陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

中辺路町野中 大畑地区の桜
DSCF6309.jpg

    * 中辺路町野中 大畑地区の3分咲きほどの枝垂れのぼたん桜

3月30日(土)はよく晴れて、絶好の花見日和となりました。
午前10時半、私は中辺路町野中の「くすやまのしだれ桜」を観に出かけました。

何度か地元の方に道を尋ね、何度か道に迷いながら、正午前にやっと目的地に到着しました。
場所は、中辺路町野中の大畑地区です。
三分咲きほどの「しだれのぼたん桜」の木がありました。
その桜の下にいたおじさんが言うには、
くすやまのしだれ桜」はまだ開花していないとのことでした。

DSCF6312.jpg

地区のおじさんと私との会話です。

「こちらに来て休めよ。タバコ吸うか。」
 「おおきに、タバコはすいません。」
「酒飲むか。」
 「車で来ていますので。」
「そうか、泊まって行けよ。」
「6日(4月)にここで桜まつりをするから、来て泊まって行けよ。」

DSCF6338.jpg

私は桜の下で話したり、写真を撮ったりしていました。
しばらくして、「わしの家に来い。」と言うので、坂道を上ってついてゆきました。

DSCF6346.jpg

庭にも大きなぼたん桜が植わっていました。
遠方(冨里)の山は、「乙女の寝顔」ということを教えてくれました。
私は「仏様が寝ている姿にも見えますね。」と返答しました。
そして、年令や病気のことなど話した後その家を辞して、「くすやまのしだれ桜」を確かめに行きました。

DSCF6359.jpg

くすやまのしだれ桜」は、やはり咲いていませんでした。
こんな姿をお見せするのは、この名木には申し訳ない気がします。
ブログをご覧の皆さまは、見頃に行かれるか、想像の花を咲かせて下さい。

DSCF6364.jpg

このように何輪かの花が微笑んでくれていました。
見頃になるにはあと一週間あまりの日数がかかりそうでした。
野長瀬のしだれ桜」より色が濃くて美しいそうです。

DSCF6371_20130331221317.jpg

くすやまのしだれ桜」のすぐ前のお家にいたおばあさんとの会話です。

「お茶飲んでけや。」
「咲いてる崖つつじはきれいな色やろ。それはわたしところのや。」 
 「はい、きれいな三つ葉つつじですね。」
「桜が咲くのはあと一週間か10日ごろかな。」
「野長瀬の桜が散り始めたら、この桜が咲き始めるのや。」
「咲いたら電話したろか。」
 「おおきに。」
   (来れない時のことを考えて、私は曖昧な返事をしました。)
「乙女の寝顔知ってるか。」
 「はい、隣のおじさんに先程教えてもらいました。」
「私がここに嫁に来て六十年になるが、ちっとも変わらんなあ。」
   (奥にいたお嫁さん?が、「そらそーや」と言って、笑っていました。)
「木が大きくなってちょっと変わったところあるなあ。」
 「乙女の寝顔は優しい顔してますね。」
「観音様のようやろ。」
「お茶飲んでけや。」

私はしばらく話した後、「ありがとう」と言って、別れを告げました。

DSCF6387.jpg

大畑地区の風景です。
くすやまのしだれ桜」の見事な花は観られませんでしたが、美しい心の花を見せてもらいました。

DSCF6394.jpg

大畑地区の広場には「月待供養塔」と祠がありました。
月光に照らされた「乙女の寝顔」(冨里の山)を想像するだけで、素敵な気分になります。

脱輪しそうな細い道を注意深く下って新国道へ出ました。
近露に着いたのは午後1時を過ぎていました。
昼食にカツカレーを食べました。

DSCF6395.jpg

牛馬童子の道の駅に立ち寄りました。
高知ナンバーのバスが駐車していました。
「いいバスの名前だなあ。」と言ってカメラを向けていると、運転手さんらしき人がにっこり笑ってくれました。

DSCF6650.jpg

道の駅で、名物の手こね餅を買って帰りました。

   2013.3.30         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

わらびと新竹の子(2013)
DSCF6218.jpg

3月27日(水)午後4時ごろ、富田のサニーマートに出かけました。
娘に送る蜜柑(ネーブル・デコポンなど)を買いました。

もちがつおが二節出ていましたので、雌節の方を532円で買いました。
JAだと雄節・雌節とも同じ値段です。
サニーマートは雌節の方が100円ほど安いのです。

Aの中のもちがつおでした。
ご飯に乗せて美味しく食べました。
もちろん、日本酒や焼酎の湯割りを飲みながらですが。


DSCF6225.jpg

わらび(157円)と新竹の子(266円)が出ていました。
今年の初物なので、買いました。

DSCF6227.jpg

夕飯を終えての夜なべにわらびと竹の子を煮ました。
こんにゃく、しいたけ、ジャコやごぼう入りの平天にカツオのあらも加えて煮ました。

味見してみますと、まあまあのようでした。
今夕いただきます。

   2013.3.28         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

東光寺の桜(2013)
DSCF6091.jpg

3月26日(火)午後4時半過ぎ、田辺市新庄町の東光寺の桜を観に出かけました。
白浜・田辺間の県道はいつものような車の渋滞でした。
私はヴィラのプロムナードを通って、徒歩で行きました。
30分ほどかかりました。

DSCF6079.jpg

山門より鐘楼の方が花飾りされて引き立ちます。

DSCF6107.jpg

          * 花の雲鐘は上野か浅草か  松尾芭蕉

DSCF6098.jpg

何とか山門を画像に入れて撮りました。
電線が邪魔をして全景が入りません。


DSCF6106.jpg

夕日が照り映えてくれるとよかったのですが、残念ながら曇り空でした。

DSCF6156.jpg

ソメイヨシノの花は、近づけば近づくほどにきれいですね。

DSCF6062.jpg

道の途中の山桜が散り始めていました。

DSCF6061.jpg

ここでも夕日影が欲しいところです。
マンションに戻った時は午後6時を過ぎていました。
見つけておいたアシタバの新芽を採り忘れてしまいました。

田辺湾神島の三夕景です。

DSCF6055.jpg

DSCF6184.jpg

DSCF6209.jpg

    2013.3.26      くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

蓮の実と銀杏
DSCF6020.jpg

先日、親しくしていただいている方からハスの実をいただきました。
台湾旅行のお土産です。

DSCF6014.jpg

蜂蜜漬けしたハスの子(実)に砂糖をまぶしたものです。
私はハスの実を初めて食べました。
栗のような食感で、大変美味しいお菓子でした。
クマノミさんにお供えしたのを、一つ・二つ摘まんではいただいております。
いただくごとに、仏さまのお傍に近づいて行く感じがします。

DSCF6024.jpg

ハスの実から、冷凍庫に殻をむいた銀杏が残っていたのを思い出しました。
袋には、「2009.9.25 ギンナン」と記していました。
他に、殻がついたままの銀杏の袋もありました。
生前のクマノミさんは、銀杏拾いに夢中だったのです。

DSCF6021.jpg

鶏肉の炊き込みご飯の具に、殻を剥いたギンナンを使ってみました。
大成功でした。
クマノミさんも「ギンナン美味しかったよ」と、言っているに違いありません。

    2013.3.25         くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

野長瀬のしだれ桜(2013)
DSCF5848.jpg

3月23日(土)午後3時半過ぎ、近露の「野長瀬のしだれ桜」を観に出かけました。
前日の「めだかの学校」で、中辺路町の方から枝垂れ桜が見ごろとお聞きしました。
午前中は曇り空で行くのを躊躇していました。
午後3時頃、ようやく晴れ間となりました。

DSCF5861.jpg

「野長瀬のしだれ桜」は、「なかへち美術館」の駐車場から歩いて5分ほどです。
目を見張るほどの見事な満開のしだれ桜でした。

DSCF5917.jpg

   * 近露は其のときどきの心引く花の盛りのしだれ桜けふは  土屋文明

 この桜は樹齢二百七十八年位で、十九代六郎可盛が京都祇園の枝垂れ桜の苗を持ち帰って植えたと伝えられています。
     平成十六年三月吉日

DSCF5912.jpg

お庭の中に入り、観賞させていただきました。

DSCF5898.jpg

お庭からの眺めも趣深いものでした。

DSCF5882.jpg

お部屋のガラス戸には、やわらかな樹影が写っていました。

DSCF5894.jpg

路地に枝垂れる見事な花です。

DSCF5931.jpg

地につきそうなほどに枝垂れた花房でした。

DSCF5949.jpg

甍の上の花の合間に、昼の月影がうっすらと見えました。

路地の空き地では、地元出身と思われる方々が花見の酒盛りをしていました。
お酒のお誘いをいただきましたが、残念ながらお断りしました。
私は十二分に花に酔いました。
かれこれ一時間ほど留まった後、帰路につきました。
   
    2013.3.24           くまお

追記

二本の太い電線が、枝垂れ桜の観賞を邪魔していました。
町職員の方は、来年までに電線を何とかしたいと話していました。

野中の「くすやまのしだれ桜」が、一週間後には見ごろになると教えてくれました。
色が濃くて大層きれいだそうです。
3月30日(土)は晴れますように願っています。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

寒グレの卵
DSCF5801.jpg

3月22日(金)はとても穏やかな春の日和でした。
田辺湾のシラス漁は最盛期を迎えているようです。
沖には巡視船の姿も見えました。

DSCF5775.jpg

磯辺ではヒドリガモのカップルが、仲よく餌を漁っておりました。
もうすぐ北への旅立ちです。

DSCF5754.jpg

              * 31㎝の大きさのグレの煮付け

先日朝来のJAアピアで、グレを一尾997円で買いました。
朝どり産地直送(串本産)の表示がありました。
太ってまだ硬直していないのを選び、お店の人に鱗と内臓を取ってもらいました。
「子(卵・白子)を持っていたらください。」と、頼んでおきました。
予想通り大きな卵を持っていました。
今がグレの抱卵の時期なのです。

写真に撮ろうと思い大皿にグレと卵を乗せたものの、大きさを計っているうちに撮るのを忘れてしまいました。
最近の私は、情けないことに一つのことにしか頭が働かなくなってしまいました。

DSCF5749.jpg

二枚におろして、片身を刺身にしました。
身はきれいで、ほどよくしまっていました。
ご飯に乗せて食べました。甘みがあって大変美味しかったです。

DSCF5756.jpg

寒グレは、太って硬直していないのを一尾まるごと買うのがベストです。
来週にまた買いに行こうと思っています。

   2013.3.23           くまお




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

せとかとキンカン
DSCF5651.jpg

先日、「せとか」という柑橘をいただきました。
果皮がとてもなめらかで、美人の顔をしていました。

せとか」は清見とアンコールを掛けたものにマーコットを交配したものだそうです。
清見・はるみ・デコポンなどのなかま(タンゴール類)です。
食べてしまうのが惜しくて、しばらく飾っていました。

甘くて、大変美味しい柑橘でした。

DSCF5830.jpg

キンカンです。
テニスの仲間にいただきました。
子供の頃はよく食べました。
「ミカン買ったら皮やるぞ、キンカン買ったら実やるぞ!」と言ったものでした。
キンカンは皮が美味しいのです。
風邪を引いたとき、母親にキンカンを煎じて飲まされました。
久しぶりにキンカンを食べました。

   2013.3.22      くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

大曽根公園の椿(三重県尾鷲市)
DSCF5549_20130321003143.jpg

   * 港から見た深い入り江の尾鷲湾(真ん中の大きな島は佐波留島)

3月16日(土)の朝、尾鷲漁港の水揚げ風景を観に行きました。

DSCF5450.jpg

漁港には人影がなく、水揚げされた魚も見当たりませんでした。
鳥たちは飛び回ることもせず、私と同じように待ちぼうけを食ったようでした。

DSCF5464.jpg

後で聞くと、土曜日は市場がお休みで、第一土曜日だけ朝市が開かれるとのことでした。

DSCF5763.jpg

同窓会の案内に大曾根公園の「世界の椿園」のパンフレットが入っていたことを思い出しました。
私は尾鷲漁港から大曾根公園へ回ってみました。

DSCF5497.jpg

土曜日でしたので、案内係の人達がいて車を誘導してくれました。
椿の公園からは尾鷲市街が遠望されました。

DSCF5520_20130321152840.jpg

椿園はヒノキの深い木立の中にありました。

DSCF5522.jpg

椿の花は木漏れ日を浴びて色とりどりに咲いていました。

DSCF5511_20130321152839.jpg

これから4月上旬までが見ごろだそうです。

DSCF5500.jpg

                     紅   蝶

DSCF5502.jpg

                     弁 財 天

DSCF5505.jpg

                     紅 磨 墨

DSCF5510.jpg

                     清玄 梅姫

DSCF5518.jpg

                     賀茂 八朔

何種類かのきれいな花を紹介しました。

DSCF5525.jpg

珍しい黒椿です。
尾鷲市の「市の花」はヤブ椿だそうです。

椿園の花の咲く時期には、種類によって一月ほどの差があるようです。
近くの方は次々に咲いてゆく花を楽しむことが出来ますが、管理する方は大変ですね。

私はゆっくり椿園を散策する時間がありませんでした。
「世界の椿展」が催されている熊野古道センターへ急ぎました。

DSCF5538.jpg

主催者「尾鷲グリーンクラブ」の会長さんは、私の同級生です。
会長さんにお会いし、説明してもらいました。

DSCF5537.jpg

椿園で咲いた花と写真を展示していました。

DSCF5535.jpg

土曜・日曜・祝日には、展示の他いろいろな催し物が行われているようでした。
3月上旬から4月上旬に尾鷲方面に行かれる方は、ぜひお立ち寄りください。

    2013.3.21        くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

鳥渕のしだれ桜(上富田町生馬)
DSCF5661.jpg

3月20日(水)、彼岸の中日に三宝寺さまにお墓参りしました。

DSCF5659.jpg

クマノミさんのお墓の前には、きれいな紅椿が咲いていました。

DSCF5663.jpg

お寺の前のお家の庭に、薄紅色の椿の花がたくさん咲いていました。

昨夕の大浴場での話によると、
「上富田町生馬の鳥渕から卒塔婆隧道を抜けたあたりの桜の開花が一番早い」とのことでした。

私はお墓参りの帰りに、鳥渕から隧道を通り抜けてみました。
ソメイヨシノはまだ開花していませんでした。
このあたりに足を運ぶのは何十年振りです。
私は教え子のことや鳥渕会館でのエビネ展のことなど思い出しながら引き返しました。

DSCF5672.jpg

鳥渕のあるお家の庭で、しだれ桜が見事に咲いていました。
庭の花の手入れをされていた奥さまにお断りして、写真を撮らせてもらいました。
電線が邪魔をして、満開のしだれ桜の全景をうまく撮ることが出来ませんでした。

DSCF5674.jpg

例年は4月に咲くのが、今年はなぜか早く満開になったそうです。

DSCF5688.jpg

山桜はほぼ満開でした。

DSCF5702.jpg

 * うすべにに葉はいちはやく萌えいでて咲かむとすなり山桜花   若山牧水

これから咲きだそうとする山桜もありました。

DSCF5727.jpg

紫木蓮の花です。

DSCF5724.jpg

連翹の花です。

春の花々は道行く人の目を楽しませてくれていました。
彼岸の中日は花に遊んだ一日でした。

   2013.3.20      くまお

追記

とても芳しく素敵な紅白のカサブランカの花です。

DSCF5741.jpg

ハーヴェストホテルのスポーツカウンターに活けられていました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

お寺の思い出(尾鷲市の念佛寺)
DSCF5485.jpg

三重県尾鷲市寺町(当時の町名)の念佛寺の山門です。
寺町は私が生育した中井町のすぐ隣りの町でした。
先日私がお葬式に参列した友人のお家は、寺町にありました。
そして、念佛寺の檀家でした。

DSCF5487.jpg

お寺はいつでも出入り自由でした。
広い境内に沢山の樹木が茂っていました。
境内は夏の蝉採り、夜の肝試しなど格好の遊び場でした。

DSCF5475.jpg

本堂前には百日紅(サルスベリ)の木がありました。
サルスベリはお寺でしか見たことがなく、仏様の木だとばかり思っていました。
60年以上も前に見た木は洞になって、蘖(ひこばえ)が成長していました。

DSCF5483.jpg

今では駐車場などのスペースが出来て、境内は狭くなった感じです。

DSCF5484.jpg

私の家は念佛寺の檀家ではありませんが、母親が念佛寺の庚申さんに毎日のようにお参りしていました。
私もよく連れて行かれました。
母親はどんな願い事をしていたのか知る由もありません。
数えきれないほどの願い事をしていたことでしょう。
この庚申さんへの踏み石を歩みながら、子供の頃の思い出が懐かしく蘇ってきました。

念佛寺は私の思い出多いお寺です。

   2013.3.19       くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi