの空でした。
お昼に買い物に出かけました。
雪がちらついてきました。
買い物を終えてスーパーを出ると、もう雪は止んでいました。

今日もホテルの休館日でした。
ヴィラは静閑そのものです。
一日誰にも会わずに過ぎてしまいそうでした。

昨日の全豪オープンテニスの準々決勝は残念な結果でした。
錦織はマレーに敗れました。

午後に女子の準決勝をテレビ観戦しました。
応援していたクライシュテルスは、アザレンカに敗れてしまいました
シャラポワのファイティングな叫び声が静かな部屋に響き、シャラポワが決勝に進みました。


040_convert_20120127233319.jpg

今日もホテルの大浴場はお休みでした。
私は「長生の湯」に出かけました。

037_convert_20120127233000.jpg

「長生の湯」は古賀之浦温泉のすぐ近くにあります。

018_convert_20120127232844.jpg

古賀浦湾の遠く向こうに、田辺の山々が望まれます。
向かって右から槇山、高尾山、三星山、そして龍神山です。

062_convert_20120127233431.jpg

風呂を出ると、外の灯りが点いていました。

064_convert_20120127233544.jpg

4日の月と宵の明星が西空に見えました。


ヴィラに帰ると、フェデラーとナダルの男子準決勝が始まりました。

095_convert_20120127235435.jpg

ゲームの途中、オーストラリアデーの花火が打ち上がりました。

127_convert_20120127235733.jpg

ゲームは10分ほど中断しました。
流れはナダルに向き、接戦の末ナダルが決勝に進みました。
テレビ観戦が終了すると、ヴィラは静寂の中に戻りました。


  * さびしさに耐へたる人のまたもあれな庵ならべむ冬の山里  西行


冬のホテルの休館日に、西行の歌境を少し味わいました。

    2012.1.26          くまお

 

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

蝋梅(ロウバイ)
046_convert_20120125155213.jpg

              * 田辺市立美術館裏に咲く蝋梅


1月22日(火)の午後1時半、やっとブログを綴り終えました。
昼食に焼き飯でも作ろうとしたところで停電となりました。
休館中の工事停電だったのです。
午後1時半から4時半までの3時間となっていました。

仕方なく外食に出かけました。
エレベーターは一台だけ動いていて助かりました。
遅い昼食を済ませ、田辺新庄公園に行きました。
先日の新聞に、新庄公園に蝋梅が咲いているとの報があったのを思い出したからです。

045_convert_20120125155113.jpg

報道の通り、美術館の裏庭に蝋梅が咲いていました。
蝋梅は、梅の花にさきがけて1月から咲きます。
蝋梅と言っても梅の花ではありません。

「花弁が蝋のような色で、且つ蠟月(旧暦の12月)に咲くからこの名がついた。
唐の国から来たこともあり唐梅と呼ばれ、中国名も蝋梅であった。」(Biglobeの百科事典)

花の種類には、唐ロウバイ、素心ロウバイ、満月ロウバイがあるそうです。
新庄公園の花は、素心(ソシン)ロウバイのようでした。

050_convert_20120125155354.jpg

停電の回復まで、まだたっぷり時間があります。
私は美術館に入りました。

062_convert_20120125155638.jpg

郷土の画家、「原勝四郎の日本画」展です。
のびやかな線の日本画でした。
私には良さがよく解りませんでした。
第5展示室の油彩画の方に、のびやかな線が生きているように思われました。

058_convert_20120125155546.jpg

美術館を出て、公園内を散策しました。

054_convert_20120125155448.jpg

風は冷たくて、人影も疎らでした。
花壇のビオラも寒さに耐えている感じでした。


私は冷えた身体を温めるため、白浜温泉の「長生の湯」に行きました。
帰宅すると、キッチンの電灯やテレビ等が点いていました。

3時間の停電に「ろうばい」した日でした。

    2012.1.24       くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

2012全豪オープンテニス
001_convert_20120124105413.jpg

私は2012全豪オープンテニスのテレビ観戦を楽しんでおります。

第24シードの錦織圭は、4回戦で第6シードのツォンガ(仏)と対戦しました。
第5セット、ゲーム5対3での錦織のサーブ。

002_convert_20120124105554.jpg

錦織が何度かのストロークの後、右のダウンザラインへ強打してファーストポイントをとる。

004_convert_20120124105736.jpg

錦織のガッツポーズ。

010_convert_20120124105830.jpg

錦織のポイント40/15でのサーブ。

012_convert_20120124105926.jpg

ネットプレーに出たツォンガのボレーに、錦織が追いつく。

013_convert_20120124110019.jpg

錦織のウイニングショットが右サイドに決まる。

029_convert_20120124110328.jpg

5セットマッチは錦織の勝利で終わりました。

030_convert_20120124110427.jpg

錦織の陣営は大喜びです。

019_convert_20120124110224.jpg

誇らしげな顔の青年錦織。

017_convert_20120124110122.jpg

明るくて素晴らしいツォンガ選手。
ツォンガは錦織のコートまで来て、対戦相手の勝利を祝福しました。

次は準々決勝で、第4シードのマレー(英)との対戦です。

23日(月)の午後から27日(金)の午前中まで、ホテルハーヴェストは休館しています。
私は静かなヴィラでテレビ観戦に興じております。

  * 画像はすべてテレビジョンから拝借しました。

    2012.1.24          くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

みのむし
1月22日(日)上富田のテニスがありました。
ゲームの合間に梅畑に行ってみました。

010_convert_20120123173858.jpg

ふっくらした蕾はありました。
でも、花は一輪も見られませんでした。
やはり、今年の開花は少し遅いようです。


006_convert_20120123173802.jpg

           * 蓑虫の音を聞きに来よ草の庵    芭蕉

(静閑なこの小庵にも、秋風の季節になって、蓑虫が「ちちよ、ちちよ」と鳴いている。蓑虫のその静かな音に聴き入るために、一度やっておいでなさい。)という意。  (山本健吉著『芭蕉全発句』)


梅の木の枝に「みのむし」がいくつも付いていました。

012_convert_20120123175629.jpg


歳時記によりますと、

「みのむし」は秋の季語です。
雄は普通の蛾と同じですが、雌は退化して一生巣から出ないのだそうです。

芭蕉は武士の蓑を捨て、風流に生きました。
諸国を行脚し、「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」生涯を終えました。
芭蕉は、みのむしの「巣から出ない一生」をどう感じていたのでしょうか?


022_convert_20120123174057.jpg

私はテニスの帰り、スーパーに寄ってトンボシビの短冊を買いました。
632円でした。
刺身で美味しくいただきました。

   2012.1.22            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

「紀州勝浦産生まぐろ」
035_convert_20120121221302.jpg

1月20日(金)テニスのあと、娘に送る野菜などを買いまわりました。
トンボシビビンナガマグロ)の「中とろ」が出ていました。
勝浦産で、本日特価の表示がありました。
500円でした。

キハダやメバチマグロだと、2000円ほどの分量です。
トンボシビは柔らかな身が特徴です。
新鮮で美味しそうなので買って帰りました。

刺身とイクラまぐろ丼にして食べました。
身は柔らかいのですが、脂がのっていてとろけるような旨さでした。

イクラは200g入りの箱を買って小分けして冷凍保存しています。
クマノミさんは、いつでもイクラ丼が作れるようにしていました。
長芋とカイワレ菜と大葉があれば出来ます。

040_convert_20120121221404.jpg

私はイクラ丼の時は二つ作ります。
クマノミさんが大好物だったからです。
結局私は二つとも食べて、焼酎の飲み過ぎになってしまいます。
痛風の薬を飲みながらです。
「阿呆やなあ」と笑われるかもしれません。

その日の地方新聞の報道によりますと、

紀州勝浦産生まぐろ」の商標登録が特許庁に認められました。
和歌山県内の水産関係では、「すさみケンケン鰹」に次いで2件目です。
勝浦漁港には近海のはえ縄漁で捕れたマグロが水揚げされます。
漁場が近い上、生け締めし、冷水保存していることから品質が良いそうです。

これから旬の新鮮な生マグロが食べられそうです。


   2012.1.20             くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

赤じゃがいものおでん
028_convert_20120120210806.jpg

富田のご親切な奥様から珍しい赤じゃがいもを戴きました。
新春に掘り出したおめでたいじゃがいもです。

033_convert_20120120210928.jpg

立派なサツマイモのようです。
カレーは先日作りましたので、おでんの具にすることにしました。

064_convert_20120120211241.jpg

里芋(赤目)や大根は産直のお店で買いました。

054_convert_20120120211139.jpg

今回はすじ肉は入れず、鰹節と昆布だけのあっさり味にしました。
薄口醤油とお酒、塩、砂糖で味付けしました。

067_convert_20120120211438.jpg

型崩れもせず、綺麗に出来上がりました。
大変美味しかったです。

    2012.1.18        くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

アジの南蛮漬け
013_convert_20120116111818.jpg

マンションのご親切な方から、「アジの南蛮漬け」をいただきました。
こんがり揚げられており、骨まで香ばしくいただきました。
酸味もよく効いており、美味しかったです。

私は油で揚げたり、酢を効かせる料理を作るのは苦手です。
全くと言っていいほど作りません。
特に油は使った後の始末が大変です。
いただいて賞味するのが、ほんとうに有難いことです。


009_convert_20120116112103.jpg

久々に「田辺で一番美味しいカレー」を作りました。
今回は10時間ほど煮込みました。
玉ねぎはほぼ溶けて、甘みが出てきました。
すじ肉と人参はほどよく形を留めていました。

カレールーを入れるタイミングを考えてみました。
沢山作り置きして、食べる分にだけルーを加えるという方法はどうでしょうか?
でも、家庭料理程度の量では面倒なことですね。

    2011.1.16       くまお

 

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi