陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジビエ料理
DSCF4591.jpg

                * 1月31日(土)の曙光


1月30日(金)の夕食にジビエ料理を作りました。

DSCF4568_20150131151302ff8.jpg

先日、テニス仲間にいただいた鹿の肉です。
半分はすき焼きにして食べました。
今回は解凍して薄切りにし、ショウガ、塩、コショウと赤ワインで炒めました。

DSCF4565.jpg

季節の菜の花を茹でました。

DSCF4575.jpg

茹でた菜の花・ブロッコリーとサニーレタスを添えました。
レモン汁とドレッシングを掛けていただきました。

鹿の肉は解凍が不十分な上に、炒め過ぎました。
そのため少し硬くなってしまいました。
でも、臭みがなく美味しくいただきました。

      2015.1.30            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

目標達成は?(田並の寒グレ釣り)
DSCF4553.jpg

          * 30㎝以上のグレは2尾(35㎝)にとどまる


1月29日(木)、今年4回目の寒グレ釣りに出かけました。
またしても、目標(30㎝以上のグレ3尾)は達成できませんでした。

DSCF4457_2015013021445996a.jpg

午前7時、串本田並漁港を出港しました。
綺麗な朝焼けです。

DSCF4485.jpg

釣人は8名で、私は今回もTさんと同行しました。

DSCF4493_20150130214320302.jpg

私達は前回同様「赤島」に渡礁しました。

DSCF4526.jpg

アオリイカ釣りの方は「コイガミ」に乗りました。

DSCF4525_201501302143207b3.jpg

グレ釣りの二人は、一級磯の「長島」に渡りました。

DSCF4539.jpg

残りの4名を乗せた闘龍丸は、根島、三つ石方面へ向かいました。

DSCF4498_2015013021445975f.jpg

「赤島」のグレポイントです。
赤島とシモリの間の磯際を狙います。

経験豊かなTさんは、好ポイントを私に譲ってくれました。
今日は目標を達成するチャンスが十分ありました。
針ハズレが3回もあり、焦ってしまいました。
磯ではあっという間に時間が経ってしまいます。


DSCF4545_20150130214320649.jpg

DSCF4546.jpg

納竿時間を待っていたように、アオサギやカモメがやって来ます。
磯にこぼしたオキアミをいただこうというのです。


DSCF4558.jpg

                 * 本日の私の釣果


上手なTさんは、グレ30㎝以上を6尾釣りました。
30㎝に満たないグレも相当釣りました。
私は目標を達成できず、再度挑戦することになりました。

      2015.1.29                  くまお

追記1

DSCF4564_20150130214321da2.jpg

ホテルの大浴場で、漁師の方に教えてもらった「海賊焼き」です。

まず、グレに数か所切れ目を入れます。
コショウを振りかけて、8割がた焼きます。
味りん、酒、しょうゆ、砂糖、ニンニク、とうがらしを混ぜたタレを、焼いた魚に付け焼きします。

こんがりと香ばしく焼き上がりました。

追記2

今回も、Tさんに釣ったグレやガシラをいただきました。
釣行には、二度ともTさんの車に乗せてもらいました。
大変お世話になりました。
釣りの上達方法として、上手な人に連れてってもらうのが一番と言われます。
たくさんのことを教わりました。
いろいろとありがとうございました。

次回こそ、「目標達成!」という題でブログを綴りたいものです。

追記3

みなさんは「寒かったでしょう」と、体調のことを心配してくれます。
実は4回の釣行とも汗ばむほどでした。

その理由は、天気の良い日を選んで釣行していることです。
もう一つの理由は釣りの服装です。

下着(バッチとシャツ)を二枚重ねで着ます。その一枚は南極仕様です。
その上に釣り用の防寒着をきます。
さらにライフジャケットを付けます。
腰から下に尻当てを付けます。
帽子はスキー用です。
ホッカイロを腰に貼り付け、防寒用のマフラーを首に巻付けます。
靴は分厚い磯靴で、靴下は登山用の厚手を使用します。
これで寒さ対策は万全です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

桜は咲いたが梅はまだかいな?
DSCF4371_2015012621401860c.jpg

           * 県道田辺白浜線沿いの早咲きの桜


1月25日の午前、JA富田に行く途中に早咲きの桜を見つけました。
マルチョウ田辺店の前あたりです。

DSCF4380_20150126214018bd1.jpg

一羽のメジロが桜の木の枝に留まっていました。
よく見ると、花びらの蜜を吸っていました。

DSCF4385_201501262140191ca.jpg

メジロは夢中になって蜜を吸っていました。

県道沿いの桜は、例年早く開花しています。
緋寒桜なのでしょうか、それとも大島桜かな?

梅は咲いたが桜はまだかいな?」という言葉を思い出して、近くの梅畑に行ってみました。

DSCF4365_20150126214018a66.jpg

梅の花はまだ咲いていませんでした。
あと一週間もすれば咲き出すことでしょう。

     2015.1.25               くまお

追記1

1月24日(土)の夕陽です。
夕陽の沈む位置は、徐々にお城から天神崎へ移行しています。

DSCF4344.jpg

DSCF4345_2015012621425729d.jpg

DSCF4352.jpg

追記2

県道沿いの早咲き桜は、「沖縄緋寒桜」と、ある方から教えていただきました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

三寒四温?
DSCF4295.jpg
DSCF4302_201501222201368c4.jpg

1月21日(水)は、 大寒も過ぎて春の陽気でした。
シラス船団が、穏やかな田辺湾内で網を引いていました。


DSCF4329.jpg
DSCF4316.jpg

22日(木)は、昨日とは打って変わって雨模様でした。
三寒四温という気候は、ちょうどこの時期を言うのでしょうか?

現在、隣接するホテルは休館中です。
大浴場が使えないため、マンションの住人とまったく出会いません。
私は一日中部屋にいました。
午前中は、全豪オープンテニスのテレビ観戦をしました。
午後からは、グレ釣り名人藤原義雄さんの「グレ必釣法」のDVDを観て過ごしました。


DSCF4338_2015012222013808c.jpg

夕食に、三の字ハゲを薄づくりにして食べました。
大根おろしとネギに、ポンズとしそ酢を掛けて食べました。
まったく臭みがなくて、美味しかったです。


南部梅林の開園は24日(土)で、陽だまりの梅の花が咲きだしたという新聞報道がされていました。

    2015.1.22                 くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

寒グレ釣り(串本田並の磯)
DSCF4291.jpg

            * 本日の私の釣果(34・35㎝のグレ)


1月20日(火)、今年三度目の寒グレ釣りに出かけました。
今回は元同僚のTさんをお誘いしての釣行です。

DSCF4239.jpg

午前7時少し前、闘龍丸は釣人4人を乗せて出港しました。
今朝も海霧が海面から立ち昇っていました。
地磯では、すでに釣りを始めていました。

S0433507.jpg

               * シモノハ赤島(前回に撮影)

Tさんと私は、シモノハ赤島に渡礁しました。

DSCF4267_20150121164945859.jpg

赤島に渡礁して間もなくご来光となりました。
左手の島はシモノハ(千畳とも呼ばれる)です。
シモノハは、クマノミさんとイガミ釣りで何度も上がった島です。

DSCF4273_201501211649443fb.jpg

赤島からは、オオマや瀬島、長島などの田並の一級磯が見えます。

DSCF4280.jpg

根島、三つ石と釣人を渡した闘龍丸は、港へ戻って行きました。

釣り始めた私たちは、シバグレを何尾か釣りました。
朝陽が眩しくて、浮子が見えません。

フカセ釣りの経験豊富なTさんは、シモノハとの水道に移り、30㎝オーバーのグレを釣りました。
私も釣り座を水道に移しましたが、釣れませんでした。

その後、Tさんは先端部に釣り座を戻して、何尾か釣りました。
私はシモノハ向きの磯際で試みました。
二度大物が掛かりましたが、道糸から切られてしまいました。
逃げた魚は、多分大きな三の字ハゲだろうと思います。
浮子は何とか回収することが出来ました。

水道の溝に魚が居るようなので、じっくり攻めてみました。
昼ごろになって、やっと30㎝オーバーのグレを2尾釣り上げました。
そこでも大物に切られてしまいました
幸い、浮子(2千円ほどする)を回収することが出来ました。

午後二時に渡船が迎えに来ました。
渡船が近づいてきて、急に戻りました。
すでに磯上がりしていたSさんが、海面から竿を引き上げていました。
Tさんと私は、赤島の船着きで観ていました。
誰かが落とした竿が、浮いていたのだろうと思いました。
竿を引き上げ終わると、三の字ハゲが掛かったままでした。

私はこの赤島で竿を大物に引き込まれて無くした経験がありましたので、自分の竿入れを開いてみました。
あれ? 先ほどまで使っていた「がまかつの竿」が入っていませんでした。

渡船に乗り移り、拾い上げてくれた竿を見ると、私の竿でした。
なんだか狐につつまれたみたいでした。
私は先程まで船着きとは反対側で、竿を出していました。
餌を付けて放り込んだ竿をそのままにして、他の道具を片づけました。
そして、竿のことを忘れていたのでした。

食いついた三の字が竿を引き込み、島を半周しているところを、船頭さんが見つけてくれたのでした。

DSCF4294_20150121165008233.jpg

食いついていた三の字ハゲです。
竿を引き上げてくれた船頭さんと釣人のSさんに、感謝申し上げます。

三の字くん ご苦労さまでした。
折角なので、薄づくりにしていただきました。

DSCF4288.jpg

持ち帰った本日の釣果です。
Tさんが釣った何尾かのグレ・タカノハ・イガミをいただきました。

30㎝以上のグレは、Tさんが4尾、私は2尾でした。
今回も、目標は達成できませんでした。
次回は、必ず達成したいと思っています。

      2015.1.20            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

菜の花のかおり
DSCF4220_20150119193100c06.jpg

            * 菜の花のかおり漂う新庄公園


1月19日(月)の午後3時、久しぶりに新庄公園に行きました。

DSCF4222_20150119193100962.jpg

菜の花が満開を迎えていました。
近寄ると、菜の花の甘いかおりが漂ってきました。

DSCF4227.jpg

パンジーは北風を受けて、寒さに耐えている様子でした。

DSCF4217.jpg

田辺東部小学校たんぽぽ学級の花壇は、いつ見てもきれいです。

明日は大寒。
もうしばらく寒さが続きます。
その寒さのなかで、、梅の花の蕾が日毎に膨らんできています。

  * 梅の花凛と己に足りにけり    松瀨 靑々

1月31日(土)からは田辺石神梅林、2月1日(日)からは南部・岩代の梅林が開園されます。

     2015.1.19                 くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

エビピラフ
DSCF4156_20150118213344dcf.jpg

              * 咲き始めたヴィラの蔓日々草


1月18日(日)の昼食にエビピラフを作りました。

DSCF4168.jpg

尾鷲の上野商店さんから送っていただいたガスエビです。

バターとにんにくで、解凍したエビを炒めました。
みじん切りした玉ねぎと人参を加え、さらに炒めました

味付けには紹興酒、塩、こしょうを使いました。
最後に特製の中華スープ(オイスターソース・ナンプラ・濃口醤油)で仕上げました。

DSCF4182.jpg

大雑把に作ったにしては、美味しかったです。
ピラフにはワインが欲しくなります。
午後から上富田のテニスがありましたので、ノンアルコール・ビールで喉を潤しました。

上富田のテニスは午後5時過ぎまでありました。
プレー中に綺麗な夕焼けになりました。

DSCF4188.jpg

終了後、急いで高台に車を走らせて、残照を撮りました。
あと20分ほど早ければ、素敵な夕焼けが撮れたに違いありません。
何年か前に串本で、本日のような綺麗な夕焼け雲を見たことがありました。

     2015.1.18                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

しばグレとベラの煮付け
DSCF4151_201501172012578eb.jpg

先日釣ったしばグレを煮付けました。
しばグレは身が柔らかく、磯の臭いがするので、まず10分ほど焼いてから煮付けました。
焼くと身が引き締まり、香ばしくなります。
甘辛く煮付けると、大変美味しい魚です。

DSCF4154.jpg

このベラの名は五万両と言います。
クマノミさんは、こんなに小さな魚でも刺身にしていました。
私はしばグレと一緒に煮つけました。
これも大変美味しい魚です。

大きなグレは、大半は煮付けか鍋用に料理して、冷凍保存しました。

DSCF4147.jpg

一部分はクマノミさんの好きなうすづくりと刺身にしました。
刺身の方が魚の旨味が味わえました。
甘みがあって美味しかったです。

今回の釣果に味をしめて、来週に目標達成への挑戦をしたいと思っています。
20年前の1・17を頭の片隅に置きながら。
最近の「釣キチくまお」は、体力温存のため早めに寝ることにしています。

    2015.1.17                 くまお

追記

S0704077切り抜きだ


昨日の「めだかの学校」で教わり、JTrimで魚拓写真を作りました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

まぐれあたり~串本田並の寒グレ釣り
S0734080.jpg

              * まぐれあたりのグレ(48㎝)


1月13日(火)、今季2回目の寒グレ釣りに出かけました。
前回同様に波風のない穏やかな好天でした。

S0053467.jpg

暖かな海水面から、海霧が立ち昇っていました。

S0483512.jpg

東の空が赤く染まってきました。
間もなくご来光です。

S0543518.jpg

アオリイカ釣りの三人は、「コイガミ」に渡礁しました。

S0244031.jpg

私は今回も「根島」です。

S0214028.jpg

もう一方(前回グレをくれたSさん)は、「三つ石」に渡りました。

S0763540.jpg

潮岬に朝日が昇ってきました。

S0164023.jpg

私は「根島」の沖向きを釣り座にしました。
初めて、ボイルオキアミを使ってのふかせ釣りです。
G2のウキで一ヒロ半、完全ふかせの釣り方です。
これは、Sさんから教わった釣り方です。

ボイルオキアミをまくと、三の字ハゲやうすばハゲ、緋ブダイや青ブダイなどの大きな魚影が見えました。
針がかりする強い引きの魚は、どれも三の字ハゲばかりでした。

満潮を30分ほど過ぎた午前11時20分に、強い当りがありました。
なんどか竿を海中に引き込まれそうになりました。
また三の字かと思いながらも、ドラッグを緩めたり、リールのベールをフリーにしたりして、竿を立て直しました。

そのうち磯際に潜られてしまい、一瞬動かなくなりました。
方向を変えて竿を引き上げてみると、また動き出しました。
水面に浮かせ、タモで掬おうとしたとき、大きなグレだとわかりました。

タモに収め、酸素を吹き込んだバッカンに入れました。
手のひらで測ってみると、46㎝以上はありそうでした。

あと2尾を釣り上げて、今日こそ目標を達成しようと頑張りました。
結局、グレはそれだけでした。
「まぐれあたり」だったのでした。

S0624069_20150115000448afc.jpg

午後2時、納竿となりました。
渡船は急いで港へ帰ります。

S0644071_20150115000448c9e.jpg

潮岬の灯台前の島々には、浮島現象が見られました。

S0714078_201502152156160ec.jpg

生きていたグレを船頭さんにしめてもらい、記念撮影をしました。
30㎝以上を3尾という目標は、今回も達成できませんでしたが、大グレを釣って心に余裕が生じました。

DSCF4083.jpg

浜辺に咲く浜大根の花が目に入りました。

帰り道に、フィッシング・ベース「海くん」に立ち寄りました。
グレ釣り名人の藤原義雄さんがおられました。

検寸をお願いしました。
ちょうど48㎝ありました。
いい型のグレだと褒めてくれました。
そして、「海くん」のブログにも掲載してくれることになりました。
大グレを釣った喜びが、じわじわと湧いてきました。

DSCF4117.jpg

本日の釣果です。
イガミ(40㎝)は、Sさんがくれました。
タカノハは42㎝ありました。
三の字ハゲの大きいのは41㎝でした。
(何尾かの三の字とシバグレは、リリースしました。)

DSCF4145.jpg

小さい魚から料理してゆきました。
最後に48㎝のグレが残りました。
私はしばらく眺めていました。
堂々として、貫禄がありました。
これまで大きくなるには、幾度かの危機を掻い潜ってきたに違いない。
私はいつもと違った「生きもの」への感情を懐きました。
そして、大グレの姿を、さらに何枚かの写真に収めました。

私は美味しくいただこうと思い、ようやく料理に取り掛かりました。

     2015.1.13                   くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

上富田テニスの初打ち
DSCF3377.jpg


1月11日(日)は、上富田テニスの初打ちでした。
少し風はありましたけれど、プレーしていると汗ばんできました。

DSCF3399.jpg

隣接するグラウンドの芝生は、春の陽光を浴びて青々と芽ばえていました。

DSCF3409.jpg

いつもは賑やかな観客席も、本日は試合はなくて、ひっそりしていました。

テニスの合間に、私は近くの梅畑を散策しました。

DSCF3418.jpg

梅の蕾はまだ固そうでした。

DSCF3415_20150111224450cc2.jpg

梅畑は日差しを受けて暖かく、タンポポの花があちこちに顔を覗かせていました。

DSCF3416.jpg

枯草もそれなりの化粧をしていました。

1月20日の大寒が過ぎれば、梅の蕾はほころび始めることでしょう。

     2015.1.11                  くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi