FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

オランダのお菓子
DSCF8269.jpg

先日、親しくしていただいている方よりお菓子をいただきました。
風車が描かれている缶に入っているお菓子です。
ゴッホ生誕160年記念オランダ・ベルギーの旅に参加されたそうです。

DSCF8287.jpg

ワッフルには蜂蜜のような中身が詰まっていて、大変美味しかったです。

私は缶の側面の絵にも興味を引かれました。
調べてみると、

DSCF8275_20131115004400829.jpg

「Zomer]は「夏」の意でした。

DSCF8279_20131115004437650.jpg

「Herfst」は「秋」の意でした。

DSCF8278_20131115004437ace.jpg

そして、「Winter]は「冬」の意でした。

風車を描いている絵は、季節のめぐりから推測すると、「春」になります。
でも、「春」はオランダ語で「Welput]でした。
いろいろ調べてみましたが、解りませんでした。
この絵の文字の意味を知っている方は教えてください。

ところで、私も今から13年前(2000年)にオランダ旅行に出かけたことがありました。

DSCF8593.jpg

アムステルダムの「ゴッホ美術館」を訪れました。

DSCF8603.jpg


ゴッホの自画像をはじめ、多くのゴッホの作品が展示されていました。

DSCF8610.jpg

「世界の美術館」(ゴッホ美術館)に紹介されている、「カラスの群れ飛ぶ麦畑」がとりわけ印象的でした。
大変大きな作品です。

DSCF8598.jpg

フランスのアルルに移り住んだ部屋の絵です。

DSCF8596.jpg


ゴーギャンを迎えるために描いた「ひまわり」とも言われています。

DSCF8613.jpg


今年はゴッホ生誕160年記念と同時に、ゴッホ美術館開館40周年でもあるようです。
もう一度オランダ・ベルギーの旅に出かけたくなりました。

   2013.11.14          くまお

追記

「Lente」(レンテ)は、オランダ語で「春」の意でした。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi