陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

親水公園の潮干狩り
DSCF4286.jpg

           * 田辺市内之浦「親水公園」の干潟

2月28日(木)は暖かな春の日差しでした。
午前中歯医者さんに行き、昼食をはる菜さんでいただきました。
マンションへの帰り道、内の浦の親水公園に立ち寄りました。

DSCF4345.jpg

干潟で潮干狩りをしている人がいました。

DSCF4342.jpg

泥んこの干潟でどんな貝が獲れているのでしょうか?

DSCF4353.jpg

引いてゆく潮際を根気よく掘り進んでいました。

DSCF4287.jpg

一人の方がコンテナを橇に乗せて引っ張り、こちらにやって来ました。

DSCF4289.jpg

コンテナには掘った貝がいっぱい入っていました。

DSCF4297.jpg

潮だまりで洗うと、大きな貝でした。

DSCF4360.jpg

その方は大浴場でいつも出会う知人でした。
両手にいっぱいの貝をくれました。

DSCF4426.jpg

沖シジミという貝で、大きいのは直径6㎝ほどありました。
夕刻、その方に大浴場で出会いました。
二人で90㎏の収獲だったそうです。
泥んこの中の潮干狩りは大変苦労するそうです。
もちろん漁業権を持ってないと獲れません。

いただいた沖シジミは、一晩泥を吐かせてから食べます。
どんな味がするのか楽しみです。

   2013.2.28          くまお

追記

親水公園の周りのあちらこちらに貝殻が落ちていました。
最初、誰がこんなところに棄てるのかと不思議に思いました。
干潟で沖シジミが獲れることを知り、「鷸蚌(いつぼう)の争い」を思い出しました。
鳥の仕業に違いありません。

私はデジカメのファインダーを覗くだけで、易々と沖シジミを得ました。
私は「漁夫の利」を得たことになります。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

春のガシラ釣り
DSCF4198.jpg

         * 潮離(さか)る春の磯辺にガシラ釣る  くまお  

DSCF4169_20130227152825.jpg

2月27日(水)は文里のテニスの日でした。
直前まで雨が降っていたため、メンバーが揃わず中止となりました。

私は朝来のJAアピアで買い物をしたあと、カワによって昼食用のサンドイッチを買いました。
赤ワインを少し飲みながら、サンドイッチを食べました。
昼間の飲酒は久しぶりのことです。

DSCF4178.jpg

春の潮はよく引きます。
小山島の磯辺は、潮が引くにつれて広がって行きます。
毎年この時期になると、ガシラ釣り名人のおじさんがやって来ます。
短い竿3本とタマ、クーラーを持っています。

DSCF4180.jpg

磯の穴に竿ごと餌を突っ込んで釣ります。

DSCF4222.jpg

このおじさんが釣りに来たあとは、しばらく釣れないでしょう。
どの穴にガシラが潜んでいるかよく知っているのです。
今日は昼過ぎから風が出てきたので、釣り辛いようでした。

私も天神崎の元島や富田の対の浦へ、何度かガシラ釣りに出かけたことがありました。
なかなか根気の要る釣りです。

DSCF4190.jpg

近くの渚では、ヒドリガモたちはガシラ釣りのおじさんにお構いなく遊んでいました。

DSCF4231.jpg

塒(ねぐら)に近い磯辺では、たくさんのカモたちが餌を漁っていました。
渡り鳥たちは、暖かな春の到来とともに繁殖地へ帰って行きます。
私はこのマンションで生涯を過ごすことになるのでしょうか?

  2013.2.27             くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

若布刈舟(めかりぶね)
DSCF4123.jpg

          * 己が影に竿繰り出して若布刈舟  くまお

「二月は逃げる」と言われます。
今日は2月26日(火)、あと二日で二月も終わりです。
紀南地方では観梅シーズンが間もなく終わり、桜前線の到来を待つばかりです。

DSCF4134.jpg

今朝の田辺湾は穏やかな日和でした。

DSCF4148.jpg

一艘の小舟が、先が三つ叉になった竿を海中に繰り出して若布採りをしていました。
田辺湾産のヒロメかもしれません。

DSCF4151.jpg

上手く竿に巻き取ったようです。

DSCF4144.jpg

出荷するほどの収獲量ではありませんでした。

DSCF4160.jpg

午後からは春の雨となりました。

    2013.2.26         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夕暮れのテニスコート
DSCF4053.jpg

2月24日(日)、上富田町のテニスコートでプレーしました。

DSCF4052.jpg

救馬渓観音の展望台の上空は澄み切った青空でした。
今日も最後まで残って遊びました。
中高年組の私達が、中年組に6対4で勝ちました。
午後5時を過ぎると、空気が急に冷えてきました。
相手の発するギャグの効き目が薄れてしまいました。

DSCF4068.jpg

テニスが終わり、一人で夕日を撮りました。

DSCF4087.jpg

高台に行くと、海が見えることに気づきました。

DSCF4098.jpg

サッカーゴールにシュートされたボールのような夕日でした。
四国の山並みがうっすらと見えました。
救馬渓観音の展望台まで登れば、もっときれいな夕日が撮れるでしょう。

次は撮影場所をあらかじめ探しておいて撮りたいと思っています。

   2013.2.24           くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

大かつおの肝と心臓と・・・・・
002.jpg

2月20日(水)、石神梅林からの帰り道に稲成のJA店で買い物をしました。
カツオのキモ(串本産)が一つ出ていました。
かつお2匹分で398円でした。
値段が高いので買うのをやめようかと思いました。
よく見ると、今までに見たことのない大きさなので買いました。
物好きな者も居るものです。

006.jpg

お酒とみりん、砂糖に醤油で甘辛く煮付けました。
この心臓の大きさであれば、6㎏以上の大カツオだったと思います。
大変美味しかったです。


翌々日の2月22日(金)は、午前中文里のコートでテニスをしました。
昼食は「はる菜」さんでいただきました。
日替わり定食は終了していましたので、初めてカツ丼を注文しました。
特大のカツで、大変美味しかったです。

午後は久しぶりに「めだかの学校」に登校しました。
私と違ってまじめな生徒さんは、動画や写真のアルバム作りをマスターしていました。
生徒はまじめが一番です。

DSCF4017.jpg

学校終了後、とれとれ市場に行きました。
酒店は本日特売日でしたので、2ℓの焼酎をワンパック買いました。
野菜コーナーへまわり、トーフを買いました。
惣菜コーナーで、なすと昆布の煮物を半額で買いました。

鮮魚コーナーにゆくと、マグロが3割引きになっていました。
もう少し時間が経てば、半額になることはわかっています。
「半額にまけてくれたらなあ」とつぶやいてみましたが、店員さんの反応がありません。
「いつものおいやんだなあ、あとでまた来るな」という顔つきでした。
私はマグロを買うのをやめました。
駐車場に戻ると、夕日が沈もうとしていました。

DSCF4025.jpg

夕暮れの空には、十三夜の月が出ていました。
ジェット機が上空をかすめて飛んで行きました、

DSCF4034.jpg

鳶たちは輪を描きながら、ゆっくりとどこかへ飛び去って行きました。

その夜から23日(土)の未明にかけて、やっと観梅記を綴り終えました。

DSCF4042.jpg

               * 23日(土)の田辺湾の夕景

この2,3日は充実した日々となりました。
「健康はいいなあ」と実感した日々でした。

   2013.2.23        くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀州田辺梅林からの帰り道で
DSCF3908.jpg

DSCF3834.jpg

              * ゴッホの絵のような風景

DSCF3842.jpg

あちらこちらに菜の花がきれいに咲いていました。

DSCF3779.jpg

ブルーシートは観梅には目障りのようにも思われましたが、画像ではアクセントになっています。

DSCF3778.jpg

蝋梅も彩りの仲間入りをしていました。

DSCF3833.jpg

道を下るにつれて、梅畑は花盛りとなってきました。

DSCF3876.jpg

             * 山の頂上まで開墾された梅畑

DSCF3895.jpg

             * 台風で崩れたままの山肌

軽トラでやって来たおじさんに聞いた話ですが、
山の頂上まで開墾した梅畑が、半分以上も流されたそうです。
寒中に咲く梅の花は、厳しい自然に挑み苦しみに耐えた郷の人々の姿のように、私には思えました。

DSCF3994.jpg

中芳養から稲成への道を通り、買物をしてマンションに戻りました。
ちょうど午後4時半でした。
晩はブログをパスして早く就寝しました。

     2013.2.20      くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀州田辺梅林(石神の郷2)
DSCF3765.jpg

* 石神の郷の全景(山頂は大蛇峰展望台、中腹に休憩所・駐車場などがある)

DSCF3725.jpg

休憩所の売店で、昼食にうどんを注文しました。

DSCF3718.jpg

梅の花の下のテーブルに持ち込んで食べました。

DSCF3721.jpg

食べ終わってから、じっくりと梅の花を観賞しました。

DSCF3727.jpg

白い雲が青空を快く流れて行きました。

DSCF3755.jpg

クマノミさんへのお土産に、梅の枝花と梅あんころを買いました。

DSCF3830_20130221222158.jpg

午後1時半ごろ、私は石神の郷を後にしました。

   2013.2.20          くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀州田辺梅林(石神の郷1)
DSCF3593.jpg

上芳養・古屋谷を通過して石神の郷に到着しました。

DSCF3671.jpg

石神の郷の人家は、深い谷間にある一集落です。

DSCF3580.jpg

石神地区の人たちは、明治22年の大水害で大きく崩落した山の斜面に梅の木を栽培しました。
現在の「石神の郷」の始まりです。

DSCF3583.jpg

「耕して天に到る」の言葉どおりの梅畑です。

DSCF3598.jpg

石神梅林の上方には、駐車場と休憩所・売店がありました。

DSCF3714.jpg

私は遊歩道を辿ることにしました。

DSCF3716.jpg

大蛇峰展望台(標高400m)まで120mの標高差がありました。

DSCF3688.jpg

私はのんびりと坂道を登って行きました。

DSCF3617.jpg

30分ほどで展望台に着きました。

DSCF3622.jpg

梅の花で霞んで見える山や渓の彼方に、みなべの町と海が遠望されました。

DSCF3643.jpg

大蛇峰展望台から戻り、梅公園を通り過ぎて紀州天満宮に参拝しました。
まだ新しい天満宮のようでした。

DSCF3650.jpg

DSCF3661.jpg

梅公園の紅白の花です。

DSCF3684.jpg

お昼前になりましたので、元来た道を休憩所まで戻りました。

   2013.2.20         くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀州田辺梅林(梅の郷 芳養地区)
DSCF3551.jpg

2月20日(水)、文里のテニスコートに出かけました。
ところが、第三水曜日はコート整備のためお休みでした。
二日間雨に降りこめられた後の晴れの間でしたので、そのまま観梅にゆきました。
国道42号線沿いに芳養(はや)から中芳養、上芳養へと谷を上って行きました。

DSCF3941.jpg

トンネルは梅の花で飾られていました。

DSCF3557.jpg

満開の梅の花が至る所で出迎えてくれました。

DSCF3968.jpg

中芳養小学校の校舎を取り巻くように、梅の花畑が広がっていました。

DSCF3922.jpg

巻かれたブルーシートは収穫時に広げて、落ちる実を拾うために使います。

DSCF3938.jpg

南高梅で有名なみなべ町に隣接した芳養地区は、桃源郷のような梅の郷でした。

DSCF3563.jpg

数十分の後、「紀州田辺梅林」(石神梅林)に到着しました。

    2013.2.20         くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

鯖の炊き込みご飯
DSCF3487_20130219103944.jpg

先日、JA稲成店で三枚におろした御坊産の鯖を買いました。
朝どりの新鮮そうな鯖で、398円でした。
その晩さっそく鯖の炊き込みご飯を作りました。

DSCF3483_20130219103944.jpg

アサリも買っていたので、試しに加えてみました。
味付けはかつおと昆布のだし、お酒とみりん、うすくち醤油でしました。

DSCF3488_20130219103944.jpg

三つ葉を買い忘れました。
お友達にいただいた、甘みのある壬生菜の漬物を添えていただきました。

美味しかったのですが、鯖の味が霞んでしまいました。
以前に牛蒡、人参などの具ををたくさん入れて失敗しました。
鯖の炊き込みご飯は、やはり鯖だけの具が一番いいようです。
シンプル イズ ベストです。

   2013.2.19       くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi