FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

紀州田辺梅林からの帰り道で
DSCF3908.jpg

DSCF3834.jpg

              * ゴッホの絵のような風景

DSCF3842.jpg

あちらこちらに菜の花がきれいに咲いていました。

DSCF3779.jpg

ブルーシートは観梅には目障りのようにも思われましたが、画像ではアクセントになっています。

DSCF3778.jpg

蝋梅も彩りの仲間入りをしていました。

DSCF3833.jpg

道を下るにつれて、梅畑は花盛りとなってきました。

DSCF3876.jpg

             * 山の頂上まで開墾された梅畑

DSCF3895.jpg

             * 台風で崩れたままの山肌

軽トラでやって来たおじさんに聞いた話ですが、
山の頂上まで開墾した梅畑が、半分以上も流されたそうです。
寒中に咲く梅の花は、厳しい自然に挑み苦しみに耐えた郷の人々の姿のように、私には思えました。

DSCF3994.jpg

中芳養から稲成への道を通り、買物をしてマンションに戻りました。
ちょうど午後4時半でした。
晩はブログをパスして早く就寝しました。

     2013.2.20      くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀州田辺梅林(石神の郷2)
DSCF3765.jpg

* 石神の郷の全景(山頂は大蛇峰展望台、中腹に休憩所・駐車場などがある)

DSCF3725.jpg

休憩所の売店で、昼食にうどんを注文しました。

DSCF3718.jpg

梅の花の下のテーブルに持ち込んで食べました。

DSCF3721.jpg

食べ終わってから、じっくりと梅の花を観賞しました。

DSCF3727.jpg

白い雲が青空を快く流れて行きました。

DSCF3755.jpg

クマノミさんへのお土産に、梅の枝花と梅あんころを買いました。

DSCF3830_20130221222158.jpg

午後1時半ごろ、私は石神の郷を後にしました。

   2013.2.20          くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀州田辺梅林(石神の郷1)
DSCF3593.jpg

上芳養・古屋谷を通過して石神の郷に到着しました。

DSCF3671.jpg

石神の郷の人家は、深い谷間にある一集落です。

DSCF3580.jpg

石神地区の人たちは、明治22年の大水害で大きく崩落した山の斜面に梅の木を栽培しました。
現在の「石神の郷」の始まりです。

DSCF3583.jpg

「耕して天に到る」の言葉どおりの梅畑です。

DSCF3598.jpg

石神梅林の上方には、駐車場と休憩所・売店がありました。

DSCF3714.jpg

私は遊歩道を辿ることにしました。

DSCF3716.jpg

大蛇峰展望台(標高400m)まで120mの標高差がありました。

DSCF3688.jpg

私はのんびりと坂道を登って行きました。

DSCF3617.jpg

30分ほどで展望台に着きました。

DSCF3622.jpg

梅の花で霞んで見える山や渓の彼方に、みなべの町と海が遠望されました。

DSCF3643.jpg

大蛇峰展望台から戻り、梅公園を通り過ぎて紀州天満宮に参拝しました。
まだ新しい天満宮のようでした。

DSCF3650.jpg

DSCF3661.jpg

梅公園の紅白の花です。

DSCF3684.jpg

お昼前になりましたので、元来た道を休憩所まで戻りました。

   2013.2.20         くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi