陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「江須崎島」の探策
DSCF4375.jpg

               * 江須崎島枯木灘風景


4月27日(月)、江住海岸公園の童謡の園から江須崎の先端部「江須崎島」へ歩いて渡りました。

DSCF4295_2015043009555601e.jpg

江須崎島へは、コンクリートの道がまっすぐに延びています。

DSCF4309_2015043010112124f.jpg

道の途中に、「魚類供養塔」が建てられていました
釣帰りの私は、深くお辞儀をして通り過ぎました。

DSCF4345_2015043010263145f.jpg
DSCF4326.jpg

島内に繁茂する植物は、国指定の天然記念物になっています。

DSCF4364_2015043009555728a.jpg

鳥居をくぐり、狛犬の階段を上ると、神社の境内です。

DSCF4351_20150430104141a61.jpg

うっそうと茂る樹木に囲まれた境内に、春日神社の社殿がありました。

DSCF4355.jpg

江須崎神社の社殿が横手にありました。

私は社殿にお参りをした後、島の先端部へさらに進んでゆきました。

DSCF4371_20150430095556077.jpg

DSCF4367_2015043009555829c.jpg

島の先端部には、白い江須埼灯台が立っていました。

DSCF4416.jpg

島の先端の岩場に下りて行きました。

DSCF4392.jpg

沖の島の見回りを終えた渡船が、港へ帰って行きました。

DSCF4405.jpg

西沖の江須崎の名礁「ソビエト」には、数人の釣人が渡礁していました。

DSCF4379.jpg

東沖の「沖の長島」には、秋のイガミ釣りで渡礁したことがあります。

DSCF4697.jpg

                        (江須崎の航空写真 釣冊子より)

最先端沖のカイラ島で、46センチのグレを釣ったことを思い出しました。
そして、かつて渡礁した島々をしばらく眺めてから、公園に戻りました。


DSCF4559_201504282349413d7.jpg

DSCF4553_2015042823522640b.jpg

江住海岸公園内の、「エビとカニの水族館」を短時間見学しました。

DSCF4552.jpg

              * ガラスの貝殻を宿としたヤドカリ

マンションに戻ったのは、午後2時でした。

     2015.4.27              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

江住海岸公園の童謡の園
DSCF4166_20150428235225019.jpg


4月27日(月)、串本田並の船釣りの帰りに、江須崎に立ち寄りました。
江住海岸公園には、日本童謡の園があります。

DSCF4243.jpg

江住海岸は枯木灘の一部で、県立自然公園に指定されています。

DSCF4270.jpg

トベラの花が咲く眼下には、暖かな黒潮が打ち寄せています。

DSCF4208_2015042823534944a.jpg

DSCF4217_20150428235225269.jpg

国民に親しまれてきた代表的な童謡の歌碑と説明板が、いくつも建てられています。
先ず最初に、和歌山県でおなじみの「まりと殿様」がありました。

DSCF4223.jpg

「はとぽっぽ」です。

説明板のボタンを押すと、公園内に歌が流れます。
以前クマノミさんと江須崎の島で釣りをしていると、上方の公園から童謡が流れてきたことがありました。
のんびりした気分になり、あまり釣れませんでした。(笑)

DSCF4258_20150428235349fe5.jpg

DSCF4234_20150428235350925.jpg

DSCF4251.jpg

「みかんの花咲く丘」・「赤とんぼ」・「七つの子」と、口ずさみながら回りました。

DSCF4269.jpg

DSCF4266_201504282349392b1.jpg

パソコン教室の「めだかの学校」さんもありました。


DSCF4229.jpg
DSCF4225_2015042823522639c.jpg

哀れな権八の供養のための、「延命地蔵尊」です。
DSCF4292.jpg

童謡の園を一回りしたあと、江須崎の先端部の「江須崎島」へ歩いて渡ることにしました。
江須崎島」に行くのは、初めての事です。

    2015.4.27                くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

串本田並の船釣り
DSCF4070.jpg


4月27日(月)、串本田並の船釣りに出かけました。
今回が二回目です。

午前5時半に出港しました。
釣人は私一人でした。
船のエンジンを5時間余りかけっぱなしです。
燃料代が相当かかると思います。

DSCF4162.jpg

闘龍丸の船長さんには申し訳ないと思いつつ、ゆったりとした釣りを楽しませてもらいました。

DSCF4137.jpg

鰹が近海で釣れていました。
二十隻ほどの漁船が走りまわっていました。
ケンケン釣りという漁法です。

DSCF4132.jpg

釣り上げると、船の艫で鰹の頭を叩いて気絶させていました。
釣ったカツオは串本漁港に水揚げされるそうです。
あらほり渡船の船長さんも鰹釣りに出ていました。

私と闘龍丸の船長さん(あらほり渡船の息子)は、ウメイロ釣りをしました。
ウメイロはオキアミを2匹ほど食べるだけで腹いっぱいになり、あとは食わない魚です。
なかなか数が釣れないそうです。。
私は電動リールの使い方に大分慣れてきました。

DSCF4576.jpg

本日の私の釣果です。
ウメイロ13尾の他に、グレ・ムロアジ1尾とイサギ3尾でした。

DSCF4587.jpg

一番大きなウメイロは34㎝ありました。
ウメイロは色鮮やかな熱帯の魚みたいです。
高級魚で、魚屋さんの店頭でもあまり見かけません。
身は分厚くて調理しやすく、さしみ、皮つきの焙り、吸い物にすると最高です。
再度挑戦したい魚でした。

11時前に納竿しました。
帰りに、江須崎公園に立ち寄り、用意していたおにぎりを食べました。

       2015.4.27               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

錦織 圭 決勝進出!
DSCF3945.jpg


4月25日(土)、5月の連休にやってくる娘たちのため、寝具等の準備をしました。
ついでに、自分の衣服も冬物から夏物への衣替えの支度をしました。

昼食は冷凍カレーを解凍して食べました。
赤ワインやカレ―粉などを少し加えました。
解凍しても美味しいカレーでした。


DSCF3968_20150425230352980.jpg

夜8時よりバルセロナ500のテニスをテレビ観戦しました。

DSCF4002_20150425230424db4.jpg

錦織 はスロバキアのクリザンに快勝しました。

DSCF4011.jpg

明日深夜0時から決勝戦が放映されます。
決勝戦の相手はフェレールかな?
どちらにしても、スペイン選手との対戦です。

                            (画像はBS朝日テレビによる)

    2015.4.25              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

旬のもちがつお
DSCF3895_20150424203645a94.jpg

                * 田辺市文里のテニスコート


4月24日(金)、晴天で風もなく、絶好のテニス日和でした。
打つスマッシュは打ち返されて、疲れてしまいました。

DSCF3877.jpg

DSCF3880.jpg

8階から下を眺めてみました。
ヴィラのつつじは花盛りです。

DSCF3796_2015042420364644d.jpg

コミニティーホール ボナールです。

DSCF3907_201504242036444b4.jpg

DSCF3641_2015042315565439c.jpg

マンション管理組合の総会やフラダンスなどの練習会場になっています。

めだかの学校が終わってから、富田のサニーマートにモチガツオを買いに行きました。
売り切れだったため、富田のJAあぜみちに寄りました。

DSCF3913.jpg

造りにしたモチガツオが出ていました。
2Aの美味しさでした。

このところ串本漁港に鰹が水揚げされています。
明日は早く行って、旬のモチガツオを買い求めてきます。

      2015.4.24                くまお

追記

錦織 圭 準決勝へ

DSCF3919_20150425014710b11.jpg

DSCF3925.jpg

DSCF3929.jpg

DSCF3937_2015042501471125b.jpg

(画像はBS朝日テレビによる)


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夏も近づく・・・・・
DSCF3589_20150423155654a3a.jpg

DSCF3591_20150423155623869.jpg

DSCF3601.jpg

DSCF3597.jpg

           * 田辺市跡の浦湾で網入れするシラス船団


4月22日(水)の朝、シラス船団が眼下で網入れしていました。
このように二艘で網を入れて獲る漁法は、今では珍しいそうです。

晴天が続くヴィラの朝の庭園を散歩してみました。

DSCF3406_2015042315535226b.jpg

DSCF3439.jpg

DSCF3762.jpg

DSCF3442.jpg

<DSCF3765_20150423155238683.jpg


DSCF3721_201504231555077ae.jpg

DSCF3460.jpg

満開のつつじの花は夜気を吸い込んで、蘇ったような美しさでした。

DSCF3840.jpg

先日の大浴場で、「八十八夜」はいつから数えてなのかという話になりました。
立春から数えてのようです。
5月2日が「八十八夜」で、6日が「立夏」となっています。

夏はそこまでやってきています。

      2015.4.22                   くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

つつじの海岸プロムナード
DSCF3463.jpg

            * ヴィラの屋外プールから海岸プロムナードへ    

4月21日(火)の夕刻、海岸プロムナードを散歩しました。

DSCF3475.jpg

ホテルやマンションを囲むように、つつじが植栽されています。

DSCF3487_20150422223739371.jpg
DSCF3511.jpg

レストラン前の綺麗な紫の花です。

DSCF3546.jpg
DSCF3535_20150422223859763.jpg

遠く神島が望まれます。
なかなか良い散歩道です。

DSCF3556_20150422223858f4d.jpg

夕日は沈む間際に雲から顔を出しました。

DSCF3572.jpg

やがて、四国の山の彼方へ沈んでゆきました。

     2015.4.21              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

上富田町の岡藤
DSCF3353_201504222150486d7.jpg

              * 上富田町岡の田中神社の森


4月21日(火)、内科医院へ薬をもらいに行きました。

DSCF3321.jpg

モッコウバラが咲いていました。
内科医院から、上富田の田中神社の森へまわりました。

DSCF3324.jpg

楠の大木に絡み付くように枝を伸ばして、岡藤は咲いていました。

DSCF3350.jpg

年々樹勢が衰えているのが気になります。

DSCF3364_201504222150490a1.jpg

オカフジは昭和31年に指定された県の天然記念物なのです。

DSCF3340_20150422215048fba.jpg

森に隣接した田んぼで、キチキチキチという音がしました。
よく観察してみると、ハトによく似た鳥の鳴き声でした。
初めて聞いた鳴き声です。
二羽いました。

DSCF3336.jpg

時々鳴きながら、空に舞い上がりました。
下から見た羽根は、白色に黒い線が何本か入っていました。
なんと言う鳥なのでしょうか?

     2015.4.21                 くまお

追記

「めだかの学校」で、ケリという鳥であると教わりました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

筍とわらびの山菜ちらしずし
DSCF3283_20150420100628a23.jpg


4月18日(土)、友人より見事な蕨と筍をいただきました。
先日は山菜の煮物をつくりましたので、今回は山菜ちらしずしにすることにしました。
ちらしずしはクマノミさんの得意料理でした。
私は初挑戦です。
ちらしずしは準備に手間がかかり、面倒なので作りませんでした。
時々、富田のJAあぜみちで買って食べます。

レシピを見ながら作りました。
すし桶は使わず、簡便なタッパーで寿司飯を作りました。
酢を混ぜながら団扇で煽ぐのは難しく、うまく混ざりませんでした。
扇風機を使えばよかったのですが。

酢はクマノミさんが造り置いた「梅米酢」です。
富田の親切な奥さんにいただいた「しそ酢」も加えました。
酢は年月が経つにつれて、酸味が和らいできます。

DSCF3310_20150420100628f7a.jpg

酢漬けにしたグレとイサギ、イクラを加えました。

食べてみると、酸味が足りませんでした。
酢を加え直しました。

4食分出来上がりました。

DSCF3318_201504201536231ef.jpg

昼夜・昼夜と二日間食べました。
あとになるほど味がしみてきて、美味しくなりました。

次回はもう少し上手に作ります。

   2015.4.20  くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

田並の沖釣り
DSCF3057.jpg

          * 串本田並の漁港を出港する釣り船闘龍丸


4月18日(土)、初めての田並沖釣りに行きました。
闘龍丸の船長さんは、あらほり渡船(第二闘龍丸)の息子さんです。

DSCF3084.jpg

午前5時半過ぎ、闘龍丸田並の漁港を出港しました。
釣人は大阪から来られた親子と私、船長さんの義父の4人でした。

DSCF3105_20150419221716bc8.jpg

田並の港から1㎞ほど沖が釣り場でした。

DSCF3108_20150419221759aeb.jpg

闘龍丸はポイントを流しながら釣ります。
ポイントを過ぎてしまうと、釣り道具を引き上げてまたポイントに戻ります。
ピーという笛の合図で釣り具の上げ下げをします。
田辺のみふじ丸のように、イカリを打って船を掛ける方法とは異なります。

釣り場は水深50mほどの深さでした。
電動リールでの天秤ふかせつりです。
私は電動リールで釣るのは初めてでした。
船長さんと、船長さんのお父さん(義父)が、釣り具の扱いや釣り方を親切に教えてくれました。

11時前に納竿して、港に戻りました。
お父さんが重いクーラーを離れた車まで運んでくれました。

私は岸壁でお昼のおにぎりを食べながら、あらほり渡船の船長さんと話をしていました。
息子さんのお嫁さんが、二人の子供を連れてやって来ました。
岸壁にはあらほり船長と息子さん、義父であるお父さん、お嫁さんと子供さんが勢ぞろいしました。

帰り際に、私が少し離れたところから挨拶をすると、みんなが手を振って応えてくれました。
とても幸せな光景でした。
私は気分よく田並の港を離れました。

DSCF3194.jpg

私は「道の駅イノブータンランド」でアイスクリームを買いました。

DSCF3198_201504192218009f8.jpg

そして、道路を隔てた海岸に下りて、海を眺めながらアイスクリームを食べました。

DSCF3234_2015041922171723b.jpg

最近の紀南地方でも、ジオパークが注目されています。
海岸の至る所に、不思議な自然の造形が見られました。

本日の釣果は

DSCF3255_2015041922171742d.jpg
DSCF3263.jpg

グレとウマズラハゲ?、イサギ18尾でした。
グレは38㎝ありました。イサギは大きいので34㎝でした。

水面で4尾取り逃がしました。
タモを用意して掬おうとすると、イサギが逃げていたこともありました。(笑)
電動スイッチの入れ具合や追い食いさせる加減などまだよくわかりません。

もう一度チャレンジして、30尾ほど釣りたいと思っています。

DSCF3278.jpg
DSCF3281.jpg

グレとイサギは、刺身と塩とごま油和えにしていただきました。

    2015.4.18                    くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi