陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

うな丼いただく
2012-06-29+(2)_convert_20120629234939.jpg

6月29日(金)は朝から晴天でした。
夏のテニスには、帽子とサングラス、スポーツドリンクは欠かせません。


2012-06-29+(9)_convert_20120629235306.jpg

テニスの帰り道、いつもお世話になっている先輩よりお電話がありました。
お訪ねしたところ、ウナギを頂戴しました。
いただいた鰻は田辺市では有名なうなぎ店のものです。

近年ウナギの稚魚が捕れず、価格はうなぎ上りです。
今年の価格は、昇竜のように特別高くなるとテレビ報道されています。

2012-06-29+(31)_convert_20120629235735.jpg

さっそく夕食はうな丼にしました。
クマノミ作の大丼の出番がきました。

付いていたタレを鰻につけて、焼き直しました。
残ったタレをうな丼に掛けました。
青紫蘇をきざんで、薬味として添えました。

鰻を箸でほぐし、ご飯と紫蘇に混ぜながらいただきました。
鰻は柔らかくてほくほくしていました。
大変美味しいうな丼でした。

因みに、今年の土用の丑の日は7月27日(金)です。
私は一足早く美味しいうな丼をいただきました。

   2012.6.29       くまお

ani-sun1a.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

木槿と人参木の花
2012-06-28+(28)_convert_20120629174345.jpg
       
6月28日(木)の午後は、梅雨の晴れ間となりました。
私は4時過ぎに新庄総合公園に散歩に出かけました。

美術館裏の駐車場わきに、きれいな木槿(むくげ)の花が咲いていました。

2012-06-28+(17)_convert_20120629172308.jpg

中心を紅でぼかしたきれいな白花でした。
美人の装いですね。

2012-06-28+(11)_convert_20120629171628.jpg

子供のような可憐な花もありました。

2012-06-28+(130)_convert_20120629180710.jpg

やや逆光で接写してみました。
艶やかな微笑を浮かべているようです。

木槿の花はきれいですね。」
「庭に植えたいのですが、挿し木できるのでしょうか?」
と、散歩で通りがかった奥様が私に声を掛けてくれました。

「木槿は挿し木できると思います。」
「でも、花は一日で落ちてしまうし、虫もよくつきますよ。」
「公園で観て楽しむのがいいですね。次々と咲いてくれます。」
と、私が言いました。
「そうですね。」と、奥様が頷いてくれました。
なかなか感じのよい奥様でした。
「また会えるといいなあ。」と、私は思いました。

木槿は「槿花一朝の夢」と言われます。
この花が一日でしぼんでしまうからです。


2012-06-28+(22)_convert_20120629180158.jpg

木槿の横に人参木(にんじんぼく)の花が咲いていました。
公園を整備していた方に花の名を教えてもらいました。

人参木は、中国原産で、葉は柄が長く、チョウセンニンジンの葉に似ています。
果実は感冒薬にされるそうです。(三省堂『大辞林』)

2012-06-28+(47)_convert_20120629180033.jpg

揚羽蝶が開いたばかりの花に口づけをしていました。

    2012.6.28         くまお

追記・訂正

上記の「人参木」はセイヨウニンジンボクです。南ヨーロッパ、西アジア原産。中国原産のニンジンボクの近縁種です。(田辺市管理課)

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

モチガツオと朴葉寿司
6月24日(日)の午後2時から上富田でテニスをしました。
午前中から小雨が降っていたので、コートの様子見に行きました。
雨も止みメンバーも揃って、5時過ぎまでプレーしました。

2012-06-24+(21)_convert_20120625142216.jpg

帰りに、富田のサニーマートに立ちまわってみました。
すさみ産の「モチガツオ」が出ていました。
指で押さえてみると弾力性がありました。
四分の一の雌節を765円で買いした。

2012-06-24+(29)_convert_20120625142833.jpg

まず半分を刺身にしました。
トリプルAのもちがつおでした。

2012-06-24+(35)_convert_20120625143515.jpg

ミョウガと大葉の買い置きがありました。
新玉ねぎや大根おろしなども添えて、残り半分をタタキにしました。

2012-06-25+(8)_convert_20120625141523.jpg

かつおの腹やあらは煮付けにしました。


2012-06-24+(19)_convert_20120625142057.jpg

ご飯を炊こうとしていたちょうどその時でした。
マンションのご親切な方から朴葉寿司をいただきました。
朴葉のなんと美しいこと、まさに素朴な自然の美しさです。

2012-06-24+(9)_convert_20120625141721.jpg

具の彩りがとても鮮やかです。

2012-06-24+(14)_convert_20120625141839.jpg

じっと見ていると、童話の世界に引き込まれるような楽しい気分になりました。
そして私は、野良仕事や山働きのおやつに朴葉を開いてたべる光景を想像しました。

甘くて大変美味しいお寿司です。
ふるさとのお袋の味ですね。

今夜の夕食は大ご馳走になりました。

   2012.6.24         くまお

20060313230015.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅雨の晴れ間
2012-06-22+(35)_convert_20120623164412.jpg

        * 台風を避けて停泊したままの漁船団(古賀浦湾)

6月22日(金)は予報と違い、梅雨の晴れ間となりました。
台風4号のあとの台風5号は、熱低となって足早に通り過ぎてゆきました。
大雨のため、和歌山県でも地域によって浸水の被害が出ました。

私は午前中テニスをしました。
夕刻「とれとれ市場」に買い物に行きました。
そのあと、久しぶりに白浜の海岸へ車を走らせました。
藤島、古賀浦、江津良の浜、臨海の浜と一回りしました。

2012-06-22+(29)_convert_20120624114114.jpg

古賀浦湾には多くの漁船に交じって、臨海浜のグラスボートも避難してきていました。

2012-06-22+(74)_convert_20120624081150.jpg

江津良の浜です。
浜辺には海藻が打ち上がり、高波がまだ残っていました。

2012-06-22+(87)_convert_20120623160238.jpg

この浜には週末、ウインド・サーフィンやダイビングの若者が集まってきます。

2012-06-22+(112)_convert_20120624081432.jpg

台風一過のような空でした。

2012-06-22+(88)_convert_20120623160550.jpg

私がカメラを向けていると、急きょ停車してケイタイで写真を撮ってゆく人もいました。
実にきれいな塔島の夕景でした。

2012-06-22+(140)_convert_20120624081713.jpg

塔島は向かって左手の番所の鼻と陸続きになっています。
大きく潮の引くときは、右手の塔島まで渡ってゆけます。

2012-06-22+(222)_convert_20120623181027.jpg

臨海の浜に着いたころは、すでに午後7時を大きく回っていました。
浜辺には観光客の姿はみられず、当然グラスボートも浮かんでいませんでした。

2012-06-22+(269)_convert_20120623163446.jpg

番所の鼻燈台や沖の四双島の灯台に灯りが点りました。

2012-06-22+(261)_convert_20120624112001.jpg

円月島の上空にかかる三日月が、暮れるにつれて鮮明になってきました。

私は梅雨の晴れ間の一日を満喫して、マンションに帰りました。

    2012.6.22          くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

バジルのパスタとパインアップル
029_convert_20120621173412.jpg

6月21日、台風5号の影響で朝から梅雨に降りこめられました。
夕刻雨が一休みとなりました。
川からの濁流で、湾内の海の水はすっかり濁ってしまいました。


今日は娘夫婦からの「父の日の贈物」をいただくことにしました。
私は自分の両親にそのような贈物をしたことはありません。
したがって、私は娘夫婦に貰うのが嬉しい反面、面はゆい気もします。

003_convert_20120621143041.jpg

まず、生パスタを3分ほど塩茹でしました。

008_convert_20120621143206.jpg

塩茹でしたシメジをパスタに添えました。

013_convert_20120621143300.jpg

次に炒めたベーコンを添え、バジル・オリーブオイルを掛けて出来上がりです。
シメジとベーコンは自分勝手に添えました。
バジル・オリーブオイルはシメジによく合い、香りもよくて美味しくいただきました。

027_convert_20120621143457.jpg

デザートは石垣島の完熟パインアップルです。


クマノミさんは出産、子育て、子供の教育、家庭の経済と一生懸命でした。
こうして私は「父の日の贈物」をいただいているのも、
クマノミさんとジョリーちゃんのおかげです。

    2012.6.21           くまお

uki-13.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

台風4号 紀伊半島に上陸
2012-06-17_convert_20120620140113.jpg

台風4号の接近に備えて、漁船は次々に内の浦湾に避難して来ました。

2012-06-20+(3)_convert_20120620140258.jpg

6月19日の朝、私はバルコニーの置物を部屋の中に取り込み、車を駐車場の奥に移動させました。
台風の風は南東から北東に変わりながら吹きました。

2012-06-19+(21)_convert_20120620115205.jpg

白浜の番所の鼻に打ち付ける白波が遠くからも見えました。

2012-06-19+(64)_convert_20120620120112.jpg

白灯台の立っている沖は大荒れでした。

2012-06-19+(52)_convert_20120620115822.jpg

切目崎から天神崎の磯に大波が打ち寄せました。

2012-06-19+(141)_convert_20120620150558.jpg

台風4号紀伊半島に上陸しました。
午後5時過ぎに台風の目が通過し、厚い雲間から日が差してきました。
その後、猛烈な北西の風が吹き返しました。

2012-06-19+(230)_convert_20120620121129.jpg

西の空を赤く染めて夕日が沈みました。
すっかり暗くなってから、暴風警報は解除されました。

    2112.6.19        くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

湯ダコの刺身と純米酒「黒牛」
2012-06-19+(259)_convert_20120619225350.jpg

6月19日、台風4号は紀伊半島を通過してゆきました。
避難命令が出て、不自由な場所で一夜を明かさねばならない方々がおられるようです。

私は夕食に湯ダコの刺身を食べました。
足の太い部分は昨日いただきました。
昔食べたタコの味がして美味しかったです。
スーパーでは、湯ダコと言えばモロッコ産ですが、
昨日は香川産が出ていましたので買いました。

竹輪ときゅうりもいただきました。

2021_convert_20120619225830.jpg

黒豆の煮豆です。
マンションのご親切な方にいただきました。
甘さと塩味が絶妙のバランスで、大変美味しかったです。

今夕は純和風の食事でしたので、純米酒「黒牛」をいただきました。

2012-06-19+(4)_convert_20120619224859.jpg

辛口で、冷酒として飲むのが美味しい日本酒です。

2012-06-19+(6)_convert_20120619225059.jpg

 * 黒牛の海 紅にほふ ももしきの 大宮人し 漁(あさ)りすらしも  藤原卿
                                      『万葉集』巻七 

黒牛の海は海南市黒江の海です。
万葉人にとって、和歌山の海は近しい存在だったようです。

一日台風に閉じ込められて、また食べることばかり綴ってしまいました。

   2012.6.19            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

くちなしの花の 花のかおりが・・・・・
2012-06-17+(17)_convert_20120618211317.jpg

ヴィラの庭園にくちなしの花が咲いています。

2012-06-17+(95)+(98)_convert_20120618214254.jpg

マンションのご親切な方が、
くちなしの花を手折ってきてくれました。
さっそくクマノミさんの花瓶に活けました。
昨日今日と私の部屋は
くちなしの花の甘い香りに満ちています。



2012-06-17+(54)_convert_20120618211913.jpg

昨夜、私はくちなしの花かおりを訪ねて、夜の庭園に出てみました。

2012-06-17+(41)_convert_20120618211614.jpg

あまい甘いくちなしの花の香りが、私の行く先々で漂っていました。

    2012.6.18        くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

淡竹(はちく)の煮物
2012-06-16_convert_20120616154857.jpg

ヴィラのパターゴルフとテニスコートの間の小山に、淡竹が生えています。
クマノミさんがいた時は、筍を採取していました。
今年は誰も採取しないまま若竹になったようです。

 淡竹は中国原産の竹の一種です。
750年ころから日本にあったことが知られています。
日本ではモウソウチク、マダケに次いで各地でよく植栽されています。
耐寒性を有するために特に日本海側に多いようです。
別名はアワダケ、呉竹(くれたけ)です。      {wikipediaによる}

「筍」という字は一旬(十日間)にして竹に生長するという意味からきているそうです。
呉竹」は「この君」と呼ばれて、『枕草子』に出てきます。

002_convert_20120616101608.jpg

        * 茹であがる匂ひほのかに淡竹かな   岡部イサ

先日、コーナン上富田の産直店で買いました。
茹で上がりで230円という安さでした。

007_convert_20120616101737.jpg

鰹節と昆布のだし汁に、酒と砂糖と醤油で味付けしました。
淡竹とこんにゃくは弱火でじっくり煮ました。

出し汁の味がよくしみて美味しかったです。

    2012.6.16        くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ランタナ(七変化)の花
014_convert_20120615161731_20120615164556.jpg

午前10時前のホテルの露天風呂からの眺めです。

011_convert_20120615165113.jpg

温泉大浴場は午前6時から10時、午後3時から夜の12時まで入浴できます。
大浴場の厚いアクリルガラスに身を寄せるようにして、ランタナの花が咲いています。

008_convert_20120615161637.jpg

ランタナは熱帯アメリカ、アフリカ原産です。
春から秋まで長く花をつけています。


2012-06-13+(148)_convert_20120615162826.jpg

            * 白浜平草原公園に咲くランタナの花

2012-06-13+(158)_convert_20120615164057.jpg

ランタナの花はアジサイのように色変わりし、葉もよく似ています。
よく見ると、花は一つ一つ色にちがいがあります。

2012-06-13+(133)_convert_20120615162301.jpg

「花に蝶」の画像が撮れたところで、平草原公園を後にしました。

富田のサニーマートでもちがつおと清美オレンジを買ってマンションに戻りました。

2012-06-13+(165)_convert_20120615204533.jpg

西空は水平線上だけ雲はなく明るんでいました。
夾竹桃の白い花が、夕凪の海辺にひっそりと咲いています。

今日も見飽きることのない田辺湾の夕景でした。
私は温泉大浴場に入浴の後、もちがつおの料理に取り掛かりました。

    2012.6.13       くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi