FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジビエ料理
DSCF4591.jpg

                * 1月31日(土)の曙光


1月30日(金)の夕食にジビエ料理を作りました。

DSCF4568_20150131151302ff8.jpg

先日、テニス仲間にいただいた鹿の肉です。
半分はすき焼きにして食べました。
今回は解凍して薄切りにし、ショウガ、塩、コショウと赤ワインで炒めました。

DSCF4565.jpg

季節の菜の花を茹でました。

DSCF4575.jpg

茹でた菜の花・ブロッコリーとサニーレタスを添えました。
レモン汁とドレッシングを掛けていただきました。

鹿の肉は解凍が不十分な上に、炒め過ぎました。
そのため少し硬くなってしまいました。
でも、臭みがなく美味しくいただきました。

      2015.1.30            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

目標達成は?(田並の寒グレ釣り)
DSCF4553.jpg

          * 30㎝以上のグレは2尾(35㎝)にとどまる


1月29日(木)、今年4回目の寒グレ釣りに出かけました。
またしても、目標(30㎝以上のグレ3尾)は達成できませんでした。

DSCF4457_2015013021445996a.jpg

午前7時、串本田並漁港を出港しました。
綺麗な朝焼けです。

DSCF4485.jpg

釣人は8名で、私は今回もTさんと同行しました。

DSCF4493_20150130214320302.jpg

私達は前回同様「赤島」に渡礁しました。

DSCF4526.jpg

アオリイカ釣りの方は「コイガミ」に乗りました。

DSCF4525_201501302143207b3.jpg

グレ釣りの二人は、一級磯の「長島」に渡りました。

DSCF4539.jpg

残りの4名を乗せた闘龍丸は、根島、三つ石方面へ向かいました。

DSCF4498_2015013021445975f.jpg

「赤島」のグレポイントです。
赤島とシモリの間の磯際を狙います。

経験豊かなTさんは、好ポイントを私に譲ってくれました。
今日は目標を達成するチャンスが十分ありました。
針ハズレが3回もあり、焦ってしまいました。
磯ではあっという間に時間が経ってしまいます。


DSCF4545_20150130214320649.jpg

DSCF4546.jpg

納竿時間を待っていたように、アオサギやカモメがやって来ます。
磯にこぼしたオキアミをいただこうというのです。


DSCF4558.jpg

                 * 本日の私の釣果


上手なTさんは、グレ30㎝以上を6尾釣りました。
30㎝に満たないグレも相当釣りました。
私は目標を達成できず、再度挑戦することになりました。

      2015.1.29                  くまお

追記1

DSCF4564_20150130214321da2.jpg

ホテルの大浴場で、漁師の方に教えてもらった「海賊焼き」です。

まず、グレに数か所切れ目を入れます。
コショウを振りかけて、8割がた焼きます。
味りん、酒、しょうゆ、砂糖、ニンニク、とうがらしを混ぜたタレを、焼いた魚に付け焼きします。

こんがりと香ばしく焼き上がりました。

追記2

今回も、Tさんに釣ったグレやガシラをいただきました。
釣行には、二度ともTさんの車に乗せてもらいました。
大変お世話になりました。
釣りの上達方法として、上手な人に連れてってもらうのが一番と言われます。
たくさんのことを教わりました。
いろいろとありがとうございました。

次回こそ、「目標達成!」という題でブログを綴りたいものです。

追記3

みなさんは「寒かったでしょう」と、体調のことを心配してくれます。
実は4回の釣行とも汗ばむほどでした。

その理由は、天気の良い日を選んで釣行していることです。
もう一つの理由は釣りの服装です。

下着(バッチとシャツ)を二枚重ねで着ます。その一枚は南極仕様です。
その上に釣り用の防寒着をきます。
さらにライフジャケットを付けます。
腰から下に尻当てを付けます。
帽子はスキー用です。
ホッカイロを腰に貼り付け、防寒用のマフラーを首に巻付けます。
靴は分厚い磯靴で、靴下は登山用の厚手を使用します。
これで寒さ対策は万全です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi