FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

蒜山高原(三日目)
DSCF6253.jpg

              * 蒜山ジャージーランドの芙蓉花


DSCF6215.jpg

9月5日(金)、三日目にしてようやく、蒜山三座は全容を見せてくれました。

DSCF6224.jpg

皆ヶ山の向こうに、鳥取県の烏ヶ山(1,448m)と大山(1,729m)も見えてきました。

DSCF6188_2014091611053407b.jpg

和洋の朝食を食べて、元気をつけました。
チェックアウトした後、良く晴れた蒜山高原道路をもう一度走りました。

DSCF6244.jpg

ジャージーランドの牧場から、上蒜山・中蒜山がくっきりと望まれました。

DSCF6242_20140916110534407.jpg

牧場の柵の周りに、白と赤の芙蓉の花が鮮やかに咲いていました。

DSCF6255.jpg

特に、赤い芙蓉の花は青空に映えてきれいでした。

DSCF6234_20140916110535595.jpg

牧場からも烏ヶ山と大山が望まれました。

DSCF6269.jpg
DSCF6268.jpg

自転車道がよく整備されていました。
レンタル自転車は休暇村や道の駅に用意されていました。

DSCF6282.jpg

大山の姿が高原道路からも時折見えました。
大山をもっと近くで観たいという思いが逸ってきました。

DSCF6285_201409161651012b0.jpg

正午過ぎ、私はコスモスの花が咲き始めた蒜山高原に別れを告げることにしました。
そして、奥大山に向けて、蒜山大山スカイラインへ車を走らせました。

     2014.9.5                     くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

蒜山高原(二日目)
DSCF5927.jpg

               * 蒜山高原を彩る木槿の花


DSCF5986.jpg

9月4日(木)、蒜山高原は曇りで、蒜山三座は顔を見せてくれませんでした。

DSCF5946.jpg

私は朝食前に、昨日とは反対方向に散策してみました。

DSCF5966.jpg

途中で雨がぱらついてきたので、急いで牧場を一回りして戻りました。

そのうち雨が強くなり、雷が鳴り出しました。

DSCF5982.jpg

午前中は部屋で寝転び、雨の蒜山を眺めて過ごしました。

午後2時ごろ雨も小降りになりましたので、車で高原を一回りすることにしました。

先ず、ヒルゼンワイナリーに立ち寄りました。

DSCF5991.jpg

DSCF5994.jpg

昨夕の赤ワイン(ハーフボトル)の値段は、1,620円でした。
山ブドウの果汁(ノンアルコール)を試飲しました。
結構なお値段なので、買いませんでした。

DSCF6001_20140915155208409.jpg

次に、蒜山ジャージーランドに行きました。

DSCF6003.jpg

牧場が裾野に広がる蒜山は、雲に覆われたままでした。

DSCF6055_20140915155045903.jpg

DSCF6068.jpg

高原道路(蒜山高原線)を走る途中、北海道のような風景に出会いました。

DSCF6043.jpg

DSCF6044.jpg

塩釜の冷泉を訪ねてみました。

DSCF6042.jpg

訪問者は私一人でした。
「霊泉」を一口いただきました。

DSCF6077.jpg

「ものはついで」ということもあり、蒜山郷土博物館に向かいました。
時刻は午後4時半を過ぎたころで、閉館まで30分もありません。
館内には入らず、裏手の四ツ塚史跡公園に回ってみました。

DSCF6089_20140915171003e70.jpg

薄暗い史跡公園には、6世紀の古墳群がありました。

DSCF6087_20140915171004738.jpg

「このような山地にも古墳があったのだ」という感慨にとらわれました。

DSCF6076.jpg

史跡公園を取り巻く田んぼには、古代赤米が栽培されていました。

休暇村の3F展望ラドンの湯でさっぱりした後、夕食をいただきました。

DSCF6097_201409151554114bd.jpg

赤ワインはお持ち帰りにして、生ビールとお酒を飲みました。
三日目の明日は、晴れてくれるかなあ?
蒜山三座の全容を観たいものです。

    2014.9.4                      くまお

追記

9月14日(日)の田辺湾の夕景です。

DSCF7698.jpg


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

有馬温泉から蒜山高原へ
DSCF5799.jpg

              * 9月3日(水)の六甲山の朝明け


2日に西宮を辞して、有馬温泉のホテルに一泊しました。
翌朝、非常口から外階段に出て、六甲山の朝明けを撮りました。

DSCF5813.jpg

有馬温泉はまだ眠りの中でした。

私は二度寝をした後、朝食を済ませ、午前10時前に岡山県の蒜山高原へ車を走らせました。

DSCF5831.jpg

午後2時ごろ、蒜山高原SAに着きました。

DSCF5819.jpg

蒜山ジャージー牛乳のソフトクリームを食べました。
蒜山高原には厚い雲が掛かっていて、山並みが良く見えませんでした。

午後2時半ごろ、「休暇村蒜山高原」に到着しました。
正面玄関は増改築のため取り壊し中で、狭い東入口から入りチェックインしました。

DSCF5892.jpg

蒜山三座を望める東館の部屋とレストランです。

DSCF5848_2014091318255821f.jpg

夕食までの時間、休暇村周辺を散策してみました。
蒜山三座(上蒜山1,202m・中蒜山1,122m・下蒜山1,100m)の頂きは、厚い雲に覆われていて、望むことが出来ませんでした。

DSCF5834.jpg

左手にある皆ヶ山(1,159m)は、山頂を見せてくれていました。

DSCF5884.jpg

白樺の丘です。
その皆ヶ山も、まもなく雲に覆われてしまいました。

DSCF5888.jpg

蒜山高原のマスコット「すいとん」です。
ノルウェーのトロールのような存在だそうです。

DSCF5898_2014091321093935e.jpg

私の夕食は、「ひるぜんワイン(ハーフボトル)付き旬彩バイキング」でした。
赤ワインはフルーティーで大変美味しかったです。

     2014.9.3               くまお

追記

9月13日(土)の田辺湾の夕景です。

DSCF7616.jpg

遠く四国の山脈と雲を赤く縁どりながら、夕陽は沈んでゆきました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

田辺に戻りました!
DSCF7502.jpg

             * 9月8日(月 )の田辺湾の夕景


9月8日(月)、田辺のマンションに戻りました。
9月2日(火)の午後、西宮のマンションを辞して、その日は有馬温泉に宿泊しました。
3日(水)・4日(木)は「休暇村蒜山高原」、5日(金)・6日(土)は「休暇村奥大山」と連泊しました。
7日(日)は再び有馬温泉に泊って、翌日久方ぶりに我が家へ戻りました。

DSCF7512_20140913144643a2c.jpg

戻った8日(月)の午後から、隣接するホテルは休館となっていました。
長旅の疲れをホテルの大浴場で癒そうと思っていた目論見が、すっかり外れてしまいました。
その日は、外湯に出かける元気がなくて、シャワーで済ませました。
翌日の9日(火)は、白浜の「長生の湯」に出かけましたが臨時休業で、「湯処むろべ」の温泉に入りました。
10日(水)は、近くの「とれとれの湯」に行きました。
11日(木)も「長生の湯」は休みで、シャワーにしました。
12日(金)の午後からホテルが開業し、夕方と寝る前に大浴場に入りました。
本日、朝風呂に入りやっと旅の疲れが取れました。

DSCF7503_20140913102705954.jpg

ながらく、ブログを留守にしておりました。
蒜山高原や奥大山で、たくさん写真を撮りました。
ぼちぼちブログで紹介させていただきます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

     2014.9.13               くまお

追記

9月9日(火)の田辺湾の夕景です。

DSCF7565_20140913144643165.jpg
   

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi