FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「妙高高原の旅」その3(木曽駒ヶ岳)
DSCF7133.jpg

          * 中岳から眺めた木曽駒ヶ岳(2956m)の山容


10月4日(日)、午前10時過ぎに乗越浄土に到着した私は、先を目指すことにしました。

DSCF7115.jpg

宝剣岳(2931m)は目の前にありましたが、岩場なので登りませんでした。

DSCF7130_2015101416522515f.jpg

なだらかな駒ヶ岳を目指すことにしました。
近くの人に聞くと、30分ほどで行けるということでした
登ってみると、目の前にあった山は中岳でした。

DSCF7149_20151025163247aff.jpg

中岳の向こうに駒ヶ岳がありました。

DSCF7187_20151014204758a29.jpg

11時10分ごろ、やっと駒ヶ岳の頂上に立つことが出来ました。

DSCF7165.jpg

DSCF7161.jpg

山頂の駒ヶ岳神社にお参りをしました。
昼食はコンビニで買ったおにぎりを食べました。

DSCF7166.jpg

DSCF7140_2015101416500439a.jpg

霧は流れてきては、辺りの景色を掻き消してゆきました。

DSCF7195.jpg

駒ヶ岳の頂上からは、富士山が一段と大きく見えました。

正午に下山を開始しました。

中岳に辿り着いた頃には、脚の太腿が痙攣しだしました。
娘に電話すると、温めるのが良いということでした。
持っていたホッカイロを腿に貼り付けました。

DSCF7263_20151014165005ce4.jpg

午後2時半頃、やっとの思いで、ロープウェイ駅に戻ることが出来ました。
整理券をもらうと、2時間待ちでした。

DSCF7287.jpg
DSCF7326_20151015063651846.jpg

宝剣岳や千畳敷カールを眺めながら、神奈川県から来られたご夫婦と、楽しいおしゃべりをしていました。
ご夫婦は、自分たちのロープウェイを乗り過ごしてしまいました。
次のロープウェイに乗せてもらうことになり、慌ててお別れしました。

DSCF7332_20151014165006c59.jpg
DSCF7333_20151014165519ed4.jpg

私は午後4時40分発のロープウェイに乗って、しらび平に戻りました。
黒川平までのバスはすぐに乗れて、午後6時前にホテルに帰りました。
お風呂で脚をもみほぐしましたが、太腿の筋肉痛は治りそうにありませんでした。

百名山の一つ木曽駒ヶ岳の登頂は、私にとって、とてもハプニングな事件でした。

      2015.10.4               くまお

追記

DSCF7185_201510141652274c3.jpg

「ほんとうに登ったの?」と言われそうなので、滅多に撮らない自分の写真を掲載します。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

「妙高高原の旅」その2(千畳敷カール・乗越浄土)
DSCF7039_20151014165351e59.jpg

             * 霧立ち込める乗越浄土と宝剣岳


10月4日(日)、午前4時半に目覚めたものの、外はまだ暗闇でした。
出発の時間を遅らせ、6時にホテルを出発しました。
菅の台バスセンターの駐車場はすでに満車となっており、1㎞先の黒川平に駐車しました。
バスセンターから来るバスはほとんど満員で、何台かのバスが通り過ぎて行きました。
回送バスが来て、やっとバスに乗ることが出来ました。

DSCF7002.jpg

バスは細い急坂の道をどんどん上り、半時間ほどでしらび平に着きました。

DSCF6996_20151014173743402.jpg

バスを降りると、ロープウェイの整理券が渡されました。
1時間待ちでした。

DSCF6994.jpg


上り下りするロープウェイを眺めたり、辺りを散策しているうちに1時間が経ちました。

DSCF7024.jpg

千畳敷カールに着いたのは、午前8時半頃でした。

DSCF7050.jpg

千畳敷カールの紅葉は、すでに盛りを過ぎていました。

DSCF7027 - コピー

それでも、宝剣岳を頂上にいただくカールの眺めは素敵でした。

DSCF7098_2015101416535147c.jpg

カールを散策した後、カール上の乗越(のっこし)浄土まで、思い切って登ってみることにしました。

DSCF7061_20151014165352ec4.jpg

下りてくる人もあり、上は霧で何も見えないと言ってました。

DSCF7087.jpg

登っているうちに、霧が晴れてきました。

DSCF7108.jpg

乗越浄土にやっと着きました。

DSCF7095_2015101418191400e.jpg

千畳敷カールの後方に駒ケ根市街、さらに南アルプスの山々、そしてかすかに富士山が望まれました。
これで目的は達成したと、私は思いました。

      2015.10.4               くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

「妙高高原の旅」その1(千畳敷カールをめざして)
DSCF6973.jpg

       * 駒ケ根市のホテルから遠望される暮れゆく木曽山脈


10月3日(土)午前8時42分、7泊8日の旅に出発しました。
目的地は新潟県の妙高高原です。
国民休暇村妙高に4泊し、行き帰りに3泊する旅程です。

DSCF6934_20151014065827616.jpg

伊吹山は最終日に立ち寄る予定です。

DSCF6940.jpg

ほとんどのSAでは、トイレ休憩をしました。
SA虎渓山に立ち寄るのは、初めてでした。

DSCF6941_20151014065827eb8.jpg

DSCF6942_2015101406593118b.jpg

DSCF6946.jpg

花や蝶を眺めては、一人運転の疲れを癒しました。

DSCF6950_20151014065829ccf.jpg


恵那峡SAでは、ソフトクリームと飛騨牛饅頭(一個500円)を食べました。

DSCF6963_201510140659308dd.jpg

DSCF6961_2015101407243373d.jpg

駒ヶ岳SAで、夕食にそば定食を食べました。

ホテルルートイン駒ケ根インターには、午後5時に到着しました。

DSCF6974.jpg

ホテルの部屋の窓から暮れてゆく千畳敷カールと宝剣岳が見えました。
はやる心を抑えながら、午前4時半に目覚ましをセットして就寝しました。

     2015.10.3                     くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi