FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

裏磐梯と那須・蓼科高原の旅(その12 車山高原・霧ケ峰)完
DSC_5468.jpg

                   * 白樺湖の朝明け


10月21日(金)の早朝、白樺湖畔を散策しました。

DSC_5480.jpg

湖畔には遊歩道があって、なかなかの眺めでした。

DSC_5500.jpg

DSC_5506.jpg

朝食後チェックアウトして、女神湖に行きました。
空は曇りがちで、風は冷たく、人気も疎らでした。

DSC_5543.jpg

女神湖の次に、車山展望リフトに乗り、車山山頂(1,925m)に至りました。
車山霧ヶ峰の主峰です。

DSC_5509.jpg

眼下には白樺湖、奥には蓼科山(2,531m)が控えていました。

DSC_5547.jpg

DSC_5548.jpg

目を転ずれば、富士山の右に南アルプスの北岳、左には八ヶ岳連峰が望まれました。

DSC_5578.jpg

DSC_5579.jpg

木曽の御嶽山、北アルプスの穂高連峰や槍ヶ岳と、360度の眺望でした。

DSC_5613.jpg

なんといっても、八ヶ岳連峰の凛々しい姿が、手に取るように眺められて満足しました。

DSC_5600_20161110215341572.jpg

リフトを下りて、ビーナスラインを霧ヶ峰高原に向かいました。

DSC_5625.jpg

霧ヶ峰高原のレストハウスで昼食のパンケーキを買って、八島湿原に赴きました。

DSC_5626.jpg

DSC_5683.jpg

湿原を一周してみました。
ここでは、紅葉の時期は終わりを告げていました。

霧ヶ峰高原から岡谷ICで高速に乗り、中央自動車道・名神高速道路と走って、大垣のホテルに宿泊しました。
翌22日(土)、晴れていたら伊吹山に登ろうと考えていましたが、あいにくの曇り空でした。
そのまま田辺まで走って、午後3時にマンションに着きました。
こうして、半年前に計画した12日間の旅を無事終えることが出来ました。

      2016.10.22               くまお

アニメ素材 057


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

裏磐梯と那須・蓼科高原の旅(その11 北八ヶ岳ロープウェイ)
DSC_5335.jpg


10月20日(木)、横谷渓谷から北八ヶ岳ロープウェイにやって来ました。

DSC_5214.jpg

ロープウェイ乗り場に到着したのは、午後12時半を過ぎていました。

DSC_5215.jpg

昼食はロープウェイの山頂駅で食べました。
高所の食堂だけに値段も高かったです。

DSC_5236_201611101539087dd.jpg

先ず熊よけ鈴をつけて、クマザサの木道を進み、縞枯山荘へ向かいました。

DSC_5229.jpg

縞枯れは100年ほどで立枯れする現象だそうです。

DSC_5233.jpg

縞枯の名の通り、殺風景な場所に山荘がありました。

DSC_5234.jpg

その先に池への標識がありましたので、進んでみました。
出会った若者に尋ねると、景色はいいが、池への道はぬかるんでいるとのことでした。
私はしばらく進んでから引き返しました。

DSC_5242.jpg

その後、2,237mにある坪庭を散策しました。

DSC_5256.jpg

自然の造化の妙を堪能しました。

DSC_5280.jpg

北横岳(2,480m)への登山道を少しだけ進んでみました。
時間さえがあれば、登れそうな山でした。

DSC_5382.jpg

午後3時のロープウェイに乗って、乗車駅まで下りました。
北横岳がだんだん遠ざかって行きました。

DSC_5367.jpg

北八ヶ岳ロープウェイと別れを告げ、ビーナスラインを通って、白樺湖畔の宿に戻りました。

DSCF4048.jpg

その夜は私の外に、二組の宿泊客がありました。
私はいつものように、ビールと熱燗をいただきました。
食事は酒の肴に合って、大変美味しかったです。

      2016.10.20            くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

裏磐梯と那須・蓼科高原の旅(その10 蓼科高原横谷渓谷)
DSC_5018.jpg

10月19日(水)、那須高原から蓼科高原へ向かうのに高速には乗らず、「日塩もみじライン」を通りました。
残念ながら、「日塩もみじライン」の紅葉は、始まったばかりでした。

DSC_5004.jpg

白滝のある峠の茶屋で休憩しました。

DSC_5037.jpg

途中、蓼科牧場で美味しいソフトクリームを食べました。

DSC_5486.jpg

その夜は、白樺湖畔の宿「君待荘」に宿泊しました。

DSCF4044_20161110093018ba0.jpg

素泊まりのグループはいましたが、夕食は私一人でした。

 〽 君待てども     君待てども
   まだ来ぬ宵     わびしき宵
   窓辺の花      一つの花
   諦めましょう     諦めましょう
    わたしはひとり

諏訪自慢という地ビールと熱燗で、わびしき心を温めました。

翌10月20日(木)、宿の主人のお薦めで、奥蓼科の横谷渓谷に赴きました。
横谷温泉旅館の傍に路側駐車して、渓谷を遡るコースを選びました。

DSC_5047.jpg

まず、少し戻って、乙女の滝を見ました。

DSC_5048.jpg

滝の真下まで行くと、乙女の滝の名に似つかわしくない激しい水流の滝でした。

DSC_5056.jpg

DSC_5073_20161110093441c6a.jpg

             
DSC_5175.jpg

いくつかの滝をめぐり、

DSC_5057.jpg

「鷲岩」など見て、

DSC_5158.jpg

約1時間後、観音展望台に至りました。
遠足の子らもいて、賑やかでした。

DSC_5098_20161110093442b90.jpg

とてもきれいなもみじの木が何本かありました。

DSC_5117.jpg

カメラを携えた人達が屈みこんでは、やや逆光のもみじにシャッターを切っていました。

DSC_5141.jpg

DSC_5127.jpg

わたしも割り込むようにして、美しいもみじ葉を撮りました。

バスの団体客は、観音展望台から横谷温泉へ下るコースをたどっていました。
私は車を駐車している横谷温泉まで引き返さねばなりません。
午後は北八ヶ岳のロープウェイに行く予定があります。
私は小走りで急ぎ、15分ほどで車に戻りました。

    2016.10.20              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi