FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

3.11の夕陽(2014)
DSCF4837.jpg

DSCF4856.jpg

DSCF4859_201403112151300c4.jpg

DSCF4867.jpg

DSCF4869_2014031121505725c.jpg

DSCF4871.jpg

DSCF4875.jpg

3月11日(火)の夕陽です。
東日本大震災は三年前の今日午後2時46分に起こりました。
震災によって、二万人以上の死者と行方不明者が出ました。
このことは忘れてはならないし、教訓にして行かなければなりません。

クマノミさんもわずか数時間のうちに千の風になってしまいました。
あと4ヶ月ほどで四年になります。
この喪失感は、震災で家族を亡くされた遺族の方々の気持ちに通じるものです。
私には、月日の流れが悲しみを和らげてくれるように思われます。

 陽は沈み、明日また日は昇る。

多くの震災の犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。

    2014.3.11           くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

連翹の花明り
DSCF4743_20140311153900d15.jpg

           * 連翹の一枝づつの花ざかり  星野立子

3月9日(日)の夕刻、朝来から新庄バイパスへ車を走らせました。
紀南文化会館へ行くためです。
普段、私はこの道をあまり利用していません。
切通しの右側の崖上に、連翹の花が咲いていました。
急いでいましたので、後日撮りに来ようと思いながら通り過ぎました。

DSCF4745_20140311153900f85.jpg

           * 行き過ぎて尚連翹の花明り  中村汀女

翌日10日(月)の午前中、上富田のJAアピアへ買物に行きました。
買物を済ませた後、切通しに行きました。
私は道端に駐車して眺めてみました。
自生の連翹のようです。
枝を垂らした連翹の花の一塊が、陽を浴びて花明りのようでした。
通り過ぎる車の運転手の目にきっと入っていることでしょう。

連翹の花明りは、本格的な春の到来をいち早く知らせていました。

    2014.3.10           くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi