FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

山あじさい
2012-06-09_convert_20120620180407.jpg

       * 田辺市中辺路町小皆にある「あじさいの里 姉妹園


6月9日(土)午前10時過ぎ、あじさいの里に行きました。
私は以前一度だけ入園したことがあります。

ここかなと思いながらも、「姉妹園」という名称が気になって通り過ぎてしまいました。
しばらく車を走らせても本園らしきものがありません。
引き返して、「姉妹園」の前に駐車しました。

2012-06-09+(6)_convert_20120610113412.jpg

園内への入口が開いており、カーテンされている案内所の戸も開きます。
案内を乞うが、返事はありません。
あじさいを観に二人連れの車が来ました。

私は近所のお店に行って尋ねてみました。
「あじさい園の方はおられないのですか?」
「先ほどお家に帰ったよ。」
「開園は明日からと言ってた。」と、お店の方が教えてくれました。

「園への入口と案内所の戸が開いていました。」
「写真を撮りたいのです。」
「ちょっと入らせてもらえないのでしょうか?」と、私は聞いてみました。
お店の方は「Kちゃんに電話してあげる。」と言って、すぐ電話してくれました。
結果は、まだ準備が出来てないのでダメとのことでした。

2012-06-09+(10)_convert_20120610114036.jpg

「外から写真だけ撮らせてもらいます。」
「ありがとうございました。」と、
私はお店の方にお礼を述べて、あじさい園に戻りました。
二人連れの車はもう居ませんでした。


私はあじさい園の全景や看板など撮っていました。
そこへあじさい園の方が車でやってきました。

2012-06-09+(13)_convert_20120610003912.jpg

「今日開園の予定でしたが、都合悪くて明日からにしました。」
「写真を撮るくらいならどうぞ入ってください。」
「小屋の向こうに綺麗なのが一本咲いています。」と、無料で入園させてくれました。

2012-06-09+(25)_convert_20120610005313.jpg

すでに草が刈りこまれた通路から写真を撮りながら、小屋の向こうへ行きました。
ひときわきれいな山あじさいが咲いていました。

2012-06-09+(28)_convert_20120610005433.jpg

鮮やかな青色の花でした。
額アジサイを小ぶりにしたような花です。

2012-06-09+(19)_convert_20120610114505.jpg

まもなく山の斜面一面に咲きそろうとのことでした。

2012-06-09+(24)_convert_20120610004726.jpg

山あじさいが大変きれいでした。」
「ありがとうございました。」と、私はお礼を述べました。

「若い人は手まり形の花を好みます。」
「私たちは山あじさいが好きです。」と、園の方は言われました。

帰りにもう一度園の方に声をかけると、わざわざ出てこられて見送ってくれました。
私は電話をしてくれたお店の方にもご挨拶をして帰途につきました。

途中コーナン上富田店により、昼食と夕食の買物をしました。
クマノミさんにアジサイの切り花を買って帰りました。

谷間に咲く山あじさいの自然で素朴な美しさと、里人の温かな心に触れた一日でした。

    2012.6.9          くまお


追記

      段々に広がる5千株  田辺市中辺路町小皆  アジサイ園

午後3時に配達された地方新聞に、上記の見出しで記事が掲載されていました。
その記事によりますと、

 近くに住む女性の方が、30年以上前、先祖から受け継いだ棚田を活用しようとアジサイを一株ずつ植えた。
 二人の娘さんと3人で整備し、1979年から一般に開放している。
 なるべく自然な株の形を楽しんでもらおうと、枝の手入れは少なくしているという。
 山あじさいは現在五分咲き、手まり形は三分咲きで、6月中旬に満開を迎える。
 7月1日まで営業。開園時間は午前9時~午後5時。
 入園料は大人300円、中学生以下は無料。

 * なぜ「姉妹園」という名称なのか、私はこの記事を読んで解りました。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi
まとめ