FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

かますの寿司
2012-09-28+(23)+(59)_convert_20120928214607.jpg

佐藤春夫の出身地「下里」の風景画です。
佐藤家は代々紀州の下里町で医を業としていました。
佐藤春夫は「秋刀魚の歌」でよく知られています。

     秋刀魚の歌   佐藤春夫

   あはれ
   秋かぜよ
   情あらば傳へてよ
   --男ありて
   今日の夕餉に ひとり
   さんまを食ひて
   思ひにふける と。

2012-09-28+(23)+(60)_convert_20120928220847.jpg

   さんま、さんま
   そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて
   さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
   そのならひをあやしみなつかしみて 女は
   いくたびか青き蜜柑をもぎ来て夕餉にむかひけむ。
   あはれ、人に棄てられんとする人妻と
   妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
   愛うすき父を持ちし女の兒は
   小さき箸をあやつりなやみつつ
   父ならぬ男にさんまの腸をくれむと言ふにあらずや。

                       以下省略

富田にいたころ、クマノミさんは秋祭り(11月23日)にさんまの寿司を作ってくれました。
昨日私は、「さんま」ならぬ「かます」の寿司を初めて作ってみました。

2012-09-26+(10)_convert_20120928231203.jpg

2時間ほど立て塩をしたあと、「青しそ酢」に浸けました。
青しそ酢は富田のご親切な奥様よりいただきました。
しその香りがとても良いお酢です。

2012-09-27+(33)+(33)_convert_20120928212523.jpg

青しそ酢にクマノミさんの造った梅米酢を少し混ぜて、甘みを加えました。
丸一日、酢に浸けて冷蔵庫に入れておきました。

2012-09-28+(12)_convert_20120928213959.jpg

サランラップに包んで一晩寝かせました。

2012-09-28+(22)_convert_20120928213305.jpg

今日のお昼と夕食に一本ずついただきました。
初めてにしてはまあまあの出来栄えでした。
よくお寿司を作られる方に聞けば、酢に浸け過ぎてしまったようです。

あと一本残っています。
あすの夕食にいただくことにします。
 あはれ 
 秋かぜよ
 情あらば傳へてよ
 ・・・・・

   2012.9.28       くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi