FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

飛騨高山・白川郷の旅(その2)
DSCF8529_20141107174906b61.jpg

         * 飛騨高山「桜山八幡宮」の大鳥居と立ち並ぶ朝市


DSCF8549_20141201223144fec.jpg

「飛騨高山・白川郷の旅」の二日目は、高山祭(9日・10日)の見物でした。
10月9日(木)午前8時半過ぎ、下呂温泉をあとにして、高山市に向かいました。

高山市では、午後1時半までの自由行動となりました。
まず、朝市が開かれている宮川のほとりを散策しました。

DSCF8526_201412012231435e9.jpg

いろんな食べ物の店の間に、きれいな山野草を並べている店がありました。

DSCF8532_20141012221332fcd.jpg

DSCF8540_20141201223143eae.jpg

DSCF8539_2014101222121201d.jpg

桜山八幡宮への参道には、9台の山車が煌びやかに勢ぞろいしていました。

DSCF8551.jpg

DSCF8555.jpg

DSCF8553_2014101222014629d.jpg

山車には飛騨の匠の見事な彫刻が施されていました。

桜山八幡宮の境内に、からくり人形の山車が一台控えておりました。

DSCF8560_201410122048040da.jpg

DSCF8574.jpg


正午頃から始まる「からくり」を見物するため、大勢の人々がブルーシートの敷かれた場所に座って待っていました。
私は11時前に境内に着きました。
一行のお友達が、座る場所を確保してくれていました。
でも、境内のあちらこちらを撮るために立ち見することにしました。

「からくり」の開始が近づくにつれて、境内には見物人の波が押し寄せてきました。
膨れ上がる人に動画ではうまく撮れず、頭越しに連写で撮影しました。

S0048598.jpg

S0098615.jpg

S0258663.jpg

右手の小さな人形が、何本かの横棒を渡り、お坊さんの肩に乗るという仕種です。

S0068608.jpg

「からくり」とは、「糸を引っ張って動かす」という動詞「からくる」の連用形の名詞化と言われています。(ウィキペディア)
山車の中から糸を操るはずが、開始前に糸が切れてしまったようです。
黒子が姿を現し、横棒に小さな人形を取り付けていました。
これも愛嬌ですね。

約20分で「からくり」は終了しました。

S0278667.jpg

集合までの時間、昼食に高山ラーメンを食べました。
醤油味の大変美味しいラーメンでした。

帰りのバスの最後の乗客となった私は、午後9時過ぎにマンションに無事送り届けていただきました。
バスのドライバーさん、バスガイドさん、そしてお世話いただいた役員の方に厚くお礼申し上げます。

   2014.10.9                   くまお

追記

DSCF8674_201410131437375ba.jpg

10月11日(土)、群鳥が海面すれすれに飛んで行きました。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

飛騨高山・白川郷の旅(その1)
DSCF8490.jpg

DSCF8443.jpg

DSCF8463.jpg

             * 白川郷萩町の合掌造り集落の風景


10月8日(水)・9日(木)、「飛騨高山・白川郷の旅」に行ってきました。
地元の明光バス二台に分乗しての、遠路のバス旅行でした。

DSCF8359_20141011104805466.jpg

一日目は、世界遺産白川郷萩町合掌造り集落の見学でした。
みなさんの中には、すでに見学なされた方が多くいらっしゃることと思います。
私が白川郷を訪れるのは、今回が初めてでした。

DSCF8375.jpg

駐車場から吊り橋(であい橋)を渡り、合掌造りの集落に入りました。
バスガイドさんが揺れるのが怖いと言って、吊り橋をさっさと渡って行きました。
私は全く揺れを感じることはありませんでした。

私は先ず、シャトルバスで萩町の集落が見渡せる展望台に上りました。

DSCF8386.jpg

DSCF8394.jpg

やや傾きかけた夕陽が逆光になって、うまく撮れませんでした。
稲刈りを終えた山峡の集落に、すすきの白い穂波が揺れていました。

展望台からは、歩いて集落まで戻りました。

DSCF8477.jpg

DSCF8475_2014101110480395d.jpg

お寺(善明寺)の本堂も山門も、屋根は茅葺でした。

DSCF8459.jpg

DSCF8454.jpg

集落の目貫通りは、いろいろなお店で賑わっていました。

DSCF8498_20141011104804d76.jpg

私たちは三々五々吊り橋を渡り、バスの駐車場に戻りました。

DSCF8502_20141011125016fe6.jpg

私は橋の途中に立ちどまり、濁った庄川の流れを撮りました。

DSCF8511_2014101112501660d.jpg

吊り橋は、バスガイドさんの言っていた通り、確かに揺れていました。

バスは東海北陸自動車道を戻り、高山市から51kmほど離れた下呂温泉に向かいました。
つるべ落としの秋の日はすっかり沈んで、温泉街の明かりだけが目立ちました。
下呂温泉水明館」に到着したのは、午後5時半を過ぎていました。

下呂温泉は日本三名泉と称される通り、さらりとした「いい湯」でした。

     2014.10.8                 くまお

追記

田辺を出発する日の朝焼けです。

DSCF8339.jpg

マンションの19階にエレベーターで昇って撮りました。
とても綺麗な朝焼けでした。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

茜雲
DSCF8280.jpg

10月7日(火)夕刻、刷毛で刷いたような面白い雲が、西空に棚引いていました、

DSCF8296.jpg

夕日が傾くにつれて、西空が段々と赤く映えてゆきました。

DSCF8299.jpg

四国の山にかかった夕日が、なぜか壺型になりました。

DSCF8302.jpg

西空は茜雲で充たされてゆきました。

DSCF8327.jpg

田辺湾の神島もひと時華やぎました。

明日から飛騨高山へのバス旅行に出かけます。

    2014.10.7                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

台風18号去りて
DSCF8236.jpg

          * 台風18号が去った6日(月)朝の跡の浦湾


「果報は寝て待て」ではありませんが、台風18号は昨夜から今朝にかけて紀伊半島沖を通り過ぎました。
私はマンションのバルコニーに置いている物を、室内に取り込むだけで事は足りました。

DSCF8238.jpg

DSCF8240_201410062132356ba.jpg

DSCF8242_2014100621323412e.jpg

今日6日(月)は、雲は早く流れて、素敵な夕景を観ることが出来そうでした。
でも、「つるべ落としの秋」と言われるように、夕日はあっという間に沈んでしまいました。
季節の移ろいを実感しました。

秋磯のイガミ釣りに出かけたいと心は逸りますが、次の19号台風がやって来そうです。
当分磯釣りに行けそうもありません。

      2014.10.6               くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新庄公園の滑り台
S0288214.jpg

              *  田辺の弁慶祭りの花火


10月4日(土)、田辺弁慶祭り花火大会がありました。
二女の家族が帰省中で、花火大会の会場まで車で送って行きました。
私は例年のように、マンションのバルコニーから花火を見物しました。
台風接近の影響で、二尺玉の打ち上げは中止されたようです。

S0038125 (2)

4日の午前中、孫と新庄公園に遊びに行きました。
滑り台を一緒に滑るようにせがまれて、何度も滑っているうちに目が回ってきました。
孫は「大変楽しかった」と言ってました。
台風が去ったら、「また新庄公園に行こう」と言うに違いありません。

    2014.10.4                 くまお

追記

10月4日の夕景です。

DSCF8167 (2)

DSCF8169 (2)

DSCF8176_20141005171730a38.jpg

DSCF8180_20141005171708999.jpg

燃えるような夕焼けでした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

すだち(スダチ)ポン酢作り
DSCF7821_20141002232541864.jpg

先日、産直店で買ったすだち(スダチ)です。
一袋50円で4袋買いました。
半額の値段がついていました。

DSCF8037_20141002232541350.jpg

果汁を搾ったところ少し足りないので、後日買い足しました。
今度も一袋50円でしたが、実が大きくて新鮮なスダチでした。
あるだけ全部(8袋)買いました。(他の産直店では、180円の値段でした。)
2袋は果実のまま残し、6袋を搾りました。
全部で約700㏄搾れました。

DSCF8070_20141002234440f6e.jpg



ポン酢の作り方は、クマノミさんのレシピ(ブログ「すだち(スダチ)ポン酢作り」2006.10.24)を参考にしました。

  すだち(すだち)汁250cc 
  醤油        500cc
  米酢         75cc
  みりん       150cc + 50cc
  酒           50cc
  昆布・鰹だし汁   適当

  * みりんと酒に昆布とかつおのだし汁を加えて、沸騰させました。甘みが足りないようなので、みりんをさらに50ccほど足しました。

DSCF8069_20141002234439f39.jpg


1,000ccあまりのポン酢が出来上がりました。
これからの鍋の季節、すだち(スダチ)ポン酢は重宝します。

   2014.10.2              くまお

追記

10月2日(木)の夕景です。

DSCF8092.jpg

DSCF8084.jpg

散髪に行った帰り道、ヴィラの庭園から撮りました。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

秋祭り
DSCF8053.jpg

10月1日(水)、今年も友人ご夫妻から秋祭りのご馳走が届きました。
アセの葉で巻いた鯖の押しずしです。

DSCF8057.jpg

私一人には、一本で十分な分量です。

DSCF8055_2014100200285287f.jpg

さらに煮物もいただきました。

田辺のマンションに移って4年余りが過ぎました。
地域での祭りに参加することはありません。
こうして、友人から秋祭りのご馳走をいただくことで、「祭り」を楽しませてもらっています。

10月8日・9日、岐阜県高山の高山祭りを見物するバス旅行に参加します。
御嶽山の噴火で大勢の犠牲者がでているので、なんだか気が重いです。
テレビの画面を通じてですが、自然の脅威を見せ付けられました。

私は最近ロープウェーやリフトで行ける山登りに興味を持ち始めました。
今回の災害は他人ごとに思えません。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また、負傷された方のご回復を願っています。

    2014.10.1                  くまお

追記

9月29日の夕景です。

DSCF8008.jpg

変哲もない雲の時は、沈む寸前の夕日の色合いが面白いです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

テニス日和
DSCF8044.jpg

    * 文里のテニスコートの陽だまりに咲くゼフィランサス(玉すだれ)


DSCF8046.jpg

10月1日(水)は文里のテニスに行きました。
11人の参加者があり、急遽コートをもう一面借りました。

二面のコートでプレーするのは久しぶりの事です。
朝の集まりも早くなりました。
「錦織効果」なのでしょうか?

DSCF8045.jpg

このように、テニスの人気が続いてくれることを願っています。
神島フレンズテニス(水・金の週二回)は、一ヶ月1,000円で出来る野外スポーツです。
興味のある方は、どうぞご参加ください。

      2014.10.1             くまお

追記

9月27日(土)の夕景です。

DSCF7962_201409272150582ab.jpg

DSCF7960_20140927215116a7d.jpg

鳶が気持ちよさそうに夕空を舞っていました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi