陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

写真撮影研修会に参加して(その3)
DSCF6166_201502262132042b2.jpg

*  白浜町のシンボル 円月島


2月24日(火)の午前9時、「湯処むろべ」を出発して、白浜町のシンボル 円月島の近くに集合しました。

DSCF6135_201502262131583e3.jpg

写真撮影研修会の二日目の現地研修は、円月島の撮影でした。
講師先生のレクチャーがあって、円月島と向き合って撮影することになりました。

DSCF6164_20150226213636026.jpg

次の課題は、円月島をなるべく遠くに配置することでした。

DSCF6242_20150226213637c90.jpg



続いて、瀬戸漁港、その先の松乃湯まで歩いてゆきました。
出された撮影課題は、「漁港と円月島」・「赤灯台と円月島」・「寂しそうな円月島」」の三つでした。

DSCF6311.jpg

DSCF6278.jpg

三つ目の課題「寂しそうな円月島」は、撮れませんでした。

DSCF6218_20150226213637eec.jpg

岩礁に羽を休める鷗を見つけました。
白浜温泉の町を必ず背景に入れて撮るように教わりました。

DSCF6153_20150226213159ff0.jpg

           * 崩れの緊急保全対策がされた円月島   

最後に、、円月島を背景にした集合写真の撮り方を教わりました。

午前11時、二日間の研修日程を終えました。
私にとって、緊張した中にも充実した研修となりました。
研修に参加されたみなさん、仲よくしていただきありがとうございました。

教えていただきたいことが、まだ山ほどあります。
来年もぜひ開催してほしいと思いました。

末筆ながら、お世話くださった互助会のNさん、、熱心にレクチャーなされた講師の徳田直季氏に感謝申し上げます。
貴重な体験をさせていただき、誠にありがとうございました。

     2015.2.24              くまお

追記

DSCF6138_20150226213158ed5.jpg

DSCF6141_201502262131589ac.jpg

湯処むろべ」のロータリーにある山口誓子の句碑と解説板です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

写真撮影研修会に参加して(その2)
DSCF5980.jpg


DSCF6020_20150225205542912.jpg

              * 白浜町の名勝 千畳敷の夕陽


2月23日(月)午後5時、写真撮影の現地研修(パート2)が、白浜町の名勝 千畳敷で始まりました。

DSCF5972.jpg

徳田直季講師のレクチャーがあり、

太陽をいろんな位置に配して撮ることが強調されました。

DSCF6083.jpg

太陽を画面の上・中・下、左・中・右の位置に配して撮ってみる。

DSCF6104.jpg


さらに、カメラを縦にして、同様に撮る。
合計18枚以上を撮る。
どの位置の太陽が良かったかは、あとで判断すればよい。

これまで私は、夕陽を撮るとき、「夕焼けシーン」のモードで、夕陽を真ん中に置いて撮ってきました。
しかも望遠を多用してきました。
そのため、ありのままと違った夕焼けシーンになっていました。

その夜の宿泊は、「湯処むろべ」でした。

DSCF6124_20150225152134143.jpg

夕食後、作品品評会を兼ねたレクチャーがありました。

学んだことを箇条書きにしてみました。

心構えとして、

◎ 写真はありのままが一番良い。
◎ しつこく撮る。
◎ たくさん撮り、選ぶことで上達する。
◎ いいシーンと色に出会うのを待ち続ける。
◎ 写真から感じる物語がある。
◎ 望遠は多用しない。
◎ 人物撮影は、声を掛けると心温まることがある。

技術として、

◎ 花は正面にピントを合わせる。
◎ バックの明暗などをいつも意識して撮る。
◎ 風景などはオートブラケットを使うとよい。
◎ ホワイトバランスは、ふつうはオートでよい。

午後9時過ぎにレクチャーが終了しました。
入浴して床に就きましたが、頭を使った所為か、しばらくは寝つけませんでした。

     2015.2.23               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

写真撮影研修会に参加して(その1)
DSCF5840.jpg

DSCF5843_201502251519254f4.jpg

           * 一目百万 香り十里と称される南部梅林


2月23日・24日、県互助会主催の「写真撮影研修会」に参加しました。
第一日目の現地研修は、みなべ町晩稲の南部梅林と白浜町の千畳敷です。

DSCF5813_20150225152043f1c.jpg

午後1時に南部梅林駐車場に集合との案内をもらっていました。
慌て者の私は、駐車場から歩いて15分ほどの梅公園まで上がってしまいました。
南部梅林は八分咲きでした。
団体バスの見学者が多くて、平日にもかかわらず、梅林は賑わっていました。

DSCF5806.jpg

みかえり坂を上って行く途中、梅の花を詠った和歌がいくつも表示されていました。
山上憶良をはじめ、大伴旅人や山部赤人などの有名な万葉歌人の和歌がありました。

DSCF5838_20150225152043f87.jpg

道端には、春らしく菜の花が咲き乱れていました。

DSCF5815_201502251520416c4.jpg

南部梅林には、家族連れの姿があちらこちらに見られました。

DSCF5845.jpg

みかえり坂を上り詰めると、梅公園がありました。

DSCF5864_20150225152134f15.jpg

公園内には、白梅・紅梅などの園芸品種が植栽されいました。

DSCF5907.jpg

今回の研修者は8名でした。
そこで、講師の徳田直季氏よりレクチャーを受けました。

その要点は、

① 見たまま(ありのまま)を写真に撮るには、適切な「露出補正」をする。

② ポイント(南部梅公園では、紅梅と白梅、海が遠望されること)を見つける。

私は夕陽を撮る時は露出補正を使っていましたが、花を撮るのに使うことを教わりました。

DSCF5928.jpg

でも、紅梅と白梅は明るさの違いがあり、うまく撮れませんでした。

DSCF5930.jpg

海を入れて撮ったものの、曇天で海の色を出せませんでした。

DSCF5937_20150225151926ea0.jpg

午後3時過ぎ、梅公園からみかえり坂を下り、駐車場に戻りました。

次に、車コースへ向かいました。
道が狭いため、私は係の方の車に同乗させてもらいました。

DSCF5954.jpg

茶屋で一服した後、車コースを辿って、駐車場に戻りました。
そして、私たちは白浜町の千畳敷に向かいました。

     2015.2.23                くまお

追記

DSCF5837.jpg

DSCF5809_20150227082731e81.jpg


DSCF5849.jpg

万葉人には、「梅の花と雪」・「梅の花とウグイス」の取り合わせが良かったようです。
紀州人には、「梅の花と蜜蜂」・「梅の花とメジロ」ですね。

  

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

満開の岩代大梅林(2015)
DSCF5769.jpg

               * 満開のみなべ岩代大梅林


2月21日(土)、みなべ町岩代の大梅林へ行ってきました。

DSCF5550_20150222112131925.jpg

午後12時半過ぎに大梅林の駐車場に到着しました。
テニスの先輩が、駐車場係のボランティアをされていました。
駐車場はほぼ満車状態でした。
後ほど聞いたことですが、南部梅林への道路が渋滞していて、岩代梅林にきた人もいたようです。
私は午後3時ごろまで梅林を散策することにしました。

まず、案内の方に教わったカメラのベストスポットへ行きました。


DSCF5564.jpg

DSCF5561_20150222112130ec6.jpg

DSCF5563.jpg

    *  小高い山頂から俯瞰した岩代大梅林の全景(上から左・中・右)


「山間に広がる梅大海」(パンフレットより)と称されるとおり、見渡す限りの梅の花が、霞のように広がっていました。
数年前に訪れた時は、六・七分咲きで、いまいちでした。

DSCF5566_20150222111904035.jpg

今回は満開でした。

DSCF5568.jpg

ちょうど見頃でした。

徒歩コースをたどり、売店や舞台のあるところへ出ました。

DSCF5585.jpg

家族連れの人たちで賑わっていました。

私はお昼に梅うどんを食べた後、いくつかの開放園を巡りました。

DSCF5596_2015022211190417a.jpg

開放園の中へ歩を進めると、空いっぱいに梅の花のトンネルが広がりました。

DSCF5600_201502221119054c6.jpg

私は花のトンネルを行きつ戻りつして楽しみました。

DSCF5582.jpg

梅の木の下には、ブルーの網が設置されています。
収穫時に広げて使用する網です。

DSCF5630.jpg

「カメラにはいささか邪魔」とつぶやいていた方がおられました。
その通りなのですが、白い梅の花にアクセントがついていいかも。

DSCF5622.jpg

それにしても、梅の木は自由奔放に枝を伸ばしています。
「桜切るバカ、梅切らぬ馬鹿」です。
良く選定された梅の木は、花着きが良いようでした。

DSCF5611_2015022211213162e.jpg

よく見れば、梅の花は桜に劣らずきれいでした。

DSCF5732.jpg

道沿いの紅梅は、ここ梅林ではわき役でした。

私は午後3時10分に駐車場に戻りました。
先輩はまだ訪れる車の案内をされていました。
ボランティアの仕事が終わるのを待つ間に、私は出店を覗いてみました。

DSCF5792.jpg

美味しそうな「いももち」がいくつか並んでいました。

DSCF5795.jpg

私は「花より団子」とばかり、1パック買いました。
出店の椅子に腰を下ろし、食べてみました。
柔らかくて、とても美味しかったです。

3時半ごろ、先輩はボランティアを終えました。
そして、東岩代の先輩宅を訪問しました。

DSCF5796.jpg

お宅までの道も梅の花の盛りでした。
この地域は「梅の郷」なのです。

DSCF5799_20150222161730812.jpg

帰りに、先輩からいろんな種類のみかんなどをいただきました。
こんなにもってきてくださってころがるみかん  荻原井泉水 」でした。

      2015.2.21               くまお

追記

地方新聞によりますと、

2月21日現在、南部梅林は七分咲き、紀州石神田辺梅林は二分咲きとのことでした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

久しぶりの「まぐろイクラ丼」
DSCF5395_20150217164227150.jpg

               * 満開の新庄町の梅畑


2月16日(月)の午前中、娘たちに送る品物を買いに出かけました。
帰り道、東光寺の近くに車を駐車して、梅畑に立ち寄ってみました。
満開の梅の花園が、斜面に明るく広がっていました。

DSCF5414_20150217164227305.jpg

蜜蜂たちは、嬉しそうに花から花へ飛び回っていました

DSCF5426.jpg

ついでに、東光寺にも立ち寄りました。

DSCF5444_2015021716422666e.jpg

メジロが来て、花の蜜を吸っていました。

マンションに戻ったのは、午後1時半を過ぎていました。
マーボー豆腐を急いで作り、昼食にしました。

DSCF5456.jpg

夕食は久しぶりの「まぐろイクラ丼」にしました。
なくなっていた「めんつゆ」も作りました。

午後8時から夕食を始めました。
まぐろイクラ丼」には、焼酎の湯割りがよく合いました。
めんつゆをかけて食べます。
クマノミさんの分も作ったので、翌日も「まぐろイクラ丼」です。

トマト60さんのブログ「四季の花」に、同じ日、東光寺や梅畑に立ち寄られたことが出ていました。

    2015.2.16                くまお

追記

oazuke.gif

ジョリーちゃんも欲しがっています。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Kさん ご結婚おめでとう!
DSCF5297.jpg

            * ホテルハーヴェスト チャペル ピア


2月15日(日)、Kさんの結婚式に出席しました。
私は一応、新郎の恩師という肩書きです。
Kさんは高校の文芸部の部長で、私は顧問でした。
文芸部の主な活動は、文芸雑誌『ひのき』を年に何回か発行することでした。

DSCF5301.jpg

ホテルのロビーで受付を済ませ、ロビーからチャペルにバスで移動しました。

DSCF5306.jpg

挙式はチャペル ピアで行われました。

DSCF5312.jpg

挙式の後、新郎新婦はバラの花びらのシャワーをくぐり、幸せの鐘を鳴らしました。

DSCF5329_20150215183159fd0.jpg

本日はお日柄もよくて、新郎新婦との記念撮影がチャペル横で和やかに行われました。


DSCF5350.jpg

披露宴はホテルハーヴェスト マーレでありました。
会場には華やいだハートマークが溢れました。
おばあちゃんやご両親、縁を結んでくださった方への新郎新婦の心配りには、感心いたしました。
新婦の優しい思いやりも随所に感じられました。
きっと幸せな家庭を築けるに違いないと、私は確信しました。


フェード

 * 溢れるばかりのしあわせ


美しく華やいだ新婦のお姿をお見せできないのはとても残念です。
どうかご想像下さい。

DSCF5342.jpg

私にとって、久しぶりの結婚式への出席でした。
歩いて1分の会場で、ご馳走をいただいて、とても素敵な一日でした。
Kさんご夫婦の末永いお幸せを願っています。

        2015.2.15           くまお

追記

Kさんの高校時代の友人Tさんが、遠方より出席されました。
文芸雑誌『ひのき』の発行時、よく手伝ってくれました。
ほんとうに懐かしい再会でした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

テニスコートに雪舞う
DSCF5248.jpg


2月13日(金)、文里のコートでテニスをしました。
高尾山上空から雪雲が流れ来て、粉雪が舞いました。

DSCF5244.jpg

ボールは風に流され、珍プレーが続出しました。
大笑いしながらの和やかなプレーでした。
ともあれ、日中の戸外で楽しく過ごせるのは素敵です。
少し体を動かせば、寒さもなんのそのです。

午後はめだかの学校に出席しました。
私はパソコンを取り出さず、他の生徒さんの勉強を見学しました。
もっといろいろな技を習おうとする意欲に欠けています。
これではダメですね。

DSCF5260.jpg

夕刻は海と夕陽を見て過ごします。

DSCF5261.jpg

夕陽は黒雲を赤く染めて行きます。

DSCF5269.jpg

DSCF5284_20150214172137725.jpg

夕陽はあっという間に沈んでゆきました。

DSCF5286_20150214175732376.jpg

右手奥に、うっすらと四国の山並が見えました。
寒さも今日で峠を越すようです。

    2015.2.13              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

アサリとエビのトマトパスタ
DSCF5196.jpg

            * 越えかねて岩をめぐりぬ春の潮   丈蘭


2月11日(水)は春の陽気でした。
穏やかな春の海でした。

DSCF5195.jpg

昨日の夕食は、「アサリとエビのトマトパスタ」を作りました。

 そのレシピです。

① フライパンにオリーブ油を入れ、ニンニクと赤とうがらしを炒める。
  焦げ目がついたニンニクと赤とうがらしは取り除く。

② アサリとエビ(ガスエビ)に白ワインとパスタの煮汁を加え、フライパンに蓋をして蒸す。

③ アサリが開いたら、茹でたパスタと細切れにしたトマトと下ゆでしたホウレンソウを加え、交ぜながら炒める。

  味付けは塩を一つまみ入れました。

適当に作ってみたのですが、とても美味しく出来上がりました。
エビの甘みとトマトの酸味がよくマッチしていました。
パスタはいつもより多い140gにしました。

白ワインが美味しさを引き出してくれました。
このパスタは、私の定番になりそうです。

      2015.2.10               くまお

追記

DSCF5019.jpg

DSCF4838_20150211222336705.jpg

2月9日(月)の夕陽です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

東光寺の紅梅
DSCF5147_201502102236374e5.jpg

               * 新庄町跡の浦の東光寺


2月10日(火)、ベイ・マルチョウとナニワで釣り具を買ったのち、丸長田辺店で昼食をしました。
本日の日替定食は、私の大好きなちらし寿司でした。

DSCF5063_201502102248043a7.jpg

昼食後、丸長前の緋寒桜を観に行きました。
今を盛りに咲いていました。

S0015075.jpg

メジロが花の蜜を求めてやって来ました。

S0055083.jpg

県道を通る車の音に驚き、メジロはじっとしてくれませんでした。
その後、東光寺に寄ってみました。


DSCF5152_20150210230203158.jpg

DSCF5175.jpg

門前の紅梅は咲いていました。

DSCF5176.jpg

午後の暖かな日差しを浴びて、紅梅の花はとても艶やかでした。

DSCF5184_2015021022362363a.jpg

鐘楼下の白梅とその艶やかさを競っていました。

DSCF5126.jpg

寺門をくぐり、そっと境内に入ってみました。

DSCF5141.jpg

DSCF5118_201502102316453df.jpg


白梅はきれいに咲きそろっていました。

お参りに来られた方に、「きれいですね。」と、私は言葉を掛けました。
「紅白が咲きそろってきれいですね。いい香りもします。」と、答えてくれました。

その後、私は散髪に行き、さっぱりとした気分になりました。

     2015.2.10                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

予報は晴れなのに雪が・・・・・
DSCF4978_20150209112558c24.jpg


2月9日(月)の午前中、雪が舞いました。
田辺地方の天気予報は、曇りのち晴れでした。

DSCF4970.jpg

雪交じりの強い北西風が、神島にも吹き付けていました。
紀南地方では久しぶりの雪です。

DSCF4894_20150209112558a6b.jpg

ヒドリガモたちは、群がり遊泳していました。
こんな日は、生まれ育った北の地を思い出しているのかも?

DSCF4948.jpg

雪は二時間余り降りましたが、積もることはありません。


DSCF4935_20150209112557614.jpg

高尾山も槇山も雪雲に覆われていました。
龍神や中辺路は雪が降り積もったことでしょう。


昨日、上富田のテニスに参加しました。

DSCF4869_20150209114504519.jpg

テニスの合間に、近くの梅畑に行ってみました。
梅の花は咲いていました。

DSCF4881.jpg

天気は曇りがちで、風はなく暖かな日でした。
午後5時ごろまでプレーしました。
マッチポイントは、クロスショットを決めて勝ちました。
気分よく家路につきました。

DSCF4884_20150209114503c74.jpg

帰り道、西空が赤みを帯びていました。
もう一度梅畑に寄ってみました。

みなべや田辺の梅園は、すでに開園しております。
梅の花の見頃は、2月の中旬以降のようです。

     2015.2.9             くまお

追記

DSCF4987_20150209155844657.jpg

昼ご飯に、炊き込みご飯を作りました。
具はかしわとしめじが主です。
しめじに味が沁みて美味しかったです。

DSCF4995_201502091558443e3.jpg

昨夜、野菜コンソメスープを初めて作りました。
コンソメを目分量に加えたため、やや塩辛くなりました。
具や水を足して調節しました。
二食分出来上がりました。
まあまあの美味しさでした。

今度はブイヤベースを作ってみようと思っています。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi