陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

北海道の自然と生物(その2-旭川・旭山動物園)
2012-08-17+(22)_convert_20120831093656.jpg

           * 青紫の綺麗なむくげの花(旭川市内)


8月16日朝、婿殿のご両親に野幌駅まで送っていただき、電車で旭川に行きました。
娘と孫が一泊二日で私に同行することとなりました。
旭川駅近くでレンターカーを借りて、旭山動物園に向かいました。

2012-08-16+(30)_convert_20120831091836.jpg

キリンがこんなに近くで見えるのが旭山動物園の特長です。

2012-08-16+(38)_convert_20120831140847.jpg

動物とのふれあいも大切にしています。

2012-08-16+(68)_convert_20120831092045.jpg

ペンギンさんは大人気でした。

2012-08-16+(76)_convert_20120831093132.jpg

白熊くんも元気に動き回っていました。

2086_convert_20120901215358.jpg

その夜の宿は旭川市に隣接する上川郡当麻町の「いちいの宿」でした。
旭山動物園の近くで、夜の動物園見学(8月12日~16日)に行く人たちも宿泊していました。

2085_convert_20120901215533.jpg

門柱は180年ほどの年輪を重ねた「いちいの木」です。
いちいの木は別名「あららぎ」で、耐寒性が強くて年輪の幅が狭く緻密で狂いが生じにくい。
加工しやすくて、光沢があって美しい木だそうです。
宿のご主人によると、このあたりにはかつていちいの大木がたくさんあったそうです。
雪の深い旭川地方の良き建材として伐採され、役だってきたことでしょう。
その「いちいの木」への思いから付けた宿の名なのだと、私は思いました。

2064_convert_20120831094506.jpg

いちいの宿のお風呂はロマンチックなアロマローズとアロマラベンダーでした。

2012-08-16+(106)_convert_20120831094733.jpg

2087_convert_20120831095216.jpg

長女の孫娘○○ちゃんとのひと時を過ごし、17日に娘と孫を旭川の駅に見送りました。

その後、私は旭川市内の亡き大学の後輩のお宅を訪ねました。
積年果たしていなかった霊前へのお参りをしました。
そして、奥様と数十年前の懐かしい思い出話に涙を流しました。
お昼前,名残惜しくも亡き後輩宅を辞しました。

2090_convert_20120831214229.jpg

しばらく走り、ラーメン店に立ち寄りました。
旭川名残のラーメンを食べ終えて、私の寂しくも楽しい一人旅が始まりました。

   2012.8.17        くまお

       

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

北海道の自然と生物(その1-登別温泉)
2012-08-14+(3)_convert_20120828151013.jpg

8月14日、JAL2503便は定刻より2時間遅れのフライトで関空を出発しました。
私は日航ホテルに前泊していたので、フライト直前までホテルで待機できました。
新千歳空港で長女の婿殿とそのご両親の出迎えを受け、娘と孫合わせて6人で登別温泉に向かいました。

2012-08-15+(32)_convert_20120828152257.jpg

温泉近くの道路わきに、色鮮やかなアジサイの花が咲いていました。
紀伊半島に比べ、北海道は二ヶ月ほど季節のめぐりが遅いようです。

2012-08-15+(3)_convert_20120828152434.jpg

ホテルでは鬼達が出迎えてくれました。

その夜は孫娘を囲んで楽しく談笑し、食べ切れないほどの御馳走をいただきました。
私は高血圧症に効き目があるという硫黄泉にたっぷり浸かって、旅の疲れを癒しました。


2012-08-15_convert_20120828224524.jpg

翌朝、駐車場奥に白い花が咲いているのが目に付きました
デジカメを携えて散歩に出かけました。
私はひんやりした朝の空気に快く包まれました。

2012-08-15+(9)_convert_20120828151202.jpg

白い花は額アジサイのような花弁でした。

2012-08-15+(10)_convert_20120829170602.jpg

さびたの木ノリウツギ)の花だと、あとで婿殿のお父さんが教えてくれました。

2012-08-15+(12)_convert_20120828151456.jpg

たくさんの虫が、しそ科の草に付いて葉を食べていました。

2012-08-15+(14)_convert_20120829170200.jpg

蛾の幼虫のようです。

2012-08-15+(15)_convert_20120828151625.jpg

「蛾が大発生し灯りに集まって来て困る」と、ホテルの方が言ってました。


2012-08-15+(33)_convert_20120828182101.jpg

  * いたどりのしげりかぶさる谷川に湯の香ただよふ夏のまひるを  加寿子

遊歩道の途中に歌碑がありました。
加寿子さんとは、登別温泉発展の功労者栗林五朔氏の夫人です。

2012-08-18+(27)_convert_20120829165900.jpg

そういえば登別温泉への道中、イタドリが道路沿いに繁茂していました。
草丈が人の1.5倍もあるイタドリ(ゴンパチ)でした。
北海道のはオオイタドリです。
春先、富田の谷の奥でゴンパチを採取して食べていた私には珍しい光景でした。
北海道では、採って食べることは滅多にないそうです。

先に帰る婿殿を新千歳空港に見送り、その日は江別市のご両親宅でお世話になりました。

   2012.8.15           くまお


追記
 
 喉の痛みも和らぎ、風邪が治ってきたようです。
 ご心配をおかけしました。(8.29)



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

アサイースムージー
2012-08-21+(84)_convert_20120827163750.jpg

8月21日(火)に北海道旅行から戻りました。
一人運転の疲れと無事に戻った安心感からか、うたたねをしてカゼを引いてしまいました。
喉が日に日に痛くなってきました。
普段は蜂蜜をなめると治ってしまいますが、今回は酷くなるばかりでした。

24日(金)の夜は悪寒がして、その後汗だくになりました。何年かぶりに体温を測ると、少し熱がありました。
25日(土)に慌てて内科医院に駆け込み、注射を打ってもらい、投薬を受けました。
27日(月)喉の痛みは少し改善しましたが、まだ本調子ではありません。
といいことで、ブログをずいぶん長く留守にしてしまいました。

006_convert_20120827161024.jpg


ご親切な方よりハワイのミラクルフルーツ「アサイー」をいただきました。
二女がちょうど新品のスムージーミキサーを残していったところでした。
さっそくアサイースムージーを試してみることにしました。

008_convert_20120827161141.jpg

冷凍したババナとバレンシアオレンジにアサイーを加えてミキサーにかけました。

010_convert_20120827161313.jpg

きれいな色のスムージーが出来上がりました。
大変美味しいスムージーでした。

アサイーはブラジルのアマゾンで自生するヤシ科の植物です。
ポリフェノールや鉄分などを多く含んでいるそうです。
さあ「アサイースムージー」を飲んで、元気を取り戻さないと!

    2012.8.27             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

孫タイフーンが去って
2012-08-06+(4)_convert_20120812111922.jpg

         * 新庄総合公園で遊ぶ二女の娘○○ちゃん

8月8日、与那国島に住んでいる二女と孫娘が関空から那覇、石垣経由で帰りました。
台風11号のため、数日間帰りを延期していたのです。
孫タイフーンが去って、私はまたマンションでの一人暮らしに戻りました。

2012-08-06+(38)_convert_20120812112357.jpg

私は関空まで車で送って行きました。
関空からの帰り道、涙が出てきました。
娘や孫を見送った寂しさもあったのでしょうが、
クマノミさんが運転席の隣に座っていない淋しさがこみ上げてきました。

見送りに行ったはずの私が、実は人生の終着駅に向かう自分を見送られていたことに気が付きました。
私の二人の娘は、子供の成長を頼りに何とか前向きに生きてくれています。
私は安心しています。


2012-08-10+(222)_convert_20120812125247.jpg

8月10日は白浜の花火大会でした。

021_convert_20120812114218.jpg

マンションのご親切な方より、美味しい朴葉ずし笹の葉ずしをいただきました。
お寿司をいただきながら花火を観賞すのは、まるで遠足に行ったような楽しさでした。


002_convert_20120812121100.jpg

この一ヶ月、料理好きな二女が食事を担当してくれました。
凝り性はクマノミさんに似たようです。
二女が帰った後、私は忘れかけていた料理をまた始めました。

009_convert_20120812114721_20120812124704.jpg

好きなものを好きなだけ作って食べるのは、一人暮らしの特権です。
お酒の飲みすぎを注意してくれていた娘が居ないので心配です。
まあいいか!「酒なくてなんのおのれが桜かな」

     2012.8.13           くまお


追記

このところ孫娘にかまけてブログを留守にしがちでした。

2012-08-11+(15)_convert_20120812125051.jpg

今日から私は旅立ちで、いつもの夕景ともしばらくお別れです。
ブログも留守にします。
ご容赦ください。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

涼やかに咲く花
2012-07-30_convert_20120801124436.jpg

このところ、週に二回歯医者さんに通っています。
私と二女の歯の治療のためです。
その歯医者さんの近くのお家の横に、きれいな水路が流れています。

2012-07-30+(5)_convert_20120801124604.jpg

水路の上に涼やかな色のランタナの花が咲いていました。


2012-07-30+(12)+(27)_convert_20120801125051.jpg

玄関先には、青紫色の花が涼しそうに風に揺れていました。

2012-07-30+(12)+(30)_convert_20120801125209.jpg

とてもきれいな花でした。
そのお家のご主人に花の名を尋ねてみましたが、わかりません。
ネットで調べてもわかりませんでした。
なんという花木なのでしょうか?


2012-07-30+(6)_convert_20120801124756.jpg

ランタナに交じって咲いていました。
水色の涼やかな花です。
この花もランタナなのでしょうか?


2012-07-30+(12)+(101)_convert_20120801131050.jpg

7月30日の夜、白良浜の上空に咲いた花です。
二女と孫娘と三人で、バルコニーから見た遠花火です。
今年の花火は沖向きの風で、大変きれいに見えました。


全国的に暑い日が続いています。
涼やかに咲く花は、まさに一服の清涼剤です。

    2012.8.4           くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

孫タイフーン
2012-07-23+(3)_convert_20120803235052.jpg

沖縄県の与那国島に住んでいる二女の娘です。
クマノミさんが千の風になった時は、まだお腹の中に居ました。
十一月が来れば満二歳になります。
現在我が家には「孫タイフーン」が吹いています。

与那国島は先島諸島の一つで、台湾に一番近い島です。
こちらに来る直行便はなく、飛行機を乗り継がねばなりません。
二女の娘はこれまで親類の人たちに見てもらう機会がありませんでした。

長女の娘はクマノミさんがブログで紹介しました。
二女の娘は初登場です。
どうぞよろしくお願いします。

二女と孫娘は明日(8月5日)に帰る予定です。
台風11号のため飛行機が欠航になれば、もうしばらく滞在することになります。

孫娘はおじいちゃん(くまお)にずいぶん懐いてくれています。
クマノミさんの分まで可愛がってやろうと私は懸命です。
一日は孫娘中心の生活で、賑やかに過ぎて行きます。

「孫タイフーン」が去った後、私は一人暮らしの生活に戻ります。
またせっせとブログを綴ろうと思っています。

    2012.8.4                くまお

20060313220317.jpg


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi