FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スロベニア・クロアチアの旅(その5)
DSCF9427.jpg

        * 世界遺産プリトビッツェ湖群国立公園のハイカーたち


6月18日、オパティアを出発して、クロアチア内陸部のプリトビッツェ湖群国立公園へ出かけました。
バスで約3時間半の行程でした。

DSCF9359_2015070116590352e.jpg

湖畔のホテルにチックインをした後、ガイドさんの説明を受けて出発しました。

DSCF9366_20150701170023509.jpg

先ず、大滝が遠望されました。

DSCF9379_2015070117002126b.jpg

ハイカーたちは木道を渡って行きます。

DSCF9390_201507011659059b7.jpg

私たちも瀧まで下りて行きました。

DSCF9393_201507011659047bf.jpg

細い木道を三々五々進んでゆきました。

DSCF9395_20150701165904bef.jpg

澄んだ湖には、たくさんの鯉が泳いでいました。

DSCF9412_20150701165725484.jpg

大滝の前は、記念撮影するハイカーで賑わっていました。

DSCF9426.jpg

大滝から少し戻り、来た道とは反対のP3の船着き場に向かいました。

DSCF9458_2015070116572627a.jpg

午後3時半出航の船で、対岸のP2へ渡りました。

DSCF9461.jpg

お疲れの方はそのままP1まで乗船して、添乗員さんとホテルに戻りました。
私はP2の滝巡りをする人たちに付いてゆきました。

DSCF9472_201507011656159c1.jpg

船の時間を気にすることなく、ゆったりした気分でP2の滝巡りをしました。

DSCF9498.jpg

滝から降りかかる爽やかな冷気で、心身ともに洗わるような気分になりました。

DSCF9501.jpg

「こんなきれいな水で山葵を栽培してみたいな」と、思ったりしました。

DSCF9510.jpg

DSCF9513_20150701162306ef8.jpg

自由に散策する喜びを、深く胸に感じながら歩きました。

次に、滝巡りで見つけた植物と生きものをいくつか紹介します。

DSCF9453.jpg

DSCF9507_20150701165614de3.jpg

DSCF9532.jpg

DSCF9413.jpg

DSCF9418.jpg

DSCF9489_201507011656148f3.jpg

DSCF9518.jpg

花も生きものも静かな佇まいでした。
わずかに瀧の水音だけが、静寂の中に響いておりました。

P2の船着き場に戻ると、一行の皆さんの姿はありませんでした。
P1行きの船で、ホテルへ戻ってしまっていたのです。
私のすぐ前を歩いていた方と私の二人が、取り残されていました。
私は慌ててP3行きの大きな船に乗ってしまいました。
もう一人の方も一緒に乗ってきました。

DSCF1068.jpg


しばらくして、もう一人の方が間違いに気付いてくれ、急いでP1行きの船に乗り換えました。
そのままP3まで行っていたら、夕食に遅刻をして大目玉をくらうところでした。

P1の船着き場に着くと、もう一人の方のお連れが心配し、待ってくれていました。
事の顛末を話しながら、三人で楽しくホテルに戻りました。

     2015.6.18                くまお

追記

DSCF9245.jpg
DSCF9286.jpg
DSCF9310.jpg

6月18日のオパティアの夜明けです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スロベニア・クロアチアの旅(その4)
DSCF8976_20150701063235a80.jpg

  * ローマ時代からイストラ半島の中心として栄えたポレチュの教会門


6月17日の朝、クロアチア有数のリゾート地オパティアを出発し、ポレチュの街へ向かいました。

DSCF8960_20150701063158def.jpg
DSCF8958.jpg

日本では珍しい泰山木が、街の至る所に植栽されていて、大きな花を付けていました。

DSCF8969.jpg

         * 古代ローマ時代からの遺跡が残る旧市街の通り

DSCF9014_201507010632004bd.jpg

ビザンツ時代に建てられたエウフラシウス聖堂に入りました。

DSCF9009_2015070106320057c.jpg

初期ビザンツ美術のモザイク画がよく保存され、世界遺産に登録されています。

DSCF9022_20150701063159b62.jpg

鐘楼に上ると、旧市街が一望されました。

午後はポレチュからバスで1時間ほどの港町ロヴィニに向かいました。

DSCF9062_20150701063049fe1.jpg

DSCF9154_20150701063049b27.jpg

DSCF9064_201507010630480fb.jpg

12世紀末からヴェネツィア領になったロヴィニの町には、ヴェネツィア風の街並みが残っています。

DSCF9125.jpg

街の高台にあるエウフェミヤ教会を見学しました。
鐘楼は高さ60mもあり、街のどこからでも見えました。

DSCF9111.jpg

 * エウフェミヤ教会の祭壇

DSCF9137.jpg

教会のある高台から別径で港町に戻り、フリータイムとなりました。

DSCF9143.jpg

        * カラフルな果物や蜂蜜などが並んだ店頭

DSCF9173_201507011115093f9.jpg

私は一人で、島めぐりの遊覧船を眺めたり、

DSCF9177.jpg

飛び交うカモメを目で追っかけたり、

DSCF9189_20150701062936fcf.jpg

海岸に腰を下ろし、通り過ぎる観光客をのんびりと眺めて時を過ごしました。

DSCF9180.jpg

ちょうどそこへ、添乗員さんと現地ガイドさんがやってきました。
にっこり笑ったところを、「はい パチリ」。


DSCF9191_201507011145131d0.jpg

フリータイムの後、バスで1時間半ほど走り、連泊するオパティアのホテルに戻りました。

DSCF9203.jpg

夕食はホテル近くのレストランでいただきました。

DSCF9205.jpg

魚の煮込み料理でした。

DSCF9215_201507010628140f3.jpg

DSCF9220_201507011218383af.jpg

夕食後、海岸沿いの公園を散歩しました。
そして、マーケットでウィスキーを買ってホテルに帰りました。

    2015.6.17                   くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi