陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジャワ島・バリ島の旅(その5)
DSCF2607_201406301000420f5.jpg

               * 海に浮かぶタナ・ロット寺院

6月16日の朝、デンパサールビーチエリアのホテルを出発し、バリ島の観光に出かけました。

DSCF2605_20140630100042b25.jpg

先ず、インド洋に面した海岸の海に浮かぶようなタナ・ロット寺院を見学しました。
見学とはいっても、満潮時でしたので寺院に渡ることはできません。
海岸からの見学です。

DSCF2630_20140630095936b94.jpg

日本の七夕のような竹の飾り物が、至る所に立てられていました。
ヒンドゥー教の「ガルンガン」という、「戦いの祭り」の飾りです。
この飾りは「ペンジョール」といって、祭りが終わっても35日間立てたままだそうです。

次にジャワ島中部のジャティルウィの棚田に向かいました。
道路が狭いため、本日はマイクロバス二台に分乗しての行動でした。

DSCF2634_20140630095935040.jpg

山麓に近づくにつれて雲行きが怪しくなり、火山のバトゥカウ山は雨雲に隠れてしまいました。
棚田のあちこちに大きな火山岩がみられました。
人々は噴火の度、石や岩を取り除き、棚田を守ってきたのでしょう。

DSCF2669_20140630095936187.jpg

米は二期作で、収獲中の田や、すでに収獲を終えて次の作付のための水田も見られました。

DSCF2672.jpg

日本と同じく、島国のインドネシアには至る所に棚田があるに違いありません。
ここジャティルウィの棚田は、規模の大きさと美しさで世界遺産に登録されています。
棚田を観ながらのインドネシア料理の昼食となりました。
昼食中に降った雨も上がり、次の観光地タマン・アユン寺院に向かいました。

DSCF2675_20140630105731bd7.jpg

タマン・アユン寺院は、バリ島で一番美しい寺院と言われているそうです。

DSCF2689_201406281842310be.jpg

綺麗な芝生に囲まれたヒンドゥー教寺院でした。

DSCF2687.jpg

残念ながら、当日は寺院の中に入ることが出来ませんでした。
寺院内のメル(幾層になった塔)が、わずかに二塔垣間見られました。

DSCF2706.jpg
DSCF2707_20140630113709d99.jpg

バリ島の空には、大きな凧がたくさん上がっていました。
上空を吹く風が強く、何日も上がったままです。
夜中の風が止んだ時を見計らって、凧を下すのだそうです。
街角の店で、色とりどりの凧が売られていました。

DSCF2726.jpg

ホテルに一旦戻り、少し休憩した後、ジンバランビーチに移動して夕食となりました。
レゴンダンスなどを観ながらのシーフード料理でした。

夕食後、暗くなったジンバランビーチの空に、みんなで南十字星を探しました。
明るい三つの星がくの字に見えました。
太平洋戦争中の日本兵のことなどを話しながら、バスでホテルに帰りました。
デンパサールビーチエリアのホテルに連泊しました。

     2014.6.16                   くまお

追記

「ガルンガン」とは、210日ごとに巡ってくるバリヒンドゥー教の祭礼日です。
世の中の善の悪に対する勝利を記念する祝日と言われており、各家の家寺や村の寺院に天上界の神々や自然霊、祖先霊が降り立ち、人々は供物でもてなし、祈りを捧げます。
祖先霊が各家庭に帰ってくる事から、日本のお盆のような宗教行事と言われる事もあります。
また、「クニンガン」とは、「ガルンガン」の日から10日後の祭日で、この日の正午に、地上に降り立った神々や自然霊、祖先霊が天上界に帰る日と言われています。  

神を信じないマヤデナワ王に対するインドラ神の勝利は、悪に対する善の勝利として、ガルンガンの祭礼日となったのが、ガルンガンの始まりです。
                (バリ島旅行,.com バリ島観光ものしりコラムより)



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ジャワ島・バリ島の旅(その4)
DSCF2578.jpg

             * バリ島 デンパサールビーチの朝明け


6月16日午前5時半、私はそっと起きだし、ホテルの庭園を通って、ビーチに出ました。
午前6時15分が日の出の時刻です。
残念ながら水平線上には雲が多くかかっており、日の出の瞬間は見られそうもありません。

DSCF2521_2014062818445341f.jpg

まだ薄暗い渚の向こうに、人影が動きました。

DSCF2536_20140628184453584.jpg

よく観察してみると、網を張っては長い棒で海面を叩いていました。
早朝の海に入り、漁をしているようでした。

DSCF2561.jpg

漁を終えて帰りに着くころに、朝の光が雲の切れ目から差してきました。

DSCF2563.jpg

どれだけの魚が獲れたのか、私にはよく分かりませんでした。
漁夫はやや疲れたような様子で、私の前を通り過ぎて行きました。

「早起きは三文の徳」と言われるように、珍しい光景に出合いました。

DSCF2580.jpg

DSCF2570_20140629091031962.jpg

沖はリーフになっているようでした。
ダイバースポットなのかもしれません。

一人のオッチャンが近づいてきて、「中国人、それとも日本人?」と話しかけてきました。
私は「日本人だ。」と答えました。
「釣り船をチャーターしないか。」と勧誘してきました。
「釣りは好きだが、そのような時間がない。」と断りました。
オッチャンは、「でかい魚の刺身を食べると、ビンビン精がつくよ。」と言って、手真似をしては笑っていました。

午前7時が朝食の時間なので、私はオッチャンに別れを告げてビーチを去りました。

DSCF2583.jpg

DSCF2588.jpg

ホテルのプールの上には、バリの花フランジパニ(英名:プルメリア)が、ようやく差し始めた朝陽に浮かぶように咲いていました。

本日の観光予定は、海に浮かぶ「タナ・ロット寺院」、壮大な棚田の風景を見渡せる世界遺産「ジャティルウィ」、バリ島で一番美しいと言われる「タマン・アユン寺院」などの見学となっています。

      2014.6.16                   くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ジャワ島・バリ島の旅(その3)
DSCF2466 - コピー

 * 世界遺産 ジャワ島 プランバナン寺院遺跡群の中心 ロロ・ジョグラン寺院


6月15日、ボロブドゥール仏教寺院を見学後、ジョグジャカルタ市街に戻り、昼食となりました。
昼食の中華料理は、私好みの味と程よい量でした。
☆印の付いたビンタ(星の意味)という地元のビールは、癖がなく美味しかったです。

DSCF2456 - コピー

プランバナン寺院遺跡群には、ジョグジャカルタから車で半時間ほどで着きました。
プランバナンには約5㎞にわたり、ヒンドゥー教の寺院遺跡が点在しています。
ここロロ・ジョグラン寺院を中心として、広大な史跡公園になっています。

現地ガイドのダルマントさんは、まず撮影ポイントに案内してくれました。

DSCF2449 - コピー

東南アジア旅行が初めての私にとって、感動的な情景でした。

DSCF2450 - コピー

中央の一番大きな建造物は、シヴァ(破壊神)神殿です。
向かって左はブラフマー(創造神)神殿、右はヴィシュヌ(維持神)神殿です。

DSCF2468.jpg

昼食後、銀細工や織物の工房に立ち寄っていましたので、プランバナン寺院遺跡群に着いたのは夕方で、空も曇りがちでした。

DSCF2480.jpg

神殿の入口や側壁には、様々なレリーフが施されていました。
「ラーマヤーナ」をモチーフとしたレリーフだそうです。

「ジャワ島の最大の仏教寺院とヒンドゥー教寺院がなぜ近在しているのか?」
私は不思議に思って、調べてみました。

 ボロブドゥールが建てられたのは8~9世紀、プランバナンは9~10世紀で、100年ほどの違いしかない。位置的にも至近で、直線距離で35㎞ほどしか離れていない。

 実は9世紀当時、プランバナンを建てたサンジャヤ朝は、ボロブドゥールを建造したシャイレードラ朝の支配下にあった。信奉する宗教は違ったが、お互い宗教的に寛容で、それで対立することはなかったようだ。
 サンジャヤ朝の王たちはシャイレードラ朝の王たちにしばしば仏教寺院を建造して寄進していた。その一例がプナンバナン寺院遺跡公園にあるブブラ寺院やルンブン寺院である。(中略)
 プランバナン=ヒンドゥー教と思われがちだが、、実は遺跡公園と周辺の寺院はそのほとんどが仏教寺院なのだ。

 プランバナン寺院遺跡公園の中、ロロ・ジョグランの800mほど北にセウーと呼ばれる寺院がある。この寺院は9世紀にシャイレードラ朝の王女プラモダワルダニーとサンジャヤ朝のピカタン王が結婚した際に、それを記念して建てられた寺院だ。(中略)

 ジャワ島最大の勢力だったシャイレードラ朝だが、ボロブドゥール完成後その力は急速に衰えて、10世紀にはジャワ島から消滅してしまう。おかげでサンジャヤ朝は力を増し、ピカタン王は仏教寺院をヒンドゥー教寺院に改修しつつ、856年、ついに総本山ロロ・ジョグランの建設を開始する。

 プランバナン周辺の寺院が仏教・ヒンドゥー教両方の影響をうけているのはこのような事情による。
               
                             (All About旅行記事より抜粋) 

私の興味あることでしたので、いささか長文でしたが引用しました。

DSCF2494_201406281710410e4.jpg

とはいえ、現在のインドネシアは人口の90%以上がイスラム教徒の国であります。


DSCF2440_20140628110214ad1.jpg

DSCF2438_20140628110356d0f.jpg

遺跡のほとりには、アラマンダの花が昔を偲ぶかのように、大きく茂ったヤシの木陰でひっそりと咲いていました。

     2014.6.15                    くまお

追記

夕食後、再び国内線でデンパサール空港へ赴きました。
ホテルはデンパサールビーチエリアのグランド ミラージュ リゾート バリでした。
「ホテルのすぐ向こうがビーチで、明日の日の出は6時15分です。」と、現地ガイドさんの案内がありました。 
ホテルの部屋に落ち着いたのは、今日も日が替わった時刻でした。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ジャワ島・バリ島の旅(その2)
DSCF2405.jpg

         * 世界遺産 ジャワ島 ボロブドゥール寺院の仏像

6月15日、ハイアットホテルからバスでボロブドゥール寺院遺跡群に向かいました。

DSCF2339.jpg

インドネシアでは、時あたかも大統領選挙の最中でした。
ジョグジャカルタの街は、人と車と単車でまるで洪水のようでした。
インドネシアの面積は日本の約5倍、人口は約2億4千万人だそうです。

DSCF2350.jpg

バスは1時間余り走行して、ボロブドゥール仏教寺院に着きました。
寺院はジョグジャカルタの北西42㎞に所在し、巨大なムラピ火山に囲まれた平原の中央に立地しています。

DSCF2364.jpg

DSCF2428_20140626225648ba6.jpg

一辺120mの正方形の基壇上に石が積まれたピラミッド様式の建造物で、寺院そのものが曼荼羅を表しているそうです。

DSCF2376.jpg

DSCF2378.jpg

DSCF2380_201406262221231e4.jpg

壁に施された1460面の見事なレリーフは、時計回りに進むと、仏教説話のストーリーを順に追うことが出来るそうです。

DSCF2402_201406262223024ae.jpg

DSCF2386_20140626233058675.jpg

小さな窓を持つストゥーパ(仏塔)が3層構造で並んでいます。
ひし形の窓は「俗界に住む人間の不安定な心」を、正方形の窓は「安定した心」を、その上部にある大ストゥーパは窓がなく、「完全なる無の境地」を表しているそうです。
 
               * 徹底ガイド「バリ島・ジャワ島」とウィキペディアを参照

DSCF2436_20140626234743c90.jpg

インドネシアでは学年末の考査が終わり、学校では修学旅行やバス旅行の時期でした。
学校の新学期は七月から始まります。
各地から来た大勢の生徒達で、寺院は混雑していました。
イスラム教徒の人たちの姿も見られました。

DSCF2398 - コピー

寺院の上段からの眺めです。
仏教王国の衰退後、遺跡が密林の中に長い間埋もれていたことが、この眺望から容易に想像されました。

DSCF2414.jpg

ユニークな顔の像に見送られて、世界遺産ボロブドゥール仏教寺院を後にしました。

DSCF2345.jpg

レリーフにも描かれていたインド象がいました。
象の背中から地上の風景を撮ってみたかったのですが、残念ながら時間がありませんでした。

      2014.6.15                 くまお

追記

ジョグジャカルタのジョグジャは平和、カルタは栄えるという意味だそうです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ジャワ島・バリ島の旅(その1)
DSCF2221.jpg

       * 前泊したホテル日航関西空港からの第二滑走路の夕景


DSCF2230.jpg

6月14日、「ボロブドゥール遺跡とバリ島満喫6日間のたび」に出かけました。

DSCF2228.jpg

搭乗したのはガルーダインドネシア航空でした。
海外旅行は2007年の南イタリア・シチリア島から七年ぶりです。
高退協旅くらぶの一員に加えてもらってのインドネシアへの旅でした。
東南アジアの旅は、私にとって初めてです。
ツアー会社は名鉄観光さんです。

DSCF2239_20140626164116e6e.jpg

バリ島が機窓に見えてきました。
関西空港から約七時間のフライトでした。
入国手続きは機内で済ませてくれました。
バリ島は日本よりー1時間の時差、ジャワ島は―2時間です。

DSCF2243.jpg

バリ島デンパサール国際空港に到着しました。
空港の建物が印象的でした。

国内線でジャワ島ジョグジャカルタへ乗り継ぎです。
空港内は夜遅くなっても、搭乗客で混雑していました。
インドネシアは島国であることを実感しました。
出発は予定の時間を1時間遅れでした。

DSCF2255.jpg

1時間20分ほどのフライトで、ジョグジャカルタの空港に到着しました。
ホテルに着いて夕食を終えると、日が替わっていました。
ホテルはハイアット リージェンシー ジョグジャカルタでした。

DSCF2274_201406261750326aa.jpg

朝食後、ホテルの庭園を散策してみました。

DSCF2284.jpg

DSCF2307_20140626164044424.jpg

浜木綿に似た花(ヒメノカリス・スペシオサ 和名ササガニユリ)が咲いていました。

DSCF2299_20140626163947115.jpg

DSCF2287.jpg

インドネシアでは季節を問わず、沢山の花が咲いているようでした。

DSCF2309_201406261639487af.jpg

クェタパンという広葉樹です。
庇のように日陰を作ってくれる樹木です。

DSCF2295_2014062617281188c.jpg


やや涼しい朝の庭園の散策をした後、世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡群の観光に出かけました。

      2014.6.15                     くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

あじさい曼荼羅園(救馬溪観音)
DSCF2143.jpg

       * 上富田町生馬 救馬渓観音の色鮮やかなあじさいの花

6月9日(月)、救馬渓観音の「あじさい曼荼羅園」に行って参りました。
本堂への道は、鉢植えの華やかな園芸品種のアジサイで彩られていました。
そのいくつかを紹介します。

DSCF1988.jpg

「てまりてまり」です。

DSCF1976.jpg

「蝶の戯れ」です。

DSCF1995_20140612162609174.jpg

「ハワイアンブルー」です。


DSCF2014.jpg

本堂横をくぐり抜けて暗い坂道を上って行くと、「あじさい曼荼羅園」に着きました。

DSCF2108_20140612162314637.jpg

静かなあじさいの道が続きました。

DSCF2112_20140612162314b43.jpg

想像していた以上に良い雰囲気でした。

DSCF2021.jpg

DSCF2024.jpg

自生のノリウツギやササユリも咲いていました。

DSCF2030.jpg

可愛い「ウズアジサイ」です。

DSCF2011_2014061216231610e.jpg


園内を一周してみました。

DSCF2103_201406121623154f4.jpg


DSCF2019.jpg

DSCF2088.jpg


DSCF2079.jpg

展望台にも登ってみました。
いつもはテニスコートから仰ぎ見ている展望台です。

DSCF2041_20140612162535ed0.jpg

真ん中に見えるのが、救馬渓観音の本堂です。

DSCF2045.jpg

四面のテニスコートと芝生の球技場が、展望台の真下に見えました。

      2014.6.9                    くまお

追記1

DSCF2152.jpg

先日、ある方より「パープルクイーン梅酒」と「ブルーベリー酒」をいただきました。

DSCF2154_20140612183218300.jpg

DSCF2155.jpg

どちらも砂糖控えめで、さっぱりした健康酒でした。

追記2

6月12日(木)の田辺湾の夕景です。

DSCF2170.jpg

迫力ある雷雲でした。

DSCF2194.jpg

雲から逃れた夕陽が、また雲に隠れて行きました。

DSCF2197.jpg

沈む夕陽が天神崎の彼方に顔を出しました。

田辺湾の夕景ともしばらくお別れです。
明日から当分ブログを留守にします。







今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅ブランデー酒と梅ジュース
DSCF1832.jpg

6月7日(土)、冷凍していた青梅を取り出し、ブランデー酒を一瓶つけました。
ブランデー1.8リットルを一つだけしか買っていませんでした。
そのため、ブランデー、梅、氷砂糖の割合はレシピと違ってしまいました。
三か月後には、甘い梅ブランデー酒ができるでしょう。

DSCF1831_2014060811234206e.jpg

梅ジュースは二瓶浸けました。

ホテルの休館日が6日(金)にやっと終わり、マンション生活も平常に戻りました。

DSCF1719.jpg

6月5日(木)はホテルの大浴場が休みのため、白浜の長生の湯に行きました。

DSCF1711.jpg

半夏生が涼やかな姿で出迎えてくれました。

DSCF1745.jpg

帰りがけに旧警察署前の県道沿いのアジサイを観に行きました。

DSCF1741_20140606162153b72.jpg

アジサイは咲き始めでした。
これから七変化してゆくのでしょう。

DSCF1734.jpg

DSCF1731.jpg

とりわけ、額アジサイはきれいでした。

裏山への道がありました。

DSCF1758_2014060616215457b.jpg

坂道を登って行くと、広場がありました。

DSCF1754.jpg

樹木には名札が付けられていました。
背の高い木がユーカリです。
京都大学の森林実習場?だったようです。

DSCF1753.jpg

ラッパのような花が咲いていました。

DSCF1756.jpg

尾根に続く小路に、百合の花がひっそりと咲いていました。
蚊が飛び回り始めたので、引き返しました。

DSCF1793.jpg

夕食に流れ子の刺身と煮つけを食べました。
印南港産で800円ほどでした。

DSCF1786_20140606162154365.jpg

その日は、まあまあの夕景でした。

     2014.6.6             くまお

追記

このところ全仏オープンテニスのテレビ観戦で、ブログが疎かになっていました。

女子シングルス決勝はマリア・シャラポアが優勝しました。
今回の私は、シモナ・ハレプを応援していましたが。

今晩の男子決勝は、ナダルとジョコビッチのどちらが勝つだろうか?
やはりナダルかな?
ジョコビッチを応援しようと思っています。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

南高梅のジュースを作ろう
DSCF1701.jpg

友人から南高梅が今年も届きました。
昨年同様に、私は梅ジュースを作ることにしました。

先ず一つずつ梅のヘタを竹の爪楊枝で取り除きます。
丁寧に水洗いして、布巾で水気を拭き取ります。
しばらく乾かしてから、ナイロン袋に入れて一昼夜冷凍庫に入れておきます。
瓶を熱湯消毒してから乾かします。

梅と氷砂糖を一対一の割合で漬け込みます。
暗所に二十日間ほど置いておきます。
今月末の出来上がりが楽しみです。

DSCF1702_20140604224629cc1.jpg

茹でた淡竹を買ってきました。
5本で200円でした。

DSCF1705.jpg

牛蒡天や平天、わかめと一緒に煮ました。
煮込む時間が足りず、淡竹に味が沁みていませんでした。
残りをさらに煮込み、明日いただくことにしました。

   2014.6.4                    くまお

追記

6月3日(火)の田辺湾の夕景です。

DSCF1604.jpg

DSCF1629.jpg

DSCF1649_20140604232127f2c.jpg

DSCF1665_20140604232129377.jpg



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

イサギの船釣り(2014.5)
DSCF1434_20140601085322d62.jpg

                 * 高尾山の曙の空

5月29日(木)、名古屋の弟とイサギの船釣りに出かけました。
いつもの遊漁船みふじ丸にお世話になりました。
弟と釣りに出かけるのは、今回が初めてです。
前々日から私のマンションに来ました。
名古屋から車で6時間はかかります。

DSCF1450.jpg

午前5時、目良の漁港を出港しました。
出港して10分もすると、朝日が高尾山の空に昇ってきました。

DSCF1462.jpg

南部沖のポイントに近づきました。

DSCF1484.jpg

船をポイントに掛けて、5時半過ぎに釣りが始まりました。
本日の釣り人は、私たちを入れて4人でした。
一番後ろの二人は調子よく、次々に釣り上げて行きました。

私と向かい合った人は、しばらく釣れませんでした。
その後私はペースを掴み、ぼちぼち釣れ出しました。
今日もトップの針にオキアミを付けました。
追い食いは二回きりでした。
釣れたイサギは良型そろいでした。

DSCF1497_20140601085321fac.jpg

午前11時に納竿となりました。

DSCF1509_20140601093720b8f.jpg

船頭さんは打っていたイカリを揚げると、全速力で港に戻ります。

DSCF1555.jpg

大潮の日の干潮時なので、いつもは水面下で見えjない鳥居の足元が現れていました。

DSCF1571.jpg

私たちの本日の釣果です。
イサギの船釣りが初めての弟は、船頭さんの指導よろしく上手に釣りました。
弟がイサギ53尾と三の字ハゲ、私はイサギ47尾でした。
釣った魚は活かしたまま港に戻り、船頭さんが締めてくれます。

遠くから来てもらった甲斐がありました。
大変満足したイサギ釣りとなりました。

その晩は刺身とカルパッチョ、煮つけなどで食べました。
イサギの身はプリプリしていて、大変美味しかったです。
弟がクマノミさんにお供えしてくれたお酒も、大変美味しかったです。

    2014、5.29                  くまお

追記

DSCF1344.jpg

弟が名古屋から来た27日の夕陽は、とてもきれいでした。
31日(土)に、弟は名古屋へ帰りました。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi