陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

今晩のおかずは?(わけぎのぬたとブロッコリー)
DSCF0059.jpg

先日、シラス・イクラ丼を作りました。
イクラ丼にシラスを添えるのは、初めてでした。
大変美味しかったです。


11月29日(日)、上富田のテニスがありました。
テニス終了後、今晩のおかずは何にしようかと私がつぶやくと、テニス仲間の一人が「うどんすき」がいいと言いました。
私はさんまを焼いて大根おろしで食べようかなと言い直しました。

先日、友人に分葱とブロッコリーをもらっていることを思い出して、買い物をせずにそのまま帰りました。 

わけぎのぬた作りに、初めて挑戦しました。
レシピを参考に、先ず酢味噌(みそ・酒・砂糖・だし汁・酢・唐辛子)を作りました。
立ちイカのげそと分葱を湯通ししました。
混ぜ合わせて、冷蔵庫に入れました。

DSCF0440.jpg

甘みを強調した美味しい「わけぎのぬた」が出来ました。
三日間は賞味できそうです。

DSCF0453_20151129224150fb7.jpg

ブロッコリーは塩茹でし、ソーセージを焼いて添えました。
ブロッコリーを茹でる時間は、2分がよさそうです。

DSCF0448_20151129224150eac.jpg

あさりの酒蒸しです。
味噌汁にするつもりで、前日に買っていました。

入浴後、赤ワインを少々、夕食時は焼酎の湯割りと日本酒(クマノミさんの分)、寝る前に白ワインを少々いただきました。

    2015.11.29               くまお

追記

DSCF0423_201511292315201d5.jpg

11月27日(金)のビッグ・ユーからの夕陽です。
    

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

備中松山城・倉敷を訪ねて
DSCF0303_20151128055248180.jpg

     * 天守の現存する山城としては随一の高さを誇る備中松山城


11月24日(火)は、湯郷グランドホテルに宿泊しました。
宮間選手らは、ホテルの近くに住んでいて、時々お風呂に入りに来るそうです。

DSCF0233.jpg

  * なでしこジャパンのキャプテン宮間あや・ゴールキーパー福元美穂選手

翌25日(水)午前8時半、バスはホテルを出発し、高梁市に向かいました。
備中松山城へは、市内でシャトルバスに乗り換えて行きました。
ふいご峠でバスを降り、天守までは歩きました。

DSCF0273.jpg

備中松山城は、「臥牛山」の小松山の山頂(標高430m)を中心に築かれています。
お城からは、高梁川と高梁の街が一望できました。

DSCF0256_20151128062532e8d.jpg

急な坂道を700mほど登りました。

DSCF0309_20151128055246a90.jpg

DSCF0263_20151128054224485.jpg

城内の所々に紅葉が見られました。

DSCF0261.jpg

三の丸への道は広々として、登城する家臣の姿を彷彿とさせました。

DSCF0278_20151128054225d15.jpg

DSCF0301_201511280637304fa.jpg

天守のある本丸です。
明治6年(1873年)廃城になったが、山上にあったため取り壊しを免れました。
備中松山城は、霧雲のたなびくとき、天空の城塞としての景観を呈するそうです。


DSCF0327_201511280540579fc.jpg

倉敷美観地区では、昼食を兼ねた自由散策となりました。

DSCF0388.jpg

DSCF0337.jpg

DSCF0399_20151128053932dbe.jpg

DSCF0404_20151128053932bb5.jpg

DSCF0372_201511280540571aa.jpg

倉敷美観地区は、みなさまお馴染みの光景でした。

DSCF0344_201511280539311af.jpg
DSCF0348_201511280539314b5.jpg
DSCF0350_201511280539306d7.jpg

昼食にいただいた「ままかり定食」の一部です。

DSCF0358.jpg

日本酒の熱燗がよく合いました。

大原美術館には立ち寄りませんでした。

DSCF0414.jpg

午後3時、雨脚の少し強くなった,美しい倉敷の街をあとにしました、
午後9時過ぎ、マンションに戻りました。

     2015.11.25            くまお

今回は総勢32名の賑やかなバス旅行でした。
お世話いただいた幹事のみなさんに感謝申し上げます。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

書写山・旧閑谷学校を訪ねて
DSCF0105_20151126223109db1.jpg

           * 書写山圓教寺摩尼殿(本堂)の紅葉


11月24・25日、県高退協いきいき会主催のバス旅行に参加しました。

第一日目は、兵庫県姫路市の書写山と岡山県備前市の旧閑谷学校を訪ねました。

DSCF0069_20151127074327316.jpg

ロープウエイに乗って、書写山の山上駅まで行きました。
書写山の山麓は、まだ紅葉していませんでした。

DSCF0080_20151127074327dd8.jpg

山上からは姫路の市街地が眺められました。

DSCF0079.jpg

DSCF0087_20151127074327a6e.jpg

東坂の紅葉の道を通り、圓教寺(えんぎょうじ)の仁王門をくぐりました。

DSCF0187_20151126222801604.jpg

DSCF0123_20151126223110bd1.jpg

圓教寺摩尼殿は、堂々として立派な建物でした。
書写山は「西の比叡山」とも称されています。

DSCF0114_20151126223109106.jpg

摩尼殿の舞台からの眺めは、スケールの大きなものでした。

DSCF0128_20151126223110787.jpg

            * 壮大な三つの堂(大講堂・食堂・常行堂)

DSCF0167.jpg

DSCF0153_201511262231112ec.jpg

鐘楼あたりの紅葉は見事でした。

DSCF0162_20151127150746bc8.jpg

午後2時過ぎ、書写山山上の紅葉散策を終えて、ロープウエイで麓に下りました。

バスは次の見学地、岡山県備前市の旧閑谷学校へ向かいました。
旧閑谷学校は、現存する日本一古い学校です。

DSCF0201_20151126222511ca3.jpg

やや陽が傾いた閑谷の校門をくぐり、現地ガイドさんの面白い説明を聴きました。

DSCF0207_201511262225093ec.jpg

DSCF0225_2015112622232617b.jpg

龍のような石壁が、765メートルにわたり校地を取り巻いていました。

DSCF0203.jpg

                   * 孔子聖廟

聖廟の前に中国の孔子林の種を育てた一対の楷(かい)の木があり、秋には素晴らしい紅葉を見せてくれるそうです。
残念ながら、すでに落葉していました。

DSCF0205.jpg

                   * 国宝の講堂

1670年、岡山藩主池田光政は、閑谷の地に学校を建てるよう命じました。
すでに武士の子弟が学ぶ藩校は岡山市内にありました。
二つ目の藩直営の学校・閑谷学校は、初めから庶民の学校・地方のリーダーを育てる学校として創建されました。

DSCF0219_2015112622280142e.jpg

                * 学房跡 現在は資料館

午後4時半過ぎ、肌冷えのする閑谷の地をあとにして、美作市の湯郷温泉へ向かいました。

     2015.11.24                   くまお

追記

旧閑谷学校の説明は、旧閑谷学校顕彰保存会のパンフレットから引用しました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

湖東三山 金剛輪寺の紅葉
DSCF9969.jpg

             * 紅葉に埋もれる金剛輪寺の三重塔


11月20日(金)午前10時20分、湖東三山の一つ、天台宗金剛輪寺に着きました。

DSCF9834.jpg

バスも何台か駐車し、かなりの人出でした。

DSCF9835.jpg

近江西国第十五番札所の御詠歌の歌碑です。

DSCF9842_20151122112829535.jpg

受付を通ると、参道は紅葉の道でした。
紅葉の見頃に出合えた心地よさが、胸中に沁みてきました。
遠方から運転して来た甲斐がありました。

DSCF9850.jpg

白門辺りには、紅葉に混じり、不断桜が咲いていました。

DSCF9872_20151122113024aec.jpg

参道を左に逸れて、名勝庭園を観賞しました。

DSCF9865_201511221130259a7.jpg

上品なもみじ葉もありました。

DSCF9878.jpg

DSCF9877_20151122113023731.jpg

名勝庭園から千躰地蔵さんの道を通り、参道に戻りました。
かざぐるまで顔を隠した地蔵さんもいました。

DSCF9880_20151123090021c37.jpg

二天門へ急坂な石段を上りました。

DSCF9890.jpg

DSCF9977_2015112211302471c.jpg

本堂(国宝)と血染めの紅葉です。
本堂でお寺さんの説明を拝聴し、お参りをしました。

DSCF9972_20151122112828b2e.jpg

本堂から奥の三重塔へ歩みました。
三重塔は紅葉の間に見え隠れしました。

DSCF9902_201511221128307a2.jpg

塔の九輪の上の水煙も見えました。

DSCF9840_20151123094500563.jpg

正午過ぎて、金剛輪寺の紅葉に別れを惜しみながら、家路につきました。
午後5時前、田辺市に到着しました。

   2015.11.20                くまお

追記1

高速道路(有田IC~田辺IC)は、工事のため午後8時から通行止めでした。
そのため、湖東三山の西明寺は訪れませんでした。

追記2

しばらくブログを留守にします。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

湖東三山 百済寺の紅葉
DSCF9820_20151121234454841.jpg

            * 湖東三山 百済寺(ひゃくさいじ)の参道

11月20日(金)の朝、まず湖東三山の一つ百済寺を訪ねました。
湖東三山は、一昨年バス旅行で訪れたことがあります。

DSCF9723_20151121234454b81.jpg

表門で受付を済ませました。

DSCF9727.jpg

受付の方に紅葉の状況を尋ねると、今年は天候不順で色付きが良くないとのことでした。

DSCF9730_20151122070506fda.jpg

DSCF9733_201511212342556ac.jpg

DSCF9735_2015112123425305f.jpg

仁王門をくぐり、霧がかった朝の参道を上って行きました。

DSCF9736_20151121234253ac6.jpg

DSCF9745_20151121234455c33.jpg

本堂にはお寺のおばさんが二人いて、線香やろうそくなどを並べていました。
私は参拝して、娘たち家族の幸せをお祈りしました。

DSCF9800_20151122005239840.jpg

DSCF9789_20151121234550534.jpg

昨夜来の雨で、紅葉はかなり落葉していました。

DSCF9763_20151121234453353.jpg

なだらかな参道を下って、本坊(喜見院)の庭園に入りました。

DSCF9774_20151122005239a15.jpg

DSCF9808.jpg

DSCF9785_201511212344542b3.jpg

回遊式庭園を一回りしました。

DSCF9817.jpg

見頃にしては、やはり色付きは今一つでした。

DSCF9825.jpg

午前10時ごろになって、ようやく晴れ間が見え始めました。
私は百済寺から、次の湖東三山の一つ金剛輪寺へ向かいました。

     2015.11.20              くまお

追記

花②さんのブログ「花②のよもやま話」に、百済寺庭園のきれいな画像が掲載されていました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

永源寺の紅葉
DSCF9575.jpg
 

             * もみじ寺で有名な永源寺の山門


11月19日(木)、滋賀県東近江市の永源寺に行ってきました。
午前8時半に出発し、永源寺には午後1時前に着きました。

DSCF9453_201511212100587a9.jpg

永源寺は、臨済宗永源寺派の大本山です。

DSCF9598.jpg

かねがね元同僚から、永源寺の紅葉の素晴らしさを聞かされていました。
一度は行ってみたいという念願を、今回叶えることが出来ました。

DSCF9480_201511212100586c3.jpg

ところが行ってみて分かったのは、一週間前が見頃だったことでした。

DSCF9484.jpg

本堂前の庭園です。
銀杏の落葉が鮮やかに敷き詰められていました。

DSCF9580_201511212057119ff.jpg

DSCF9547.jpg

DSCF9517.jpg

本堂から法堂・開山堂へと歩を進めてみました。

DSCF9528_20151121205849c24.jpg

残念ながら、圧倒的な紅葉の美しさに出合えませんでした。

DSCF9573_20151121221412a3e.jpg

DSCF9569_20151121210058d22.jpg

境内を一回りしても、まだ午後3時前でした。
境内の茶店でぜんざいを食べて、しばらく休憩しました。

午後5時のライトアップまで2時間余りありましたので、一旦駐車場に戻りました。
車内で用意していたおにぎりを食べて、休息しました。

DSCF9616_20151121205850cb4.jpg

午後5時前には、境内はすでにライトアップされていました。

DSCF9641_201511212101259d2.jpg

DSCF9682_20151121205710d80.jpg


DSCF9656_20151121205710e90.jpg

DSCF9660.jpg

ライトアップされた境内です。
ライトの向きで、上手く撮れていませんでした。

いつか晴れた日、永源寺の紅葉の見ごろに訪れたいと思いつつ、八日市ロイヤルホテルに向かいました。

    2015.11.19              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

串本田子 双島の夕景
DSCF9425.jpg

               * 串本町田子 双島の夕景


11月12日(木)に予定していた磯釣りを、天候不順でキャンセルしました。
16日(月)は晴天だったので、午後3時ごろ、過日置き忘れてきた釣り具を田並までもらいに行きました。

高速を走って、上富田ICからすさみ南ICまで30分、江住から田並まで15分でした。
これまでより20分あまり時間が短縮されました。

DSCF9409.jpg

              * 前方に見えるのは田並の磯 

あらほり渡船さんがバッカンや酸素を送る器具などを預かってくれていました。

DSCF9413_20151117180715638.jpg

帰り際、写真に精通している荒堀船長さんが、夕景のビューポイントを教えてくれました。

DSCF9414.jpg

田並漁港近くのヘリポートからの双島の夕景でした。

DSCF9422.jpg

双島の島と島との間に夕日が沈むポイントです。

DSCF9441_201511171806246c4.jpg

残念ながら、水平線上の雲に邪魔されてしまいました。
再度挑戦したいと思います。

私の後方で、もう一方がカメラを構えていました。
ここがビューポイントであることをご存じなのでしょう。

マンションに着いた頃には、夜の帳が下りて、すっかり暗くなっていました。

     2015.11.16                くまお

追記

しばらくブログを留守にします。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

レンコ鯛の寿司とかんころ餅
DSCF9359_20151117174135d71.jpg

               * アセで丁寧に包んだ押しずし


友人や知人から結構な物をいただくことが多くなりました。
私の一人暮らしを慮っての好意だと、うれしく思っています。

DSCF9365_201511171741360cd.jpg

先日友人に、レンコ鯛と鯖の押しずしをいただきました。

レンコ鯛は黄鯛といわれ、とてもきれいな鯛です。
群れをつくる習性があり、はえ縄でつぎつぎと漁獲されることがあって、連子鯛と呼ばれます。
真鯛のように大きくはならず、大きくても40cmぐらいだそです。

私は料理したことはありませんが、身はやや柔らかいそうです。
頂いた寿司は、塩と酢で適度に身が引き締まり、上品な味で大変美味しかったです。

DSCF9368_20151117174136be5.jpg

鯖寿司は身が厚くて豪華で、二回に分けていただきました。
もみじ葉を添えて撮ればよかったですね。


DSCF9358_20151117174137646.jpg

知人から「かんころ餅」をいただきました。
かんころ餅は長崎の名物で、「甘子呂餅」と漢字表記します。
熊本の天草ではコッパ餅と言うそうです。
サツマイモともち米で作ります。
大変固い触感でした。

DSCF9382_20151117174137824.jpg

包丁をいれると、簡単に切れました。
焼くとふっくらして柔らかくなり、、お菓子のように甘くて美味しかったです。
九州地方では保存食として親しまれてきたそうです。

私は外食はほとんどせず、自分の好きな料理を作っています。
でも、時には作るのが面倒に感じることがあります。

友人や知人から頂いた物を食べる有難さをしみじみ感じています。

    2015.11.15                    くまお

追記1

DSCF9334_20151117174403181.jpg

文里のテニスコートの隅で、一輪咲いていました。

追記2

DSCF9342_2015111717413505f.jpg

11月12日(木)の夕景です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

高野山の紅葉
IMG_0067.jpg

IMG_0076.jpg

IMG_0081.jpg

              *  高野山の紅葉スポット蛇腹道


11月10日(火)、支部OB会で高野山の紅葉を観に行きました。
13人の参加者があり、車二台に分乗して行きました。

DSCF9269.jpg

DSCF9274.jpg

ごまさんスカイタワー付近は濃い霧が立ち込めていました。

IMG_0193.jpg

高野山の駐車場に着いてすぐに、カメラを地面に落としてしまい、撮影不能になってしまいました。

IMG_0086.jpg

仕方なく、iPad miniで撮りました。

IMG_0138.jpg

不慣れなため、自撮りになったり、ビデオになったりしてしまいました。

IMG_0174.jpg

IMG_0149.jpg

IMG_0167.jpg

金剛峯寺に参拝した後、霊宝館を見学しました。

IMG_0188.jpg

IMG_0177.jpg

昼食は明恵院で精進料理をいただきました。

帰りに、龍神温泉「季楽里」で入浴しました。
午後五時に、上富田の駐車場に戻りました。
買物の後、上新電機でカメラコーナーを覗きました。
キノンKISS7Iを買おうと思いました。

夕食後、カメラをいじっていると治りました。
当分、新しいカメラの購入をしなくて済みそうです。

     2015.11.10                くまお

追記

カメラは壊れたのではなく、今まで使ったことのないスイッチが、落ちたはずみで入ったのでした。
そのため液晶画面が作動しなかったようです。
「なあんだ」という、初歩的なミスでした。(笑)

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

谷瀬のつり橋
DSCF9189_20151109212729d30.jpg

DSCF9195.jpg

              * 奈良県十津川村谷瀬の吊り橋


11月9日(月)、十津川村谷瀬の吊り橋を見に行きました。

DSCF9165_20151109212730a32.jpg

朝から雨模様で、途中の中辺路町川合から望む高原は霧の中でした。

DSCF9168_20151109213808a9b.jpg


谷瀬の吊り橋は、十津川温泉から国道168号線をさらに28㎞先にあります。

DSCF9183.jpg

霧の演出で、紅葉も鮮やかさを増していました。

DSCF9255_20151109212729bd4.jpg

風屋ダムに沿った道は、特に見ごたえがありました。

DSCF9207_2015110921272840a.jpg

DSCF9216_20151109212730231.jpg

DSCF9247_20151109215228ca2.jpg

谷瀬の吊り橋は、長さ297.7m、川からの高さ54m 生活用の吊り橋としては日本一と言われています。

DSCF9202.jpg

霧と紅葉と吊り橋、満足のゆく一日でした。

    2015.11.9               くまお

追記

DSCF9154_2015110922051589d.jpg

11月8日(日)は、ほんのわずかな時間の夕陽でした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi