陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

古座川カヌー下りに挑戦
DSCF2101.jpg

              * 古座川の清流を下るカヌー


7月26日(日)、高退協第四支部主催の「古座川カヌ―下り」に参加しました。
今回が3回目の催しで、私は初挑戦でした。
参加者は10人でした。
田辺・白浜発の車2台に分乗して、古座駅へ向かいました。

DSCF2059.jpg

途中、すさみの道の駅で待ち合わせしました。
台風の余波で、大きなうねりが海岸に打ち寄せていました。
海の催しであれば、とても催行できない状態でした。

一行10人は、まず、古座駅のカヌーセンターで着替えをした後、ライフジャケットとヘルメットを装着し、パドルを受け取りました。
2台の車でカヌーの終着地点まで行き、そこで10人乗りの車一台に乗り換えて、出発地点へ赴きました。

DSCF0443.jpg

出発地点の川原に着きました。
カヌーとインストラクターさんが、私たち一行を待ってくれていました。

DSCF0442_20150728162727e77.jpg

インストラクターさんから、簡単な説明を受けました。

DSCF0454_20150728162735333.jpg

初めての人は、私を入れて三人でした。

DSCF0458_20150728162636474.jpg

初めての人が、カヌーを川に浮かべてパドルの扱い方のレクチャーを受けました。

DSCF0453_20150728162633ff7.jpg

その傍らで、三度目の人は、余裕のVサインをしていました。

DSCF0465.jpg

私は写真を撮っていましたので、最後になってしまいました。
不安になって、カメラを車に置いてゆくことにしました。
(ですから、残念ながら途中のスナップ写真はありません。)

緩やかな流れの次に、岩場のある急流に差し掛かりました。
Vサインをしていた先頭さんが、急流でチン(転覆)してしまいました。
私はそれを見て、なるべく岩場に近づかないように試みました。
でも、どんどん岩場に向かってカヌーは流されてゆきます。
そして、とうとう岩場にぶっつかってしまいました。
パドルで右手の岩を押しても、カヌーは流れに乗ってくれません。
そこで、左手の流れをパドルで漕いだ瞬間、チンしてしまいました。

左手でパドルを持ち、右手でひっくり返ったカヌーを押して、必死に泳ぎました。
急流から浅瀬までカヌーを引き寄せるのは、相当な力が要りました。
(レクチャーで、チンした時はパドルだけ確保し、カヌーはそのままにしてよいと言われていましたが。)
転覆したカヌーを岸に引き上げると、水抜きなどは仲間が手助けしてくれました。

負け惜しみと思われそうですが、私はとても爽快な気分になりました。
それまでライフジャケットとヘルメットを装着し、汗だくになっていたからです。

DSCF2097.jpg

その後は、漕ぐ腕にも力が入り、どんどん流れに乗って行くことが出来ました。

DSCF2109.jpg

私は終着地点に二番目に到着しました。
勿論、速さを競争していたわけではありませんが。

DSCF2112_20150728162528251.jpg

着替えをした後、近くの「月の瀬温泉 ぼたん荘」に行きました。

DSCF2115_20150728162729d4b.jpg

昼食はお祭りのお弁当を注文していました。
さるすべりの木陰で車座になっていただきました。

DSCF2124_20150728162529891.jpg

大変美味しいお祭りのお弁当でした。
当日は古座の祭り「河内祭」の日でした。
カヌー下りの下流では、二隻の御舟が河内島を一周する「花回り」が行われていました。

昼食後、月の瀬温泉に入り、疲れを癒しました。

とても楽しい一日でした。
機会があれば、チンした急流に再挑戦したいものです。

前日に下見をしてくれた役員の方々、車の運転手さん、ありがとうございました。

      2015.7.26                くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ゴーヤチャンプルに挑戦
DSCF2030_20150725214425d19.jpg


先日友人からいただいたゴーヤを使って、はじめて「ゴーヤチャンプル」を作ってみました。

トーフの水切りをして炒め、ゴーヤと豚肉も炒めました。
豚肉は塩と黒こしょうで下味を付けしました。
とじ卵をかけて、塩と醤油を加えました。
豚肉の塩味がやや濃くなってしまいました。

トーフとゴーヤと豚肉を一緒に口にすると、まあまあの味になりました。

沖縄のオリオンビールを飲みました。

DSCF2039.jpg

明日も天気は良さそうです。
朝から出発し、古座川のカヌー遊びに参加します。

夕方には、沖縄の孫タイフーンがやって来ます。
そのため、今日は一日中、迎えの準備をしました。
台風11号で汚れた窓ガラスも綺麗にしました。

孫タイフーンは、今月末まで紀南地方にとどまります

       2015.7.25             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夕菅の花に魅せられ
DSCF1901_20150724010555669.jpg

   * 一夜咲いてしぼむ夕菅の花、魅せられて近づけばほんのり甘い香りが


7月24日(金)、午前中は文里のテニス、午後は「めだかの学校」がありました。
夕菅の花に魅せられて、今日も海岸プロムナードを散歩しました。

DSCF1930.jpg

崖上の一もとは、昨日の花はしぼみ、新たに二輪の花をつけていました。

DSCF1946.jpg

夕陽は天神崎に沈んで行きました。

DSCF1922.jpg

田んぼの畔の夕菅は、今日も数輪の花を咲かせていました。

DSCF1978.jpg


薄暗くなった池のほとりに咲く夕菅の花は、遠目にもくっきりと見えました。

DSCF2003_201507250937349b1.jpg

マンションンに戻る頃には、夕陽の残照が棚引く雲を茜色に染めていました。

     2015.7.24              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夕菅(ゆうすげ)の花咲く
DSCF1853_20150724000904722.jpg

* 夕菅やおもひの届く日のあらむ


7月23日(木)の夕方、久しぶりにヴィラの海岸プロムナードを散歩しました。

DSCF1875.jpg

昨日来の雨も上がり、ようやく日差しが見られるようになりました。
夕菅の花が咲くころだと思い出しました。
期待しながら歩をすすめて行くと、いつもの崖上に一輪咲いていました。

DSCF1849_2015072322351136d.jpg

夕菅の花は黄菅ともいわれるように、鮮やかな黄花です。
夕方に花開き、翌朝には萎みます。
崖上の一もとの夕菅は、咲き始めたばかりのようでした。
私は期待が的中して、嬉しくなりました。

DSCF1880_20150724005141125.jpg

帰り道に、田んぼの畔に数輪の夕菅が咲いているのを発見しました。
行く道には気づきませんでしたし、これまでに見たこともありません。

DSCF1898_201507240105546d3.jpg

奥の池の辺りにも、数輪咲いていました。

DSCF1886_201507240009014b8.jpg

しばらくは、海岸プロムナードの散歩を楽しめそうです。

      2015.7.23              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夏本番となる
DSCF1712.jpg

            * 上富田町スポーツセンターのテニスコート


7月19日(日)、午後2時から上富田のテニスがありました。
60代から70代の7人が集まりました。
本日は私が最年長でした。
隣のコートでは、総体をまじかに控えた中学生たちが、元気よく練習していました。
私は熱中症に気を付けながら、休み休みプレーしました。

白い雲が靑空を快く流れて行きました。
太陽に照らされて、大変いい汗をかきました。
私の顔も手足も真っ黒になってます。

今日の田辺湾の夕景です。

DSCF1718_20150720100329bce.jpg


DSCF1746.jpg

夕陽と雲が、素敵な景色を演出してくれます。


DSCF1764_20150720100331252.jpg

友人にゴーヤを貰いました。
ゴーヤを自分で料理に使うのは初めてです。
料理方法を沖縄に居る娘に訊きました。

赤玉ねぎと合わせて、シンプルなサラダにして食べました。
ひとりで一本のゴーヤを食べるのに、相当の日数がかかりそうです。

夏休みに入った連休とあって、ホテルもマンションも賑わってきました。
屋外のプールから、賑やかな子供の声が聞こえてきます。
温水プールや大浴場は、家族連れの人たちで混雑しています。

S0041776.jpg

午後8時から、白良浜のメッセージ花火が始まりました。
当分、花火を見ながらの夕食です。

      2015.7.19                くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

うな丼とカレー
DSCF1683.jpg


7月18日(土)、夕食にうな丼をいただきました。
今年初めてのうな丼です。

先日、友人からいただきました。
御坊市のウナギ専門店「川常」の鰻でした。
友人の話では、田辺市の「太田の鰻」より美味しいとのことでした。

身がほくほくしていて、評判通りの美味しさでした。
残り半分は冷凍して、後日の楽しみにしました。

DSCF1632_20150718220847fba.jpg

台風中の手持無沙汰に、「田辺で二番目に美味しいカレー」を作りました。
玉ねぎ6個と人参2本を使いました。
このごろ味が定まってきました。
食べ過ぎに用心ということで、昼食で食べた残り(4~5人分)を冷凍保存しました。

とれとれ市場で買物をした後、新庄公園に立ち寄りました。

DSCF1622.jpg

一昨日来の台風で、草花はなぎ倒されていました。
鶏頭の花は、なんとか持ち堪えていました。

DSCF1628.jpg

時計草も蔓を支柱に絡めて、花を咲かせていました。

午後から晴れて、洗濯物が乾きました。
本日の夕景です。

DSCF1645.jpg

DSCF1658_20150718220848069.jpg


     2015.7.18            くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

クマノミさんの命日
DSCF1555_2015071621004804a.jpg

             * 上富田町の三宝寺さんの霊照塔



7月16日(木)の早朝、クマノミさんのお墓参りをしました。

DSCF1576 (2)

帰り道、白浜町古賀浦湾に行ってみました。
多くの漁船が、台風11号に備えて避難しておりました。

DSCF1584 (2)
DSCF1588 (2)

歩道沿いに、浜木綿がとてもいい香りで咲いていました。

DSCF1594.jpg

田辺市の内之浦湾にも、トロール漁船団が台風避難のため係留されていました。

DSCF1601 (2)

小雨降る中、ねむの花が咲いていました。

DSCF1599 (2)

花の時期が過ぎようとしていました。

とれとれ市場に寄って、イクラ、マグロ、明太子などを買いました。

DSCF1617_20150716205356951.jpg

夕食の海鮮丼です。
めんつゆを作り、海鮮丼に掛けていただきました。
大変美味しかったです。
二つ作ったので、明日も海鮮丼です。

     2015.7.16             くまお

追記

DSCF1609 (2)

昼食にアサリのボンゴレーを作りました。
具はあさりとガスエビとチンゲンサイです。
ガスエビは尾鷲の上野商店様よりいただきました。
ブラックタイガーのような臭さがなく、大変美味しいエビです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

台風11号接近中
DSCF1439_20150715222542b5e.jpg

              * 7月15日(水)朝の田辺湾

15日は第三水曜日で、文里のテニスコートは整備の日で使用できません。
田辺スポーツパークでのテニスでした。

予報と違って、晴れた暑い日でした。
たくさん汗を流し、スポーツ飲料水を飲んで、水分補給をしました。

クックガーデンで買物をし、ダイナミックで沖縄のオリオンビールを買いました。
オリオンビールは熱処理をしていないので、飲みやすいです。

ドコモショップに寄り、昨日契約したipadの無線ランの接続を確認しました。
使用方法を書いた冊子は、全くありません。
あったとしても、読むのに大変苦労をしますが。
ipadの使用方法は、「めだかの学校」で、ボチボチ習ってゆくことにします。

明日16日はクマノミさんの命日です。
台風11号が接近中です。
墓参りは取りやめるかもしれません。

とれとれ市場」の創業祭が、明日から始まります。
クマノミさんの大好物の、「まぐろイクラ丼」でも造ろうかなと考えています。

嵐の前の夕景は綺麗だろうと予測して、早めに入浴を済ませました。

DSCF1462_20150715222541916.jpg

予想通りで、きれいな夕景になります。
夕陽と雲が演技者です。

DSCF1480.jpg

夕日がリンゴのようになったり、

DSCF1481.jpg

みかんのようになったりしました。

DSCF1496.jpg

やがて、四国の山並みの向こうへ沈んでゆきました。

DSCF1520.jpg

夕食の準備中は、綺麗な残照が続いていました。

    2015.7.15                 くまお

20060402174858.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

さるすべりの夏・ハマボウの海
DSCF1388.jpg

           * ビッグ・ユーへの道沿いに咲くさるすべり


7月12日(日)、田辺ICから白浜ICまでの紀勢道は開通しました。
ビッグ・ユーへの道沿いの、さるすべりの花が咲きだしました。

DSCF1370.jpg

さるすべりは、「百日紅」と漢字で表記されます。
紅い花が主ですが、このように白い花もあります。

さるすべりの花は、本格的な夏の到来を感じさせてくれます。


DSCF1349_20150714212021152.jpg

新庄町内之浦の干潟公園では、ハマボウの花が盛りでした。

DSCF1355.jpg

公園内の広い範囲にわたり、ハマボウが植栽されています。
ハマボウの花は、朝が見頃のようです。

7月13日(月)の午後、紀勢道を走ってみました。
白浜フラワー道路から入り、田辺方面へ向かいました。
上下線とも、かなりの車が走っていました。
車を駐車して、写真を撮るような場所はありませんでした。

DSCF1395.jpg

途中、上富田町の道の駅「くちくまの」へ寄りました。

DSCF1408_20150714212103cc3.jpg

地元の人も交じって、結構賑わっていました。

DSCF1400.jpg

私も旅行気分になって、ソフトクリームを食べました。

田辺ICで下りて、夕食の買物をしました。
その後、ドコモショップに立ち寄り、「ipad」を契約しました。
お金のかかる大人の玩具になりそうです。

      2015.7.13           くまお

追記1

DSCF1415_20150714221835df1.jpg

7月14日(火)は、朝から気持ちよく晴れました。

DSCF1416_20150714221834eff.jpg
DSCF1425.jpg
DSCF1434_20150714221834a83.jpg

今日の田辺湾の夕景です。

今日は一日、パソコンと格闘しながら、マンションで過ごしました。

追記2

この二日間、「陶芸アトリエ高瀬川」ブログが、ある広告会社に乗っ取られておりました。
ご迷惑をお掛けしましたが、やっと排除する事が出来ました。

ウイルスバスタークラウドの更新もしましたので、ご安心ください。

20070228151524.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀勢道 田辺・白浜IC開通
DSCF1180.jpg

          * 上富田町峠の国道42号線を跨ぐ紀勢道


7月12日(日)、紀勢道の田辺ICから白浜ICが開通しました。
開通の日の午前中、数年間過ごした上富田町峠の教職員住宅の跡地を訪ねてみました。

左奥の二階建てのお家の後に5軒の県の教職員住宅がありました。
今は高速道路となって、影も形もありません。

住宅に入居した当時は、左に上って行く道路は舗装されておりませんでした。
請願署名を集め、上富田町に町道としての認可を請願しました。
地元町議の協力を得て認可され、舗装してもらいました。

DSCF1204.jpg

玄関先に、クマノミさんの実家からもらった枇杷の木を植えていました。
庭の土を入れ替え、園芸を楽しんだことが思い出されました。
残念ながら、その当時の写真が見つかりません。

次に白浜町富田の旧家跡を訪ねてみました。

DSCF1247.jpg

       * 白浜IC道路横の、今は人手に渡っている旧家の跡地

上富田町峠の教職員住宅から、数年して白浜町富田に移り住みました。

949.jpg

2009_08240011.jpg

夫婦二人で、借りられる限りの借金をして、新居を建てました。
ちょうど、長女が小学生になる時期でした。

2009_08240012.jpg

庭のアプローチの敷石は、奥の山で拾ってきて自分らで敷きました。
庭の松は、坂本冬美さんのお父さんに植えてもらった松でした。

2009_08240005.jpg

隣家とは、側道で隔たっていました。

DSCF1244.jpg

現在では、やや広い3メートルの側道になっています。

DSCF1309_2015071221560804a.jpg

DSCF1229_20150712215720dc8.jpg

DSCF1311.jpg

その後、この高瀬川のほとりで三十数年間過ごしました。
土手の草刈りや野焼きなどが思い出されます。

DSCF1290_20150712215722591.jpg

田の口の田んぼの上を、紀勢道の本線が日置方面に走っていました。
この奥には二つのため池があり、夏には蛍が飛び交います。
愛犬のジョリーと、朝に夕によく散歩しました。

DSCF1282_201507122157462ba.jpg

木造の「おかりばし」です。
この橋の下には、大きな鯉が群がっていました。

DSCF1266.jpg

こうして三十数年の思い出の場所に立っていると、情に掉さして流されそうでした。

鴨長明は、 『方丈記』の冒頭で述べています。

 ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

娘たちが通った小学校の木造の校舎とグラウンドは、まだ現役で残っています。
子供らが夏休みに泳いだ、高瀬川の上流「観音の渕」は、まだあるのだろうか?

DSCF1318.jpg

本線と国道42号線・白浜のフラワー道路をつなぐ高架道路です。

DSCF1333.jpg

旧家の裏山を切通した工事道路が、私の住んでいた区(十九渕区)への道になっています。
「富田の水」を汲みにゆく町道にもなるようです。

正午になったのを機に、私はマンションに戻りました。

     2015.7.12                 くまお

追記

上富田のテニス終了後、午後3時から開通した紀勢道を、上富田ICから白浜方面へ走るつもりでした。
開通日とあって渋滞していましたので、明日行くことにしました。

2007_05120015.jpg

 在りし日のジョリー

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi