陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

熊蝉の恋の季節
2012-07-25+(52)_convert_20120725215257.jpg

       * ひたぶるに喚きの蝉を耳にあて  中村草田男


7月16日(水)、文里のコートでテニスがありました。
コート前の公園でシャー、シャーというクマゼミの鳴き声がしました。
いわゆる蝉しぐれです。

2012-07-25+(47)_convert_20120725214751.jpg

オスゼミは全身を激しく揺り動かしながら鳴いていました。
ひたぶるに喚いているという草田男の表現がぴったりでした。
私が目と鼻の先まで近づいても、蝉は飛び立とうとしません。
とうとう私に御用となりました。

2012-07-25+(49)_convert_20120725215029.jpg

大体の蝉は用心して高い梢にいました。

2012-07-25+(3)_convert_20120725214347.jpg

「かげろふの夕を待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。」と、
蝉は短命な生物として『徒然草』にも述べられています。

熊蝉の成虫期間は野外では1ヵ月ほどとも言われています。
蝉は卵から幼虫になり、3年から17年の地下生活を送ります。
短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命を持っています。   
オスの成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼びます。  (ウィキペディアによる)

私に御用になったのち無事放免された熊蝉くん!
心優しい熊蝉さんとの出会いを果たしましたか?

    2012.7.25            くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

与那国島産バナナ
024_convert_20120724140910.jpg

与那国島に住んでいる娘夫婦と孫が、クマノミさんの三回忌に来てくれました。
娘達がこちらに到着するのに前後して、ゆうパックの箱が五個ほど送られてきました。
その中に大きくて重い箱が一つありました。
箱にはまだ青いバナナが三房入っていました。
一房には15本ほどのバナナが付いていました。

2012-07-17+(17)_convert_20120724141339.jpg

娘の話では、

娘の住んでいる家の庭に植えられているバナナの木に生ったものです。
一本のバナナの木に七房生りました。
バナナの木は収穫後切り倒します。
バナナの木は一度しか実が生りません。

これから花が咲き、冬に収穫するバナナもあります。
そんなに生ったらバナナを主食にできそうですね。
私は熟すのを待って食べてみました。
味は濃厚で美味しかったです。
食べきれない分は皮を剥いて冷凍保存しました。

バナナの木の天敵は台風です。
収穫前に台風でなぎ倒されたらおしまいです。
今年は大豊作だそうです。

これよりも小さなバナナは島バナナといって、甘酸っぱくて人気があります。
娘が帰省してから、毎朝グリーンスムージーという野菜ジュースを飲まされています。
ゴーヤやセロリなどのクセのある野菜もバナナを入れると飲みやすくなります。
美肌や育毛に効き目があるといいのですが・・・・・

    2012.7.24               くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

亡き妻の喪が明けて
2012-07-17+(73)_convert_20120723214406.jpg


  * 亡き妻はブログの中に生きてゐて多くの出会ひ楽しみ居らむ

  * コメントの返信書けぬクマノミに代はりてくまお返信を書く

  * 果無の峰に雲湧く七月は窓開け放ち千の風待つ   
  
                2012.7.16          くまお


7月16日は亡き妻の命日でした。
家族が集まり、三回忌の法要を行いました。
三宝寺様のおっしゃられるには、
三回忌(大祥忌)を終えて、本当の意味で「喪が明ける」とのことでした。

001_convert_20120723215314.jpg

当日は梅雨も明けて、すっきりした晴天の夏日となりました。
「お母さんは晴れ女だったからだ。」と、娘たちが言ってました。

私はこの二年間、亡き妻のブログ「陶芸アトリエ高瀬川」を引き継ぐことで必死でした。
多くの方々の温かなご支援をいただき、何とか今日まで続けることが出来ました。
ほんとうにありがとうございました。

私は「喪が明けて」ほっとした気持ちと同時に、激しい虚脱感に襲われました。
十日間はほとんどパソコンに向かわず仕舞いでした。
こんなに長くブログを留守にしましたのは、与那国島に旅行した時以来です。

最近のことですが、ブログを綴るお友達とも出会いました。
私は早く虚脱感から抜け出し、元気を出さなければなりません。
ぼちぼちながら、ブログを書き続けて行きたいと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

  2012.7.23            くまお

20060313215336.jpg


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

凌霄(のうぜん)の花 2012
2012-06-28+(91)_convert_20120711170058.jpg

          * 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリア  中村草田男


新庄総合公園凌霄の花棚があります。
風に吹かれては、棚からぽろりと落花していました。

2012-06-28+(84)_convert_20120711145734.jpg

きれいな落花を拾い集めてみました。


文里のテニスコート前の小公園の凌霄花です。

2012-07-06+(5)_convert_20120711174341.jpg

残念ながら、曇り空でシャンデリアの輝きはありません。

2012-07-06+(12)_convert_20120711145430.jpg

そこで、きれいな花びらを見つけて撮りました。


2012-07-07+(19)_convert_20120711143023.jpg

マンションから県道を隔てたお家の凌霄花です。

2012-07-07+(23)_convert_20120711142857.jpg

     * 「夜来風雨の声 花落つること知んぬ多少ぞ」(「春暁」孟浩然)

2012-07-07+(5)_convert_20120711143141.jpg

夜来の雨に濡れた花も艶やかでいいものです。

   2012.7.11              くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

赤イカと枝豆
2012-07-05+(5)_convert_20120711085750.jpg

先日、富田のサニーマートで赤イカ(甘イカ)を4杯買いました。
地元産の結構大きな赤イカでした。
これで千円弱です。

2012-07-05+(10)_convert_20120711090206.jpg

黒光りした目と2本の長い手、短い8本の足で小魚を捕食します。
危険を察知したら、墨を吐いて逃げます。

2012-07-05+(11)_convert_20120711090323.jpg

まず2枚をやや太いソーメンふう刺身(イカソーメン)にしました。
あとの2枚は塩麹をまぶして冷凍保存しました。

2012-07-05+(21)_convert_20120711090443.jpg

ゲソはイカ大根にしました。
おふくろの料理です。

イカ墨でイカスミパスターを作ればいいと思いました。
イカ墨の保存方法がわかりませんので止めました。
次回はネットで調べて挑戦してみましょう。

013_convert_20120711090039.jpg

カラーピーと新玉ねぎ、セロリーのサラダです。
マヨネーズを掛け過ぎてしまいました。
コレステロールゼロのマヨを使っています。

2012-07-05+(29)_convert_20120711090624.jpg

丼一杯の枝豆です。
枝豆は買ってきたら多くても早めに全部茹でます。
日持ちがしますし、冷凍も利きます。

「畑の肉」といわれる枝豆は今が旬です。
このところ毎日いただいております。

    2012.7.10          くまお

20060313220645.jpg

 ジョリーちゃんにも頂戴!


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

大賀ハス咲きはじめる
2012-07-09+(6)_convert_20120710105408.jpg

        * 上富田町岡の大賀ハス田(背景は田中神社の森

7月9日(月)、梅雨の晴れ間に大賀ハス田に行きました。

2012-07-09+(54)_convert_20120710110915.jpg

ハス田には木道が十字に設置されています。

2012-07-09+(8)_convert_20120710105542.jpg

花の見頃には少し早かったようです。

2012-07-09+(18)_convert_20120710105954.jpg

7月中旬が見頃でしょうか?

2012-07-09+(16)_convert_20120710105835.jpg

開花すると、花の寿命は四日間ぐらいです。

2012-07-09+(13)_convert_20120710105714.jpg

その間花弁は開いたり閉じたりして、ついには一片ずつ落ちてしまうそうです。

2012-07-09+(49)_convert_20120710110743.jpg

昨年の7月16日(クマノミさんの命日)にもこのハス田を訪れました。

今年の7月16日(月)には、クマノミさんの三回忌の法要を行います。
当日晴天ならば、娘や孫たちと連れだってこのハス田に立ち寄ろうと思っています。

    2012.7.9            くまお

追記

7月9日、蓮が取り持つ縁で思いがけない良き出会いがありました。
「花②のよもやま話」(gooブログ)の「大賀ハス」をお読みください。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

暑い夏はピリ辛炒め(ピーマンとちくわの)
2012-07-06+(4)_convert_20120706221321.jpg

           * 少女まづ脚みづみづし浜おもと  香西照雄


7月6日(金)、テニスでたくさん汗をかきました。
夕食はピーマンとちくわのピリ辛炒めにしました。
新聞に掲載された記事の切り抜きを見ながら作りました。
昨年も作りブログに綴りました。

007_convert_20120706220510.jpg

食材はピーマン5個とちくわ(小)4本と鷹の爪2本です。
味付けは酒と醤油とはちみつでしました。
油はごま油を使いました。
ピーマンとちくわを弱火でゆっくり炒めるのがコツです。

午後4時過ぎ、大浴場に入りました。
風呂上がりのビールとピリ辛炒めは大変美味しかったです。

   2012.7.6          くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

七夕飾り
2012-07-03+(16)_convert_20120703232430.jpg

まもなくクマノミさんが千の風になって二年になります。
法事の日の宿泊予約確認のため、隣接するホテルに行きました。
ホテルのロビーには七夕飾りがされていました。

019_convert_20120703232156.jpg

「願い事を短冊に書いて 笹に吊るしてネ」の「呼びかけ」がありました。

011_convert_20120703231753.jpg

私はこの呼びかけに便乗することにしました。

2012-07-03+(9)_convert_20120703235618.jpg

「娘夫婦と孫たちがいつまでもしあわせでありますように!!」と、私の願い事を書きました。


七夕(たなばた)は「しちせき」ともいわれ、陰暦7月7日の二星会合の祭りです。
また、「乞巧奠」(きこうでん・きっこうでん)ともいわれ、手芸や裁縫の上達を願うための織女の祭りともいわれます。

 中国における牽牛・織女の相会伝説の起源は、農耕民族に多大の恵みをもたらす水を、水神を結婚させることによって祭り、その際に行われた男神と女神の渡河(川を渡る)儀式にあるといわれる。
 これがやがて一般の婚礼の儀式(川を渡って水に濡れる)や男女が誘う民俗的な遊びにも展開していくが、それを天上の世界に昇華させたのが二星の相会伝説である。
 ロマンチックで清らかなのはそのためといってよい。
 牽牛星(ひこ星)はわし座の首星アルタイル、織女星(たなばた姫、おり姫)はこと座の首星ベガの中国名。
           (旺文社『漢詩の解釈と鑑賞事典』の「迢迢タル牽牛星」より)


九州地方で豪雨の被害が出ています。
7月7日は雨の予報です。
大雨は「河漢女」(織女星)のあふれる涙なのでしょうか。

    2012.7.4            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

アガパンサスとサルビア・ガラニチカ
2012-06-28+(27)_convert_20120702183531.jpg

梅雨の鬱陶しさを突き払うようにアガパンサスの花が咲いていました。

2012-06-28+(83)_convert_20120702184338.jpg

新庄総合公園の花の坂道を下り終えたところの風景です。

2012-06-28+(104)_convert_20120702225631.jpg

まもなく梅雨が明け、きらめく夏がやってきます。


2012-06-28+(4)_convert_20120702183409.jpg

 南米原産のサルビア・ガラニチカです。
 サルビアはシソ科の植物で、英名はセージ。
 シックなブルーが印象的で、葉の緑と萼の黒、花のブルーとのコントラストが美しい。
 新庄総合公園の第3駐車場トイレ横の花壇で鮮やかなブルーが揺れています。
                                     (田辺市管理課)

2012-06-28+(2)_convert_20120702183212.jpg

ブルーは私の特に好きな色です。


2012-06-28+(190)_convert_20120702235616.jpg

2012-06-28+(227)_convert_20120703000026.jpg

6月28日は素晴らしい夕景でした。

    2012.7.2        くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi