FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

栗駒山・焼石岳の紅葉見学(その2 栗駒山)
DSC_2153.jpg

     * 木道を踏みしめ、紅葉の道を歩んで、栗駒山の山頂をめざす。


9月30日(金)、午前5時過ぎに起床しました。

DSC_2100.jpg

昨夜の風雨が止んで、秋田県側の栗駒山荘の彼方に、端正な姿の鳥海山が望まれました。
まるで富士山のようでした。

DSC_2106.jpg

カメラを携えて駐車場に出て見ました。
薄い雲は空を流れて行きます。
今日は紅葉の名所栗駒山の登山です。

DSC_2093.jpg

午前6時30分、須川高原温泉を出発しました。

DSC_2129.jpg

立ち昇る温泉の湯けむりに包まれ、心踊る瞬間でした。

DSC_2135.jpg

空は刻々と晴れ渡って行きました。

DSC_2139.jpg

紅葉の道をくぐり、

DSC_2143.jpg

木道で立ち止まっては、カメラを構えました。
「写真愛好家のご一行ですか」と、すれ違った人に言われました。

DSC_2177.jpg

DSC_2179.jpg

登るにつれて、紅葉がどんどん色濃くなってきました。

DSC_2200.jpg

産沼で休憩し、遅れていた私を待ってくれていました。

DSC_2218.jpg

きれいな花を見つけては、カメラを向けました。

DSC_2192.jpg

ミヤマリンドウは特に綺麗でした。

DSC_2341.jpg

山肌は、いよいよ紅くなってきました。

DSC_2355.jpg

正午を過ぎてから、やっと栗駒山の頂上に辿り着きました。
山頂は、紅葉真っ盛りでした。

DSC_2364.jpg

1,627mの山頂には、中央コースから登ってきた保育園児たちもいて、周りの人の称賛の声を浴びていました。

DSC_2385_201610051957034b7.jpg

いつまでも眺めていたいほどの紅葉の絶景でした。

DSC_2473_20161005212310cc6.jpg

帰り道の須川コースは、明るい日差しを受けて黄葉も映えました。

DSC_2501.jpg

昭和湖のほとりで、トイレ休憩し、

DSC_2525_20161005212311a63.jpg

DSC_2554.jpg

硫黄の噴き出た地獄谷を下って、午後4時頃に須川高原温泉に戻りました。

DSCF3673_201610052221275ed.jpg

夕食前に、隣の秋田県の栗駒山荘の温泉に、越境入学ならぬ「越境入浴」をして来ました。

DSCF3678_201610052221269eb.jpg

DSCF3680_20161005223743efa.jpg

名を忘れましたが、夕食に初めての木の実?をいただきました。

DSCF3683_20161005223743dd8.jpg

なめこも大なめこでした。
昨夜はナナカマドの食前酒をいただきました。
東北地方ならではの飲食でした。

DSC_2579.jpg

夕食後、疲れた脚を労わるために露天風呂に入りました。
そして、快い眠りに就きました。
   
    2016.9.30              くまお

追記

栗駒山登山では、一眼レフカメラ(1.7kg)を首にかけて歩き続けました。
800gのフジフィルムのカメラはザックに入れ、ストック2本もザックに着けたままで、使用しませんでした。
帰り道の下り坂で、右脚の膝部分に痛みを感じました。
そのことが翌日の焼石岳登山で、みなさんに大変なご迷惑を掛けてしまうことになるとは、私は思いつきませんでした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

栗駒山・焼石岳の紅葉見学(その1 厳美渓)
DSC_2084.jpg

             * 須川高原温泉に立ち昇る湯けむり

9月29日(木)、めだかの学校の仲間に誘っていただき、栗駒山紅葉見学に出かけました。

DSCF3619.jpg

伊丹空港午前10時発の飛行機に搭乗しました。

DSCF3624.jpg

伊丹出発時は大雨でしたが、仙台空港ではやや小降りになっていました。

レンターカーに8人乗って、その日の宿泊地、須川高原温泉に向かいました。

DSCF3631_201610051530017f3.jpg

途中、名勝の厳美渓に立ち寄りました。

DSCF3646_201610051529590c8.jpg

散策中、「かっこうだんご」を買って食べました。
とても面白い買い方でした。

DSCF3650_2016100515285295c.jpg

DSCF3651_20161005152853db5.jpg

かんかんと鐘を叩いて合図し、籠にお金を入れます。
対岸のだんご屋さんが籠を引き揚げ、だんごとお茶を入れて、こちらへ下ろしてくるのです。

面白いので、次々に買っていました。

DSCF3644_20161005152853610.jpg

カメラに夢中の私は、おすそ分けしてもらいました。
大変美味しかったです。

「かっこうだんご」の名の由来は?
「かっこう」というと、「郭公」をすぐ思い浮かべます。
ある方が「滑降」ではないかと。
名案ですね。

DSCF3637.jpg

「花より団子」の人、「団子より花」のひとが集まって、3泊4日の旅が始まりました。

     2016.9.29             くまお

追記

私は「酒なくてなんの己が桜かな」です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi